2509881 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

がんばらないけどあきらめない

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

薬剤師が奨める心と体によい本

2012.03.01
XML

じっちゃん ばっちゃん見守る中
観戦中
観戦中



如月最後の日湊太水泳猛特訓でした
湊太です
湊太です

湊太わかりますか (^_^)



お早う御座います アポ哲です m(__)m

今日は平成二十四年弥生一日の木曜日

干支 辛酉

四緑 仏滅

今日は弥生最初の日

私にとっては寂しい日

猪はお腹の子ども連れて加古川に
さよなら サヨナラ お腹の子
さよなら サヨナラ お腹の子



 湊太も水泳に燃えて爺ちゃんでんでん虫 カタツムリです (; ;)ホロホロ
目指せ 康介
目指せ 康介



朝起きると

ライトとやっちゃんだけ・・・・・

今日からまたまたお股で夫婦二人とライトの平凡な日々が始まります

お雛様 ▽・w・▽ライト
お雛様 ▽・w・▽ライト



今朝の体重 60.0キロ

体脂肪率 18.2パーセント

血圧 115-76

脈拍 65

体温 36.1度



今朝で

般若心経

95350回読破 合掌



今月のテーマ

一日一善

自分がよいと思ってしたことも人には迷惑なことも・・・

本当によいことするの難しいですね (^_^)









最終更新日  2012.03.01 07:13:37
コメント(22) | コメントを書く


2011.12.31

みんなで楽しく 鍋を囲んで
贅沢鍋
超贅沢鍋

ガキの使い見てます

ひっくんテレビ見ながら大笑い
ひっくん大笑い
ひっくん大笑い

もうすぐ年越し蕎麦食べます

明日はお昼までゆっくり寝ることに 








最終更新日  2011.12.31 23:14:47
コメント(8) | コメントを書く
2011.12.07

昨日は本当に疲れました

半分寝ながら夕飯のカレーを

終わるとバッタンキュウ

気が付くと朝の八時

命の塩麹かき混ぜるの忘れてました (;^_^A アセアセ…

やっちゃんかき混ぜてくれていました

愛情込めて優しく優しく撫でるようにかき混ぜてくれたとのこと 感謝 合掌

今から半身浴

今日は家でゆっくりのんびりすることにしようと思ったけど

昼から中医学勉強会でした (^_^)

気が向けばブログ夜の部書くことにします








最終更新日  2011.12.07 08:39:16
コメント(8) | コメントを書く
2011.11.03

お早う御座います アポ哲です m(__)m

今日は平成二十三年霜月三日の木曜日

干支 壬戌 みづのえ・いぬ

八白 大安



昨日はバリウム飲んで白いウンチで気持ち悪かったけど

夕食は私の大好きな

秋刀魚の塩焼き

秋刀魚の塩焼き
秋刀魚の塩焼き



秋刀魚がなければ秋は始まりません

内臓が苦くて一番大好きです

大根たっぷりかけて、その苦さに思わずホロリ (^_^)

脇役は

かぼちゃ&豆腐とひじきの胡麻和え

カボチャをズーム

カボチャのカタクリ入りスープにしました

カボチャのスープ

カボチャのスープ


これならカボチャがやや苦手な私でも美味しくいただけました 合掌

今朝の体重 59.6キロ

体脂肪率 18.3パーセント

血圧 126-76

脈拍 63

体温 35.6度

もう少し体温上げなければいけません

今晩はゆっくり半身浴することに



今朝の朝日新聞トップ記事

ギリシャ国民投票来月か

空白1ヶ月市場動揺

独仏、財政再建要請へ




今朝で

般若心経

92620回読破 合掌



今月のテーマ

夫婦協業で後半の人生を充実して生きる



自分の得意なことに集中して取り組む



明日は少しだけ遠出をする予定

果てさてどこに行くと思いますか?

やっちゃん仕事なので私一人で

帰りは二人になりそうです (^_^)








最終更新日  2011.11.03 07:10:38
コメント(14) | コメントを書く
2011.08.31

この本には教えられることが多いです 合掌
神道のこころ



健康とは何かが少しだけわかりました

あと十回は読まなければ (^_^)


第一章 医者から宮司に---わたしの半生


公家の家に生まれて

学習院時代

阪大医学部へ

形成外科を目指す

大野病院長

無我の手術を求めて

大阪國學院の通信教育

宮司への道

第二章 東洋医学のふしぎ


鍼治療と東洋医学

つぼの話

宇宙の仕組みといのちのバランス

神の恵みと祖先の恩

人間が誕生したわけ

ガンとボケを治す法

三十五億年前の記憶

自然の生活

第三章 神道のこころ


春日大社と日本人

山と鼻と鎮守の森

興福寺と春日大社・・・仏教と神道の関係

禊と祓い

祝詞と原日本語

言葉の力・・・進化と言霊信仰

祭りと神人共食

大いなる心を生きる

第四章 素白の心・宇宙のいのち


宗教と医学のこと

素白のいのち

見えないものを信じる力

生かされて生きる

シンプルであること

滅びないために

共に生きるこころ

自然の本当の姿

感動ついでに今晩のやっちゃん流夕食
鮭・肝・蓮根とコンニャクのきんぴら
鮭・肝・蓮根とコンニャクのきんぴら


クラゲとオクラの和え物
クラゲとオクラの和え物








最終更新日  2011.08.31 23:34:55
コメント(9) | コメントを書く
2011.08.17

ボケにならないために 私が一度に読んでいる五冊の本
いま読んでます
いま読んでます




神道のこころ
神道のこころ


ガンを治す方法


    病気を見ていて、治る病気、治らない病気はありますか

僕が医学部に入って驚いたのは、なんて治らない病気が多いんだろうかということです。膨大な数の病名が本に書いてあります。そのうちの九十何パーセントは治らない。治らない病気にはかかわりたくないと本当に思いました。普通の人が見たこともないような病気の人がたくさん大学病院には来ています。ほとんどは治らない。それは見るも哀れなことです。自分がそうなった時はどうしようかということで真剣に考えました。結局到達したのはこの世に病気なるものは存在しないということです。東洋医学のいうように、すべてバランスのくずれが、そのような病気として現れているだけだという結論に達したわけです。

 だから極端にいえば、ガン細胞なんていうのは存在しないんです。あれはバランスがくずれて脳の統制に従わない細胞なんです。われわれの細胞は常に古い細胞から新しい細胞に新陳代謝することによって生きている。それは脳からの指令で体のバランスが維持されて、古い細胞が新しい細胞に正しく遺伝子を伝える。その仕組みでわれわれは生かされている。

 たとえばお風呂で垢が出るでしょう。これは新陳代謝によって皮膚の古い細胞が落ちて、それがゴミと一緒になったものです。生まれてから今までに僕の手の甲の皮膚は、ずっと手の甲の皮膚なんです。手の甲に胃袋ができたり、腸ができたりはしない。なぜかというと、手の甲の細胞には手の甲だよという記憶、遺伝子が入っている。それを正確に伝えているから、いつまでも手の甲なんです。それを伝えなくなったのがガンです。いうことをきかない。自分勝手に分裂する。最後には人間を殺してしまう。

 だから今の社会と同じで、統制に従わないで勝手にやっていると、ついには国も滅ぼしてしまうのと同じ仕組みなんです。だから統制に従って、遺伝子を次々に伝えていたら、ガンなんてないわけです。ガン細胞だって新しい細胞が古い細胞に代わって増えていくでしょう。新陳代謝をしているのだから、逆にどこかでガン細胞を断ち切って、新しい記憶の細胞にガン細胞がなければガンは消えるわけです。次から次へとガン細胞を出すから死んでしまう新陳代謝はしているんですね。だからどこかでもとの細胞が正しい記憶に戻れば、次から出てくる細胞は正常な細胞になってくるんです。だからガンが突如として消えてしまうことがあるのは、当たり前なんです。 

 ところが当の本人がそれをやらないから、いつまでたってもガン細胞がどんどん出て、しまいには死んでしまうことになる。それにはどうしたらいいかというと、生かされていることに感謝しなさい。バランスを取り戻しなさい。そうすればどこかで正常な細胞に変わりますよ。そうしてあとは次から次へと正常な細胞が出てきますよ。もとのガン細胞は消えてしまいますよ。これは事実です。

 それができたらガンも恐ろしくない。だけど残念ながらガンをつかんでいる。おれはガンだ、もう命はないと、自分でガンをつかんでいることに気がつかないんです

   ガンをつかんで離さない

 ガンを離さない。だから死んでいくんです。僕はガンなんてないんだ。ただ細胞が間違っているだけだ。だから正しい細胞に戻せばいいんだ。そういうバランスですね。発想の転換によってガン細胞が完全に消えてしまうことがある。そういう人をいくらでも見たことがありますし、僕自身も経験しました。

 戦争中にお尻におできができてたんです。薬もないし、そうしたらうちのおふくろが裁縫ばさみを火であぶって消毒して、これで刺して膿を出した。そのあとがケロイドになって困りました。昔は学校で泳ぐときはいまみたいにパンツじゃない。ふんどしです。そうするとケロイドが見えるでしょう。それが僕は本当に嫌だと思っていた。ところが、前にも話したように結核が重くなって詩が目の前に近づいたとき、一冊の本で、神様に生かされていることを教えられ、ありがたくて感激して泣けて泣けて、気がついたら結核が奇跡のように消えていましたが、一緒にケロイドも消えていたんです。なくなっちゃったのです。そのとき、誰もが全くの奇跡だと思いました。

   結核と一緒にですか

 ええ。なくそうと思ったんじゃないですよ。 感謝感激して結核が消えたらケロイドも共に消えたんです。いまはありません。というのはケロイドだって新陳代謝するわけだから、次々とケロイド細胞ができていたわけでしょう。それは僕がそういう心を持っていたからです。ところがそのときに、一瞬、正常な細胞に戻ったわけです。そうしたらできていたケロイドも溶け落ちてしまった。ガンだっておなじことですね


神道の心を読んで感動して少しホロリとしました

生かされていることに感動、感謝すること大事です

気管支拡張症も心房細動もリュウマチも薬だけに頼らないようにします

般若心経も素晴らしい治療薬です 合掌

そして徒歩通勤も

こんな素晴らしいこととしていなかったら

今頃 天国で親父とお酒を飲んでいるかも (^_^)



いま阪神見ていますが

だらだらプロより

溌剌甲子園を見る方が感動しますね








最終更新日  2011.08.17 21:01:59
コメント(10) | コメントを書く
2011.08.16



リンカーンを見ています

怖くてチンチンしぼみました・・・・・



今朝の続き

邪魔くさいので今朝の分も載せておきます (^_-)-☆


神道のこころ

ボケを治す法


 細胞は遺伝子の中に、医学的にいうとアポトーシスという作用が記憶の中に入っている。アポトーシスというのは日本語でいうと枯葉が落ちるというような意味です。どういうことかというと、細胞は自分が認められないと自分から死んで、消えて、自殺するという記憶がある。だから本当に細胞を認めないと消えてしまうんです。

 細胞が自発的に消えるんです。なくなっちゃう。手術して一週間でも寝ててごらんなさい。足は細ってしまって歩けないでしょう。あれは寝ていると足の細胞が、ご主人様は私を必要としないなと思うんです。歩かないから必要ないんですね。じゃあ、はい、さようならと、パーッと消えていくんです。だから力が出なくなるんです。

 それと同じことが脳の細胞にも出てくる。年取って脳を使わなくなる。ゲートボールとか、老後のんびりとなんてやっていると、私はもう必要ないんですね。はい、サヨウナラと消えてしまう。だからボケ老人の脳は本当に小さいですよ。普通の人に比べたらずいぶん違う。なくなってしまうんです。だからぼけないためには脳に感謝し、使えというんです。絶えず新しいことに向かって興味を持て、使え、そうしたらぼけない。使わないからぼけてしまう。これは本当ですよ。

 だから会社の社長が現役から引退するとぼけるとよく言うでしょう。終わってしまったらおれはもう用はないんだと思うと、脳の細胞が、ああそうですか、用はないんですか、はい、さようならと消えてしまう。ぼけてしまう。だからぼけたくなかったら死ぬまで頭を使うことです(^_^)

 そんなことを言っても何も使うことはないじゃないかという。ところがあるんですね。一歩でも神に近づこうと思ったら、死ぬまで頭を使えます。神とはなんぞや、神に近づきたい。どうしたらいいのかと。そうしたら頭を使いますよ。脳の細胞が働く。ぼけません(^_^)私は医者のころ、おれはぼけないと思っていたんです。というのは私は専門の形成外科の本をのべつ読んでいた。つねに雑誌が来るでしょう。いつも読んでいる。これだけ勉強しているんだからおれはぼけないと思っていたんですね。ところが五十いくつになって神道の勉強を始めたんです。そうしたら『古事記』、『日本書紀』とか、わけのわからない教科書が来た。なんにもわからない。読んでも全く頭に入ってこない。僕は唖然とした。これはぼけると思いましたね。

 僕が今まで勉強していたというのは勉強じゃないんです。形成外科の知識があるものだから、頭を使わなくても本を読んでいてわかるんですね。全然使っていない。唖然として、これはいけないというので、それから神道の勉強をむちゃくちゃにやりました。そうしたら後頭部がスーッとしてきた。それから頭が冴えてきてしまって、何でもわかるようになってきました(^_-)-☆。神道の勉強を七、八年やりました。神職にはいろいろの階位がありますが、最高の階位は明階といいます。これの検定試験は非常に難しくて毎年多くの神職が受験するが、ほとんど合格しない。私はこの試験に合格するまで一日も休まずに神道というものを考えて、考え抜いた。そうするとスーッとした。それからいろいろな本を読んでも頭に入ってくるようになったんです(^_^)。

 とくに定年で仕事を退職したらチャンスだから、いままでの専門以外のことを大いにやったらいいと思います。会社なら会社でやっていることは自分の専門の仕事だから、頭を使わなくても長年経験しているからやれるんです。それはじつはあまり頭を使ってないんですね。だから定年を機に全く違ったことをやることです。

  というのも、ある東大の教授が本に書いてますが、おなじことを言ってます。世界のノーベル賞をもらうような数学者はみんなひらめきによって問題を解いているが、数学だけでやって、ひらめいた人は一人もいないというんです。どうやってひらめくのかといったら、花はきれいだと思わなければいけない。数学をいくら計算したってひらめき、答は出てこない。全く違った俳句だとか詩だとか、そういうものに興味を持てと言っています。そうしないと頭はひらめかない。それは本当のことですね。だから僕は老人会で講演する時、いつもそう言ってるんです。たいていの人は老後は余生を悠々と、いって夫婦で旅行する。ゲートボールだと、自分でボケコースを辿っているんです。それで、老人ボケでみんなの厄介にならなければいけない。そんなことに国家予算を使うから赤字になる。みんなおれとおなじことをやってごらんと(^_^) 今の健康保険の何兆円というのは、みんないらなくなる。病人がいないから病院が潰れる。医者は一人もいなくなる。いいじゃないですか、そういう社会になればいいんです。税金が高いというのは自分で税金を高くしているんです (^_^)

みんな ぼけない方法わかりましたか~~~~!!!

みんな自分でぼけない方法考えればいいんです (^_^)

私は今ボケ防止のために

一度に五冊の本を読んでます (^_^)

そして明日は 東洋姫路応援の為に 五時起き (^_^)



アラロク世代は自分たちで呆けない方法を考えましょう

呆けないで目指せ

百才活き活き元気








最終更新日  2011.08.16 23:03:52
コメント(5) | コメントを書く

昨日はプレゼントのデジカメ忘れて徒歩通勤・・・・

まぁそれはそれとして

東洋大姫路勝ちました \(^O^)/



お早う御座います アポ哲です m(__)m

今日は平成二十三年葉月十六日の木曜日

干支 癸卯 みづのと・う

六白 大安



五山送り火

大文字 妙法 舟形 左大文字 鳥居型




女子大生の日
1913(大正2)年のこの日、東北帝国大学(東北大学)が女子受験生3人の合格を発表しました。
 これが日本で初めての女子大生の誕生でした。

 そのうちの一人は日本最初の女性理学博士となった黒田チカでした。

現在の女子学生はピチピチ元氣ですね



今朝の体重 58.6キロ

体脂肪率 17.0パーセント

血圧 141-79

脈拍 65

体温 36.1度


今朝の朝日新聞トップ記事

放射能 国の責任で除染

民自公が法案 対象地域を指定



今朝で

般若心経

90630回読破 合掌



今月のテーマ

暑さに負けずに

がんばらないけどあきらめない


神道のこころ

ボケを治す法


細胞は遺伝子の中に、医学的にいうとアポトーシスという作用が記憶の中に入っている。アポトーシスというのは日本語でいうと枯葉が落ちるというような意味です。どういうことかというと、細胞は自分が認められないと自分から死んで、消えて、自殺するという記憶がある。だから本当に細胞を認めないと消えてしまうんです。

 細胞が自発的に消えるんです。なくなっちゃう。手術して一週間でも寝ててごらんなさい。足は細ってしまって歩けないでしょう。あれは寝ていると足の細胞が、ご主人様は私を必要としないなと思うんです。歩かないから必要ないんですね。じゃあ、はい、さようならと、パーッと消えていくんです。だから力が出なくなるんです。

 それと同じことが脳の細胞にも出てくる。年取って脳を使わなくなる。ゲートボールとか、老後のんびりとなんてやっていると、私はもう必要ないんですね。はい、サヨウナラと消えてしまう。だからボケ老人の脳は本当に小さいですよ。普通の人に比べたらずいぶん違う。なくなってしまうんです。だからぼけないためには脳に感謝し、使えというんです。絶えず新しいことに向かって興味を持て、使え、そうしたらぼけない。使わないからぼけてしまう。これは本当ですよ。

 だから会社の社長が現役から引退するとぼけるとよく言うでしょう。終わってしまったらおれはもう用はないんだと思うと、脳の細胞が、ああそうですか、用はないんですか、はい、さようならと消えてしまう。ぼけてしまう。だからぼけたくなかったら死ぬまで頭を使うことです(^_^)

 そんなことを言っても何も使うことはないじゃないかという。ところがあるんですね。一歩でも神に近づこうと思ったら、死ぬまで頭を使えます。神とはなんぞや、神に近づきたい。どうしたらいいのかと。そうしたら頭を使いますよ。脳の細胞が働く。ぼけません(^_^)

ぼけを治す方は夜のブログに続く (^_-)-☆








最終更新日  2011.08.16 07:18:48
コメント(10) | コメントを書く
2011.08.15

お早う御座います アポ哲です m(__)m

今日は平成二十三年葉月十五日の月曜日

干支 壬寅 みづのえ・とら

七赤 仏滅



昨日の合同誕生祭はバリ楽しかったです \(^O^)/

どんなにたのしかったかは夜のブログで m(__)m

今朝の体重 58.6キロ

体脂肪率 19.2パ-セント

血圧 119-75

脈拍 74

体温 36.0度

今朝の朝日新聞トップ記事

何と

休刊日です (`_・)

今朝で

般若心経

90600回読破 合掌



今月のテーマ

暑さに負けずに

がんばらないけどあきらめない


今 二年前になくなった春日神社宮司

葉室頼明先生の

「神道のこころ」
神道のこころ



を何回も読んでいます

阪大医学部を卒業し西洋の医学者から春日大社の宮司に、私の薬を売るためにものすごく役に立つ本です。


脳溢血とか狭心症とか、それぞれで死ぬ大きな原因は首や肩のこりです。東洋医学の物の考え方は西洋医学とは違います。西洋医学は目で見る医学だから医者が検査して、病名を診断する。そしてそれの治療ということをする。西洋のものの考え方は何でも征服するという思想です。病気を征服するという考えのもとに行われているのが西洋医学です。

 それに対し東洋医学は全く違って、人体を宇宙と見ているわけです。宇宙はどういう仕組みでできているか。宇宙の仕組みがわかれば人体の仕組みがわかる。逆に人体の仕組みがわかれば宇宙の仕組みがわかるという考えのもとに、治療が行われているのが東洋医学です。宇宙はどうなっているかというと、第一にバランス、太陽とか地球とか、いろいろなもののすべてのバランスによって成り立っている。だから人間の体もバランスによって成り立っている。バランスが崩れたときが病気ということです。その崩れたのを「証」といいます。わかりやすくいえば症状です。ここが痛いとか、かゆいとか、いろいろな症状が出る。だから症状に一つずつ応えてあげれば、もとのバランスが戻って健康になると、こういう考え方です。

 だから首がこった、肩がこったというのは重大な体の訴えの症状だということになる。ところが西洋医学ではたとえば大きな病院に行って、肩がこりましたと言ったら、ばかにされて、膏薬でも貼っておけと・・・・・。ところが東洋医学ではたいへんな症状なんです。首、肩がこるというのは血行が悪くなっているという訴えなんです。首から上はものすごく血液が多いんですね。

 なぜかというと、脳の細胞は非常にたくさんの酸素を必要とする。酸素が何分間か行かなくなったら死んでしまう。そのためにものすごい圧力で血液を送っているわけでしょう。だから交通事故で頭を怪我すると血だらけになります。そういう患者がよく病院にかつぎ込まれてきました。どんなすごい怪我かと思ってそこを消毒してみると、ごくわずかしか切れていないということがよくある。それほど血液が豊富なんです。

 首の回りは通路なんです。上に血液を送る通路です。だから首がこるということは首に血液がつまっているということでしょう。そうすると脳までつまってしまう。脳圧があがる。そして脳の血管が破れると脳溢血です。脳圧が上がると大変だというので、心臓が一生懸命になって首の血液を通そうとするわけです。その結果、心臓のポンプが破裂したのが狭心症、あるいは心筋梗塞なんです。だから首、肩のこりは脳溢血、狭心症の前兆のすごい症状なんです。西洋医学では問題にされないけど、東洋医学では非常に大切な、命にかかわる症状なんです。

私は毎日活き活き元気に首回し

活き活き首回し








最終更新日  2011.08.15 06:49:48
コメント(10) | コメントを書く
2011.07.23

今日は芦屋の花火

7時に仕事終わって

大急ぎで ベランダに直行

今年の花火は はっきり言ってショボかったです (`_・)

芦屋の花火
芦屋の花火

自粛なのかな

自粛ばっかりしていては震災地の人たちも 元気が出てきません

がんばらないけどあきらめないで

アホなブログをわたしは書き続けますね (^_-)-☆

私もライトもヨメハンもニヤケもオマケも猪も十六年前に震災に遭いました

(^_-)-☆

でも今では みんな活き活き元気です

もう一度

がんばらないけどあきらめない



夏の夜 響く大空 涼を呼ぶ byアポ哲

オソマツ君 

m(__)m








最終更新日  2011.07.23 22:01:41
コメント(11) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.