000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

婚活千葉、成田市、千葉市、東京、品川、新宿、出張婚活支援・結婚相談所ブログ

直接会う事の大切さ

焼きそばに、マヨネーズをかける、キューピーです(笑

本家サイトの見栄えが今ひとつだったので、素材屋さんからいろんな画像を
拝借して、ちょっとだけリニューアルしました。

しかし、こんな作業をすると、デザインのセンスが僕には無いんだと言う事を痛感します。

また、気が向いたら手を入れていくと思います。。。

そもそも、WEBに頼ったマーケティングをしていないので、とりあえずあれば良い
という感覚ではあるんですが、あまりにもダサダサだったので、ちょっと手を入れました。

多分、余計にひどくなったという意見もありそうな予感ですが(笑

そんな訳なので、WEB製作会社から、リフォームや新規作成の電話がよく来ます。。。

面倒なので、
「社長様いらっしゃいますか?」・・・「いません」 
「いつごろ社に戻られますか?」・・・「一生戻りません」と言う会話が基本なのです(笑

大体さ、WEBの会社ならメールで営業しなさいよ、メールでクロージングする文章力を磨けば
電話代も浮くでしょうに・・・

僕のような、お子様レベルの文章力でも、ウン十万位の商売ならメールだけで契約しますよ。。。

営業が下手な人って、メール、電話、直接会う事のそれぞれののメリットデメリットが
よく解ってないんだよね。。。

これって、恋愛にも言えるんですよね。  ←かなり強引なつなげ方(笑

狙った相手とクロージング(契約)or(彼氏彼女になる)するのってさ、
まずは、相手に予算があるのか?(最低条件は?)、

提案に興味があるのか(自分に興味があるかないか)

決定権がある人なのか?
(親に聞かないと交際できないお子様もいるし、仕事の場合上司にお伺いを立てないと決定権が無い人もいます)

この辺までは
段階をおって、メールから電話、電話からメール、初対面からメールなどを使い分ける。
(もちろん、相手の生活リズムや案件の重要度によって必ずこれ!と言うのは無い、経験ね。)

で、
電話のデメリットについては書いておきますね。。。
電話は、トイレで用をたしてようが、前の日に徹夜で爆睡してようが、車を運転してようが、
電車に乗ってようが、お構いなしな訳ですよ・・・ね。

「このデメリットを考慮したとしても、声による情報交換をする価値があるかないか」
その辺を考えましょう。

↑特に付き合い始めの頃、もしくはもう少しでクロージングなんて時にはこの配慮は重要です。
別に、中のいい間柄であれば、特に問題ないでしょうね(^^

メールだけで、仕事を完結した経験のなさそうな相手(デートの約束でも)には、メールで
話を詰めた後、電話で確認することは必要かもしれませんね、相手によりますが。。。

逆に、電話のメリットは?
声が聞けるので、文字だけでは伝わらないニュアンスも伝達できる事ですよね。

だから、メールで「ありがとう」って書いてあっても、声だとすごくテンションの低い「ありがとう」
なのか、ほんとに感謝している「ありがとう」なのかが伝わると言うことです。

なので、ある意味、「電話のほうがメールよりも楽に感情を伝えやすい」んだよね。

でね、
仕事の場合、特に通販とか、BtoBなどの場合、会わなくても仕事が完結する事も、自分の場合
よくあるんだけど、「直接会う」事をしないと、恋愛の場合はある一定の状況から進まない場合が多い、
と言うか、常識レベルで考えて、まず進まないよね。

直接会う事の大切さ、これも忘れてはいけませんね。

メール⇒電話⇒直接会う

右に行くほどたくさんの信頼関係を結びやすいのではないかと思います。

もちろん、その他のコミュニケーション方法も色々ありますよね、一般的なものだけでも、手紙とか、無線とか、伝言とか、テレビ電話とか、チャットとか、スカイプのような無料のネットを介したテレビ電話とかね。

全てを書くのもあまり意味がなさそうなので、メール、電話、直接会う、に絞ってます。

前回は、電話のメリットデメリットなどを書かせていただきました。

直接会う事のメリットは、五感を使って相手とダイレクトな情報交換ができる所ですよね。

以前にも書いた、言語的コミュニケーションとか、非言語的コミュニケーションが
一番伝わるのって、やっぱり「直接会う」事ですからね。

一番肝心なところはやっぱり直接会って話さなければ、伝わるものも伝わらなかったりしますよね。

例えば、「お詫び」なんていう場面は、直接出向いて本人に謝るのが基本だと思います。

好きな人に「告白」と言う場面も、今の時代は必ずしもではないのでしょうが、メールよりも電話よりも「直接言う」のが本来あるべき姿のような気がします。

カウンセラーが、クライアントと対面してカウンセリングをする時、対面を基本とするのにも意味がありますよね。

ただし、直接会うには時間が掛かったり、移動するためのコストが掛かったりするので、例えば「お詫び」なんていう「急を要する」事に対してはひとまず「今からそちらにお詫びに伺います」と、電話で伝えてから、なんていう事も、場合によっては必要ですよね。

緊急度、重要度、段階、状況、などによって、それぞれを使い分けるのが「イケてる大人のコミュニケーション術」だと思います。

これって常識レベルの事で、誰でも解っている事だと思いたいのですが、意外に肝心なところで「駄目じゃん」と言う方も多い。

学校で教えてくれる事ではないので、学歴とか関係ないんだよね、こう言うのって。

恋愛に限らず、生活全般で、いろんなコミュニケーションツールを使うと思いますが、この辺も、その人の持つ「性格」とか、「感性」が出る部分なので、仕事で言えば、人事評価に無意識的に影響したり、恋愛関係においても、ここで言う「コミュニケーション術」も含めて相手の人格になりえます。

なので、ツールの使い分けと使い方は、大切ですよね。

これも実は、方法論ありきではなく、相手への思いやりから発する考え方が基本だと思うんです。

婚活千葉

結婚相談所千葉


© Rakuten Group, Inc.