1804092 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

2019.10.21
XML
カテゴリ:付き合い



昨日わが地区の公民館建設の地鎮祭が行われた。
地鎮祭は建設工事に先立ち、土地の神を祝って敷地を清め、工事中の安全と建築物が何事もなく永くその場所に建っていられることを願う儀式とのことだが我々公民館建築準備員会のメンバーにとってはいよいよこれで建築がスタートするのかと思うと感慨無量であった。
思えば3年前の4月、わが自治会にも公民館が必要だとの考えで、建設準備委員会が設置された。建設そのものに反対の人もいたし、建ててもよいがお金を出すのは御免だという人も多く、資金の問題、建設用地の問題、施工会社の問題、沿道住民からの道路使用やセットバックの承諾集めなどの困難が沢山あったがそれを乗り越えて昨日を迎えることができてそれまでの苦労が消し飛んだ。嬉しくて地鎮祭の終了後は建設会社の方と一緒に沿道住民の方々にこれから工事でご迷惑をおかけするかもしれませんがよろしくお願いしますと挨拶にまわった。実際これからは銀行から借金する350万円位の返金方法や会館の使用方法など細かいことを決めていくことになるが、大きな山は越えたことになる。建設準備委員会の皆様、自治会執行部の方々、建築を引き受けて下さった株式会社内藤ハウスの方々、建設に際し何かと相談に乗って下さった市役所の担当者の方々、助成金関係で何かとお世話になった県の担当者の方々、それから様々な形でご支援下さった自治会員の皆様に心より感謝申し上げる。






Last updated  2019.10.21 21:02:48
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.