2390878 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

2020.08.17
XML
カテゴリ:映画・DVD
ヒュー・ハドソン監督 キム・ベイシンガー主演の「永遠のアフリカ」を観た。キム・ベイシンガー扮するクーキーは離婚して7歳のエマニエルと実家の母と暮らしていた。ある時仲間たちと飲みに行き2次会に行こうと車に乗っていた時大型トラックと正面衝突しクーキーは足を骨折するも命は助かった。運転していたパウロが責任を感じて何度も見舞いに来てくれる間にお互い愛し合うようになる。クーキーの父親はアフリカで働いたことがあり、パウロの兄もアフリカで事業をしていて亡くなった。クーキーは生き残れたのでこれからの新しい人生について考えていた。パウロは志半ばで倒れた兄の意志をついでアフリカに行きたいと思っていた。クーキーはパウロの気持ちを知って自分も息子エマニエルと一緒にアフリカに行くことにする。実家の母親は猛反対したが3人はケニアに向かって旅立った。パウロはアフリカで井戸を掘る仕事を始めた。アフリカの広大な自然、像やライオン、蛇、水牛など様々な動物を身近に見ながら生活することになった。パウロを愛していたとはいえ、イタリアで何不自由なく裕福な生活をしていたクーキーがよくアフリカに行く決心をしたものだと思った。イタリアの生活とは全く違い現地の黒人と共に粗末な生活を送ることになったが彼女は耐えた。しかしパウロは女の子が生まれた直後に交通事故で亡くなってしまう。実家の母親はイタリアに帰って来なさいと言うが彼女と息子エマニエルそれに生まれたばかりの女の子はアフリカに残った。何が彼女をしてそれほどまでにアフリカに固執させたのかの深層心理は分からない。やがてエマニエルは成人し17歳になった。イギリスの大学に合格したが「お母さんをアフリカに残してイギリスにはいかない」と言い張るが母親の強い勧めで大学に行くことになった。その送別会で恋人の存在も分かった。しかしエマニエルは子供の時から蛇が好きで沢山の蛇を飼っていた。その夜は恋人の事、家を離れることなど喜びと悲しみの複雑な気持ちの中で蛇の扱いに油断があった。毒蛇に噛まれて必死の救命処置も功なく死んでしまった。クーキーの悲しみいかばかりか想像できない。幼い女の子と二人だけになってしまいこの時も母親から帰ってくるように言われたがやはり彼女はアフリカに残った。外からみるとなぜ彼女はそんな危険だらけの粗末な生活のアフリカにこだわったのか分からない。馬鹿ではないかと思われたかもしれない。しかしそれは彼女の心の中に入らなければ分からない。きっとアフリカの大地を心から愛していたのではないかと思った。






Last updated  2020.08.17 23:24:10
コメント(6) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:「永遠のアフリカ」を観た(08/17)   kkkdc796 さん
ヒュー・ハドソン監督 キム・ベイシンガー主演の「永遠のアフリカ」を観た。しかしエマニエルは子供の時から蛇が好きで沢山の蛇を飼っていた。その夜は恋人の事、家を離れることなど喜びと悲しみの複雑な気持ちの中で蛇の扱いに油断があった。毒蛇に噛まれて必死の救命処置も功なく死んでしまった。クーキーの悲しみいかばかりか想像できない。幼い女の子と二人だけになってしまいこの時も母親から帰ってくるように言われたがやはり彼女はアフリカに残った。
◎こうしたテレビを見られるんですね。映画を見るのは趣味ですか。
感想を見てすぐに書き上げる。
私はテレビは余り興味がなくなったですね。こうしたものにもあまり興味がわかないです。
年と共に趣向が変わっていくんですね。テレビよりか音楽の方が心が躍りますね。 (2020.08.18 08:54:37)

 現実は厳しいことを知りました。   楽天星no1 さん
kkkdc796さんへ

[こうしたテレビを見られるんですね。映画を見るのは趣味ですか]

テレビでなく、DVDをアマゾンで買ってみます。新しく勤めたと言っても3時に帰ってそれほど厳しい業務ではないと思ってDVDを観たりしていましたが、現実は厳しいことを知りました。前よりは楽ですと書きましたが最初10人位だった受け持ちが毎週入院があり、今週は新たに3人の入院がありこの分だと30人以上の受け持ちになりそうです。急変したり、重症化する人もおり、これは大変だと思いました。暢気にDVDなど観ていられないと思いました。
(2020.08.18 11:36:06)

 Re:現実は厳しいことを知りました。(08/17)   kkkdc796 さん
楽天星no1さんへ
18日午前中は滝の水に撃たれに行きました。冷たくて気持ちがとっても良かったです。
午後からBS3チャンネルで遥かなる大地。アイルランド人の人が新天地を求めてアメリカのオクラホマの開拓地に夢を求めて移民した物語です。
アイルランドで虐げられた下人のような生活から抜け出す為に新天地の未開発土の夢を求める話です。中々脚本がしっかりしていて味のある映画でした。映画は脚本、演技する俳優たちの心意気が伝わってくるもので無いと人の心は打ちませんね。
余韻が残る映画でした。 (2020.08.19 09:15:07)

 遥かなる大地ですね   楽天星no1 さん
kkkdc796さんへ

遥かなる大地そんなに良かったですか。DVDを買って観ようと思います。

滝の水に打たれたですか。凄いですね。テレビで15歳のタレントの卵が他の人は数分耐えられたのに自分は20秒しか耐えられず泣いていましたが一分以上滝の中で耐えられる人は少ないみたいですね。いい体験をしましたね。 (2020.08.19 20:38:30)

 Re戦場のピアニスト映画を見て   kkkdc796 さん
昨日19日BS3で「戦場のピアニスト」が放送されました。2時間20分の実話の映画です。
ナチスのホロコーストを生き抜いた実在のユダヤ系ピアニストの半生を描く、2002年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作。『チャイナタウン』『テス』などで名高い巨匠ロマン・ポランスキー監督が、ポーランドの国民的ピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの回想録を映画化。
今日の私のブログで内容のポイントのみ掲載しました。
貴方もピアノを学んでいる人なのでピアニストの物語は興味があると思います。最初はラジオ局でのピアノの演奏で始まり戦争が勃発、最後は名曲を那智の若い将軍の要望で演奏して物語を盛り上げるハラハラドキドキの凄いストーリーです。
私はこうした映画はビデオを撮り昼間は所用を済ませて夕食後に妻と2人で見ます。研ぎ澄まされる映画です。第二次大戦のポーランドの様子が映画化されています。戦争の酷さ、悲惨さは人を人とも思わない振る舞いは理屈などどこにも入り込む余地はありません。生と死はは常に背中早合わせで生き抜くための戦いが映画化されています。ピアノ演奏の最後は凄いシーンです。ピアノの持つ魅力が詰まった名作です。感動しましたのでお知らせします。 (2020.08.20 11:20:46)

 Re:Re戦場のピアニスト映画を見て(08/17)   楽天星no1 さん
kkkdc796さんへ

良い映画の推薦ありがとうございました。私はこの映画は映画館で観ましたがまた観たくなりました。観たいと思う映画はDVDを買うのですが、結構値段が高いですのでビデオに録る方法、参考になりました。ビデオ摂って観るのは面倒くさいと思っていましたがお金のことを考えたらビデオの方が良いですね。それを習慣つけたいと思いました。 (2020.08.20 12:41:35)


© Rakuten Group, Inc.