205446 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

櫻井一雄の気ままなホームページ!

PR

カレンダー

サイド自由欄

このブログは
ミュージシャン「櫻井一雄」の
活動を発表させていただくページです。

画像サーバー超過のため
新・ページへ移行いたしました。

新アドレスは
http://plaza.rakuten.co.jp/ikeikemitsuoka2/
です。

宜しくお願いいたします。

カテゴリ

フリーページ

5月1日ピザパテオ塚口店ライブレポート!


05・29寺田町BWBライブレポート特集


タニー&ゼリーたぬきばやしライブレポ


6・12山小屋ライブレポート!


和風スナック「駒」さんライブ!


9.03タニー&ぜりぃライブレポート


9.10櫻井一雄BWBライブレポート!


11.12 三本立てBWBライブレポート


12.11ゆうゆうクリスマスライブレポート!


京都・神戸撮影ツアー!作品発表!


2・26昭和40ねんライブレポート!


3・12老人福祉センターライブ!


ハルが来たからサクラサクライブ!


私の田舎!尾鷲市九鬼釣りツアー!


5.14五月の風~バッカナールライブ~


5.20ライブバーBWB8周年!記念ライブ。


6.10ワンモアライブinいづも亭改訂版


7.8一日遅れの七夕ライブ!櫻井VS吉川V


7.30京都 トゥルバドゥール&ソロライブ


九鬼・お盆写真発表ページ


9.3岩牡蠣の宴!オバちゃんオメデト!


10月東京ツアー!葉山&ガウチョライブ


10/14トルバピース&ソロ対決!BWB!


11.05奥坂コミセン文化祭!


11.11BWB 櫻井VS智&テツナリ ライブ!


12/9BWBもちもちくるみぃVS櫻井一雄


02.10櫻井VSテツナリ ギター弾き語り対決!


2.12ラグーンにて月奏ライブ2にゲスト参加


2.25バッカナール唄うたいのバラード2!


唄うたいのバラード2番外編オマケページ


二度目!4月、東京ツアーの記事。


キーワードサーチ

▼キーワード検索

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

病気・健康・デスモイド腫瘍関係

2007.08.31
XML
今日はデスモイド腫瘍の検査の日でした。

診察が終わってからMRIの予定。
(検査結果は後日になるので。)

血液検査を受けてから診察・・・が
いつもの定番コース。

血液検査は肝機能は少し良くなってました。
胆嚢の数値?は若干、悪化。

何より覚悟はしていましたが
触診では1センチ以上、前月と比べて
拡大しておりました・・・

(デスのバカヤロー!親不孝モン!と居直ってみる(笑))

くわしい結果は後日、教えてもらうことにして
やはり、このままではイカンので3ヶ月止めていた
抗がん剤を復活させることにしました。

やはり飲むと精神的・肉体的に辛くなるので
イヤはイヤなのですが
そうも言ってられないのでココはぐっ!と我慢の子だな。

色々と考えて我が主治医に相談をしました。

一日1個、ノルバデックス20を飲むとシンドイ。
だから2日に一個に調整してみたりしたんだけど
最終的にはノルバデックス10を毎日に切り替えたらどうかな?

(ノルバデックス20と10は単純に分量が半分なのです)

そのほうが薬の量的に合っているかも?

ただ20の薬を一ヶ月分くらい持っているので
それをしばらく半分に割って飲んでみようかなぁ??

・・・と言ったら
「あの薬って割れる??」と我が主治医。

素人のアホーな失礼な意見も尊重してくれる尊敬すべき人でござる。

割れなかったら・・・・

2日に一個にします・・・

というわけで3ヶ月間のとりあえずの作戦が決まりました。

実は9月・・・地元でのライブが決定しました。

色々と面白いことも仕掛けていたりします。

私がくたばらないように頑張らなくちゃ!!









最終更新日  2007.09.01 02:56:37
2007.08.27
またまた少し間が開いてしまいました。

こないだも発表いたしましたが
楽天ブログの画像サーバー50Mを
遂に使い切ってしまったので
「お引越し」をする決意を固めました。

・・・んで

まったく同じコピーのような
ページを新たに製作いたしました。

来月(9月)からは
そちらに引っ越そうと思っていますので
リンクの追加変更等・・・
皆様、お手数ですが
宜しくお願いいたしますね。

昨日の日曜日はオフの日で
ゆっくり休養してから
最近、またズボンが入らなくなってきたので
ダボダボズボンを求めて服屋さんへ・・・

一応、名誉のために言っておきますが
お腹周りがダメなんじゃなくて
腰の腫瘍君が張り出してきているせいで
入らなくなってきてるんですよ~~。

んで最近、ゲットした中古のNEWマイカーで
ジーンズ屋さんへ行ってきました。
(そうそう!車、変わったんです!
  イプサムになりました。名称募集中?)

イプサム君。

某知り合いから格安で譲っていただきました^^

それでイザ!ズボンを試着しようとしたら
店員さんが寄ってきて色々と勧めてくれる。

よく見ると研修中らしくて
先輩らしい人のところに聞きに行っては
私のところへ戻ってきて・・・

また聞きに行って・・・・

頑張ってるんだけど馴れていないせいか
私が特大ズボンが欲しいって言ってる意味を
なかなか理解してくれない。

あんまり病気のことを
説明するのも疲れるし・・・ね。

しょうがないので自力で探すことにして
いくつかズボンを抱えて試着室に入ったんだけど
コレが大ショック!

ほとんど入らないの・・・

お腹は余裕ですよ~~
でも腰が・・・・ダメ。

カーゴパンツって言うのかな?
それが一着だけOKであとはXXLでもペケ。

股上が大きいズボンってないの??って
聞いても今の流行が全体的にスリム志向なんだそうな。

大きいサイズはジーンズのほうがあります!
って持ってきてくれたのがナント40インチ!

うわ~~~!でか~~!
ボタン付けたまま履けるかも?

なんて言ってたんですが
(事実、ボタン外さずに履けた・・・)
腰が入らずにダメ・・・・

がっくし~~

このままじゃワタシはズボンが履けなくなっちまうぞい!(笑)


その後、地元のTEX-MEX料理のお店
「EL-CAFE」さんに友人達で行って来ました。

ライブ帰りのミヤケ氏はテンションが↑(アゲ)で
店内でウクレレ生ライブを敢行!

たまたまお店もお客さんがいなくて
ずっと貸切状態だったので
マスターも含めて盛り上がる!!

近日・・・・
ライブ企画するかも!?

そんな気分にさせてくれた夜でした。

9月は・・・・

いろんな意味で再出発になる月かも。


このまま病気に押されてしまうわけにはいかないので
もう一度、抗がん剤を再開しようと思うし
何か理由があって病気という形に表れていると思うんだけど
まだ明確にその答えが掴めないでいる。

たぶん複雑に全てが絡み合っているんだと思う。

この間・・・とある人に言われた一言。

「櫻井さんはそれでも病気と闘っちゃうんですね・・・」

昨日、ミヤケ氏に言われた言葉。

「荷物は背負うと重いし、置いていくわけにはいかない。
 じゃあキャリーに乗せて転がしていけばいいんよ。
 必要な時にはすっと軽く取り出せる。
 荷物をたくさん背負ったら重たいやん。」

なんとなく鍵がいくつか・・・
見つかってきているような気がするんだけど・・・

真面目なんかなぁ(笑)

最近、ボアさんのフックともうひとつ気に入って
身に着けているものがあります。

それがコレ↓↓

チャールストンルイス

アメリカの最も古い歴史を持つと言われる「ホピ族」
若手アーティスト「Charleston Lewis」(チャールストンルイス)さんのリング。

真ん中に描かれているのが太陽神。
(エヘン虫みたいと言ってはイケマセン)

神様は太陽を窓にして我々の世界を見守っているそうです。

サイドには私がお願いしたギターと月と星が
(流れ星は勝手に付いてきました!オマケ?)
デザインされています。

ホピの人からみると・・・・
太陽ってこんな風に思えるのか~~!

なんとも癒し系のキャラだなぁ~~って。

このチャールストンルイスさん。
なかなか曲者らしくオーダーをすることが
非常に難しい。

このリングがやってくるまで・・・
(正確にはチャールストンさんにオーダーを通すのに)
非常に時間がかかり・・・はっきり言って
かなり諦めていたりしたんですが
(数ヶ月、連絡すら取れなかった。)
実は父が倒れた日に日本に着いたんです。

サイズ変更や修正に時間が3日間ほど必要だったので
正直、父の命は助からない確率のほうが高かったですから
心中複雑だったのですが、このリングをオーダーするにあたり
非常に尽力してくれた「カチナトレーディング」のY氏に
状況を説明したところY氏は力強く

「大丈夫です!お父さんはきっと助かります!
 私も応援します。きっとこのリングが届く頃には大丈夫です!頑張ってください!」

・・・と激励いただきました。

大出血です。とドクターに言われ
脳梗塞が起こる恐怖に怯え、二度の手術が終わり・・・

くも膜下出血の最大の難関である
24時間後・・・一日後・・・三日後・・・・

超えた日にこのリングは手元にやってきました。

この太陽神を眺めながら病院の待合室で
時間をやり過ごした事を思い出します・・・

たまたまなのかも知れません。
でも助けてくれたのかも。

チャールストンルイス2

2月28日の32歳の誕生日から数えて
ちょうど半年・・・

私の上半期が終わって9月から・・・

じっくり構えることをテーマに
押し流されないように頑張っていかないといけないのかな・・・

そんな気がしている今日この頃です。
















最終更新日  2007.08.28 04:48:56
2007.08.05
少し日記を開けてしまいました。

理由は・・・

例えるならボクサーが派手なパンチを食らったとする。
すぐに立ち上がって反撃できるボクサーと
立ち上がるまでに時間がかかるボクサーといると思う。

重要なのは・・・
「立ち上がる」ことだと思う。

しょっちゅう小さなKOパンチはくらっていますよ。

でも人生においてKOされてはいけません。

必ず時間がかかっても・・・・

起き上がってくることが「強い」ということだと思うんですね。


・・・・と偉そうな事を書きましたが
その本人はまだ起き上がれずにいてます(笑)

結構、今回のパンチはHEAVYでした。
↑私にとってね。

はたしてその内容とは??

金曜日に神戸大学に行って来ました。

その内容は診察とデスモイド腫瘍のMRI(磁気画像診断)の結果を聞きにいくため。

そして今回は父が倒れてから「抗がん剤」の服用を
やめているためそのデータをとるために血液検査も受ける。

前回のMRIは3月。
今回の発表は7月6日検査分。

結論的には「増大」でした。

と言っても235X137ミリ(前回)→229X130ミリ(今回)
腫瘍のタテ方向とヨコ方向は若干、縮小している。

問題は厚み。(最近の検査は3D映像ナノダ)

130ミリ(前回)→149ミリ(今回)と
結構、分厚くなってらっしゃる。

これはどう見るべきか・・・

あくまで私の見解なのだがMRIという検査を受けたことの
ある方はご存知だと思うのだが
細長い筒状の検査機器に入る際に動かないように
結構、きつくバンドで固定されるのだ。

前々回は記憶によると
かなり「ぎゅ~~~!」っとマジックテープで締め付けられた。

前回は優しくゆる~く固定されただけだったのだ。

なので締め付けられなかった分だけ「厚み」が増えて
タテXヨコが縮小した・・・と私は見てるのだ。


・・・・ココまでお読みいただいた皆様には
もうお気づきだと思う。


あんまり落ち込んでないじゃん。


そう!ここまでは「想定内」だったのだ~~。
(このくらいのパンチでは百戦錬磨&非常事態宣言のワタシには効きませぬ)


問題は次!


実は「抗がん剤」をやめて本来なら良くなっていないといけない
血液検査の数値が・・・・

肝機能を筆頭に・・・かなり悪化してる・・・

薬を飲んでいた時より・・・はるかに悪化している事が判明。

う~~ん・・・

身体がしんどい・・・とは思っていたが・・・

正直、コレには驚きました。

今の状態では抗がん剤を復活させようにも出来ません~~。

それだけ肉体的、精神的に無理をしている・・・という事か。


この結果を見て・・・さすがにちょっと考えました。


いきがっていても・・・ワタシが今、倒れたら
本当に大変なことになる。

真剣に引き締めて自分を管理する必要があるなぁ・・・と。


・・・と言っても具体策はあまり無いのですが。
(やれる事は結構、すでにやっているので。)


それより気分的に落ち込んだのは
こんなに自分が「弱い」とは思わなかった。

もう少し強い身体にならんかなぁ・・・

そんな無いものねだりをしても、しょうがないんだけど。

なので一つ、大きな警告をいただいた・・・ということで
今後、気をつけて生活していきたいと思う。

今、家族で更に病気の者が出る事態は
避けないといけないですからね。


P,S
次回のMRI検査は今月末に受けることになりました。
6月の頭から薬を止めたため、3ヶ月の腫瘍の推移をチェックするためです。
もちろん血液検査も・・・やります。
(実は血液検査について・・・も面白い?話があるのですが次回!)























最終更新日  2007.08.06 03:41:20
2007.07.24
静かな空間がただようステージ。

これからライブという生き物が
「呼吸」を始める・・・

このマイクの前に上がった瞬間から
逃げることは出来なくなる。

自分の持っているもの。
それが出し切れるとは限らない。

自分の心を鼓舞し
高め、そして昇華させる。

誰のために唄うのか・・・
それは間違いなく自分のためでもある。

己の内面に向き合い
削り、唱え、祈る。

ただ一点に想いを込めて・・・
全身全霊をぶつける。

それは自分の立ち位置を自分に刻み付けるため。
前に進んでいくための「路」を己に刻むため。

//////////////////////////////////

私は守るより攻めるほうが得意だ。

言うなれば「現場突撃型」である。
守る時は「負けている」時。

常に先を読んで前向きに生きたい性格である。

//////////////////////////////////

同じデスモイド腫瘍を持つ同士の
「ちゃちゃ部長」のブログの記事を見て驚いた。

前回の検査で1センチだったデスモイド腫瘍が
2センチに成長していたらしい。

このデスモイド腫瘍という病気は非常に難儀で
再発率も高いし画期的な治療法がみつかっていない。

2度の再発を経験し未だ16センチの腫瘍を
腰に抱えている私にとっては他人事では無い。

残念ながら「経過観察」→「大きくなったら広範囲切除」
というジリジリと追い詰められるような
対処法が一般的なのも事実だ。

しかしMRI造影検査は一般的に撮るのが
3ヶ月単位。

デスモイド腫瘍は勢いがあると
1ヶ月に1センチ以上大きくなる場合がある。

治療が出遅れると「手術」に追い込まれる。

ここで大切なのは、もう一度
自分を取り戻して病気に負けない!という暗示を
自分にかけることだ。

そしてその気持ちを裏付けるために
何らかの手段で「攻める」必要がある。

大切なのは「病気に絶対に負けないという気持ち」と
ほんの少しの「病気に対する効果的な実践」なのだ。

「再発」という事実に心が折れてしまうと
病気の侵攻を許してしまいますぞ。

ここで改めて「気」を引き締めようぜ!
(コレは個人的なメッセージですな。)

今回、いろんな事が連動した記事になる・・・・
話が飛んでしまうかも知れませんが
どうかお付き合いの程を。

病気に対して「攻める」という意味では
今、抗がん剤を飲むのをストップしているのは
私にとっては攻める意味を持っている。

飲めないからSTOPせざる得ない。

そういう意味では「守り」にとられるかもしれないが
幸い2年間、頑張って未知の抗がん剤を飲み続けて
腫瘍の縮小までは追い込めなかったが
半年間、腫瘍の成長を止めることには成功した。

私はなんとか今、気でも根性でも
何でも使えるものは使って
「薬なし」でも腫瘍を押さえ込むことに
チャレンジしてやろうと思っている。

父が倒れた。
私は非常事態で緊張状態が続いている。

それならば己の潜在的に持っている力を
今なら引き出して「デスモイド腫瘍」に勝てるのではないか??

無謀かもしれないが
真剣にそう思っているのである。

だから抗がん剤を止めるほうに賭けた。

これが吉とでるか凶とでるかは
数ヶ月の時間が過ぎた頃に判明するはずだ。


/////////////////////////////////////////////

父の高熱は落ち着いてきた。

髄膜炎の治療も順調のようだ。

目にも力が出てきたし、話せる時間も長くなってきたようだ。

昨日から「言語療法士」というリハビリを支持してくれる
先生が来てくれるようになったらしい。

しかし病状が改善されてくると同時に
かなりの後遺症というか、いかにくも膜下出血が重篤であったかを
思い知らされる結果となっている。

言語療法士の先生がいろいろな質問をして
今の父がどの程度、回復しているかを教えてくれた。

まず時間と記憶が連動しない。
今が何月何日で、今が何時で、ここがどこか・・・・が
理解できない。

それには同じ質問を繰り返しになるが反復して
脳の中の機能をつなげていくしかないらしい。

そのために部屋にカレンダーと時計を置いて欲しいとの事。

あと本人は「話が飛ぶ」と付いていけなくなるらしい。
(コレは脳の手術をしたら多かれ少なかれ現われる症状との事)

だから「今の話はこれでおしまい。次はこれの話をしますよ」と
誘導してあげることが大切なんだそう。

数字の足し算や計算はできるが文字や数字が書けない。
読めるのだけれど書けない・・・

これも少しづつ真っ直ぐな線を引くことから
リハビリを始めるしかないそうだ。

マジックとスケッチブックも病室に装備である。

正直、私もハハも思っていたより
父の障害が大きそうで少々、凹み気味だ。

ただ自分が歩けなくなった時のリハビリを思い出した。

ゆっくり・・・ゆっくり・・・・
確実に足に血液を送り込み動かそうとする。

動かなくても構わない・・・
動かそうとすることが着実に一歩づつ進んでいるのだ。


///////////////////////////////////////////////////


今日、深夜に右手に麻痺を負ってしまった
ピアニストの番組がテレビ放映されていた。

彼は左手一本で独自の世界をも開拓していくのだが
そこに至るまでの経緯で登場するピアニスト専門の
リハビリの教授が言った一言が私の心を貫いた・・・・

「リハビリに結果を求めてはいけない。
  リハビリはそこへ至るための過程である。」

なるほど・・・・

すぐに答えをそこに求めるべきものではない。

・・・・という事か。

私にとって「攻める」でもなく「守る」でもなく・・・
新たな人生の勉強をさせてくれているように思えてならない。


長文になってしまいました・・・

最後までおつきあいいただきありがとう。














最終更新日  2007.07.25 21:55:56
2007.07.06
本日は神戸大学の診察の日でした。

明日は七夕ですね。

神戸大学付属病院にも大きな笹が飾られていました。

願い事を短冊に託して・・・

「皆で大笑い!」とか「震災から10年、まだ復興できず。」とか
家族の健康や自身の健康への想いを込めた「願掛け」がたくさんありました。

一文字づつ・・・

いろんな想いを込めて書いた短冊の願いが
どうか一つでも多く叶いますように。

私のほうは主治医と相談して引き続き
抗がん剤を一月、止めてみることにしました。

今日、MRIを撮ったので
もし変化があればご連絡いただけるとの事。

家の住み替えを考えなければならない事態が想定されるので
ローンの審査のために診断書を書いてもらいました。

デスモイド腫瘍でのローン審査は
なかなか通らない?ようですが
ダメもとでチャレンジしてみたいと思います。

やはり父の後遺症と両親の高齢化
そして私の腫瘍の状況を考えるとバリアフリーの
(もしくはそれに近い)環境を将来に向けて
整えておくことは必要かな・・・と。

今の私の自宅はマンション4階で
実家も持ち家ですが玄関に向かうまでに
階段があるのでいろんな方法を模索しながら
10年先の事を見据えて
今のうちに「立て替え」か「引越し」を
視野に入れて検討中です。

それにはまずローン審査・・・

主治医も精一杯、援護射撃した文面を書いてくれました。

明日は七夕・・・・

素敵な一日でありますように^^







最終更新日  2007.07.07 02:46:07
2007.05.27
金曜日に神戸大学の整形外科腫瘍科に月に一度の定期検査に行ってきました。

ココのところ・・・
非常に副作用がキツイ。
「ふらふらする」「眠れない」「ほてり、寒気」ETC・・・

我がドクターに説明して
ノルバデックス20を一日おきにしても良い??と相談。

しばらく量を減らして様子を見ることにする。

腫瘍の熱感は今までのなかで一番退いている感じ。

そういう意味では感触は良いのだけど・・・という話をする。

将来的にはノルバデックス10に切り替えるほうが良いのかも。

触診ではサイズには変化なし。
7月の頭に精密検査とMRIの予約を入れる。

さて次回こそ・・・「縮小会!」は開催できるのか!?

以前の記事に紹介した「新薬」をドクターが調べてくれていました。

残念ながら我がドクターによると勧められないとの事。

タモキシフェンではなくてホルモンの分泌自体を
押さえてしまう薬のようで(タモキシフェンは結合をブロックするらしい)
他の様々なホルモン分泌に作用してしまう可能性があるので
私の状況を考えると勧められないという答えでした。

もちろん新薬なので症例が少ないという意味もあるが
デスモイドで治療用に使われた例は無いようだ・・・とのこと。

ですので誤解を招くといけないので
薬品名はクローズのままにしておきますね。

乳がんの治療用なんだけど「閉経後」の女性に限る・・・
という限定つきの薬なんだそうな。

ですので今回の情報は残念でした・・・とのコトで。


実は非常に今、私立て込んでオリマス・・・

スミマセン・・・メールのお返事や打ち合わせ等
様々なところにご迷惑をおかけしております。

ちょっとづつ・・・追いつきますので・・・
もう少しお待ちくださいね。

よろしくおねがいいたします。






最終更新日  2007.05.28 13:13:42
2007.04.29
今回の日記は・・・・

「デスモイド腫瘍」について興味をもたれている方向けです・・・

興味をお持ちでない方、
また「気持ち悪い」画像苦手な方は飛ばしてください。

今日、UPするのは07年4月末現在の櫻井一雄の左腰にある
デスモイド腫瘍の画像です。

ちょうどうつ伏せに寝た状態で
左腰(ちょうどお尻の横あたり)にできている腫瘍を撮影したものです。

服を着ていると・・・
意外と目立ちませんが画像で見ると
あらためてその大きさにビックリしてしまいます。

先日の検査で縦15センチ横13センチ奥行き12センチと
診断されたものが大きく横に張り出してきています。

別にある8センチの腫瘍は
ベルト付近にあるのでここには写っていません。

過去に受けた2度の手術の後も残っています。

この腫瘍に正常な筋肉を食われてしまったため
歩行障害やその他、弊害が出て来てしまっています。

現在、下肢障害等級4級をもらっています。

デスモイド腫瘍 縦から

この画像はうつ伏せに寝て真上から撮った画像です。

デスモイド腫瘍 横から

この画像は寝た状態で横から撮影したものです。
(結構、手術跡がイタイなぁ~)

現在は投薬治療として
「ノルバデックス20(タキモシフェン)」(乳がん用の抗がん剤、一日一錠、自費約600円)
「アルファロールD(ビタミンD)」(一日一錠)
「ロキソニン(鎮痛剤)」(一日3回一錠づつ)

・・・を服用しています。

以前の記事に書いていたリザベンは
私には合わなかったようで服用を中止しました。

鎮痛剤は以前は「クリノリル」という薬を飲んでいましたが
私には「ロキソニン」のほうが合っている思ったので
ドクターに変えていただきました。

鎮痛剤を服用している意味は
腫瘍からくる「痛み」を押さえる意味もあるのですが
デスモイド腫瘍の特徴として腫瘍部が「熱感を持つ」ことがあげられます。
これは原因はまだわかっていないのですが
「熱を持つ」=「炎症を起こしている?」という観点から
鎮痛剤を服用することで押さえてみようという発想です。
(結構、実績は上がっているらしいです)

同じ効果を期待してサプリメントの
「フィーバーフュー」(主にハーブティーや加工されたタブレット)も
飲んでいたりします。
(フィーバーフューには鎮痛効果がある。)

あと「ジェイソンウィンターズティー」という
三大大陸の腫瘍に一番効果があるといわれているハーブを
ブレンドしたお茶(通称おじーちゃんのお茶)も
飲んでいたりします。

腫瘍抑制効果と免疫力アップが期待できる
(オマケでダイエットもできる・・・?)ということで
「低分子水溶性キトサン」も飲んでいます。

何故?写真を公表しようと思ったか・・・というと
自分の病気を隠そうと頑張るのをやめよう!と思ったからです。

どうしても・・・
病気であるということで自分に引け目を感じてしまって
引っ込み思案になってしまうコトがあります。

また幸いなことかもしれませんが
私の腫瘍の出来た場所は外からは目立ちません。

言葉を飲み込んで一人で
人陰で休んでごまかすことも
やっぱり多いです。

少なくとも・・・
胸を張ってマイペースで自分をごまかさず
ありのままを公表・発信していきたいと思います。

病気の人間はダメだ。
イエイエ・・・そんなコトアリマセヌよ。

問題は「自分の人生をどう生きるか?」です。

いつも私を支えてくれる皆様に感謝です。
これからもよろしくお願いします。














最終更新日  2007.05.01 04:20:04
2007.04.27
金曜日に三ヶ月ぶりの・・・

MRI検査の発表を聞いてきました。

結果は「変化なし」。
MRI技師さんの所見でも
同じ見解が述べられていました。

少しヤバイかな・・・と
思っていたんだけど
とりあえず一安心。

でもなかなか「縮小」には
向かってくれない。

我がドクターの担当の患者さんで
年も同じくらいで首にデスモイドが出来た
患者さんは「ノルバデックス20」の治療で
小さくなってきたらしい。

うらやましぃ~~。

本日、サイズを測ってもらったら
15センチ(たて)X12センチ(よこ)X13センチ(奥行き)
のが1個と8センチのが1個いてるそうな。

あととても親しい方からの情報なんだけど
(・・・某コミセンの元館長ドノです。)

女性ホルモンをブロックする「新薬」があるそうな。

実際、その方は乳がん手術後「ノルバデックス20」を
ずっと飲んでたんだけどその新薬に切り替えたそうな。

医者の言うには複数年飲んだ際の
「副作用が少ない」らしい。

まだはっきりしないので具体的な薬品名はまだ伏せさせていただきますが
ノルバデックスも要は女性ホルモンを止める抗がん剤なので
効果は似ているのでソチラに乗り換えてみるのもアリかも。

この新薬は我がドクターに調べていただけるようお願いしました。

今日、衝撃を受ける雑誌に出会いました。

その雑誌の名前は「DAYS JAPAN」

ページ一枚一枚をめくるたびに・・・

衝撃的で「力」に満ち溢れた写真が飛び込んできます。

「我々が目をそらしてはいけない真実」がそこにはあります。

20日発売の雑誌なので、まだ書店に行けば並んでいると思います。

「DAYS JAPAN」です。

是非、手にとって見てみてください。








最終更新日  2007.04.28 05:03:30
2007.04.26
またまたベランダからの夜景です。

望遠レンズで陸橋を狙ってみました。

秒数を開けているので車のテールランプが流れていますね。

画像サイズを小さくしないといけないのが残念。

大きい画像だと良い空気感なんですが・・・


明日は神戸大学付属病院に検査発表を聞きに行ってきます。

この検査発表の前日・・・というのが
非常に落ち着かない夜なんですね。

強がって書いてますけど・・・
正直、凹んでオリマス。

今回の検査は正直、NG方向だと思うなぁ。

「縮小」のほうには少なくとも動いていないと思う。

救いは足が自力で結構、上がるようになってきた事。

また大きくなっていたらショックですなぁ・・・


その気分の悪さを避けて考えても
少々、体調悪しです。

今日も会社で1時間ほど動けず。
横になってないとフラフラして仕事にならない。

少し熱っぽいような気もする・・・

今までは「火照る」感じの熱さだったんだけど
今日は「熱っぽい」。

風邪かな??

気合いで頑張ってきたけど休憩が必要かな?

早く来い来い!ゴールデンウィーク。

明日は「あるお方」と
久し振りに焼き肉「山小屋」さんに行ってきます。

何年ぶりかなぁ~
一緒にご飯たべるのなんて。

さぁ!布団に入って・・・・
オヤスミいたします。









最終更新日  2007.04.27 03:05:15
2007.03.31
私は疲れていた・・・

連日、下がらない発熱と悪寒。
電車に揺られての
大阪から神戸までの距離。

整形外科の順番待ち。

診察室の前のベンチに座って
意識は白い世界を漂っていた。

私の位置はドアの最寄り。

霞んだ自我の中にドクターの会話が
断片的に聞こえてくる・・・

あぁ・・・

「さっき呼ばれた人だな。」

初老の女性だったはず。

突如、慌てた様子で私の前を横切り入室する、家族と思われる2人。

「旦那さんと娘さんか・・・」

眠りに引き込もうとする身体に逆らって私は考えをめぐらせてみる。


・・・・・・医者というのは難しい場面に遭遇するもの。

ドアの向こうから漏れてくる言葉の断片・・・


まさに今の一瞬がその時のようだ・・・


少しいつもより口調が高く、早口になるドクターの声。
私が全幅の信頼を寄せる数年来のおつきあいのドクターだ。

「入院して検査してみないと他にも・・・」
「検査して病気の箇所を特定しないと攻撃できない・・・」

初めて聞く我がドクターの声のトーン。
いつもは優しく、ゆっくりと・・・少し訛りの入った
おおらかなリズムの人なのに。


言葉は全て聞こえるわけではない。

でも「耳に入ってくる」・・・聞かないふり・・・

でも聞いてしまう。

画像資料をめくる音、気配・・・・

「ここはある。ここも可能性はある。無いとは言えん・・・」
「こういう風に見つけにくい場合もある。」
「だから検査のために入院を・・・・」

もう相当な時間が経っているはず・・・
20分は過ぎているだろう。

私は身体の誘惑に負けて・・・一瞬、ウトッとした。

ドアの開く音。

3月末の日差しが一瞬だけ差し込んだ・・・

家族が母親を支えて出てくる。
3人は全員、ドアの向こうに頭を下げる。

事態はやはり予断を許さないくらい深刻なようだ。


1分後・・・館内放送で名前を呼ばれた。
私の順番だった。ドアの前で大きく伸び・・・

そして元気に部屋に入った。


「こんにちは!」

「おぉ~どや?変わった感じある??」

やはり言葉は同じでも、いつもと違う・・・
張り詰めた後の余韻・・・だろうか・・・
少し明るく振舞っているが元気がない・・・

ここは私が立ち入ってはいけない世界だ。

そう思ったワタシは元気に振舞う。
事務的に・・・必要事項と打ち合わせ。

「この後、MRIやったな?大丈夫か?」

「はい!ダイジョウブです~^^」

普段なら二言、三言交わす日常会話は
今日は挟み込みスペースはなかった。

肩から息を下ろす・・・姿を見ていて
医者というのは大変な仕事だな・・・と改めて思った。


そして・・・


私は担当医の事がまた好きになった。


P,S
一応、フィクション・・・・です。
創作部分もアリマス。ということで(笑)
だって寝てた部分もあったもんで・・・・












最終更新日  2007.03.31 05:20:45

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.