021167 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あいじゅく

PR

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

カテゴリ未分類

Jan 21, 2006
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 ご無沙汰です。

楽天のブログまでなかなか書く時間と気力がなくて。

 塾業界のことをてらてらと書いていたら、業界の不満とかやるせなさとかが思い起こされて、めっちゃ欝になってしまうブログでしたが。

 最近の塾のことを書こうかなあ。

中学受験もほぼ終わり今一息ついています。

 今年は、高校受験の子が楽チン楽チン。

 もうあんまり営業しないで楽に生きていこうと決めてます。

 やりたい仕事だけにしようと決めてます。無理に生徒はとりません。

 中学受験のことですが、案の上、範囲は小学校の内容を超えているわけですが、これを理解してくれない親御さんがかなりいることいること。

 ご自分で入試問題を解こうとなさる親御さんは私の今までの経験では1-2割程度かなあ。

 そんな家は必ず合格しますよ。親の理解があれば、必ず合格します。 「中学受験は親で決まる」という四谷大塚の本もあったけ。

ああ、何か書こうとしてたか、意味不明になってきた。

 今年の中学受験もしんどかったなあ。ということをむ書こうとしたんだけど、まとまらないから。また今度。

 時たま書こうかなあ。これから来年度のことを考えないといけないから。






Last updated  Jan 22, 2006 05:22:41 AM


Apr 2, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
ライブドアの株主という立場から、あまり楽天を使わなくなったのは、もちろんあの新規参入問題から、やっぱライブドアに野球をさせたかった。バファローズの買収のときは、ホリエモンと世論が一体になっていたもんな。

 それからもう半年がたつのかなあ、結構昔だった気がする。

 楽天の26点の大敗そして4連敗見てると、もう楽天許したくなってきた。今日の仙台球状フルキャストのお客さん本当に嬉しそうだったもんな。これから、パリーグは楽天応援するよ。磯部も岩隈もいるし。田尾監督も好きだし。そうそう田尾監督に提案、ホームでは、飛ばないボールは使わないように、その代わりソフトボールにしなさい。どんなピッチャーでもこれで安心だろう。

 話を戻すと、今、ライブドアはフジテレビとの買収合戦になっている。私もあの転換社債(MSCB)に参って、かなり低い値段で打っちゃった。一時は年金株だと思って歳をとるまで売らないぞ。10年20年後には、数億円に化けてるぞ。間違いな。と思っていたもの。
 今では、300円少しの100分割前後の株価に戻っているもの、そしてリーマンブラザーズの転換売りもあるし、ニッポン放送の焦土作戦で資産の低下もあるし、裁判沙汰も頻発だし、あの夢はどこいったんだ。一時は、ヤンゴトナキ人からの資金もつぎ込んで夢いっぱいだったのに・・・・残念。
 ということで、今日まで来たなあ。教育がメインテーマのこの日記も、だんだん教育の世界から、株の世界がメインになってきてしまったから。最近教育サボってますって感じ。といってもライブドアのブログでも教育のこと最近書き出しすことがあって、教育のことを書くと結構ハードなコメントが多くてやっぱりおもしれー。こうなったら、楽天の方ほうもがんばらなくちゃって思う今日昨日、明後日です。
  ライブドアのブログからこっちに見に来てくれている人もいるみたいだし、そろそろ棲み分けるか。
 最近の近況
 私の「ウツちゃん」もあんまり顔を出してこなくなったし、春になったし、気分も春♪ウララーウララーウラウララー♪なんで、まーいっか・・・の更新です。

追伸あっ、今日阪神まけたね。省ちゃん!。コメントくれてありがとう。






Last updated  Apr 2, 2005 05:48:31 AM
Jul 9, 2004
カテゴリ:カテゴリ未分類
 大変、土曜日は、朝から授業が入ってしまった。10時から。起きる自信なし。たぶん起きれても、頭回っている保証はない。早く寝ないと。

 最近、HTMLにはまっている。これがとっても面白い。ホームページビルダーで作るほうが簡単なんだろうが、結構タグを入れてどんどん画面が変わっていくのが、面白くなってきている。自分でプログラミングしてるんだぞとちょっとうれしくなってしまう(あんまり大したことはないんだが。) お勧めのエディターはHTML Editor For My Friends 1.4左画面にイメージがすぐできるから初心者にはもってこい。
でも、この楽天のHPには、使えない許可されないタグがたくさんあって、最近は楽天でHP作るのやめようかなあと考え中なの。去年につくって、日記をこつこつ書き始めたのが4月ぐらい、なんかもう楽天に飽きてしまってきている。
 当初は、本当に学習による障害とかデメリットなんかを考えて作ろうと思っていたが、最近はちょっと方向性がずれて来ている。ゆとり教育には賛成でも、障害児教育からユニバーサル・エデュケーション(私の言葉)が生まれるという考えも今もって変わっていないが、このテーマは奥が深すぎで、また、内容的に微妙な問題も孕んでいるので書きづらい。
 去年は、不登校の高校生を抱えていて、自分なりにもつらかったんだなあ。その生徒は、中学のときからみていて、大阪でも有名な進学校に合格できたが、1年の1学期で不登校に、なんとか登校するも別室で自習に。本人の口は堅く原因はあまり言わない。男子にありがちなパターンか、私なりにも、バーニングアウトとの認識があり、心のどこかで疲れているんだろうと考えていた。その子も、今は別の通信制の高校に転校でき何とか高校生を続けられるようになっている。
 お願い 楽天さんへ インフレレイムとかなんでできないの。私がまちがっているだけ?ヤフーではできるよ。ヤフーに変えちゃうよ。






Last updated  Jul 10, 2004 01:07:36 AM
Jul 7, 2004
カテゴリ:カテゴリ未分類
金持ち父さんのファンナンシャル・インテリジェンス



preesent by貧乏父さん




ロバート・キヨサキの「金持ち父さん、貧乏父さん」シリーズに衝撃を受けた塾の先生が、子供たちに本当に知って欲しい、学んで欲しいこと伝えます。
 この先生は、長らく貧乏父さんを演じてきました。つまり、学力をつけ、安定した暮らしを求める教育してきたわけです。こんな教育で、この厳しい経済状況の中を、子供たちは、本当に生き抜いていけるのだろうかと激しく思ったわけです。
 一方で富を蓄積し拡大していく教育を受けている一部の人々がいます。その一方で、人のために働き、安定が一番と考え、リスクをとることを恐れ、一生給与という鎖にしがみつくしか知らされていない子供たちがいます。
この二種類の子供たちの間にやがて、埋めようもない大きな溝ができてしまうでしょう。もうすでに社会ではできています。勝ち組と負け組み。
 こんなことを考え、教育者である「貧乏父さん」が、わかりやすく、富の蓄積と拡大の思考、つまりファイナンス・インテリジェンスを子供たちに伝えたいと思い。このページを作りました。以降どんどん、解説していこうと思っています。
 追記 すこしHPのスタンスが変わりつつあるかな。






Last updated  Jul 8, 2004 05:37:12 AM
Jul 2, 2004
カテゴリ:カテゴリ未分類
世論はライフドアに
近鉄合併反対、ライブドアがんばれ。
明日、日曜日大阪ドームに合併反対、観戦デモに参加します。






Last updated  Jul 3, 2004 08:25:54 PM
Jun 30, 2004
カテゴリ:カテゴリ未分類
 今日、金策にモトイ病院に行きました。首がマワラナイ病です。レントゲン撮ってもらって、注射を2本両肩にしてもらう。低周波を当ててもらう。かなりましになった。
 そういえば4年前も、この病院(整形外科)に寝違えで来ました。今回は痛みがなくなるまで毎日通院せよとのこと。私の首の骨は、バキバキに折れてはなかった。いや。ホンとまっすぐになっている。まっすぐだといいのかと思うが、よくないとのこと。神経が引っ張られるので痛みが増すのだと。酒飲んで寝ると寝返りを打たないので、余計になるらしい。やばい図星。疲労のせいもあるし、でも、睡眠薬を飲んで寝ているので、泥のように寝ているのがダメなのかなあ。と質問すると。
 外科の先生は、外科的なことでしか原因を言わない。そりゃそうさ。神経的に過敏になっているので、頭も痛くなるんですか?とシツコく聞きまくる患者に、この先生人体の神経図で、説明し始める。最近はインフォームド・コンセントのせいか、みんなお医者さんは質問に丁寧に答えてくれる。結構首痛いながらも楽しい。その人体図で、肩、首の神経は、手や後頭部まで伸びている。だから、頭の神経まで痛くなるのだ。と。ふーん、納得。この先生説明うまっ。
 伊達に張ってある人体図じゃないんだ。あんなの医者の威厳を振りまくポスターだと思っていたが、意味あるんだ。その次、首の間接の模型を持ち出して説明。レントゲンと見比べる。どうやらヘルニアのようにはなっていないが、一番の原因は「年です」とのこと。「柔道で痛めたんですが・・」と弁解するも。先生はにやりと「年です」。そう、年なんです。つまり老いていっているわけ。これはつらい。いつまでも若くはないんだ。「老」がわしを呼んでいる「オイッ」ヤベー。精神も親父ギャグに毒されてる。

 使用上の注意:今日の日記は一切教育と塾には関係ありません。だってあんまり痛いから、首折れ折れてんじゃないかと今日は休んじゃったもん。ゴメンな生徒たちよ。期末終わったから許してナ。オイ。






Last updated  Jun 30, 2004 10:48:22 PM
Jun 27, 2004
カテゴリ:カテゴリ未分類
 借金のせいで、首かマワラナイ。どういうことか、また借金をしてしまったのか。昨晩から、何気なく痛かった。肩こりの延長ぐらいに思っていたが、違う。朝起きる前から痛みが増していく。
 布団から起き上がれない。それほど痛い。人間おきるときには、首を曲げたり、重い頭を支えながらおきるのだか、ちょっと動かすと、激痛が。自分の頭がここまで重いものだったのか痛感してしまった。何にも入っていないのに。
 やっとのことで起き上がっても、首の痛みは言うに及ばす、首が動かない。首がマワラナイ。首の重要性をつくづく実感する。私の首なんかないに等しいぐらい短いのに、この首のせいで、体を動かすのも一苦労。
 夕方湿布とパファリンを飲み少しは授業をやることができたのだか、8時ぐらいから限界。9時半まで何とか授業をこなしたものの、いつもの私がなんと無口なことか。期末テスト中というのに、あっさりと授業を終えて、みんな(先生、生徒)を残しさっさと帰路へ。湿布とパファリンと、神経の薬、ワイパックスを2場も飲む。このワイパックスは、抗不安剤なのだが、筋肉の緊張をとり、肩こり、筋肉のこをやわらげてくれる効果がある。もちろん緩やかな眠気も催す。
 これは、借金から来る「首マワラナイ」症状なのか、神経から、ストレスからくる症状なのか、よくわからない。単なる寝違えただけだといわれるとそれまでなのだが、あまりの痛さに、頭痛まで併発するぐらい。いやこれは只者ではない。
 早く、たまっている月末の請求書を片付けないと。本当に首が回らなくなる。






Last updated  Jun 29, 2004 12:13:59 AM
Jun 24, 2004
カテゴリ:カテゴリ未分類
 実力テストは、まずまずだった。実力テストで100点を取ってきた子がいる。久しぶりにみた実力テストの満点。少しうれしい。彼女は、五○木の模擬テストにもペスト400にのる子たがら当然かもしれない。
 でも、満点を取るより、平均点をあげることが大切。公立高校は5教科が基本だから。不得意科目がないことが、一番安心。彼女は、数学が最近できない。図形の証明から、点数がさがってしまった。よくあるタイプ。こっちも一生懸命懸命するが、ムリなんだな方向音痴は。
 はいっ、方向音痴は図形ができない説。音痴は英語会話ができない説、絵画鑑賞音痴は、表現記述問題ができない説。
 これ私の勝手な説。でも合ってるんだなあ。証明できたら、もっと教育も科学的になるのになあ。


 今日頭がまとまらないから、続きはまた今度。とにかく得意科目があるより、不得意科目がないほうがいい。






Last updated  Jun 26, 2004 03:06:06 AM
Jun 22, 2004
カテゴリ:カテゴリ未分類
 気合入れるぞ。この月末までの十数日は、生徒も先生もぴりぴり、てっちゃんなべどころではありません。時には、口からゴーッと火を噴きます。
 「何っ、範囲表忘れただと。とって来い。」「何っ、授業料忘れただと、次持ってきていただけますか。でないと俺やせる。」「何っ学校のワークをやりだと。それはしっかりやろう」「何っ、こんな問題でできないと、かしてみろ、ムッ、俺もわからん。」という風に、ゴーッと火を吹かれています。もう眉毛、まつ毛なんか内の生徒はみんなこげてないもんね。見たら怖いよ。
 でも楽しい時期でもあります。みんなが一体となって期末テストに取り組む姿は、美しい。うっとりとしてしまうこともある。大概が、範囲まではやっているから、あとは、個々人の定着あるのみ。なので、こっちはそんなに慌てない。
 でも、何年やっても、「何じゃこれ問題」にはよく当たります。私腸が弱いもので(笑)。何たら大学附属中学・高校は。そんな問題の宝庫です。きっと正倉院の宝物殿に殿堂入りだと思う。こないだも何問か奉納してきました。
 たとえば、こんな問題、ヒトの骨の数はん何本でしょう?
ブルーギルという外来種を日本に持ち込んだのはだれ?。
肝臓によくないことは何?(これは即答、深酒ゴーッ)。などなど、チン問題続出。わからん問題は、塾の先生生徒総出で、議論します。めっちこれが盛り上がるんだな。副教科も見るとこれがもっと出てくる。家庭科で、正月料理の由来なんかは、大クイズ大会。数の子はどうして食べられるのか。「それはちょっと素では答えにくいなあ。おじちゃんがあとで優しく教えてあげる」「えろじじー。セクハラや」など。とても円満です(笑)。
 テスト前は、まつ毛の無い生徒と先生で、大爆笑の一体感で、暑い教室を沸点までもって行きます。Go ゴーッ。






Last updated  Jun 23, 2004 06:31:12 AM
Jun 21, 2004
カテゴリ:カテゴリ未分類
 「学校を作りたい」と馬鹿なことをいう弟。この人も私と同じで、サラリーマンには向いていない。自分で何でもしてみないといやな性格、そして、結構見栄っ張り。
 カルチャーセンターを作るとのこと。ここで彼のビジネスモデルを書くことはやめよう。彼の生業は「イベント企画会社」一応、肩書きは有限会社のシャッチョさんなわけ。でもなんかいつも胡散臭い。

 この人はいつも、金になることをいつも考えている。「コンプライアンス」なんかぜんぜん気にしない。先日も酒を飲んで、タクシーとゴッチンコ本人は骨折ですんだが、相手様は、入院らしい。乗客は「doctor」。彼もこれで、かなり痛い目を追っているはず。保険で何とかなったとか言うが、世の中そんなに甘くない。車はフランスかどっかの車。当然廃車。もちろん免取。罰金は、危険運転防止法で、何十万だろう。

 話を学校に戻すが、彼の考えている学校というものは、、イベントを提供し、生徒を楽しませることに徹するようだ。どうせ夢なんだろう。こちらも話半分。ツアーを組んで、カメラ持参で、おしゃれな町をぶらぶらさせるらしい。カメラマン一人つけて。おしゃれな店で、昼飯を出して楽しませ。撮った写真は、ホームページに掲載するらしい。この企画、正直面白くない。第一学校じゃないもの。教えることはしないという。この時点で、継続は難しい。単発のツアー客にしかならない。宣伝・広告ばかりで、自転車操業。
 でも、一生懸命こぐらしい。あの人らしいことではあるが、受託で仕事をすることから、自分で打って出ようという腹なのだろう。まあ機嫌ようきばりなはれ。
 といっても、このHPのことを彼は知らない。はっは、好きなことかいたった。






Last updated  Jun 22, 2004 05:00:20 PM

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.