2663730 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

がん 催眠療法 統合医療 ホリスティック医療 イーハトーヴ クリニック日記

がん 催眠療法 統合医療 ホリスティック医療 イーハトーヴ クリニック日記

PR

Free Space


※ご購読希望の方は、こちらの購読登録ページよりご登録ください。

Favorite Blog

出雲の四季シリーズ… New! mamadocterさん

ヒーリング・カウン… クラリティ777さん

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

lovelovelove7240@ Re[1]:ようやく更新できました。(07/29) risaさんへ おはようございます。 ご心配…
risa@ Re:ようやく更新できました。(07/29) 萩原先生 こんにちは。 療養生活、お疲れ…
risa@ Re:いったい、どうしてこんな事が起こったの?(07/13) 萩原先生 こんにちは。 捨てられそうに…
lovelovelove7240@ Re[1]:体と心のかかわり(06/11) risaさんへ こんばんは。 私たちは現在…

Freepage List

2022.06.11
XML


田園調布長田整形外科の長田優香先生が
近々のメルマガで深い内容の記事を載せて
おられますので、シェア致します。

GREENEARTH通信第275号「深くみること」2022年6月10日

「身体性と精神性のかかわりは単純なものではない、
という自戒の意味をもった経験談をシェアさせてください。
医師になってからの経験です。


ある精神疾患で長期に入院されているご年配の方がいました。
いわば肉体の危機に、長くその人の主病名であったある精神症状が消えたんですね。
精神症状が消えると、普段それまではコミュニケーションが難しく感じていたわけですが、その人の本質的な、その人らしさに触れて、話をすることが少しできるようになりました。スタッフは非常に驚いて、かつ、歓迎し、それまでの意識状態とは別の意識状態にあったのだと理解していました。

その人を例にとると、長年の精神症状は、その人にとって、固定し、パターン化した防衛的な日常意識そのものだったのだ、と思いました。
防衛的な日常意識にある精神症状を無理くり外すのは、だからこそ危険が伴います。

本人(当事者)にとっては自分をかたくまもってきた防護服が一気になくなるわけでこちらが、スムースなコミュニケーションと感じているだけで
本人にとっては非常に危機的で無防備な状態が突然生じている、かもしれません。



また、別の方の経験です。
その人は、10代の若い方で、全身のアトピー性皮膚炎が重度になり入院して治療をしていました
数か月の治療で全身の皮膚の炎症像はかなり軽快し、外見上は爽やかな青年に近い状態まで戻り、ご両親は非常に安堵されました。
皮膚状態が改善したので自宅へ退院され、その後、自ら命をたってしまいました。」


病気と心のつながりはとても
深いですね。

ですから、一概に病気を治してしまうのは、
その人そのものを変化させてしまう、或いは、
その病気と共にその人が成り立っているのですから、
そのつながりは意味がありますね。

おねしょをする男の子を治したら、
妹をいじめるようになった例なども
あり、ただ、病気を治すのがベストだと
考える医療には限界を感じますね。



催眠のことなら​​​​​IHC






Last updated  2022.06.11 07:29:47
コメント(2) | コメントを書く
[がん 催眠療法 ホリスティック医療 ] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:体と心のかかわり(06/11)   risa さん
萩原先生

こんにちは。

以前、知り合いの助産師さんが言っていました。
「お産の最中は、どんな重篤な精神疾患の患者でも、正常に戻ってしまう。」
そうです。
それもまた、同じようなことなのかもしれませんね。 (2022.06.11 13:21:53)

Re[1]:体と心のかかわり(06/11)   lovelovelove7240 さん
risaさんへ

こんばんは。

私たちは現在の状況を上回ることが起こると、
本来あったものが隠れてしまうものかしれませんね。

痛みも別の刺激があれば、和らいでしまいますね。

RISAさんの指摘された例を集めると興味深いことが
分かってくるかもしれませんね。
(2022.06.11 22:12:01)


© Rakuten Group, Inc.