001409 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

イクメン風デイリー

全73件 (73件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

2019.08.20
XML
カテゴリ:絵本
あかいかさ



こちらは海外の絵本です。
赤いかさをもった小さな女の子のストーリー。
あめが降ると雨宿りにたくさんの動物が集まってきます。

いろんな種類の動物、
〇〇は何匹いるかな?
とついつい数を数えたくなります。

優しいイラストも魅力的です。






Last updated  2019.08.20 20:46:53
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.19
カテゴリ:教育
好きなものを見つければ世界とつながる


2歳の子どもでも好きなものがあります。
息子は乗りものです。
今では絵本からずかんに興味が拡大しているので、
一人でペラペラとめくって読んで「コレなーに」と聞いてきます。



乳幼児期は、0ー1歳半くらいまで読み聞かせの継続習慣ができると
好きなことや興味の色が出てくると思います。

あとはその好き・興味に合わせて親が
適切なタイミング、量、質で環境設定してあげるだけで
あとは自発的・能動的に行動するようになってます。

これって、大人になっての勉強や仕事でもおんなじだなと感じます。

まずは好きなこと・興味を発掘してあげる、これは結構大事だなと思います。
見つけちゃえばあとは簡単、楽しんで学ぶようになります。

これからの時代は能動的に自分の好きなことに打ち込める人間が
求められるでしょうし、

正直勉強できなても、何か没頭できるものがあれば人生楽しいはずはずです。






Last updated  2019.08.19 21:51:47
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.18
カテゴリ:教育
いろんな本を読む聞く見る

我が家は基本的に絵本は購入していました。
というか、図書館で絵本を借りることを避けていました。
理由は、衛生面です(気にしすぎですが)。
こどもが触れる絵本はきれいなものでなければならないという
妻の教育方針があったからです(絶対気にしすぎですが)。

しかし、最近それも続かなくなってきました。
なぜなら、ずかんに興味持ちはじめたから…。

ずかんっていいもので5000〜10000円くらいします。
これでは、家計がもちません!

大事なのは、
・いろんな本を読む聞く見る
・お金はなるべくかけない
・継続する

です。

そこで、父は
こっそりと図書館でずかんを借りてきました。



それとなく息子にみせ、「うあー」と大興奮。
それをみた妻も図書館解禁を認めるしか無くなりました。
そもそも最近の図書館の本はとてもきれいで状態がいいです。

息子のために小さなトライをし成功しました。
とりあえず、父のお小遣いも減額を免れました。

楽しくお金をかけず、大事です。






Last updated  2019.08.18 22:24:50
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.17
カテゴリ:教育
読み聞かせを継続できたのはなぜか。
・とりあえず1年継続
・一日5分から開始
・楽しんでやってみる
をテーマにやってました。

こどもが生まれたときに、
「読み聞かせいい」「絵本を読むといいこになるよ」
と周りに言われ、
「本当か?」と思い半信半疑で始めました。

特に我が家は教育の信念みたいなものもありませんでしたし、
こだわりもないので、とりあえず楽しくやってみようという感じでした。

「絵本を読んだから」なのかわかりませんが、
割といいこ?に育ってますし(それなりにいたずらはする)
色々なことばの表現をしたり、
走り回って手に負えないみたいなことはまだないです。

日々何気ない場面で、効果を感じているので現在も続けています。

親目線でいうと
読み聞かせをする中で、何読めばいいのか?
というのが大変だった点です

せっかく読むなら、いい本を読ませたい
いい本ってなんだ?となってました。

昔からある本は、それだけ支持されているのでいい本だと思います。
ただフィットしないこと(月齢や時期にもよる)もあります。
のちに好きになることもあります。
こどもの成長で見ていく感じですね。

がんばりすぎず楽しんで続けていく
のが大事ですね。






Last updated  2019.08.17 23:15:15
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.15
カテゴリ:絵本
あおくんときいろちゃん



海外の絵本です。
海外絵本らしいカラフルな色使いとイラストです。

ストーリも独特です。
青いまると黄色いまるがいろんな色と触れ合い、混ざったり、
入り込んだり、、、日本絵本にはない展開かなと思います。
アート要素が強いかな、という感じです。

こちらは目で見て色合いを楽しむ要素が強いかなと思います。

導入編におすすめかと思います。






Last updated  2019.08.15 21:36:12
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.14
カテゴリ:絵本
うさこちゃんとうみ



こちらは海外の絵本です。

日本の絵本比べると
色使いやイラストのカラフルさは海外っぽさを感じます。



翻訳されているためか一文が長い気がします。
どちらかというとイラストをみて楽しむ感じですかね。



ぱっと見では父さんとわからないです。よーく見るとひげ?なのか父さんです。

海外の絵本を見ると
日本の絵本との違いも感じれて面白いですね。






Last updated  2019.08.14 21:12:20
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.13
カテゴリ:カテゴリ未分類
タンタンのぼうし



ぼうしをかぶるのが楽しくなる絵本です。
タンタンがぼうしをなげると
そこには・・・

ぼうし嫌いの子どももぼうしが好きになります。






Last updated  2019.08.13 12:02:31
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.12
カテゴリ:絵本
やさいのおなか



「これなあに?」が大好きな時期におすすめです。

よくわからない模様の白黒のイラスト・・・

「これなあに?」

出てくるのはやさいのイラストです。



やさいの模様って白黒になると案外わからないです。

大人が見ても「これは何の模様かな・・・」
と考えさせられてしまいます。

子どもの方が先入観がないのでわかってしまうかもしれません。

読んでると自然とやさいの名前を覚えます。
色彩の感覚やものを見る観察力が育まれそうな絵本です。






Last updated  2019.08.12 21:09:28
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.11
カテゴリ:絵本
はっぱのおうち



自然のふれあいが感じられる絵本です。

はっぱのおうちで
生き物たちとのふれあいが描かれています。



優しい言葉の表現とイラストがいい感じです。

むしは得意でない我が子ですが、
徐々に生き物や自然に興味を持つきっかけとなりました。






Last updated  2019.08.11 21:30:38
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.10
カテゴリ:絵本
こぐまちゃんとふうせん



こぐまちゃんのシリーズです。



擬音が優しくて読んでいて心地いいです。



こぐまちゃんシリーズは
動きや音の想像力が豊かで
ハズレなく安定しています。






Last updated  2019.08.10 21:15:12
コメント(0) | コメントを書く

全73件 (73件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

PR

Calendar

Profile


hamu0798

Free Space

【父ができる絵本子育て】
・とりあえず1年継続
・一日5分から開始
・楽しんでやってみる

Category

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.