000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

埼玉西武ライオンズをこよなく愛する鉄人

PR

サイド自由欄

一緒に西武ライオンズを応援しよう
ぷちっとして下さい↓
href="http://baseball.blogmura.com/lions/">にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
FC2 Blog Ranking







フリーページ

楽天カード

ランキング市場

ニューストピックス

2015.05.14
XML
対日ハム7回戦、ルブラン、大谷の投手戦は8回裏日ハムが2点を奪い、
9回は西武も1点を上げ尚も1アウト3塁と詰め寄るも増田のリリーフの
前にあと一歩及ばず1-2で惜しくも敗戦。対戦成績は西武の3勝4敗となった。


8回裏 日本ハムの攻撃
1:西川 内角のツーシームを打つもショートゴロ 1アウト
2:杉谷 ショートへの内野安打 1塁
3:飯山 見事送りバントを決める 2アウト2塁
4:中田 一塁が空いているため敬遠で勝負を避けられる 1,2塁
5:ハーミッダ ランナー1,2塁の2-2からライトへの先制タイムリースリーベース! 日2-0西 3塁
6:投手交代:ルブラン→岡本篤
7:レアード 外角のスライダーを打つもサードゴロ 3アウトチェンジ

ルブランは今日は球が低めに集まり、カーブ、スライダー、チェンジアップ
ともコーナーに決まり、ストレートも打者にとっては早く見えていたような
組立で的を絞らせなかった。相手が大谷なので1点も与えられない中での投球
だったが、ハーミッダに前進守備の頭を越されて遂に2失点。
2アウト1,2塁でバッターはハーミッダ、ここでライトに木村を入れておく
べきではなかったのか?しかも1点も与えられない場面で大崎をそのままで
前進守備をさせるのはいかがなものか?万全を期して強肩でしかも守備範囲の
広い木村であればあそこまで前進守備を敷く必要もなかったのではないだろうか?
結果大崎の極端な前進守備が仇にあり平凡なライトフライがタイムリーになった
のだから、戦略の失敗、ベンチの失策と断定!田辺、仕事をしろよ!

9回表 西武の攻撃
1:秋山 粘りを見せて10球目にフォアボールを選ぶ 1塁
2:栗山 一度もバットを振ることなく見逃し三振 1アウト
3:浅村 2-2からライトへのタイムリースリーベース! 日2-1西 3塁
4:ピッチャー大谷に代わって「勝利へ投げ込む剛速球」増井がマウンドにあがる
5:中村 低めの落ちる球を打つもショートライナー 2アウト
6:メヒア 一打同点の場面で外角の真っ直ぐを打つもライトフライ ゲームセット
7:試合終了

この回は大谷の低めのフォークを先頭秋山が食らいつきファールで粘った末、四球
をもぎ取りチャンスを演出。今日の浅村は追い込まれるまでは引っ張っていたが、
追い込まれると右へミート中心の打撃に変えていたのがハッキリわかった。前の
打席からはタイミングが合いだしてきて、最終打席は完璧な右狙いでこれまた低めの
フォークを見極め3球ファールで粘った後ボール1つ挟んで最後には真ん中に来た
フォークをライト前に運んだ。これがライト浅間の後逸を誘い3ベースとなった。
西武では唯一大谷から今日2安打を放ったのだった。ここで1アウト3塁で日ハムは
増井にスイッチせざるを得なくなった、西武には交代してくれたことがいい方向に向
かう可能性大と見たのだが?もし増井が中村へ投じた3球目の真ん中低めのフォーク
があと1cm高ければショートの頭を越して左中間を破る2ベースになっていたと感
じた1球だった。それだけ中村の当たりはジャストミートした火の吹くような当たり
だった。
メヒアの打球もあとわずか50cm右にそれていたらこれも2ベースだった。
それにしてもルブランと大谷の息の詰まるような投手戦と最終回に訪れたピンチとチャ
ンスはこれぞ野球の醍醐味ともいえるものだった。負けても粘りに粘った負け方で、
これぞ優勝を争うにふさわしいチームの戦い方だと感じた。
特に最終回の西武打線の粘りにはNHKの解説者の小久保も舌を巻いていたし、この調
子が続くようであればかなり怖い打線ですねと解説していたのはうれしかった。
ルブランも今日の投球を継続できれば立派なローテ投手として計算できる。昨日投げた
佐野も今日のルブランの投球を見習ってほしいものだ。

「今日の負け方は王者にふさわしい負け方」
であり今日のような試合を続けられれば優勝の2文字も可能だという事で、
今日は締めさせていただきます!


埼玉西武ライオンズを一緒に応援しましょう
こちらをプチッとお願いします↓

にほんブログ村
ネットで注文ピザーラ
Y!mobileのスマートフォンなら2,980円!

MB TOP






最終更新日  2015.05.15 12:24:50
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.