000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

飯島多紀哉の七転び八転がり

PR

プロフィール


飯島多紀哉

カテゴリ

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2017.05.01
XML
カテゴリ:kindle
おはよう!

昨日は、最後の力を振り絞りブログを仕上げてから、爆睡。
八時間寝て、すっかり元気!

で、貴重な絵師さんがお二方いなくなってしまったというブログを書いた直後から、
協力します!という絵師さんが続々と現れた。

その結果、現在協力していただいている
怪文堂、原田大基さん、むみさんの御三方に加え、
新たに五名の絵師さんから連絡をいただいた。


絵が上手いとか下手とか、そういう話ではない。
この状況で協力を申し出てくれるということは、
絵師さんも大変な勇気が必要だったと思うし、
何より学校であった怖い話に対する深い愛があるということだ。

だから、僕はこの八人の絵師さん全員に協力をお願いしたい。
中には、自分なんかで大丈夫でしょうか?とか、
他に絵師さんがいたら自分は遠慮しますとか、
謙遜される方もいたが、僕はあえて全員にお願いしたい。

ただ一つはっきり言わせてもらうが、
僕が原作を手掛けるということは、
売れる売れないに関わらずそれは公式ということだ。
二次創作ではない。
こんなことを言うと、逆に緊張し臆してしまうかもしれんが、
それは良い意味での緊張感に転嫁してもらえれば、自分の成長につながると思う。
自信のない人は何でも遠慮なく相談してほしい。
そして、公式作品に関わるということで
今後の人生において少しでもプラスになってもらえれば、僕は嬉しい。


まだ一人一人に連絡を取っていない絵師さんもいる。
一人一人と打ち合わせを行い、最終的に誰にどんな協力をしていただくかは
まだかなりの時間を要するかもしれない。
しかし、過去作品だけでなく、今後は新作が大量に投下されるため、
絵師さんの持ち味やペースを大事にしながら進めていこうと思う。

改めて言わせてもらうが、僕は自分の作品に関して二次創作を肯定している。
そりゃあ厳密に言うと著作権問題とかいろいろ法律上うるさいことはあるが、
趣味の範囲や即売会などで配布するのは大歓迎だと思っている。
加えてBLだろうとエロだろうと、どの方向へ愛が進もうと
別に嫌うつもりもない。
だから、今回協力していただくからと言って、
個人個人の同人活動を妨げるつもりはないし、
これからも自由に活動していただければ嬉しい。
他の作家さんの活動をやるのも僕は文句言わないが、
そっちのフィールドは僕が口を出すことではないので言及は避けたい。


ここで、このブログを読んでいる皆さんにお願いがある。
今回協力を申し出てくれた絵師さんたちを、暖かい目で見守ってやってほしい。
あいつは、エロをやっていたから公式で絵を描くなんておこがましいとか、
二次創作上りがデカイ顔をすんな!とかそういう目で見たり声を荒げたりしないでほしい。


クリエイターというのは、弱い生き物です。
売れなければご飯も食べていけないし、老後の保証もありません。
それでも、頑張って自分の思うことを表現しています。
食べるために、自分のやりたくないことも、
いつかは自分の血となり肉となると信じて頑張っている人間が大半です。
ほとんどの人間は、必死に現実にしがみついて生きています。
ほんの一握りの頂点にいるクリエイターの姿を見て、
全員がそうであるという勘違いはしないでください。
頂点には頂点の悩みや苦労もありますが、それはやはり贅沢な悩みであり、
食べていけない大多数のクリエイターが抱えている悩みの多くは切実なのですから。

僕の作品が嫌いでも、かまいません。
僕の作品に携わる人が嫌いでも、好きになってくれとは言いません。
でも、邪魔はしなくてもいいと思います。
クリエイターの活動を邪魔する行為は、
結局は他のクリエイターの誰かを邪魔しているのと同じことになります。
誰かを貶めるのであれば、
自分の好きなクリエイターを応援することに力を使ってあげてください。
嫌いなクリエイターのことは、放っておけばいいと思います。
自分の好きなクリエイターを応援し、
その方が少しでもおいしいご飯を食べられ、
次の創作活動の活力になるように応援することで、
一人でも多くのクリエイターが育ち、
次の時代へとつながっていくと思います。


今回協力していただく八名の絵師さん、
プロもいれば、プロを目指している方、趣味で描かれている方、様々です。
彼らが今後どういう道へ進み、どのような人生をたどるかはわかりませんが
勇気をもって選択した道を、一人でも多くの方々に暖かく見守っていただきたいと思います。
そして、皆さんもまた、たくさんの方々に見守られていることを忘れないでください。


なお、本当にありがたい応援メールを送ってくださった方々、
時間はかかるかもしれませんが出来る限り返事を書こうと思っていますのでお待ちください。
皆さんのメールに、確実に元気づけられました。
そのメール一つ一つが次回作につながります~。




というわけで、次回のブログより、
どんなスケジュールでどのような作品を展開していくか、
一度整理し、まとめていきたいと思う。

楽しみに待っててケロケロ。
こっちもよろしくね~。






最終更新日  2017.05.01 22:16:16
[kindle] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.