1965473 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

飯島多紀哉の七転び八転がり

PR

プロフィール


飯島多紀哉

カテゴリ

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2018.08.07
XML
実は、ずっとみんなに隠していたことがある。

8月1日にディスクが届いたというブログを書いてからというもの、
ずっと生きた心地がしない。
平静を装っていたものの、ずっと沈んでいた。
だから、ブログで真実を書く。

正直に言う。
届いたディスクに、バグが出た。
まず、すべてのMacOSで動かない。
Windowsでもディスクを入れて立ち上げたら、
デバッグ用のシステム画面が最初に表示されてしまう。
さらにウィンドウズ7でも動かない。

その他にもいろいろと問題があった。



まいった。
実を言うと、売れてほしいという願いも込めて2000枚焼いたのだ。
それが全て欠陥品となった。
もちろん、Windows8や10では不完全ながらも動くのだが…。
あまりにもお粗末だ。


ほぼコミケまで一週間というところで最悪の事態になった。
まあ、修正パッチをあげたら大丈夫じゃないの?という声もあるだろう。
しかし、実はバグというものは修正パッチでは治らないものも多数ある。
その辺を理解していればバグが出てもパッチで直せるやり方とかいろいろあるのだが、
それはまた複雑な話になるので割愛する。

ゲーム屋じゃない人からすれば不思議な話かもしれないが、
データでは動いていてもディスクに役と動かなくなるというケースは多々ある。
こちとら20年以上ゲーム屋をやっている。
バグの恐ろしさは嫌というほど理解している。

パンドラボックスでもバグは幾度となく起きていたし、
発売後にバグが発覚したケースも一度や二度じゃなかった。
正直、細かいバグをあげたら
バグのないゲームはないと言っていいほどバグはある。

今の時代はダウンロードのおかげで
バグがすぐに修正できる時代になったとはいうものの、
やはりバグはゲーム屋の天敵であり恐ろしいものだ。

それが分かっているから念には念を入れてチェックしたのだが、それでも起きた。
製品を焼いた後での致命的なバグの発覚である。
せめてもの救いは、それが発売前に発覚したことだ。

しかし9日後にはコミケがある。
今からバグを治しても発売には間に合わない。
パッチでは治らないバグなのだ。
同人ゲームなどでは、バグはパッチで修正しますと言っておきながら
いつまで経っても修正パッチが出ないことは当たり前のようにある。
商業品にも、その手合いはあるほどだ。
実はこれ、修正パッチを出したくても
パッチでは治せないバグだという事例はよくある。

発売後などに発表すると回収騒ぎにもなるから、
しらを切ってパッチを出さないまま押し通すこともやぶさかではない。
幾度となく修羅場を経験してきたから、
それは痛いほどよくわかるし、見てきた。
プロの世界でもバグで潰れた会社は一つや二つではない。
それほどバグとは恐ろしいし、開発者を心底悩ませる。


正直、悩んだ。
今回のバグは修正パッチは不可能であることをわかっていながら、
あとで修正パッチを出しますと言って逃げることもできる。
でもそれは楽しみにしていたユーザーを裏切ることになるし、
そんな姿勢では次回作はない。

そんなことを考えながらバグの修正にみんなで頭を悩ます。
そんな中でスクリプトを担当している海凪は
一昼夜不眠不休で何とか解決策を見出した。

しかし、解決したと言っても8月3日ではどうにもならない。
が、なんとかプレス屋さんにお願いしてみた。
超特急で8月10日に間に合わすことができないか、と。
この際、金銭的な問題は二の次だ。
正直、予算が一番大事なのだが次につなげるためには、
やはりバグ付きのものを笑顔を売るわけにはいかない。

実際、超特急でお願いしてもいつ仕上がるかは微妙だったが
それでもやらないよりはましだ。
やるしかない。

もし修正版が間に合わなかったら、バグ付きのものを
正直に頭を下げて頒布するしかない。
バグ付きなのだから無償で配るしかないかもしれないと、本気で悩んだ。

その場合、次回作の予算どころか破産する。
スタッフの給料も払えないし。
アクリルスタントが完売してくれるしかないと切実に願ったりもした。

そしてそれからの4日間、ほとんど眠れぬ日々が続いた。
コミケに来てくれたファンにどうやって謝罪するかばかりを考えていた。
修正版は大阪インテには間に合うので、なんとも歯がゆかった。



そして本日。

バグを修正した完動品が届いた。
さっそくチェック。
無事、動いた。
プレス屋さん、無理を聞いてくれてありがとう。
寝ないでパグ取りをしてくれたスタッフの皆さん、ありがとう。

残念ながら予算の関係上、修正版は1000本しか作ることは出来なかった。
でも、この1000本は本当にスタッフの魂が籠った1000本だと思っている。

写真撮ってみた。

こちらがバグ付きの呪われたディスク。




ジャケット完成前だったので、教室の背景画像をそのままディスクにしている。
残念だが、すべて廃棄させていただく。

で、こちらが修正版。




完成したジャケットをコラージュしてディスクに焼いている。
もちろん、こちらの方が出来は100倍よろしい。
これで、何とかコミケに顔を出せる。



昨日、トートバッグも届いた。
今日、アクリルスタンドも届いた。
ジャケットも届いた。

あとはポストカードとポスターが届くのを待つだけだ。

やっと寝られる。
ぐっすり寝られる。






最終更新日  2018.08.08 13:12:46
[学校であった怖い話] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.