672588 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

でれーっといっとく?!

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


おおかわたいしょう

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

黄色い土曜日 うたた寝カッツエさん

コメント新着

モジャ宮@ Re:「ターミネーター:ニュー・フェイト」を観た(2.8.16)(08/16) ブルーレイ買ってしましました。 ターミネ…
名無し@ Re:FOREVER弁当のむらかわ(29.4.28)(04/28) 突然のコメントすみません。 インターネッ…
ハンサムクン3714@ Re:「アナコンダ2」を観た(2.2.4)(02/04) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…

フリーページ

ニューストピックス

2021.09.05
XML
カテゴリ:映画鑑賞
ポスター渋いねぇぇぇ😉
2019年公開、太平洋戦争においてポスターのとおり日本の運命を変えた3日間となった(アメリカにとってもですが)激戦のミッドウェー海戦を描いた作品ですビデオ
監督がローランド・エメリッヒっつーことで、どんな作品になっているのやら楽しみですスマイル



お話は、1941年の日米開戦のきっかけとなった真珠湾攻撃の前に遡ります時計
帰国するアメリカ海軍駐日武官エドウィン・レイトンは、日本帝国海軍の夜会で総司令官の山本五十六と言葉を交わします。
その内容は、日本国内で米国を敵視し開戦に踏み切ろうとする機運が高まっており、日本を刺激しないよう米国側に伝えてほしいといったもの…レイトンも戦争を望んでおらず、山本の意を受け約束します。
しかし2人の思いとは裏腹に…それから4年後、太平洋戦争が勃発します爆弾
真珠湾への奇襲により米軍に大打撃を与えた大日本帝国海軍ですが、それは眠れる巨人を起こしてしまうこととなり、米海軍はマーシャル諸島を攻撃、更に空母ホーネットから発艦したドーリットル隊が日本本土を空襲と、反撃が始まります!
これにより本土が危険にさらされ…焦燥感を抱いた山本総司令官は、ある計画を実行に移します!!
それは空母4隻に250機の航空機による米機動部隊の撃滅作戦いなずま
後方には山本が乗る世界最大の戦艦大和も控え、南太平洋のミッドウェイ諸島で戦いの火ぶたが切られますが…ってことでお話は佳境を迎えますびっくり
ローランド・エメリッヒといえば、古くは「ユニバーサル・ソルジャー」や「スターゲイト」、大ヒット作の「インデペンデンス・デイ」、「デイ・アフター・トゥモロー」、「ホワイトハウス・ダウン」を手掛けている監督さんです。
因みに日本が世界に誇る怪獣ゴジラのハリウッド版「GODZILLA」を撮ったのも彼ですウィンク
そんなエメリッヒ監督が熾烈を極めたミッドウェー海戦を映画化ビデオ
SFやアクション等の娯楽色の強い作品を作り続けている監督の出来栄えやいかにでしたが、2時間45分の長大作…もとい超大作は、見ごたえある素晴らしいモノでしたグッド
しかしやはり戦争映画…ソレも多くの戦死者を出した太平洋戦争ですので、「男たちの大和 YAMATO」と2連チャンで観たせいもあるのか、どことなく悲しくなっちゃうのはやはり日本人だから?
命を散らす姿を観るのは忍びないのでありまして…ローランド・エメリッヒ監督の迫力な映像も、日本人(モチロン米国人もですが)の命が失われているんだと思うと、スゲー作品だなっと簡単に感想を書き辛いのであります涙ぽろり
気持ちを切り替えまして…太平洋戦争を題材とした映画は沢山ありまして、この「ミッドウェイ」もカナリの昔(1970年代?)に同名の作品が公開しされておりますビデオ
チャールトン・ヘストンに三船敏郎と日米豪華な顔ぶれだったんですが、2019年版も負けずと劣らず豪華スターが共演しましたきらきら
ポスターのとおりでして…主演は 一日に複数の空母に被弾させたパイロットのリチャード・“ディック”・ベストを演じたエド・スクライン🛫
他は将校役で登場するパトリック・ウィルソンやデニス・クエイド、アーロン・エッカートなどがいますが、太平洋艦隊を指揮したチェスター・W・ニミッツを演じたウディ・ハレルソンは、彼が今までに演じてきた役とガラッと違うキャラクターでして強く印象に残りましたオーケー
後、日本人の役者さんは山本五十六を演じた豊川悦司をはじめ浅野忠信や國村隼など渋い俳優さんが登場しておりますウィンク
最後に…真珠湾攻撃をメインに据えた大ヒット作品「パール・ハーバー」と比較しますと、コノ作品は戦争のテーマをより色濃くした内容となっています。
なのでローランド・エメリッヒにしては娯楽色としては薄いとまではいいませんが男子が好むような内容になっているかもです…なので女性はあんまし好まないかもねあっかんべー






最終更新日  2021.09.21 21:41:21
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.