1760501 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一石屋酒店な日々。

PR

X

全4件 (4件中 1-4件目)

1

北安大国・居谷里 @長野大町

2020/03/21
XML
いろんな味がいっぱい詰まってます。

居谷里 直汲み山廃純米吟醸生

チリチリっとした微発泡感から始まり、甘味・酸味が押し寄せてきます。




山廃造りに特化した居谷里。
雑味の少なさがいいですね。
いつものお料理を少しだけ味わい濃くすると、より楽しんで頂けるかと思います。






Last updated  2020/03/21 11:27:00 AM
コメント(0) | コメントを書く


2020/02/14



先日居谷里が入荷したばかりの北安醸造さん。
大国の方の純吟新酒が届きました。

北安大国 純米吟醸生
ひとごこち55%

シンプルなラベルが好感持てます。
グラスから溢れる華やかな香り。
口の中でもパッと広がり強く印象に残ります。
居谷里とのブランド分けをしている意味がしっかりありますね。
また甘みをしっかりと残し、旨味が染み入ります。
この部分は同じ酒蔵さんが醸していることを思い出させてくれます。



そして同日入荷で

居谷里 山廃しぼりたて



実験的に造ってみたそうです。
相変わらずザラザラ感や刺々しさはほぼ無し。
ボリューミーで滑らか。
中盤から酸味がパーンと立ち上がります。
こういうお酒って食べ物のシーンによって表情を変えるんですよね。
ちなみにアル添。






Last updated  2020/02/14 03:01:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/02/03
昨年からお付き合いの始まった長野の北安醸造さん。
山廃仕込みの居谷里の新酒1本目が到着。

居谷里 山廃純米無濾過生原酒

ひとごこち59%精米。
濃いめの柑橘。
ザラザラ感や引っかかりは無し。いい山廃です。
グイグイ押してくるお料理と一緒だとさらに活きてくるかな。





ちなみに普段「無濾過」とか「無濾過生原酒」って言葉、あんまり好きじゃないので使わないのですが、居谷里さんでは同じ米同じ精米歩合同じ山廃で無濾過表示のないものもあるので、区別の為書いています。
決して製法としての「無濾過」が嫌いなわけではございません。
ことさらアピールすることではないという程度です。






Last updated  2020/02/03 04:32:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/11/30
晦日だけど、新たな酒蔵さんとお付き合いが始まりました。

「敵に塩を送る」の塩の道、かつての千国街道。
その要所の一つ、大町にある酒蔵さん、安曇野の北、北安醸造さんです。


最初に送っていただいたお酒は、4アイテム。

北安大國 純米生 ひとごこち59% 2650円
居谷里 山廃純米生 ひとごこち59% 2700円
居谷里 山廃純米 ひとごこち70% 2500円
居谷里 もち米山廃純米 3000円





北安大國のみ新酒(R.1B.Y.)です。
フレッシュさと甘味が交互に流れていきます。
少しだけ、チリチリっとした発泡感も楽しめるお酒。
シンプルなラベルも好印象。

居谷里の方は全て山廃仕込み。
共通するのは、ざらつきや粗さが無いこと。
スムースな山廃仕込みです。

特に面白いのが最後のもち米で仕込んだ居谷里。
甘いです。
どっかで食べたことある味だなー、と記憶を辿っていたら思い出しました。
金平糖です。
もう頭から離れません。
麹米ひとごこち・掛米モチヒカリ

ちなみに居谷里(いやり)とは蔵近くの湿原のこと。
自然豊かな安曇野。
学生時代、冬に嫌という程お邪魔しました。
今度は違う季節に行きたいな。






Last updated  2019/11/30 11:05:42 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.