16490629 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ruokala uriuri

2010.02.10
XML
カテゴリ:ごはん


RIMG0022.jpg


一年のうち、如月は味噌を仕込むのに最も適した時期なのだそう。




味噌作りに興味を抱きながらも、



毎年、ハッと気がつくと暖かくなってしまっていてその機を逸していたのだが、



去年、eritoku にもらったテヅクリ味噌を口にし、



こんなウマいモンが家庭でも作れるんだと目からウロコ。。




よーし、2010 年は必ずや!



ソレガシ、二月が来るのを手ぐすねをひいて(笑)待っとったのだ。











ご家庭でできる手作りみそのセットです。手作り味噌は、意外に簡単で、ご自宅の環境に合わせて...


ミキタニ商店でコレ買ってサ。














RIMG0024.jpg


粒揃いのトヨマサリくんたちきらきら







たっぷりのお水に一晩浸したら、



RIMG0002.jpg


ぷっくり成長。













何かと頼りになる巨大山本鍋。










ふやかした大豆を圧力鍋でガツンとやって、



RIMG0003.jpg


擂り鉢でねっちょねっちょと潰しんぐ♪




擂粉木も漸く本来の用途で使われて嬉しそう( ̄▽ ̄)














楽天最安値賞金













RIMG0006.jpg



只今モテツダイチュウ。




コネコネ&マゼマゼ系はぷさんの得意分野お化け





結構な重労働なのに途中で嫌だと投げ出さず、



根気よくお豆を潰してくれて母大助かり。



↑要はハハがメンドクサガリヤ。




オヤコで豆と格闘すること数十分。











RIMG0007.jpg


何とかノダホウロウに詰めることに成功(疲)




その量約5.3キロ!




鍋も擂り鉢もキャパを超えていたので二回に分けて行ったからか、疲労困憊…(´=´)





塩まみれの手で容器の縁を撫でてソルティドッグ状態にすりゃ、



カビなんか怖くない~(たぶん)。











私の保存食ノート


手順は佐藤雅子さんの書を参考に。













RIMG0008.jpg


ブラパラのペパナプでほっかむり(笑)




実はこの琺瑯ストッカー、米びつとして使用していたのだが、



味噌作りにはやっぱり陶器か琺瑯のものが安心と思ひ、



今回は味噌担当でがむばってもらふことにした。










 


用の美とはまさにこのこと。























RIMG0025.jpg


で、米係はアンカーホッキングのガラスジャーに依頼。




ガラス瓶に白い米。



残量が一目で分かるし、その楚々たる風情も気に入っている☆














一番デカいヤツを採用。










 


秋にはおいしいおみおつけが飲めるかな。。












kichijoji_180x50.gif

コチラは、こぶたのチョコレート赤ハート












にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



味噌を仕込んでいる最中、


マメに向かって派手なくしゃみをしてくれたぷさんへワンポチぷりいず…。



てなわけで今回は塩分多めで( ̄= ̄)









Last updated  2010.02.10 21:45:15
[ごはん] カテゴリの最新記事

PR

Free Space

↓urisuke へのご連絡はコチラまで

uriuriurisuke@gmail.com

アロマヨガスタジオフレスカ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



セカンドストリート WEB買取











Profile


uriuriurisuke

Rakuten Card

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Calendar

Archives

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.