000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

がん 催眠療法 統合医療 ホリスティック医療 イーハトーヴ クリニック日記

がん 催眠療法 統合医療 ホリスティック医療 イーハトーヴ クリニック日記

PR

Free Space


※ご購読希望の方は、こちらの購読登録ページよりご登録ください。

Favorite Blog

本日11時30分より New! mamadocterさん

ヒーリング・カウン… クラリティ777さん

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

lovelovelove7240@ Re[1]:ようやく更新できました。(07/29) risaさんへ おはようございます。 ご心配…
risa@ Re:ようやく更新できました。(07/29) 萩原先生 こんにちは。 療養生活、お疲れ…
risa@ Re:いったい、どうしてこんな事が起こったの?(07/13) 萩原先生 こんにちは。 捨てられそうに…
lovelovelove7240@ Re[1]:体と心のかかわり(06/11) risaさんへ こんばんは。 私たちは現在…

Freepage List

2022.06.24
XML


​​​私たちの存在とは?

気になります。

このことは長年誰もが、
心の奥で考えている。

多分、正解はない。


アインシュタイン博士は、

「人間は、自分の思考や感情を、
他の部位から独立してものとして
経験するが、これは一種の錯覚、
即ち人間の意識が視覚によって
だまされているのである」

と述べている。


村松さんは
このことを「量子力学的習慣術」
の中で、

「私たちはひとりひとり、別々の人間の
ように見えている。
しかし、本当はすべてに広がった
「ゼロポイントフィールド」から
「今、ここ」に区切った部分が「あなた」
なのだ。
私たちは、自分の思考や感情は自分の
頭から出たものと思っているが、
それは思い込みである。
本当は「ゼロポイントフィールド」から
受け取ったものだ。
私たちは一見すると「個体」であるために、
自分を独立した存在だと思い込んで
しまっているのである」 とのべている。

私たちは自分で考えて、自分で
行動する、そう思っている。

蟻の行列を見ていると、
それぞれは導かれるように動いている。

高等動物といわれる人間さえも、
自分で考えている様で、実は、
蟻の行動と同じように、自分と思って
いる自分は意識を持った個体では
ないかもしれない。​​​






催眠に興味がありますか?
6月29日(水)にお待ちしています​。

催眠のことなら​
​​​​IHC​​






Last updated  2022.06.24 08:07:49
コメント(0) | コメントを書く
[がん 催眠療法 ホリスティック医療 ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.