2045047 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

がん 催眠療法 統合医療 ホリスティック医療 イーハトーヴ クリニック日記

PR

Free Space


※ご購読希望の方は、こちらの購読登録ページよりご登録ください。

Favorite Blog

秋のセルフラブワー… New! 矢尾こと葉♪さん

11月イベント打ち合… New! mamadocterさん

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

lovelovelove7240@ Re:貧乏の定義(09/06) risaさんへ コメントをありがとうござい…
risa@ 貧乏の定義 萩原先生 毎日ブログ更新、ありがとうご…
lovelovelove7240@ Re:「ありよう」とは?(08/28) コメントをありがとうございます。 「あ…
risa@ あるべきようは 萩原先生 こんにちは。 セミナーお疲れ様…
risa@ 煩悩だらけ 萩原先生 こんにちは。 ブログ更新ありが…

Freepage List

2019.08.16
XML


お盆休み、何処にも行かずのんびりと
過ごしています。

以前はアウトドアーに熱中し、天気や
風の向きばかりを気にしていた頃とは、
180度の転換です。

勿論、体を動かすことが好きだったのですが、
なんで家庭も省みず、熱中していたか?

それはストレスからの解放でした。

アウトドア、特に、危険な事に集中していると、
我を忘れた状態、つまり、催眠状態に自然に
入ることができたからです。

今は外科医をしていた時の様なストレスが
ないのです。

外科医をしていた時もそんなにストレスを
感じていると自覚していなかったのです。

でも、今、振り返るとわかります。

ストレスのない生活をしていると、
我を忘れて何かに熱中していなくても
穏やかなのです。

体を鍛える必要はあるものの、
我を忘れるより、我と向き合う方へ
自然に向いて行きます。

意識の在り方。

なぜ私たちは悩んだり、喜んだり、感情に
左右されるのか?

感情の基になっている思考を見つめることで
感情を自然にコントロールできるように
なるのでしょう。

アドラーは私たちの悩みの100%は
人間関係が原因だといってます。

現代催眠の父、エリクソンも
心理療法は家庭から始まります、と述べて
います。

如何に、心地よい人間関係を築くことが
できるか。

私たちの課題ですね。



メルマガ読者登録は​

ここから​お願い致します。

意識に興味のある方は、
先ず、​催眠の基礎セミナー​から

オンラインの通信講座​もあります。







Last updated  2019.08.16 10:26:04
コメント(0) | コメントを書く
[がん 催眠療法 ホリスティック医療 ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.