000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

埼玉西武ライオンズをこよなく愛する鉄人

PR

サイド自由欄

一緒に西武ライオンズを応援しよう
ぷちっとして下さい↓
href="http://baseball.blogmura.com/lions/">にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
FC2 Blog Ranking







フリーページ

楽天カード

ランキング市場

ニューストピックス

2015.05.03
XML
対楽天8回戦。メヒア・栗山の覚醒と下位打線の活躍で楽勝ムードも、岡本洋介の
背信投球でハラハラしたがリリーフ陣の活躍で7-6で逃げ切り成功。
対戦成績は西武の7勝1敗となった。


1回表 西武の攻撃
1:試合開始
2:秋山 センターへのヒットを放つ 1塁
3:栗山 一度もバットを振ることなくフォアボールを選ぶ 1,2塁
4:浅村 ランナー1,2塁から外角のカットボールを打つもライトフライ 1アウト1,3塁
5:メヒア ランナー1,3塁の1-2からライトへのタイムリーヒットで西武先制! 楽0-1西 1,2塁
6:森 一度もバットを振ることなくストレートのフォアボールを選ぶ 満塁
7:脇谷 セカンドゴロの間に西武1点をあげる 楽0-2西 2アウト1,3塁
8:熊代 ど真ん中の変化球を打つもショートライナー 3アウトチェンジ

栗山がフォアボールでつなげれば西武のペースに持ち込める。栗山の選球眼
がヒット以上の効果を発揮する。メヒアは今季初めて4番に座っての初打席
見事に右へ見事なタイムリー!不振の栗山、メヒアの活躍で先制点だ。これで
波に乗ってほしい。森も今季初の5番に入りフォアボールでつないだのは大きい。
中村の代役脇谷もセンターへの打ち返す意識の表れかセカンドゴロでしぶとく
打点を上げ、渋い得点だった。この渋さが黄金時代の野球であったように思える
のであります。


4回表 西武の攻撃
1:炭谷 外角の変化球を打つもセカンドゴロ 1アウト
2:金子侑 ショートへの内野安打 1塁
3:秋山 高めの真っ直ぐを打つもセカンドゴロ 2アウト2塁
4:栗山 ランナー2塁の2-1からセンターへタイムリーツーベース! 楽0-3西 2塁
5:浅村 2アウト2塁から外角の変化球を打つもセカンドゴロ 3アウトチェンジ

金子の足は魅力だね!この特徴を最大限に自分の特徴としてもっとアピールして
行けば彼は西武にとって貴重な戦力となるはず。
栗山の左中間を抜ける当たりは完全復調を感じさせる一打になりそうだ。

5回表 西武の攻撃
1:メヒア 外角のカットボールに空振り三振でバッターアウト 1アウト
2:森 レフトへの二塁打 2塁
3:脇谷 ランナー2塁からライトへのヒットを放つ 1,3塁
4:熊代 セカンドゴロの間に西武1点をあげる 楽0-4西 2アウト1塁
5:一塁走者熊代:盗塁成功 2塁
6:炭谷 ランナー2塁の2-2からセンターへのタイムリーヒット 楽0-5西 2塁
7:金子侑 2アウト2塁の2-2からライトへのタイムリースリーベース! 楽0-6西 3塁
8:投手交代:戸村→入野
9:秋山 内角の真っ直ぐを打つもセンターフライ 3アウトチェンジ

熊代のセカンドゴロでゲッツーの当たりも、藤田のファンブルでダブルプレーが
とれなかったのが炭谷、金子のタイムリーにつながった。ラッキーこの上ない
追加点。


5回裏 楽天の攻撃
1:サンチェス 内角のフォークを見送りフォアボールを選ぶ 1塁
2:後藤 ど真ん中のストレートを打つもセンターフライ 1アウト
3:嶋 一度もバットを振ることなくストレートのフォアボールを選ぶ 1,2塁
4:榎本 ランナー1,2塁から低めのフォークを打つもショートフライ 2アウト
5:松井稼 2アウト1,2塁の0-1からライトスタンドへの3ランホームラン 楽3-6西
6:福田 一度もバットを振ることなく3球三振 3アウトチェンジ

岡本洋介はここまで許したヒットは1本、1四球で楽勝ムードだったのが、この回
2四球を出し、3ランとは?どういうこっちゃ!
松井はインコースが得意なのは炭谷もわかっているはずだ。


6回表 西武の攻撃
1:栗山 低めのストレートを打つもレフトフライ 1アウト
2:浅村 空振りの三振を喫する 2アウト
3:メヒア 2-1から左中間へのホームラン 楽3-7西
4:森 内角のストレートを打つもセカンドフライ 3アウトチェンジ

メヒアの右中間へのホームランは彼らしい弾丸ライナーだった。
いよいよメヒア覚醒か?


6回裏 楽天の攻撃
1:銀次 粘りを見せて8球目にフォアボールを選ぶ 1塁
2:ペーニャ 内角のストレートに空振り三振でバッターアウト 1アウト
3:藤田 ど真ん中の変化球を打つもレフトフライ 2アウト
4:サンチェス 一度もバットを振ることなくフォアボールを選ぶ 1,2塁
5:後藤 ランナー1,2塁の0-1からライトスタンドへの3ランホームラン 楽6-7西
6:投手交代:岡本洋→岡本篤
7:嶋 センターへのヒットで出塁 1塁
8:榎本 高めのチェンジアップを打つもセカンドフライ 3アウトチェンジ

岡本洋介はまたもや2四球を与えたところで、後藤の一番好きなインコース
低めのフォークボールをレフトスタンドへ3ランを叩き込まれたのは、何も
考えていない証拠。後藤もインコース低めが最も得意としている打者で、
誰もが知っていることだろう。これでゲームが分からなくなってきた。

その後岡本篤、武隈、増田、高橋が完璧なリリーフを見せ1点差で勝利
したものの、岡本洋介の背信投球にはがっかりした。
岡本洋介に勝ち投手の権利が転がり込み初勝利となったが、岡本洋介から
勝利の権利をはく奪して岡本篤に勝利をあげたい気分だ。

この試合中村が疲労の為お休みとなって代役の4番メヒア、7番脇谷が
見事な活躍を見せ、不振だった栗山、メヒアの覚醒を確認できたことで
西武の優勝に向けていよいよ役者が揃ってきたのではないだろうか?
後は岸の復帰のみ。
シーズン前ほとんど西武のキャンプを見てもいない解説者達が西武の
Bクラスを予想したが、今の西武を見て同じようにBクラスを予想する
だろうか?Bクラスを予想した解説者達へ思い知らせてやろう!






埼玉西武ライオンズを一緒に応援しましょう
こちらをプチッとお願いします↓

にほんブログ村
ネットで注文ピザーラ
Y!mobileのスマートフォンなら2,980円!
シークレットセール














最終更新日  2015.05.03 22:42:01
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.