000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

埼玉西武ライオンズをこよなく愛する鉄人

PR

サイド自由欄

一緒に西武ライオンズを応援しよう
ぷちっとして下さい↓
href="http://baseball.blogmura.com/lions/">にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
FC2 Blog Ranking







フリーページ

楽天カード

ランキング市場

ニューストピックス

2015.04.27
XML

今の時点で西武の野球は守りを重視してと言うよりは、
浅村、中村、メヒアという強力クリーンナップによって
打ち勝つ野球のスタイルであります。
このスタイルでは
1年を通してコンスタントに勝利するのは難しい。

今後は強力クリーンナップを押し出し、さらに機動力を持ち
守れる守備陣を擁した西武黄金時代にできるだけ近づける編
成に戻してもらいたいと願う者であります。

1~3年後に向けて期待するベストオーダー

1番、秋山  センター
   
   打撃、走塁、守備においてはリーグ屈指のオールラウ
   ンドプレイヤーで申し分ない。
   今季は首位打者も狙える。往年の秋山に匹敵する程の
   選手に成長しつつある。

2番、金子  ショート
   
   スイッチヒッターでもあり、左をぶつけられても対応
   出来、これからバントの練習を積ませれば2番として
   十分対応できる。送りバント失敗しても盗塁でカバー
   が可能。金子の足であれば送りバントをせずと
もセカ
   ンド方向に引っ張っても少なくともブルプレーにはならな
   いので様々な手が打てる。
   現代野球では2番が試合の趨勢を左右する。往年の石毛と
   匹敵する打者に成長を期待している。

3番、浅村  セカンド
   
   3番バッターとしては長打力もあり、シュアーなバッティ
   ングとチームバッティングができ、打点を稼げる強打者と
   して成長著しい。
   将来3割、30本100打点が毎年期待できる若獅子の象徴。

4番、中村  サード
    
   一発の魅力と勝負強さで西武の不動の4番でまだ4,5年
   は西武の4番として君臨するだろう。往年の清原以上の
   長打力は他球団の投手を震え上がらせるに十分な貫禄を
   持っている。

5番、メヒア ファースト

   今一つ今季は調子が出ないが、オフの調整が失敗したのか
   メヒアらしい豪快なバッティングが見受けられないが、暑く
   なればいずれ調子は戻ってくる。彼に対してはデストラーデ
   のような西武の破壊力の象徴の役割を担って欲しい。

6番、森   キャッチャー

   打力の方は折り紙つき。思いっきり振るパワフルなスイング
   で3割、30本も狙える。正捕手として炭谷とスタメンを
   50%づつにして将来のスーパースターの基礎作りを今年から
   行っていただきたい。巨人の森に匹敵する打力で新世紀の西武
   の黄金時代を築き上げて欲しい。

7番、栗山  DH

   今の栗山にランナーを進塁させるだけの技術も意志も見受け
   られず、また守備においても弱肩と守備範囲の狭さから考え
   ると自ずとDHとなる。打棒が復活すれば7番としてポイント
   ゲッターになりうる打順。往年の片平や長谷川のようなシュア
   ーなバッターでいてほしい。

8番、○○○ ライト

   候補として今の現状戦力からだと回復次第だがセラティニ
   と打撃不振から脱した時のカルロス木村。
   またファームの田代や石川がここにくい込むことを願って
   いるが万が一日本人野手がダメな場合は3Aクラスの中距
   離ヒッターで走力もあり、守備の良い新外国人を探す必要
   がある。

9番、斉藤  レフト

   走力と守備においては申し分なくレギュラークラス。あとは
   昨年度から覚醒しつつある打棒を磨くことによって、真の
   レギュラーに向けて頑張ってもらいたい。
   
もし上記の編成が可能であれば、1番から9番まで切れ目のない
打線へと変貌するのは間違いはない。
機動力においても4番、5番、6番以外は足が早く申し分ない。
守備においても森のキャッチャーは今から教育していくのだから
当てには出来ないが、それ以外の内外野全てのポジションでスキル
の高いレベルが期待できる。
おそらくこの外野陣で左中間、右中間を抜くこともままならず、
さらにいずれも強肩だからスコアリングポジションにランナー
を置いてヒットを打たれてもそうたやすくサードコーチャーは
手を回すことができなくなると思われる。

この理想のオーダーで初回の攻撃を再現してみたが、わくわく
するような切れ目のない打線だということが分かる。

1番秋山がヒットで出塁し、2番金子が強引にセカンド方向に
引っ張りセカンド左を抜けるヒットで秋山俊足を生かしてサー
ドに進塁しノーアウト1,3塁。ここで勝負強い浅村がセンタ
ー深く犠牲フライを上げ、1点を先制。1アウト1塁で中村は
左中間を破るタイムリー2ベースで2点目。尚もメヒアがセン
ターバックスクリーンへ2ランホームランで4点目。
1アウトランナー無しから森が右中間を深々と破る2ベースで
出塁。栗山はレフトへヒットで1アウト1、3塁。ここでカル
ロスがレフトへ犠牲フライを上げ5点目。続く斎藤はライトへ
鮮やかなヒットで続きまたもや1、3塁で秋山が右中間を破る
2点タイムリー2ベースで一挙7点を上げ初回からこの試合を
決定づけた。



宿・ホテル予約ならじゃらんnet

埼玉西武ライオンズを一緒に応援しましょう
こちらをプチッとお願いします↓

にほんブログ村
ピザーラ
Y!mobile







最終更新日  2015.04.27 21:10:47
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.