1835955 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

2019.09.26
XML
テーマ:彼岸花(18)
カテゴリ:



彼岸花が9/22に地中から芽を出し、23日のブログにアップしたが、今日は芽を出してから4日目だが毎日5-6センチ伸びて今朝は蕾をつけていた。恐らく今日中に咲くのではないかと思われる。
人間の赤ちゃんの生育も早いが昨日より5センチも背が伸びたということはない。植物では朝顔など昨日は双葉だったのに今日はもう蔓を出していたなど早く成育するものは多いが、地中から芽を出したと思ったら4-5日で結構大きな花を咲かせる彼岸花ほど生育の早いものはないのではないかと思った。このようにあっという間に生育するものがある一方衰え枯れていくものもある。人間も生育して最盛期を過ぎるとやがて衰え死んでいく。彼岸花は花を咲かせたらそのまま枯れてなくなる。そしてしばらくしたら地中から葉が芽を出してきて繁茂し花は咲かせないで冬を越し、春になったら枯れてなくなる。そして9月に花芽をだしてくるのである。それゆえ花は死んでも別の形(葉)で生きており、生命輪廻に例えられることがある。花を生涯とするならその花の生涯は彼岸を過ぎると消えてなくなる。しかし本当は命は生きていてしばらくして別の形(葉)で生涯を送り、それも死滅し跡形もなくなり、終わりかと思っていたらまた花芽が出てくる。人間も同じで死んだと思っても実際は生きていて形を変えて生まれてきたり、時期がきたら前と同じ形で生まれてくるので人間生命のサイクルを示しているのだと説明している学者もいる。他にも同じような植物があるのかもしれないが彼岸花は身近なのでその一生を人間の一生と比べながら興味深く観察している。






Last updated  2019.09.26 13:54:49
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.