000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一石屋酒店な日々。

PR

全67件 (67件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

巌 @群馬藤岡

2019/12/31
XML
カテゴリ:巌 @群馬藤岡
大晦日。
嬉しいことに今年も高井さん来店。

元気な姿を見せてくれました。
一石屋の今年の営業もあと少しです。




ご来店お待ちしております。






Last updated  2019/12/31 06:19:48 PM
コメント(0) | コメントを書く


2019/04/28
カテゴリ:巌 @群馬藤岡
ですか?

いいえ。

巖です。


今年も無事到着。通称「毒ラベル

巖 直汲み純米吟醸



例年このショッキングピンクのこのお酒は五百万石の純吟ですが、今期は違います。
麹米「山田錦」掛米「秋田酒こまち」55%精米です。
変わらずたっぷりジューシーな果実様の旨味。
チリチリっとしたガス感の十分。
大人数で飲むときなんか、特に真価を発揮するでしょう。

なんせ目立つし…。

20面を超える一石屋リーチインでも異彩を放ち、目立ちまくっています。
他の巖同様、楽しんでいただけたら嬉しいです。






Last updated  2019/04/28 06:30:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/03/30
カテゴリ:巌 @群馬藤岡
今年の上州巖、シャープです。
そのシャープさに、果実感とまではいきませんが色々な味わいが乗っかっています。
機能美の日本刀というよりも、各武将がその栄華さを誇った槍のようなイメージとでもいいましょうか。





上州巖 純米吟醸 直汲み

力のある味わい。チリチリとした発泡感とフレッシュなグレープフルーツのようなキレ。
気がついたら杯が空になっている、そんなお酒になっています。
これは旨い。
普段食べ合わせはあまり考えませんが、このお酒、春野菜の天ぷらとかと一緒だと昇天するかも。

ラベルを描いてくれたごちの高島くん。改めてありがとう。
あと数日で次の元号が発表されますね。
一つの時代が変わっていく音が聞こえてくるような気がします。
でも何もエイプリルフールに発表しなくてもと、ちょっと考えてしますね。






Last updated  2019/03/30 10:14:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/03/02
カテゴリ:巌 @群馬藤岡
agapē
無償の愛

巖 自反尽己
山田錦50 直汲み純米吟醸




今年の自反尽己はアガペー701から。それも直汲み。
ジュワリと広がる旨味。
これぞ巖です。
変わらず裏ラベルは心地良い眠りを誘ってくれます。

自反尽己。
常に心に置いていきたい言葉です。

元町のチャーミングセール あと数日。
アガペー求めて行かなきゃ!








Last updated  2019/03/02 02:30:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/02/04
カテゴリ:巌 @群馬藤岡
明日からは横浜中華街は旧正月で、いろいろなことが街中で行われる予定です。
もちろん獅子舞も一石屋に採青に来てくれます。
昨年は長男が頭。そして今年は長女が頭。
嬉しい限り。

そんな賑やかな中華街で秘密の話。

巖 SUB ROSA 直汲み純米吟醸

ローマ時代、薔薇を彫った天井の下での話は秘密厳守とした、古い習慣から’ひそかに 内密に’という意味。
造り手として、技巧や表現、レトリックを時にはかなぐり捨てて、秘めた熱い想いをストレートにお届けしたい、薔薇のように情熱的に、そしてセクシーに、さらに、ひそやかに。
     愛と感謝をこめて
     ローズ高井






山田錦55%精米の純米吟醸を高井さん自らが槽場で直汲み。
酵母 1401号
もろみ日数 35日
粕歩合 42%
総米量 530kg

直汲みは数量限定品です。






Last updated  2019/02/04 04:37:48 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/02/03
カテゴリ:巌 @群馬藤岡
直汲みシリーズ、続々です。

とりあえずはauthenticから

巖 特別純米酒 701号

どれだけ汗をかき、力を尽くしたとしても、完璧なバランスは生み出せないかも知れません。不可能だと分かっていながらも、それでも円環を目指し続けていくことで、不格好で不完全でも何か輝きを放つものを生み出したい、ここ数年そのような思いに捉われています。
 弊社の蔵においては、協会701号酵母は最も使われる、いわば本流の酵母です。弊社の水質との相性もありますが、主張しすぎず、それでいて輪郭を備えたものにしたい、それを念頭においての造りとなりました。
 結局、自分の肌に合い、最も造りやすいもので造ったのがこの作品かもしれません。そういった意味での弊社のauthenticを毎年追い求めていきたく思います。
いつも支えていただく皆様、そして偉大な先人に感謝を込めて。
      蔵元 高井幹人

そしてスペック。
今年は麹米に大きな変化がありました。
麹米 山田錦40%精米
掛米 美山錦55%精米
酵母 協会701号
もろみ日数 33日
粕歩合 39%




高井幹人が表現するストレートで繊細な味わい。
もちろんピチピチ感もあります。
是非。






Last updated  2019/02/03 09:19:52 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/01/04
カテゴリ:巌 @群馬藤岡
早速今年最初のお酒ご案内!

巌!


大晦日のTTPも大慌てで帰っていった高井さん。
そのままお正月休みも無く、お酒の出荷。
頭が下がります。

そしてお待ちかねの直汲みシリーズです。



巌 直汲み純米 五百万石60

ピンクの箔押しが高井さんらしさを表現。
ピチピチジューシー
リッチでボリューミー
口に入れるとデラウェアのような香り。
楽しい高井さんが見えてくるお酒です。
酒飲みが好きな腰のある酒質とチリチリっとした直汲みならではのガス感。
時間とともに増してくるであろう甘味にも期待。

これから始まる巌さんの直汲みシリーズ。
楽しみです。

今から一石屋酒店お正月の従業員顔合わせを行います。
2時半頃から営業を再開いたします。
ご来店お待ちしております。






Last updated  2019/01/04 01:29:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
2018/12/30
カテゴリ:巌 @群馬藤岡
TPPが本日発効され、巨大な経済圏が誕生しました。
この波に一石屋酒店も乗りたいと思います!

そして明日大晦日のTTPですが、例年と異なり麹仕事がある為、少し早めの時間になるようです。

毎年、彼に年越しそばを準備してくださる料理人の皆様。
彼は午前中の留仕事を終えてから、一路横浜へ向かってくれるとのこと。
夕刻には室仕事が待っているようで、滞在時間は短いと思われます。
ご注意を。


昨年のTTPでの集合写真も。








Last updated  2018/12/30 10:23:42 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/12/09
カテゴリ:巌 @群馬藤岡
大変お待たせいたしました。
高井幹人氏から30BY新酒が入荷です!
今年の一発目は麹に山田錦、そして掛け米にこのところ評価を上げている北海道の酒米きたしずくで。

巌 純米 30BY しぼりたて

一石屋は直汲みバージョンで到着。





高井さんのコメントが入っています。

恩ある方のご縁で、今般も初挑戦のお米「きたしずく」を使ってみました。
きたしずく×14号で、いつもの巌より清楚なお嬢様的な典雅なものを考えておりましたが、
結局高井らしい腰も備えたお嬢さんになりました。

とのことです。
いざ実飲!

グラスに注ぐとそうだ直汲みだったと思い出させるうっすらとおりが絡みます。
マンゴスチンとライチを混ぜたような香り。
しっかりと味わい有りつつ爽やかです。
腰があるってのも頷けます。
確かに典雅なイメージよりもやんちゃなイメージに近いジュワッとジューシーな茶目っ気たっぷりなお酒です。

一石屋も力入ります。
どんどん飲んでください。






Last updated  2018/12/09 12:07:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
2018/12/03
カテゴリ:巌 @群馬藤岡
畳み掛けるように群馬!
みんな大好き高井さんの出品酒をほんの少し。

巌 出品大吟醸 山田錦40%




香りのお酒ももちろん造れます。
果実感とパワフルな高井さんだなーと思う押し味。
今回は四合瓶のみの入荷です。
もちろん渾身の雫取り。

高井さん、今期も元気にお酒造ってくれていることでしょう。






Last updated  2018/12/03 10:18:10 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全67件 (67件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.