3509156 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ilovecb、セレンディピティを求めて

PR

Profile


ilovecb

Calendar

Recent Posts

Headline News

Archives

Comments

Favorite Blog

受胎告知 。。。 New! 悠々愛々さん

某ネット右翼よりひ… New! maki5417さん

神戸ルミナリエ ♪ New! yorosiku!さん

松雲山荘の紅葉(2… ふぁみり〜キャンパーさん

Alfistaの憂鬱 kadryoさん

Free Space

/////////////////////////////////////////////////////////
このブログは、ヤフーで「 ilovecb 」と入力すると検索できま~す♪。
/////////////////////////////////////////////////////////
←出張?観光?
←お買い物

///////////////////////////////////////////////////////
【お役立ち】・5円プリント(しまうま) http://n-pri.jp/・フォト蔵 http://photozou.jp/・画像の歪補正https://pixlr.com/editor/ 
【健康語録】・心拍数23億回が人間の寿命/寝起きが良いのは90分間隔、就寝後7時間半後がベスト?/ サイトのリンク< A Href="URL">~

【感動語録】「感動の仕掛け、ライフハック」、「物質的なものは、経験を買うこと(旅行など)ほど幸福をもたらさない」、“経験的な買物に対する満足感は時が経つにつれて増し、物質的な買物に対する満足感は減少する”『「幸せをお金で買う」5つの授業』「いい思い出 = 非日常 × 大切な人」。「Serendipity」(予期せぬ出会い)、「人は予期せぬことに感動する」、「チャンスを逃さない(今しか出来ない・ここでしか出来ない)「小さな幸せを大きく感じる」、「気づく・感動するが脳の活性化」、「恐れる事は無いが、甘く見てはいけない」、「一石百鳥」、


【世界遺産を訪ねて】【75米国】自由の女神/独立記念館/グランドキャニヨン【76厄勒西亜/伊太利亜/和地関/瑞西/独逸/西班牙/仏蘭西/英吉利西】パルテノン神殿/最後の晩餐」サンタマリア・デレ・グラツエ教会/フィレンツエ歴史地区/エル・エスコリアール修道院(スペイン)/バチカン・シティ/ヴェルサイユ宮殿/セーヌ河岸/ノートルダム大聖堂/バッキンガム宮殿/ウエストミンスター大寺院/ロンドン塔【76香港/澳門】【79濠太剌利亜】オペラハウス【93新加坡/馬来西亜】【94布哇/韓国】【95韓国】【95厄勒西亜/埃及】カイロ/ピラミッド【03中国】万里の長城/天壇・紫禁城【06泰】【08土耳古/露国】エフェソス/ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩石群/ヒエラポリスとパムッカレ/トロイ/イスタンブール歴史地区【10台湾】【10印度】タージマハル/アグラ城塞/クトゥブ・ミナール/フマユーン廟/ファテプール・シクリ/レッド・フォート/ジャンタル・マンタル天文台/アンベール城【12越南】聖マリア教会/【13秘露】ナスカの地上絵/クスコ/マチュピチュ/リマ/【15加奈陀】バンクーバー/カルガリー/イエローナイフ/エドモントン/【17済州島】城山日出峯【18中国x2】【19仏蘭西】ベルサイユ/モンサンミッシェル/シャルトル大聖堂/セーヌ河岸/【20英】

自由の女神 ピラミッド&スフィンクス 最後の晩餐サンタマリア・デレ・グラツエ<当時撮影可能、"最後の晩餐">

【建物に感動】<2006>6/11絵画館<2007>12/1トラピスチヌ修道院<2008>3/23赤坂サカス・4/5渋沢栄一館・5/3足利学校・10/19川越時の鐘・11/15春日部首都圏外郭放水路<2009>2/1大阪中央公会堂・2/7旧道庁・6/27斜陽館・8/29旧岩崎邸・9/5三菱一号館・9/19鳩山会館<2010>1/1台北101・2/6水前寺成趣園・熊本城・ハウステンボス・5/1フマユーン廟・クトゥブミナール・5/2タージマハール・アグラ城<2011>3/5厳島神社・原爆ドーム・<2013>4/30クスコ/マチュピチュ/リマ(秘露peru)・9/23出雲大社<2014>1/25首里城・4/12オランダ大使館・4/30道後温泉・5/30ロックハート城・7/26掩体壕エイタイゴウ・百年舎・11/1伊勢神宮<2015>1/31白川郷・2/28湯布院岩下館・7/5姫路城<2016>12/10法隆寺・12/11彦根城、


首都圏外郭放水路 フマユーン廟 タージマハール


【U】【生なま有名人を目の当たりにして】☆2shot★2006★<7>7/17東京スカパラダイス、8/29太田裕美、愛川欽也、9/13夏川りみ、9/30<故丹波哲郎>、12/10大桃美代子、松任谷正隆、★2007★<14>4/1石原慎太郎、4/22堺正章、徳大寺有恒、6/13長山藍子、松山政路、6/30片山さつき、7/1<故宮澤喜一>、7/15岩崎宏美、8/4<故本田美奈子>、10/6倉本聰、菅原文太、見城美枝子、12/9野口健、12/16中島啓江、★2008★<50>2/22北原照久、3/16残間里江子、奥山清行、ルー大柴、4/20堺正章☆、徳大寺有恒☆、木内みどり☆、岡田眞善(真澄子息)☆、5/5勅使河原郁恵、菅直人☆、水前寺清子☆、6/4一青窈、6/7大和田伸也☆、7/2野村万作、満斎、7/19王貞治、野村克也、田中将大、山崎武司、小久保裕紀、7/27吉村作治☆、8/17藤山直美、中村梅雀、太川陽介、松金よね子、8/28石原良純、ダ・カーポ、9/14九重佑三子、田辺靖雄、9/20養老猛司、長崎宏子、小椋佳、10/9野田聖子、古賀誠、10/11三笠宮寛仁親王、堺正章、白洲信哉(次郎孫)、西田ひかる、東儀秀樹、パンツェッタ・ジローラモ、ミハエル・クルム、井上順☆、10/12押尾コータロー、10/17舛添要一、10/18東国原英夫☆、椎名誠、11/14野村克也、11/18グレン・ミラー(GlennMiller)、11/22茂木健一郎、12/21高嶋ちさ子、★2009★<42>1/10田部井淳子、1/24福留功男、2/18秋川雅史、2/22生島ヒロシ、勝間和代、勝恵子、2/28ダチョウ倶楽部・寺門ジモン、3/5桂三枝、立川談志、3/29高橋尚子、4/12佐藤ゆかり、水前寺清子☆、4/28佐々木健介、6/20さだまさし、7/18板東眞理子、林望、江口ともみ、8/29三浦雄一郎☆、ラッキィ池田☆、9/5清水国明、9/12鳥越俊太郎、9/19コロッケ、大空眞弓、金子貴俊、9/20岩城滉一☆、9/26辰巳琢郎、10/10井上順☆、三笠宮寛仁親王、木内みどり、堺正章、近藤真彦、東儀秀樹、桐島ローランド、10/11中嶋一貴、小林可夢緯、11/7田中健☆、11/8榊原郁恵、11/22長州小力、12/13泉谷しげる、12/19松本伊代、12/20戸田奈津子、★2010★<29>1/4レギュラー、渡辺直美、1/9江崎玲於奈、3/14前田美波里、日野原重明、3/28吉村作治、4/11水前寺清子☆、4/25髭男爵、5/22山崎直子、9/11安藤忠雄、ロバーロ・キャンベル、10/2近藤真彦、寺内タケシ、10/3大黒摩季、河村隆一、10/9瑶子女王、木内みどり、堺正章、鈴木亜久里、井上順☆、11/6田中健☆、11/7三遊亭円楽・円歌・小遊三・好楽、11/8宮本亜門、12/2田辺靖雄☆、九重佑三子☆、12/11なかにし礼、★2011★<57>1/9テツandトモ☆、1/12渡部陽一、1/30養老孟司、柴田理恵、2/20五月みどり、3/15千昌夫☆、4/10水前寺清子☆、やくみつる、4/24<故田中好子>、松平健、5/20<故児玉清>、5/21吉永小百合、6/11伊藤咲子、6/18渡部陽一☆、6/26渡邉美樹、北村晴男、7/21<故原田芳雄>、宇崎竜童、安木燿子、岩下志麻、原田美枝子、熊谷真実、桃井かおり、かたせ梨乃、未唯mie、ベッキー、上戸彩、京野ことみ、戸田菜穂、若松孝二、内田裕也、林隆三、布袋寅泰、妻夫木聡、9/23見城美枝子、10/8木内みどり☆、堺正章☆、横山剣☆、篠塚建次郎☆、長江健次、パンツェッタ・ジローラモ☆、夏樹陽子☆、鈴木亜久里☆、中田宏☆、(ムッシュ)かまやつひろし☆、高山善廣☆、ミッキー・カーチス、柴俊夫、10/15布施明、10/29近藤真彦、田中健☆、11/12川中美幸、11/19辰巳琢郎、12/3北山詩織、12/4森山良子、12/11竹中平蔵、早見優、★2012★<52>2/5山本リンダ、2/24青島広志、3/25堺正章☆、横山剣☆、4/1ふじいあきら、4/7マギー審司☆、4/15森山直太朗、小藪千豊座長、ジョイマン、4/22<故田中好子>、津川雅彦、6/14<故三笠宮寛仁親王>、4/22水前寺清子☆、やくみつる、6/16平原綾香、7/7五木寛之☆、7/8ウィーン少年合唱団、7/12<故山田五十鈴>、平幹二朗、江戸家猫八、池上季実子、司葉子、7/19ジョージ・チャキリス☆、戸田奈津子、7/28鈴木章、姜尚中、9/15吉幾三、尾崎亜美、伊藤四朗、吉田照美、Wコロン、9/16堀内孝雄、9/30西城秀樹、10/7アグネス・チャン、10/14草野仁、石丸謙二郎、10/20村上ショージ、ゴリ、ジョイマン、ダイノジ、キングコング、スリムクラブ、はんにゃ、清水圭、吉本興業40組、11/3小原日登美、湯元進一、清水聡、11/18島美布由、12/3野田佳彦、12/9小泉進次郎、12/15安倍晋三、★2013★<87>1/12加山雄三、1/13島美布由、2/3森田健作、市川海老蔵、白鵬、稀勢の里、把瑠都、隠岐の海、綾瀬はるか、西島秀俊、長谷川博己、小泉孝太郎、剛力彩芽、2/10岸博幸、3/10南原清隆、野村万蔵、宮地真緒、川村ゆきえ、佐藤弘道、ドロンズ石本、やるせなす(石井康太・中村豪)、エネルギー(森一弥・平子悟)、3/24尾上菊之助、尾上松緑、4/21由紀さおり、5/26曾我廼家寛太郎、山崎静代、姿月あさと、内博貴、陽月華、6/16渡辺淳一、7/6アン・ミカ、7/13高橋(関根)恵子、池畑慎之介、佐藤B作、7/14ペギー葉山、田辺靖雄、安藤まり子、三島敏夫、ボニー・ジャックス、青山和子、あべ静江、清水博正、ゆかり、7/27田中耕一、8/23内藤大助、8/31山根一眞、9/15庄野真代、9/22島田洋七、9/29小林麻耶、眞鍋かをり、10/5茂木健一郎、10/7西城秀樹、加橋かつみ、江木俊夫、大野真澄、あいざき進也、晃、今陽子☆、あべ静江、西口久美子、リリーズ、柏原芳恵、江木俊夫、10/12松本明慶、10/22森進一、八代亜紀、野村将希、吉田美奈子、山口かおる、三山ひろし、湯川れい子、平尾昌晃、由紀さおり、徳田章、11/18ポール・マッカートニー(Paul McCartney)、11/23テリー伊藤・木佐彩子・豊田章男・哀川翔、12/7水谷八重子、波乃久里子、沢田雅美、笹野高史、12/15(下村博文・AKB48)、丸山和也、小池百合子、12/30佐藤真海、安倍晋三、★2014★<79>1/18田中理恵、瀬尾京子、96969、1/25ジョニー宜野湾&WALE WALE、2/13<故江利チエミ>、2/23松村康平、藤原新、伊藤舞、渋井陽子、3/1竹花真弓、カーリング小笠原歩、船山弓枝、小野寺佳歩、苫米地美智子、吉田知那美、4/6マリ・クリスティーヌ☆、勅使河原隆弘、4/18岩崎宏美、4/20きゃりーぱみゅぱみゅ、4/27水前寺清子☆、4/29アルベルト・ザッケローニ、横浜Fマリノス(中村俊輔、中澤佑二)、浦和レッズ(阿部勇樹、興梠慎三)、6/1バイきんぐ、ニッチェ、ザンゼンジ、U字工事、スギちゃん、北陽、サンドウィッチマン、6/7十朱幸代、宮川彬良、6/27吉村美栄子☆、6/28小林幸子☆、7/12松平健、紫吹淳、はいだしょうこ、真島茂樹、7/14ペギー葉山、田辺靖雄、白根一男、五月みどり、弘田三枝子、ボニージャックス、原田直之、下谷二三子、あべ静江、宇山保夫、涼恵、合田道人、7/22クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)、8/23なぎら健壱、9/21竹岡圭、9/28八神純子、10/25松任谷由実、比嘉愛未、福田沙紀、渡部豪太、石黒賢、藤真利子、11/2和泉元彌、11/15福原遥、NAOTO、11/18松方弘樹、釈由美子、池上季実子、若林豪、千昌夫、黛ジュン、狩人、チェリッシュ、黒沢年雄/男☆、三善英史、山本リンダ、保科有里、11/21北川正恭、★2015★<71>2/1檀ふみ、2/3小林麻耶、小池美由、<故力道山>、武藤敬司、小橋建太、天龍源一郎、丸藤正道、棚橋弘至、真壁刀義、秋山準、曙、2/5山本耕史、濱田めぐみ、ジェロ、JAY’ED、吉原光夫、原康義、根岸季衣、2/8西城秀樹、尾藤イサオ、大野真澄、山田パンダ、あいざき進也、小川知子、西口久美子、あべ静江☆、伊藤咲子☆、リリーズ、晃、3/21櫻井よしこ☆、本田 武史、3/27田中俊太郎/バリトン、4/5植田友理/オルガン、4/11クマムシ☆、マドモアゼルズ、4/18クリス・ハート、5/16財津和夫、7/12横山剣☆、7/14つのだ☆ひろ☆、7/16ペギー葉山☆、田辺靖雄、ボニー・ジャックス、アントニオ古賀、扇ひろ子、原田直之、内田あかり、冠二郎、あべ静江、日野美歌、静太郎、たてようこ、合田道人☆、7/17菊地幸夫、8/8森永卓郎、宮瀬茉祐子、8/10中村七之助、坂東巳之助、中村勘九郎、9/19渡辺真知子、9/27中川翔子、10/25辰巳琢郎☆、石田紗英子、11/8林真理子、11/14田中雅美、11/15川井郁子、12/12平井大、12/13嵐山光三郎、イッセー尾形、★2016★<56>1/10天皇陛下、皇后陛下、白鵬、日馬富士、鶴竜、琴奨菊(優勝)、稀勢の里、逸ノ城、遠藤、大乃国、杉山邦博、2/7渡辺真知子☆、4/23片岡仁左衛門、5/22バイきんぐ、5/29永井龍之介☆、6/18DAIGO、7/14田辺靖雄、ペギー葉山☆、大津美子、ボニー・ジャックス・吉田秀行☆、こまどり姉妹☆、原田直之、九重佑三子、宮路オサム☆、佳山明生、浜より子、静太郎、あべ静江、合田道人、9/1佐々木蔵之介、本木克英 監督、9/18東儀秀樹☆、10/2中井美穂☆、米倉誠一郎、小松亮太/バンドネオン、10/7n.、10/8吉右衛門、魁春、東蔵、七之助、児太郎、梅玉、宜生改め四代目中村歌之助、宗生改め三代目中村福之助、国生改め四代目中村橋之助、中村橋之助改め八代目中村芝翫(しかん)、藤十郎、玉三郎、又五郎、歌六、松緑、雀右衛門、菊之助、我當、菊五郎、12/30伊調馨、★2017★<68>1/12小林幸子、2/3中村玉緒、安藤美姫☆、水谷八重子☆、岡田茉莉子、ヨネスケ、長谷直美、渡部絵美、玉ノ井親方、勢、阿武咲奎也☆、阿夢露光大☆、川野太郎、M高史、ナイツ土屋伸之・塙宣之、林家三平☆、林家正蔵☆、毒蝮三太夫☆、木曽さんちゅう(元Wコロン)、瀬古利彦、ファイティング原田、笹みどり、世志凡太、青空たのし、松島トモ子☆、三遊亭金馬☆、山田太郎、2/24五木寛之、3/31野村万作・萬斎、4/15ロニー・クインタレッリ☆、井口卓人選手、山内英輝選手、新井敏弘選手、勝田範彦選手、4/16千葉和臣(海援隊)、水前寺清子☆、4/21小林旭、橋幸夫、水前寺清子、6/17野口健☆、7/7ルー大柴☆、7/9大砂嵐☆、高安☆、7/23宇崎竜童、8/6溝口善兵衛・島根県知事、草野満代☆、8/26カフー、9/2ジョン・ホンゴン(鄭 鴻根)(t'way-CEO)☆、9/17有森裕子、亀井京子、10/8米倉誠一郎☆、平富恵ヨシエ☆、新藤晶子マサコ☆、11/5チェリッシュ、狩人☆、ロザンナ☆、保科有里、石井明美、桑江知子、ビリー・バンバン、平浩二、加橋かつみ、黒沢年雄、松平健、11/9水前寺清子、11/19村治佳織、★2018★<56>2/3阿武松☆、阿武咲☆、勢☆、片山さつき☆、ヨネスケ☆、岡田茉莉子☆、長谷直美☆、川野太郎☆、マーティ・フリードマン☆、山内恵介☆、中村玉緒☆、平原綾香、東てるみ、安倍里葎子☆、M高史☆、山田太郎☆、4代目三遊亭金馬☆、青空たのし、木曽さんちゅう、斎藤こず恵☆、アニマル浜口(平吾) ☆、 浜口京子☆、松島トモ子☆、 内海桂子☆、 林家三平☆、西尾夕紀☆、 林家正蔵☆、ファイティング原田☆、 2/25小池百合子、設楽悠太(日本新) ☆、4/14ロリー・クインタレッリ、脇阪寿一、新井康久、安東弘樹、中嶋貴一、5/19黒木瞳、吉田鋼太郎、大野拓朗、六角精児、清塚信也、7/14田辺靖雄☆、こまどり姉妹☆、ボニー・ジャックス・鹿嶌武臣☆、九重佑三子☆、大川栄策☆、原田直之☆、あべ静江☆、合田道人、7/26銅谷志朗☆、8/7丘みどり☆、8/25なぎら健壱☆、10/14渡辺直美、安田菜津紀、古田大輔、11/11武田双雲、11/17千住真理子、★2019★<●>2/3阿武松☆、阿武咲☆、勢☆、東龍☆、片山さつき☆、ヨネスケ☆、渡部絵美☆、岡田茉莉子☆、川野太郎☆、東てる美☆、杉浦太陽☆、中村玉緒☆、安倍里葎子☆、中村勘九郎☆、中村七之助☆、中村勘太郎☆、中村長三郎☆、中村鶴松、アニマル浜口☆、斎藤こず恵☆、松島トモ子☆、内海桂子☆、木曽さんちゅう☆、毒蝮三太夫☆、浅香光代☆、世志凡太☆、西尾夕紀☆、林家三平☆、林家正蔵☆、ファイティング原田☆、山田太郎☆、2/12高田創、2/20伊集院静、髙樹のぶ子☆、辻原登、桜木紫乃☆、佐伯琴子、4/6池島実紅miku☆、近藤真彦☆、4/7水前寺清子☆、山東昭子、徳久広司、4/21水前寺清子、ホキ徳田、川原弓奈☆、4/27Sara Gazarek、Bob Reynolds、Stu Mindeman、Alex Boneham、Christian Euman、6/2中川翔子☆、6/3加藤茶、高木ブー、仲本工事、黒沢年雄☆、山本リンダ、新沼謙治☆、7/13田辺靖雄☆、大津美子☆、こまどり姉妹☆、ボニージャックス(鹿島武臣☆、吉田秀行☆)、三沢あけみ☆、九重佑三子☆、原田直之☆、あべ静江☆、宇山保夫、根本美希、合田道人、7/20桂ひな太郎、7/25立川談四楼☆、8/31片山さつき、なぎら健壱、9/15中村魁春、中村梅枝、中村梅玉、10/6古野光昭、寺井尚子、ユージ☆、米倉誠一郎☆、10/26河口まなぶ☆、伊藤真奈美、陣内智則、中川家/剛・礼二、ココリコ/遠藤章造、脇阪寿一、12/7吉田沙保里、12/21東儀秀樹、☆2shot>

【B】バイク・クルマ
<我が愛車「CB750」>


【感動車両】'57MercedesB 300SL/'72RR Phantom6 Landaulette/'57RR.Silver Cloud 1/
ベンツ300SL ロールス・ロイス・ランドレー

【A】アート
『オルセー美術館:Musée d'Orsay』
<「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」1876年/ピエール=オーギュストルノワール>



<「草上の昼食」1863年/エドゥアール・マネ>
(2.08 m x 2.645 m)



<「オランピア」1863年/エドゥアール・マネ>



<「落穂拾い」1857年/ジャン・フランソワ・ミレー(84cmx112cm)>



<「ローヌ川の星月夜」1888年/フィンセント・ファン・ゴッホ>(72.5cm×92cm)



<右向き・左向き「日傘の女」1886年/クロード・モネ>(131×88cm)



<「泉」1856年/ドミニク・アングル>(1.63 m x 0.8 m)
<「都会のダンス」1883年「田舎のダンス」1883年/ピエール=オーギュスト・ルノワール>



<「サーカス」1891年/ジョルジュ・スーラ>
<「タヒチの女たち」1891年/ポール・ゴーギャン>




<「ピアノを弾く少女たち」/ピエール=オーギュスト・ルノワール>
<「自画像」/フィンセント・ファン・ゴッホ>
<「オーヴェルの教会」>1890年/フィンセント・ファン・ゴッホ>(0.74 m x 0.94 m)
<「笛吹く少年」1866年/エドゥアール・マネ>(161x97cm)
<「晩鐘」1859年/ジャン=フランソワ・ミレー>(55cmx.66cm)


『ルーヴル美術館:Musée du Louvre』
<「モナ・リザ」(La Joconde)1506年/レオナルド・ダ・ヴィンチ>(77cmx53cm)



<「民衆を導く自由の女神」1830年/ウジェーヌ・ドラクロワ>(2.6mx3.25m)



<「カナの婚礼」1563年/ヴェロネーゼ>(6.77mx9.94m)(ルーブルで最大の絵画でモナリザの対面)



<「天文学者」1668年/ヨハネス・フェルメール>(51cm×45cm)



<「レースを編む女」1670年/ヨハネス・フェルメール>(24cmx21cm)



<「ナポレオン一世の戴冠式」1807年/ジャック=ルイ・ダヴィッド>(6.29×9.26m)



<バルサイユ宮殿の「ナポレオン一世の戴冠式」、妹のドレスがピンク色>





<ルーブル美術館>
<「ミロのヴィーナス」前130年-前100年頃>(203 cm )



<「サモトラケのニケ」前200–前190年頃>(244 cm )




【I】癒し
<椿山荘「ビューバススイート」>
「我がスポーツは椿山荘」(スポーツの語源は非日常)











/////////////////////////////////////////////////   

「Why is this email 5 sentences or less?」
「誰にでもできることを、誰にもできないくらいやる」
「優しい人に出会うより、優しい人になりなさい。」(椿山荘CM-1986)
「元気の秘訣は暇なく予定を入れること」(サミュエル・ウルフマン擬きilovecb)
「不安タスティック」(みうらじゅん)
「うまくいっていることは続ける」(ブリーフセラピー)
「好きなものに囲まれて暮らすと元気になる」(高橋洋子)

全976件 (976件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 98 >

July 16, 2019
XML
カテゴリ:
雨が降り出し、妻の提案で、福島県の重要文化財になっている茶室「麟閣」」へ向かいます。
ここは有料エリアです。

少し前に、ガイドさんに案内されましたが、千利休の子、少庵が建てたといわれる茶室です。
小さい茶室なので、あっという間に見学が終わります。

そして、妻目的の抹茶をいただきます。

ここで美味しい和菓子と抹茶をいただき、終了です。
・・・椅子の上に赤い毛氈を敷いただけなので、雰囲気はもう一つですが・・・。(笑)

--------------------
<鶴ヶ城公園の茶室「麟閣」>
鶴ヶ城公園の南端にある茶室「麟閣(りんかく)」は千利休の子、少庵が建てたといわれています。利休が豊臣秀吉に切腹を命ぜられたのち、少庵は、当時の会津領主の蒲生氏郷(がもううじさと)によって、会津に招かれ、保護された。氏郷が、ここに茶室を建てて茶道振興を図ったことにより、千家茶道の命脈はつながれたわけ。少庵はのちに許され京都に戻り、千家茶道を再興。表千家、裏千家、武者小路千家と受け継がれることになる。
麟閣は明治7年に若松城が解体される時、石州流怡渓派森川善兵衛が政府に願い出て自宅に移築し、保存されていたが、平成2年に、元の場所である鶴ヶ城内に移築復元された。
--------------------


【今日のLife Hack:不幸からよきものを生み出そうとし、又生み出しえる者は賢い人である。与えられたる運命をもっともよく生かすということは、人間にとって大事である。- 武者小路実篤 -(日本の小説家、詩人、劇作家、画家 / 1885~1976)】

<千利休の子・少庵の茶室「麟閣」>
























Last updated  July 16, 2019 05:30:07 PM
コメント(4) | コメントを書く
July 15, 2019
カテゴリ:
堂々とした赤瓦の城が見えてきます。。

ここにも、無料ガイド1時間の看板があり、申し込みます。
あまり待たずに出発です。

今は無き、門の説明にはじまり約1時間に亘り、鶴ヶ城の周りを反時計回りに進みます。

中でも印象的だったのは、石垣の前にV字型に設けられた石段「「武者走り」です。
V字型は全国的に見ても珍しく、若松城の特色の一つ、大手門となる太鼓門の渡り櫓などへ簡単に昇り降りができるように作られています。

左側が修復されていて、右側は昔のままで修復待ちなのですが、ここでクイズです。
「ここは一方通行なのですが、どちらが上りで、どちらが下りでしょうか?」

答えは石垣に向かって左から上り、右から下りる一方通行だといいます。

理由は、当時の人が刀を左に差している為とのことです。
右側を上りにしてしまうと 上った時に刀が壁にぶつかってしまいます。

鶴ヶ城のシンボルは赤瓦、藩祖 保科正之の時代の1648年頃に葺き替えられたとのこと。
表面に釉薬を施して焼いた赤瓦は強度があり、会津の冬の厳しい寒さ、凍結にも耐えることができたようです。
1868年幕末 戊辰戦争で新政府軍が砲撃をし続け、1ヶ月の籠城の挙句、城を明け渡します。

雲行きが怪しい中、雨が・・・。

抹茶が飲みたいという妻の提案で、鶴ヶ城公園の茶室「麟閣」」へ向かいます。

-----------------
<会津若松、鶴ヶ城>
至徳元年(1384)葦名直盛により築城され江戸後期まで改修増築され続けた名城。明治7年に石垣以外は取り壊されたが、新政府軍の猛攻に一か月耐えた城。場内にはいくつもの井戸があるのも特徴。現在の天守閣は1965(s40)年に鉄筋コンクリート造で再現された城。幕末から明治に代り、戊辰戦争が起こり、最後まで幕府軍として、戦った白虎隊の少年兵士19名の自刃した飯盛山は、約2㎞程先にある。この後、新選組の土方歳三らと奥羽越列藩同盟の藩士などが合流して、函館五稜郭を占拠。土方歳三が1869年5月に戦死した為、榎本武陽らは、明治政府軍に投降して終戦。
-----------------

【今日のLife Hack:毎日毎日の足跡がおのずから人生の答えを出すきれいな足跡にはきれいな水がたまる- 相田みつを -(日本の詩人、書家 / 1924~1991)】

<鶴ヶ城>


<武者走り>




<石垣の積み方が違う>




<ハート型?の石が・・・>





<仙台の方には語れないと説明された「荒城の月」>


<御三階跡>


<一番の撮影スポットだと教えられた場所で一枚>






Last updated  July 15, 2019 06:50:08 PM
コメント(6) | コメントを書く
July 14, 2019
カテゴリ:
裏磐梯五色沼の次は鶴ヶ城、磐越西線で会津若松を目指します。

ここも何度か訪れていて、2011年8月、1700㏄のハーレーを借りてここに来て、葺き替えたばかりの赤瓦を見たのを思い出します。

会津若松駅に着き、JRで訪れたのは初めてなので、観光案内所で鶴ヶ城への行き方を尋ねます。

すると、「タクシーですか?、バスですか?、歩きですか?」と。

・・・歩いても行けるのだと思いつつ、「バスで」と応えると、親切にバス停と出発時刻を教えて貰いました。
観光バスではなく、一般の市民の足を利用します。

ほどなくバスが来て、市内観光?です。
・・・飯盛山、田島、芦ノ牧、東山温泉、会津武家屋敷などを経由し、鶴ヶ城に到着です。

・・・途中、東山温泉の旅館のタクシーでしょうか、ロンドンタクシーが目につき・・・。


【今日のLifeHack:万人の福利を願うことが自らの福利につながる。自分や自分の所属する小社会のみの福利を願う人は利己的であって、そうすることは、けっしてその人のためにはならない。- ガンジー -(インドの弁護士、宗教家、政治指導者 / 1869~1948)】

<会津若松駅>









<・・・ロンドンタクシーが・・・>














Last updated  July 14, 2019 08:24:11 PM
コメント(4) | コメントを書く
July 13, 2019
カテゴリ:
「五色沼」バス停に着くと、そこには何もなく、少し離れた所に「裏磐梯ビジターセンター」が見え、妻が30分200円ガイドの看板を見つけ、いつものようにガイドをお願いします。
脇にある大型コイン・ロッカーは200円、私は、仙台で配る我が「ブログ本 in 2018」が入った鞄が重く、助かります。

ガイド案内に従い、先へ進むと、突然、バス停前に猿の群れが現れます。
子供を腹に抱えた親ザルもいます。
左手の林から飛び出してきた20匹位が、道路を挟んだ向いの林へ移動です。
バス通りを横切るのですが、あまり事故は起きていないようです。
ガイドさんが「手を上げて渡っているから・・・」と。(笑)

そして、猿が出てきた林に入り、草花、動物の案内を受けます。
猿の他に、熊もいるとのことで、驚かされます。

途中、裏磐梯に貢献した「遠藤現夢」という方が、ここの緑化に貢献した方の紹介がありました。

そして、毘沙門沼まで案内して貰い、沼をバックにカメラのシャッターを押して貰い、ガイドさんとお別れです。

生憎の曇り空、遠くに見えるはずの会津磐梯山が雲で見え隠れしています。
雲の切れ間を見てどうにか、磐梯山の半分くらい撮れました。
但し、風は無く、沼の水面は穏やかで、水鏡に近い状態で、いい感じです。

ここで少々早いお昼、会津ですから、「喜多方ラーメン」ですが、五色沼名物「五色沼そば」の暖簾に気づき、蕎麦とうどんを注文します。
毘沙門沼がきれいに見える特等席?で美味しくいただきます。

少ない気もしますが、夜の「仙台牛タン」に備えます・・・。(笑)

--------------------------Wiki
<遠藤現夢(十次郎)>
遠藤 現夢(えんどう げんむ 1864年2月17日(文久4年1月10日) - 1934年(昭和9年)12月6日)は、明治から昭和時代の地域開発者。本名を遠藤 十次郎(えんどう じゅうじろう)といい、福島県北部にある磐梯高原(裏磐梯)緑化の父と呼ばれる。
-------------------------
五色沼は、1888年7月の磐梯山噴火により、周辺の河川がせき止められできた大小30以上の沼の総称。従って五色沼そのものは、無く、最も大きい沼は毘沙門沼。
-------------------------------------------

【今日のLife Hack:どこに行こうとしているのかわからないのに、決して遠くまで行けるものではない。- ゲーテ -(ドイツの詩人、小説家、劇作家 / 1749~1832) 】

<ビジターセンター>


<猿!>


<ガイドさんの後を・・・>




<遠藤現夢>


<毘沙門沼>


<遠くに会津磐梯山>




<五色沼そば、と 五色沼うどん>


<猪苗代駅のホーム「よく来らったなし!」>






Last updated  July 13, 2019 05:30:09 PM
コメント(6) | コメントを書く
July 12, 2019
カテゴリ:
「コンフォートホテル郡山」で無料朝食をいただき、出発です。
ホテルを出ると、隣の結婚式場「オール・セインツ教会」の中庭に、ロンドンタクシーも見えます。

さて、この日最初の目的地は、妻のリクエストで、裏磐梯五色沼です。
「JR東日本乗り放題切符」が威力を発揮します。

郡山駅の上に見える、フジテレビの球体のような姿を気にしながら、磐越西線を使って離れます。

そして、猪苗代駅で下車、ここは野口英世 縁の地のようです。
駅構内に等身大のパネルも飾ってあります。

更に、あちこちに彼の名を見つけることが出来ます。
ここからバスで「五色沼」へ向かいます。

-------------Wiki
野口 英世、1876年(明治9年)11月9日- 1928年(昭和3年)5月21日)、日本の医師、細菌学者。栄典は、正五位・勲二等旭日重光章。学位は医学博士(京都大学)、理学博士(東京大学)。称号はブラウン大学名誉理学博士、イェール大学名誉理学博士、パリ大学名誉医学博士、サン・マルコス大学名誉教授・名誉医学博士、エクアドル共和国陸軍名誉軍医監・名誉大佐。キリスト者。

福島県耶麻郡三ッ和村(現:耶麻郡猪苗代町)出身。 高等小学校を卒業して上京し、済生学舎(日本医科大学の前身)に通い、医術開業試験に合格して医師となった。渡米してペンシルベニア大学医学部の助手の職に就き、研究者としての名声を得てからロックフェラー医学研究所研究員となった。主に細菌学の研究に従事し、黄熱病や梅毒の研究で知られる。数々の論文を発表し、ノーベル生理学・医学賞の授賞候補に三度名前が挙がったが、黄熱病の研究中に自身も罹患し、1928年(昭和3年)5月21日、英領ゴールド・コースト(現在のガーナ共和国)のアクラで51歳で死去。
-------------

【今日のLifeHack:恃(たの)むところにある者は、恃むもののために滅びる。- 織田信長 -(戦国時代の武将、戦国大名 / 1534~1582)】

<「コンフォートホテル郡山」隣の「オール・セインツ教会」>


<中にロンドン・タクシーが>


<郡山駅校内


<気になった、フジテレビ様な球体>


<猪苗代駅に到着>


<野口英世縁の猪苗代駅構内>


<待合室にも野口英世が・・・>




<猪苗代駅>


<駅前>


<バスで五色沼へ>


<五色沼入口に到着>






Last updated  July 12, 2019 05:30:10 PM
コメント(6) | コメントを書く
July 11, 2019
カテゴリ:
郡山駅前で迎えた朝は曇り、今にも降りそうな怪しい空模様です。

6時半の開始の無料朝食が用意されています。
混むといけないので、急いで1階へ向かいますが、最上階10階からは、エレベータがちょっと大変です。

1Fの食堂?に到着すると、既に数人食べ始めています。
バイキングで、コーナーを見渡すと、無料とは思えない種類・量が並んでいます、十分です。
有り難いことです。

・・・今年の1月に利用した長野の「セレクト・イン長野」とは全然違います・・・。
これがコンフォートホテルの魅力かも知れません。

美味しくいただきました。
さっ、出発!。

【今日のLife Hack:盲目であることは、悲しいことです。けれど、目が見えるのに見ようとしないのは、もっと悲しいことです。
- ヘレン・ケラー -(米国の教育家、社会福祉活動家、著作家 / 1880~1968)】

<コンフォートホテル郡山>




<これは凄い、無料朝食>






Last updated  July 12, 2019 03:19:47 PM
コメント(6) | コメントを書く
July 9, 2019
カテゴリ:
今年もやってきました、大人の休日倶楽部「JR東日本乗り放題切符」の季節です。

昨年は青森経由で仙台、今年の1月は、長野経由で仙台へ向かいましたが、今回は福島経由です。

郡山駅前の最安値の宿「コンフォートホテル郡山」を予約し、そこで妻と待合せです。

ホテルの謳い文句は、「東口駅から徒歩5分」ですが、新幹線のホームは西口近くにあり、反対側の東口は遠く、歩いてもなかなか辿り着けません。

そしてやっと東口を出てホテルへ向かうと、正月に訪れたフランスの「シャルトル大聖堂」を連想させられる「オール・セインツ教会」が見えてきます。
夜のイルミネーションも手伝って、ちょっと、素敵です。

ここは結婚式場で、イギリスのリバプールより譲り受けた、 185年の歴史と伝統の独立型教会で、誇りと気品が生き続ける本格的なチャペル、 感謝を伝え、永遠の愛を誓えます・・・が謳い文句です。

・・・ホテルはここではありません。(笑)

因みに、ポケモンGOの「ポケストップ」でもあり、ここで回して、ボールをゲットです。


私の方が先にチェックイン、妻へ部屋番号のメールを送ります。

【今日のLife Hack:人生に命を賭けていないんだ。だから、とかくただの傍観者になってしまう。- 岡本太郎 -(日本の芸術家 / 1911~1996)】

<郡山駅>


<東口までの長い通路、この先で右折、この倍は歩きます>


<ホテルの手前に建つ「オール・セインツ教会」>


<ポケモンGOの「ポケストップ」でもあり>


<「コンフォートホテル郡山」>








Last updated  July 9, 2019 07:28:11 PM
コメント(2) | コメントを書く
July 1, 2019
カテゴリ:
仕事で、化学物質規制のセミナーへ参加です。

会場は神楽坂、折角なので近くを散策です。

まず、「赤城神社」、そして、「毘沙門天 善國寺」、「袖摺坂」・・・。

会場の「牛込箪笥区民ホール」(新宿区立区民ホール)の手前で、「神楽酒」という看板に笑ってしまい・・・。


【今日のLifeHack:長生きをしていると、過去はがらくたの詰まった屋根裏みたいになる。探しものをしに屋根裏へ行ってごらんなさい。なんでもあるけど、探してるものだけは見つからないでしょう。- クララ・ルイーズ・ケロッグ -(米国の女性オペラ歌手 / 1842~1916)】


<「赤城神社」>




<「毘沙門天 善國寺」>









<「袖摺坂」>


<「神楽酒」・・・飲み屋さん?>


<「牛込箪笥区民ホール」(新宿区立区民ホール)>






Last updated  July 1, 2019 08:40:13 PM
コメント(8) | コメントを書く
June 16, 2019
カテゴリ:
昼食は、このツアーに付いてきたサービス、1,000円分のグルメチケットを使います。
空港で使えるお店「ステーキハウス グルメ風月 ジオリジン」に入ります。
ステーキを注文した後で、ビールを注文しようとすると、妻から「スパークリングワイン」と・・・私も・・・。(笑)

そして「乾杯」、令和を迎えた11日後に、「令和」縁の「坂本八幡宮」を訪れ、更に、大宰府天満宮、櫛田神社も訪れ・・
飛行機にヒルトン宿泊で3万円、今回も良い旅に・・・。

ちょっと酔って忘れていましたが、食後のコーヒーも無料で付いてきました。

そして、ANA 254便で羽田へ・・・。
翌日は、勿論仕事です。

・・・昨年、五島列島へ行った時、戻りが羽田着23時過ぎで、終電に間に合うよう必死で走りましたが、今回は楽勝で・・・。

国内の旅の仕上げは、訪問先塗り絵「コロプラ」の色の付き具合を確かめる事です。

今回は行動範囲が狭く、また、色塗り忘れもありましたが、なんとか増えました。

-----------------
ニューヨークスタイルでステーキを味わう「ステーキハウス グルメ風月 ジオリジン」。ポーターハウスステーキやTボーンステーキなど高級部位を皆で取り分けて食べるスタイルとニューヨークのステーキハウスの要素を取り入れたお店。フィレ肉、サーロインステーキ等がっつりお肉を食べれます!一人でも気軽に頂けるランチメニューも有り、リブアイロールやハンバーグなどを空港の中で頂けます。家族や恋人とのお別れの前に良い食事をしたい方にもおすすめのお店です。
-----------------

【今日のLife Hack:さあ、俺も立ち上がるかな まあ、もう少し坐つてゐよう- 武者小路実篤 -(日本の小説家、詩人、劇作家、画家 / 1885~1976)】

<櫛田神社にお別れ>


<博多町家「ふるさと館」>




<福岡空港>


<ステーキハウス グルメ風月 ジオリジン>








<スパークリングワインで「令和縁の太宰府の旅」に乾杯!>


<ツアーの1000円分サービス券を使い、スマホに使用済みスタンプ、驚き!>


<福岡→羽田便>


<復路も往路と同じ窓無しの窓側を選択、前が広~い!>


<ツアーのお土産>


<コロプラ「訪問先塗り絵」のビフォ・アフタ>


<テレビに、訪れたあの坂本八幡宮が・・・嬉しいもので・・・>






Last updated  June 16, 2019 11:40:06 PM
コメント(2) | コメントを書く
June 15, 2019
カテゴリ:
櫛田神社の参拝を終え、妻の提案で「博多歴史館」(恵比寿会館)(入館料300円)に立ち寄ります。

我々がその日最初の客だったようで、入館料を支払うと受付の方が照明を点けてくれます。
そして、入口に飾られた「山笠絵馬」の説明が始まります。

そして館内に入るとVTRの前に案内され、解説を受けます・・・客は我々二人だけで・・・。
次の客が来たところで、そこを離れ展示品の数々を鑑賞です。

山笠図を代々描いた三苫家の山笠図屏風、追山の大絵馬、現代博多人形師らが再現したという古代山笠六本なる伝統的な飾り山笠の復元展示は見事です。
また、博多の町割りを指導した豊臣秀吉が出した朱印状(福岡市指定文化財)や室町時代の松囃子の古面など、貴重な歴史資料も満載です。

それほど広いスペースではありませんが、「博多祗園山笠」関連の品々が凝縮している感じがします。
刀剣類も素晴らしく、“天下五剣”のひとつ、“三池典太光世(みいけでんたみつよ)作の日本刀に見入ってしまいました。

---------------------
<櫛田神社“博多歴史館”の宝物>
博多歴史館には博多の歴史を語る上で貴重な品々が展示されていて、その中に、非常に珍しい刀剣が展示されている。
特に目を引くのは、身幅が広く豪壮な“三池典太光世(みいけでんたみつよ)作の日本刀。
日本刀は、美術品としての価値も高く、いにしえの昔から多くの権力者達に愛されてきた。中でも時の天下人などに愛されたとして有名な業物に“天下五剣”と呼ばれる五振りの日本刀がある。
1 鬼の悪夢にうなされる北条時政を救った「鬼丸国綱」
2 伝説の名工、三条宗近が稲荷明神と共に鍛えたとされる「三日月宗近」
3 日蓮宗の開祖でもある日蓮上人が破邪顕正の刀として使った「数珠丸恒次」
4 源頼光が鬼退治に使った「童子切安綱」
5 そして加賀前田家に伝わり、病魔や物の怪を払ったとされる「大典太光世」(おおでんたみつよ)。
いずれも国宝級の業物ですが、光世は、平安時代末期の筑後の国の刀工だったので、三池典太光世と呼ばれていた。
時代劇では、“柳生十兵衛”の愛刀としても知られている。
---------------------

【今日のLife Hack:自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。- ボブ・マーリー -(ジャマイカのレゲエミュージシャン / 1945~1981)】

<「博多歴史館」>


<山笠絵馬>














Last updated  June 15, 2019 05:30:07 PM
コメント(4) | コメントを書く

全976件 (976件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 98 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.