1944699 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

飯島多紀哉の七転び八転がり

PR

Profile


飯島多紀哉

Category

Calendar

Recent Posts

Archives

Comments

コメントに書き込みはありません。

Keyword Search

▼キーワード検索

2017/04/24
XML
カテゴリ:kindle
メアドをブログに乗っけてからというもの、本当に、いろんな方からのメールが届く。
僕の復帰やkindle化を喜んでくれるファンの方々が大半であり、
あれをkindle化してほしい、これをkindle化してほしいという要望が多い。

『学校であった怖い話』関連は黙っててもkindle化されんだろと思っているのか、
これに関しては希望要望はまったくない。
好きにやってくれ、ひたすら待つ、ということか。
要望は『ONI零』とか『ドラゴンナイツグロリアス』とか、
中には『抜忍伝説』とか『最後の審判』とか、
自分でも再読しないと話を忘れているものまである。


で、ナナコロ時代の同人ソフトや攻略本など、
残っているものを売ってほしいという要望が来た。
あれらは、すべてをアマゾンで売っているわけではない。
中には、アマゾンでは売れないものもある。
それを手に入れられないのか?と言うメールがちらほら来る。
以前から、アマゾンを通して質問も時々来ていたのだが、
アマゾンを通しての直の取引は禁止されているので、すべてお断りさせていただいていた。
実際、あるものはある。
特に、初回限定などの特典関係も残っているものは残っている。
大量にあるものは数か月前に在庫処分してしまったのだが、
それでもわずかに残っているものはある。



以前、両角潤香が『殺人クラブ リベンジ』のクラウドファウンディングを実行しようとしたとき、
10万円コースを用意してオフ会をやろうとした。
この時、参加者にはビンゴ大会で
スーファミ版で使用した原画フィルム100枚セット(ナマ岩下やナマ新堂を始め、あんなカットやこんなカットの元写真)、
ナナコロ時代のお宝同人セット(今ではプレミアがついている初期の同人誌やCDなど、関係者のサイン入り)、
『学校であった怖い話』のコミック化がされた際の日野日出志さんや御茶漬海苔さんたち参加漫画家さんたちのキャラクター入りサインセット、
小学館刊行『学校であった怖い話』の日丸屋直筆サイン入り小説&生イラストセット、
『学校であった怖い話』お宝セット(学怖関連の全攻略本と関連本及びドラマCD(すべて新品未開封)と当時のシナリオプロット集セット)などを用意するつもりだった。
外れた人には全員僕のオススメホラー映画DVD100本セットをもれなく送るつもりだった。迷惑でも、ハズレなのだから強制的に送るつもりだった。
おそらく、参加者にはみんな喜んでもらえるだろうと思っていた。
スペシャルゲストも用意していたし。
10万円払っても、絶対に後悔させないつもりでいた。


でも、残念ながら、クラウドファウンディングは失敗に終わった。
両角主導の企画を理由に、控えめにしてほとんど宣伝しなかった自分にも責任はあるし、
本当に両角には悪いことをしてしまったと思う。
簡単に成立するとたかをくくっていたが、世の中はそんなに甘くなかったということだ。
当時、30万円で作中で荒井に殺される権利を得るというコースがあった。
これを購入してくれたファンがいる。
このファンの方に、オフ会で用意していたプレゼントから何かを差し上げようとしたのだが、
不成立に終わった企画において参加者の連絡先は教えられないという理由から
結局このファンの方とは連絡を取れずじまいでいる。



この方は、今もファンでいてくれているのだろうか?
今回のkindle化にあたり、思い出される存在である。
残念ながら、今名乗り出られてもそれを証明する手立てはないし、
今更の話になってしまう。

しかし、今なお『学校であった怖い話』が続いているのは
こうした作品を愛してくれる人達の存在があるからだ。
彼らの存在には、本当に心から感謝している。




で、話を戻す。
クラウドファウンディングは失敗してしまったが、
ナナコロ時代の作品を手に入れたいという方々の要望には何とか応えたいと思う。
しかし現実的に考えて、通販を行うのはサイトの再開や人員不在により、難しい。

で、同人誌の即売会に出られないかなぁと考えた。
新作はkindleで出そうとしているわけだから、
わざわざ同人誌で新しいものを出すのも変な話だ。
でも手元にあるものは、即売会に持っていくことで少しでも喜んでもらえたら嬉しいし、
オークションでプレミア価格で買わなければならないのを防げる。
もちろん、当時の販売価格で提供するつもりだ。
赤い表紙の『学校であった怖い話』応援本も少しだけだが残っているしね。


今は茨城に在住しているので、地元の即売会なら出られるかもと思って検索してみた。




…ねえ。
茨城で、同人誌の即売会はほとんど、ねえ。
というより、都市に行かないと即売会はほとんどない。
しかも、オンリーばっかで、オールジャンルは少ないな~。
数年参加していなかったら、色々と様相が変わっているんだな~。

それでも、おそらく同人誌の即売会に参加するのが一番手っ取り早いだろうから、
なんか良い方法を探してみるよ。


で、細田がいつの間にかひっそりと発売。
しかも、すでに順当に売れている。
なんかもう、ブログ書かないでも、
ファンの方々が勝手に見つけて手に入れている様子。
それに、新堂見たらなんか売れ筋ランキング総合で9位に入っているじゃないか!
文学ランキングでは、なんと3位!
太宰治や夏目漱石と肩を並べている。


しかし、それでもあえてこれだけは書かねば。
みんな、頼むよ。買ってけろけろ~。






Last updated  2017/04/24 03:29:44 PM
[kindle] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.