2099701 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

2020.05.26
XML
カテゴリ:事件
今朝から庭に咲きはじめた松葉牡丹
女子プロのスター木村花さん(22歳)がSNSの誹謗中傷を苦にして自殺したとみられている。きっかけはフジテレビの「テラスハウス」と言う番組で共演者の男性が木村さん愛用のコスチュームを誤って破損したことに対しての木村さんの怒りの行動が尋常でなく批判が殺到したのだと思われる。私は昨年だったか女子プロ界の大スター アジャコングさんとブル中野さんが出演した番組を観た。二人ともリングでは悪役になったりして大暴れして大活躍しているが実際はすごくナイーブで純情なのに心を打たれた。そして子供時代には二人とも凄く虐められたとのことである。強くなって見返してやるという気持ちがプロレスの厳しい練習を支えたのかもしれない。プロボクシングの内藤大助さんも子供時代は凄く虐められていたが練習によって世界一強くなり、いじめっ子達は足元にも及ばない強い選手になった。木村花さんは子供時代虐められたかどうかは知らないが、今度のケースではSNSの不特定多数の人達に虐められてそれに耐え切れなくて自殺した可能性がある。コロナで練習できない鬱屈がそれを加勢したかもしれない。人生の様々なことを経験してきたアジャコングさんやブル中野さんに相談して欲しかった。建設的な意見なら兎も角中傷は若い心を傷つけるので止めてもらいたいが、虐められたり中傷されたりした時の心の持ち方も学んでもらいたいと思った。虐められたり中傷されている時の苦痛は外からの想像を絶するもので生易しいものではないと思うが、同じような虐めや中傷に会っている少年、少女は沢山いる。内藤大助さんやアジャコング、ブル中野さん達を始め虐めをバネにして大成した人達は大勢いる。彼らを見習って歯を食いしばって耐えて大きな花を咲かせてもらいたいと思う。
若くて美しい前途ある女性が命を絶ったことは悲しい。心からご冥福をお祈りするが、同じような境遇にある人達には耐えて耐えて夢中で練習に励んで苦境を切り抜けてもらいたいと願う。






Last updated  2020.05.26 21:55:56
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.