1768545 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

飯島多紀哉の七転び八転がり

PR

Rakuten Profile


飯島多紀哉さん

kindleで小説どんどん発表中!

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ゲーム  旅行  子供  映画•DVD鑑賞 

Category

Calendar

Recent Posts

Archives

Comments

コメントに書き込みはありません。

Keyword Search

▼キーワード検索

2017/10/11
XML
カテゴリ:ゲーム
switch版『送り犬』だが、実は個人的にものすごく感動していることがある。

それは、あの『送り犬』がほぼ原文どうりに家庭用ゲーム機に移植されるからだ。
本来『送り犬』は『ヨンパチ』という家庭用ゲームソフトの一本として書く予定だったが、
あまりの規制の厳しさに辟易した覚えがある。


今でも覚えている。
某シナリオで「二人は獣のように愛し合った」という表現を用いたところ、
それは激しい性的描写を匂わせ未成年に悪影響を与えるということで
おとなしい表現に書き換えさせられた。

「殺人クラブ」の延長線上にある「復讐クラブ」という名称は
発売元に勝手に別物に変えられていた。
僕が反対するのをわかって、メーカーが勝手に変更したのだ。
何て名前になったかもう忘れてしまったけれど、あとから知って大変ショックを受けた。
当時のプロデューサーも、実に歯がゆく悔しい思いをしただろうと思う。
結局、僕の書いたシナリオはズタズタに切り裂かれ、
デバッグをさせてもらうこともなく、いつの間にか発売されていた。

作家には、どうしても使わなければならない表現の意味合いというものがある。
気づかない読み手も多いだろうが、その表現方法があるからこそ、
あとあと深い意味を持つのが言葉のマジックであり、作家の持ち味だと思う。
そしてそれに気づいた読み手は、より深いところまでその世界を探索してくれるはずだ。
だから、言葉狩りという暴力で作家の文章を無残に改ざんする組織が僕は大嫌いだ。


僕は家庭用ゲーム機の終焉を感じ、コンシューマに未練はなくなった。
シナリオ規制という言葉狩りを受け、僕はそのまま同人ゲーム制作に打ち込んだ。
そんな背景があるから、僕の黒い部分が当時のシナリオには多分に含まれているし、
あえてスプラッタ的な表現を多用したり、当時の時代背景を揶揄したものに仕上がった。
決して、褒められたものではないと自分でも感じている。
ところが同人ゲームを作っているほうが評判も良く、
実際に売り上げもコンシューマより上だった。
不思議なものだ。


実は今回僕がもう一度コンシューマに戻ろうと思ったのは、
この言葉狩りが緩和しているという話をメーカーさんに聞いたからだ。
それが本当かどうか確かめたくて、僕はあえて『送り犬』を選んだということもある。
十年前のコンシューマゲーム業界では絶対に規制を通らないシナリオだからだ。
それは、シナリオの根底や裏に隠された真実を辿っていけばわかるはずだ。

ところが、このシナリオがほぼ僕が満足する状態で発売されそうなのだ。
ここまで言葉狩りの規制が緩くなったということは、
逆を言えばもう家庭用ゲーム機に一時期のような勢いがなくなったという背景がある。
アプリは、ほとんど何でもありだ。
それに対して厳しい規制を設けていては、もう市場にペンペン草も生えない。

だから、今回の『送り犬』に関して金銭的なメリットはほとんどない。
しかし実質的な利益は度外視しても、僕にはやる価値があった。


なぜか?


僕が本来描きたい世界観をコンシューマーで実現するには、
言葉狩りという厚かった壁が崩れなければならなかったからだ。
それが今であれば、僕はもう一度シナリオを書く意義が出てくる。
そう。
その世界観の一つに『学校であった怖い話』でお蔵入りになった
本当に描きたかったエンディングがあるからだ。
kindleで発売しようと思った『学校であった怖い話 月下美人の章』も
姿形を変えて家庭用ゲームで実現することも可能になるかもしれない。

だから、僕にとってこの『送り犬』は様々な試金石であり、期待なのである。
勘の鋭い方はお分かりだと思うが、僕が今回書き下ろした新作の二本も
規制に引っ掛かるであろう部分が無数に練り込まれている。
これがクリアされるのであれば、未来は明るい。
思う存分シナリオが書ける。


switch版『送り犬』は、ぜひ応援していただきたい。
その先には『アパシー』シリーズの完全新作、
そして一番メーカーが作りたがっている『ONI』シリーズの新作が待っている。
どちらもすでに準備は始めているが、すべては評判と売れ行き次第というのが現実だ。
実現させるには、みんなの力が必要だ。


switch版『送り犬』には、
これからのコンシューマゲーム業界を変える大事な部分が含まれているのだ。
だから、とても地味なんだけれど発売するだけで歴史的な価値のある一本なのだ。

僕の描く世界観が好きで親しんでくれたファンの方々、
ゆっくりとだが転がり始めた石の辿り着く先がパラダイスだといいな。


応援する価値は確実にあるぞ。
kindleも買ってね~。






Last updated  2017/10/11 08:26:57 AM
[ゲーム] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.