000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

飯島多紀哉の七転び八転がり

PR

プロフィール


飯島多紀哉

カテゴリ

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2017.05.09
XML
カテゴリ:kindle
お疲れ様でした―!

絵師さんの募集は、これでいったん終了といたします~。
また機会があれば募集したいですけれど、その時は最初から有償でお願いしたいもんですの~。

最終的な応募人数は20人以上。
はっきりしないのは、最後になって駆け込みが多く、
しかもかなりマイナーな作品限定で挿絵描きたいとか、
どこまでお願いしていいのやらわからないものもあったので、
はっきりとした人数が言いきれないのですよ~。

でもまあ、圧倒的だったのは小学館版『学校であった怖い話』だったね。
次が1995かな?
そして、ほとんどの絵師さんとのやり取りは出来たので、
最初に大まかな予定を出したいと思うよ。

とりあえず、毎月文庫本一冊程度の分量で新作を出していければなと思っている。
で、それらを600円程度で販売したい。

早ければ6月をめどに一冊目を発売したいけれど、
こればかりは絵師さんの都合もあるから、あんまり無理は言えないね。

で、最初に発売される三冊は、
kindleアンリミテッド会員なら無料で読めるKDPシステムに登録しようと思っている。
だって、ロイヤリティが70%何だもの。
もちろん、こちらは販売手数料とか税金とか別途よくわからないものがかかってくるので
正確には50%程度に落ち着きそうな感じ。
なので、一冊当たりの売り上げ150円を絵師さんのロイヤリティとして
今回のkindle化に携わってくれた絵師さんすべてを対象にお支払したいと思う。
要するに、最初に発売される三冊のそれぞれ発売後一か月間で売れた冊数×150円を
絵師さんに分配しようと思っているのですよ。

過去のイラストを使用させていただいたものに関しては
ありがたく無償で使わせていただくものとし、
新たに描き起こしてくれたものを対象とする。
内訳はカラーイラストは一枚3ポイント、モノクロイラストは一枚1ポイントと設定する。
で、該当する3冊の合計売上から算出したロイヤリティをこのポイントに分配しようと思っている。

例えば、〇〇さんがカラー1枚モノクロ7枚新たに描き下ろし、それがすべて採用されたとする。
カラー一枚3ポイントモノクロ一枚1ポイントなので、〇〇さんは10ポイント獲得したわけだ。
で、該当する三冊の発売後一か月間の売り上げが
A200冊、B300冊、C500冊の合計1000冊売れたとする。3冊合わせると、全部で1000冊だ。
一冊150円のロイヤリティだから、ロイヤリティの合計金額は15万円になる。
それをポイントで割り振る。
絵師さんみんなで、仲良く分けるのだ~。

色々な絵師さんがイラストを提供してくれるので、
例えばカラーが合計5枚、モノクロが合計35枚集まったとする。
このポイントを合計すると50ポイントになる。
この50ポイントが全員の総数となる。
で、ここから皆さんに分配するわけだ。

先ほどの〇〇さんは、10ポイント持っているので、
全員の総数50ポイントから割り出すと〇〇さんの分配金はロイヤリティ総額の20%となる。
なので、〇〇さんは15万円の20%である3万円のロイヤリティ報酬を得るという仕組みだ。
だから、売れれば売れるだけ絵師さんにもロイヤリティを支払える仕組みになる。
例えば3冊合計10000冊売れれば、
ロイヤリティの合計金額は150万円だから〇〇さんにお支払する報酬は30万円になる。
今回は、みんなの協力あってのkindle化なので、
たくさんの方々に喜んでもらえればそれが一番嬉しい。
あと、今回からそれぞれの絵師さんにも自由に使ってもらえる
あとがきページを用意しているのだが、そちらで描いていただくイラストなどは
分配金の対象にならないのでご了承くださいね~。

ちなみに、実際の売れた本数はデータをそのまま載せることが可能だと思うので、
ブログで公開するつもり。
そういう技術的なことは苦手だけれど、わからない時は誰かに助けてもらう。
公に公開したほうが、はっきりとした売上本数が分かるし、みんなも安心だよね。

とにかく、まだ一度も印税支払われていないし、
KDPセレクトの方式も全く分からないので、
アンリミテッド会員が読んだ分の印税は今回は無視する。
こちらの報酬が全く読めず、現状見ている限り、
やはり単発で売れているもののほうが圧倒的なので、今回はこのようにさせていただく。
アンリミテッド会員が読んでくれた印税は、
次回からのイラスト料として先に確保できると考えればいいわけだしね。

というわけで、ちょっと難しいお話になってしまったが、
今回お願いする絵師さんは、これを読んで理解してくださいね。
わからない時は連絡ください。
多分、文章では伝わりにくい部分もあるかもしれないので、その時は電話で話し合いましょう。
なお、未成年の方は金銭的なやり取りが発生すると問題になる恐れもあるので、
一度ご連絡くださいね~。

そして、4冊目からは、きちんと一冊のイラスト料を幾らと設定してお支払できるようにしたいね~。
そのためには、まずは最初の三冊をきっちりと売らないといかんね。

次回のブログより、発売する新作の詳細を発表出来るかな~。
お願い、こっちも助けて~






最終更新日  2017.05.09 00:43:40
[kindle] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.