2147638 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

2020.06.27
XML
カテゴリ:
かろうじて生き残ったハクチョウソウ(白蝶草)
ある人の妻は人間にはとても優しい人だ。見知らぬ老人や子供にも優しく声をかけるし、気使いが半端ではない。気を使い過ぎだと夫がいつも言っているが性分で治すことは出来ない。所が草花には残酷だ。そういう言い方をしていいのか分からないが少なくとも夫にはそう映る。
今朝も紫陽花が最初白く咲いていて最近は紫色に変わってきて綺麗だなと思っていたら皆切ってくれという。「まだ綺麗に咲いているではないか」と言ったら「もう終わりなの、だんだん汚くなっている、来年に栄養を残すために切っていいの」と言い張る。泣く泣く切ったが、その隣の水仙の株も抜いてくれという。増えすぎたので一部残して抜いたが可哀そうだし、勿体ないと思った。
上に載せたハクチョウソウはかっては庭一面に咲いていた花である。「増えすぎて困るから抜いてくれ」と頼まれたが「まだ綺麗に咲いている花をこいでしまうなんて」と断っていたら、自分で全部抜いてしまった。もう生えてこないと思ったら今年一本だけ咲いていた。
花を切ったり抜いたりするのを残酷と言っていいのか知らないが人に対しては優しく思いやりがあり、あんなに気遣いするのに花に対しては残酷だなといつも思う。人には様々な性格が混在しているのだなと思った。






Last updated  2020.06.27 11:39:28
コメント(6) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:優しい心と残酷な心と(06/27)   kkkdc796 さん
今朝も紫陽花が最初白く咲いていて最近は紫色に変わってきて綺麗だなと思っていたら皆切ってくれという。「まだ綺麗に咲いているではないか」と言ったら「もう終わりなの、だんだん汚くなっている、来年に栄養を残すために切っていいの」と言い張る。泣く泣く切ったが、その隣の水仙の株も抜いてくれという。増えすぎたので一部残して抜いたが可哀そうだし、勿体ないと思った。
◎これはごく当たり前の処理の仕方ですよ。此の方の考えは正しいです。何事も峠を超えると早め早めにこの女性が言うように処理して次に備えるは鉄則です。チュウリップで有名なオランダでは花が真っ盛りの時に花をつみ取ります。知らない人から見ると何でと思うでしょうが次に備えての対応なんです。
自宅の花も、野菜も同じで早め早めに次の体制づくりは栽培の鉄則なんです。
この女性は良く花の心をわきまえて心豊かな方ですよ。無知とは間違った解釈をする。怖いもんですね。
かろうじて生き残ったハクチョウソウ(白蝶草)よかったのは悪かったのかの判断はここでは差し控えておきます。ブログで綺麗に紹介されたんですから出番があり良かったんでしょうね。
我が家の畑も収穫をして残った野菜がありますが次の準備が有るので潔く処分して土づくりという次の大きな仕事が待っていますからね。次の主人公にバトンタッチをするために潔く対応するが鉄則です。此のメリハリが効く人はいい仕事、花にやさしい心遣いが出来て素敵な花を何時も咲かせます。野菜作りも同じです。
私たちの仕事もこの原理は同じです。メリハリが効かない仕事は2流の仕事です。洗礼された人の仕事、選択はいつも切れ味が鮮やかですかっとしています。
花づくりは土づくりで100パーセント決まる。肥料をやる。花を咲かせる。早めに次の花の準備に入る。花を楽しむ心得に満ち溢れた振舞に拍手です。 (2020.06.27 12:50:09)

 花の処理の仕方は女性の考え方の方が正しいのでは   楽天星no1 さん
kkkdc796さんへ

[これはごく当たり前の処理の仕方ですよ。此の方の考えは正しいです。何事も峠を超えると早め早めにこの女性が言うように処理して次に備えるが鉄則です」

その人の夫は「まだ花が咲いているのに無慈悲な」などと言っていますが野菜や園芸に造詣が深いkkkdc796さんが上記のように解説してくれましたので夫の考えの方が間違っているのでしょうね。

しかし心情は正しいか正しくないだけでは解決できない面もありますので上記のようなことを知識として持ちながら今後のトラブルに対応していきたいと思います。ありがとうございました。 (2020.06.27 13:16:15)

 Re:優しい心と残酷な心と(06/27)   moto,jc さん
こんばんは
野菜なんかは大きく育てるために周りに生えている野菜を切ったり抜いたりする というのは依然聞いたことがあります 盆栽なんかもきれいな形にするために切り取るみたいですね (2020.06.27 14:02:44)

 野菜や花作りと医学は違う   楽天星no1 さん
moto,jcさんへ

[野菜なんかは大きく育てるために周りに生えている野菜を切ったり抜いたりするというのは依然聞いたことがあります]

コメントありがとうございました。医学では枯れ木になった人も、腰が曲がって地につきそうになった人でも、手や足が不自由だったり、皮膚が皺だらけだったり皮膚病で覆われていても同じように大切に扱います。野菜や花のように古くなったり他の花や実の成長を妨げるものは取り除くということはしません。
医学と花作りは違いますが夫婦喧嘩はしないようにして知恵を働かして付き合っていきたいと思います。 (2020.06.27 15:41:10)

 Re:花の処理の仕方は女性の考え方の方が正しいのでは(06/27)   kkkdc796 さん
楽天星no1さんへ
しかし心情は正しいか正しくないだけでは解決できない面もありますので上記のようなことを知識として持ちながら今後のトラブルに対応していきたいと思います。ありがとうございました。 (
◎畑は土づくりで決まりです。花は1年草と宿根草を分別して早め早めに対応が基本です。土は活性化させるために花がおわttら石灰でチュウワさせます。その後土を起こして活性化させながら肥料を入れて床をつくる。宿根草の花が咲き終わった根元にご苦労さんお追肥をして来年咲いて頂く準備をします。
土の活性化の準備で追肥、土お越し等は大切な仕事です。
早め早めの準備をする。花の命は7日と短い物から30日から60日等で色々ですが後半の終わりごろには早め早めに処理するぐらいの心構えが無いと花は楽しめません。サッと次の主人公に席を譲る準備ができる人がベストの花づくりの基本です。
花は手が込んだ土づくりを石灰、肥料、土お越しをして空気を入れてくれる御蔭で綺麗な花が咲くのです。土づくりで決まりなんです。
私は畑でいろいろな野菜作りをしていますが土づくりで決まりなんです。早め早めの土に肥料、石灰を入れて畑を活性化させる。苗はその出来た土の御蔭で成長するんです。土づくりは畑を楽しむ基本です。
我が家は今無花果が収穫期に入り舞さっ食卓を楽しませていますが収穫が終わった時にお礼の肥料をやり11月ごろに枝切りを思い切りよくスパッと切ります。此の潔さが来年美味しい実をならせる秘訣です。
何事も奥が深いです。素人の考えでは綺麗な花、畑の野菜、果樹は育ちませんね。 (2020.06.27 20:31:43)

 野菜や花は土作りが基本   楽天星no1 さん
kkkdc796さんへ

「私は畑でいろいろな野菜作りをしていますが土づくりで決まりなんです。早め早めの土に肥料、石灰を入れて畑を活性化させる。苗はその出来た土の御蔭で成長するんです。土づくりは畑を楽しむ基本です」

なるほど植物は地から栄養を頂き、太陽から光を頂いて光合成して発育成長しますので地中の栄養分が基本なのですね。これは人体の健康にも通ずることですね。動物は食べるものによって体を維持しているので食物が体つくりの基本と考えてよいですね。
(2020.06.27 21:37:40)


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.