1799586 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

2019.02.21
XML
カテゴリ:ラジオ番組
ラジオ日本全国8時ですの本日の担当、月尾嘉男さんの話は明日2月22日がベースボールを野球と翻訳した記念日ということで明治以後外来語、主として英語を適切な日本語に翻訳したことが日本文化やスポーツ興隆に大いに貢献したという話をしてくれた。中国から渡ってきた漢字言葉や日本に古来からあった言葉などをあてはめたものが多かったが独自に作った言葉もあった。野球はその代表的なもので野球大好き人間で自ら捕手として活躍していた正岡子規が翻訳したとの説もあったが、実際は東大予科の第一高等中学の野球部員中馬 庚さんが初めてベースボールを野球と翻訳して部誌に書いたとのことである。正岡子規は直球、投手、打者、本塁、一塁、二塁、三塁など多くの野球用語を翻訳したが野球は違うとのことである。ベースボールを分解してベースは底、土台の意味なので底、ボールは球なので底球にしようとしたらすでに庭球(テニス)があったので発音が同じになってしまうので野原でボールで遊ぶスポーツだから野球にしようと決めたとのことだがぴったりの言葉でよく使われている。日本人の豊かな想像力が多くの翻訳語を作り出したのだと思うが、最近は格好をつけてイノベーションとかプライオリティとかモチベーションとかやたら外来語を使いたがる人がおり、日本人の想像力もだんだん衰えてきているのかなと感じている。






Last updated  2019.02.21 22:51:37
コメント(2) | コメントを書く
[ラジオ番組] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 「野球」命名は正岡子規!?   若草 加賀美 さん
どうでもいいことですが、小生が知っている「野球」の命名者は正岡子規です。
正岡子規の幼名が「升(のぼる)」。のぼるの「の」は「野」、ぼるは「ボール」で「球」になるので、野球の大好きだった正岡子規がその球技の名前を「野球」としたと何かの本で読んだことが有ります。

いよいよ野球シーズン到来です。所沢に住んでいることもあって「西武ライオンズ」創立からずっとライオンズのファンです。田淵、秋山、工藤、清原、松井、松坂、菊池、現在の秋山、森や源田の活躍が楽しみです。巨人から来た内海がどこまでやってくれるかも一つのカギです。昨年のような力が出せるか、今年も目いっぱい応援します。日本シリーズがライオンズ対ヤクルト…なんてことになりませんかね(笑)。 (2019.02.21 23:56:55)

 Re:「野球」命名は正岡子規!?(02/21)   楽天星no1 さん
若草 加賀美さんへ

TBS系列の「日本全国8時です」は毎日通勤途中の車の中で聞いていますが好きな番組です。中でも木曜日担当の月尾嘉男さんの大フアンで毎回楽しみにしています。自身は工学博士ですが、工学以外のことも詳しく調べて教えてくれます。正岡子規は歌人でしたのでベースボールに関する短歌も沢山作っていますが、短歌では常にベースボールを使っており、野球は使われていないこと等から子規ではなく中馬庚さんだと述べていました。
西武の山川、中村は勿論ですが源田が楽しみですね。今年も優勝する力は十分ですがクライマックスシリーズでソフトバンクに負けたのは集中力が欠けていたからだと思います。それにしてもソフトバンクの甲斐捕手は凄いですね。広島も強いですが甲斐捕手一人にやられたみたいでした。私はテレビの「プレバト」という番組にもはまっています。俳句の次に水彩画のセクションがあり、芸能人の水彩画が評価されますが加賀美さんの絵はそれらと比べても群を抜いており、間違いなく才能ありと評価されると思いました。益々の錬磨を期待しています。 (2019.02.22 14:04:48)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.