206668 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

英文記事を読む

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Favorite Blog

学びの泉 ~五目ス… Mr. Hot Cakeさん
学習自由区 Mr.KAZUさん
ここなつ家のフィリ… ふぃりぱ44さん
いつかどこかで じな♪さん
英語が一番日本語と… pikayukoさん

Comments

wjfqxb@ QoIPMYrlvrevDDcFHj t5KT8a <a href="http://htymzlc…
ueoqvojsfr@ UfUerUyYrsxIliiywv KLchkI <a href="http://fcoaaub…
aidakgtvy@ YJOXzOTKhahNlPM o3L7u5 <a href="http://zgtpygq…
みんな集まって♪@ みんな集まって♪ みんな集まって♪みんな集まって♪みんな集…
みんな集まって♪@ みんな集まって♪ みんな集まって♪みんな集まって♪みんな集…

Freepage List

Headline News

自分の勉強のために、英文記事を訳しています。
誤訳の指摘、訂正、コメント大歓迎!


子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO
私も支援しています。
興味がある方はこのバナーをクリック! 
プラン・ジャパン
December 27, 2009
XML
カテゴリ:世界の子供たち
  児童労働 その1

あなたが使っているその絨毯、パキスタンの子どもによって作られたものかもしれません。

あなたが食べている、そのチョコレート、ガーナの子どもによって摘み採られたたカカオで作られたものかもしれません。

あなたが飲んでいるそのココアやコーヒー、コートジボワールの子どもたちによって摘み採られた

ものかもしれません。

あなたが身に着けているそのコットン、インドの子どもたちによって摘み採られたものかもしれません。

あなたが身に着けているそのダイア、シエラレオネの子どもによって採掘されたものかもしれません。

 

児童労働。

今、世界の児童労働者(5歳~17歳)の数は2億1800万人。

12歳未満の児童労働者の数は、少女のほうが多い。

今回訳した記事、人身売買、性的搾取された子は10歳である。

 

児童労働の原因は主に貧困。またその土地の習慣や偏見などがある。

 

とりわけ、習慣や偏見というのは、女性に冷たい。

 

今回訳したアフリカの場合、

女性の地位は低く、人権がない。

 

女の子という理由で、

学校に通えない。

仕事の選択肢がない。

肉体労働、売春。

日常的な暴力。

10代での強制結婚。

性的搾取。

女子割礼。

レイプ。

性病、HVI感染。

 

こうした性的虐待を受けた、まだ10代の女の子は、心身ともに致命的な傷を負うのは当然だ。

その上、村へ帰っても、白い目で見られ、自殺する子もあるという。

 

性病に感染しても、治療もされないという。

 

あなたが男性でも、女の子、女性の苦しみが理解できるだろう。

 

今回訳した記事はアフリカの児童人身売買の問題、特に性的搾取だが、

 

世界には、まだ10代の子供たちが、危険な仕事に携わっていること、

そしてその結果、病気になること、

また貧しいため、人身売買ブローカーにだまされ、子供が売り買いされていること、

特にまだ初潮も迎えていない女の子までが性的搾取を強いられていることを

少なくとも知るべきである。

 

今回の記事は、AFP通信から。

「児童労働 その2」へどうぞ。

 

児童労働 その2はこの下へ







Last updated  December 28, 2009 02:16:19 AM
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.