000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

飯島多紀哉の七転び八転がり

PR

Profile


飯島多紀哉

Category

Calendar

Recent Posts

Archives

Comments

コメントに書き込みはありません。

Keyword Search

▼キーワード検索

2017/05/09
XML
カテゴリ:kindle
別に、すでに発表しているから今更感もあるが、
モチのロンで

『アパシー 学校であった怖い話2008』である。

担当絵師は原田大基画伯。
ひゅ~ひゅ~。
最後までお付き合いします!という力強いお言葉を奥様からいただいたので、
力尽きるまで命果てるまで描き切ろうと思う!

で、毎月1話を15000文字程度にまとめて99円で発売していこうと思っていたのだが、
これではロイヤリティを30円程度にしか設定できないため、
いつまでたってもイラスト代が払えない!

kindle独占販売の小説は無数にあるが、そのほとんどの弱点はイラストにあると言われている。
イラストない、売れない、イラスト入れる、
イラスト代払えない、イラスト入れられない、売れないという無限ループ地獄にはまってしまうのだ。

そう考えると、
『アパシー 学校であった怖い話2008』は、とても恵まれた子と言えるだろう。
なので、読んだ方々を満足させるだけのものは何としても書きたい。
そのためにも、イラスト代を払えるようにしたい!

ということで、ロイヤリティ70%を設定できる金額以上で売ることにした。
基本、一巻に6話入れていく予定。
一話15000文字なんで6話で90000文字前後。
これは、小学館版『学校であった怖い話』の約一巻分に相当する。
そして価格は、648円。端数の48円は税金です、税金。
なので、これくらいが妥当かな?と思う。

現在発表しているのは第4話まで。
なので、そこに新たに2話を書き下ろし、vol.1は7月ごろの発売を予定したい。
ちなみに、すでに何枚もラフ絵が上がってきている!
早くみんなに見せたいほど、インパクトのあるイラストである。
そして…う、美しい!!




が、みせない。
もっと、あとでのお楽しみだ。


そして、『アパシー 学校であった怖い話2008』は
3~4ヶ月間隔で一冊ずつ発売していこうかな?と思っている。
『アパシー』の世界を知らなくても満足できる作品を目指すが、
もちろん世界に精通していればいるほど驚き楽しめる展開も用意している。
ぜひ、楽しみに待っていてほしい。

さて、残り2タイトルは、6月と8月に発売を予定している。
次回のブログで、6月に発売予定の作品を紹介したいと思う!

それまで、お願いです! みんなの力を見せてケロ!






Last updated  2017/05/09 11:43:14 PM
[kindle] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.