000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

2020.09.02
XML
カテゴリ:読書
朝ドラ「はね駒(こんま)」の再放送を衛星放送で朝7時半から観ている。りんの兄嘉助は東京や横浜で何をしているか分からない困った頼りない男だったが、満州事変になり、戦争の様子を活動写真に撮るために結婚したばかりのみどりを内地に残して満州に渡った。みどりには子供も生まれ、嘉助の帰りを待っていた矢先嘉助が流れ弾に当たって死んだという通知が届く。みどりの心中いかばかりかと憂える。
今読んでいる「昭和風雲録」の著者満田巌さんも北支派遣3908部隊の千葉隊、河南省への行軍中発病して一か月後戦病死した。知らせを受けた未亡人満田道子さんは動転して深く悲しみ多くの短歌を詠んだ。
出征する時連隊を追いかけた時、
     駆けて行きし、背なに叫びし、吾が声を聴きしか夫よ今に問いたき
遺骨が帰ってきた時
     鬼女のごと夫のみ骨のひとひらを喰みて若かりき戦はるけく
いくら何でも骨を噛んだり喰べたりするのは尋常ではない。しかし朝日花壇の選者五島美代子さんは「女性は夫思いの一念が昂揚すると鬼にも蛇にもなるのである」と評している。
あまりのことに後を追おうとしたときの歌
      追わむとして乱るるとおき公報の記憶の中のカンナ咲きいる 
満田さんは心から夫巌さんを愛していたのだと思う。夫恋しさの歌は自らが死ぬまで一生歌い続けていた。もし元気でその後も一緒に暮らしたら喧嘩したり憎しみ合うこともあったかもしれないが、一瞬の間に遠い所に行ってしまったので懐かしさ愛おしさがそのまま彼女の中に残り一生続いたものと思われる。
愛には肉体的愛とプラトニックな愛があると言われるが満田さんの夫に対する気持ちはプラトニックなものを超えた鬼気迫るものを感ずるものもあった。
夫亡き後はそれまで住んでいた愛媛県西条市を離れ、夫の生家の兵庫県揖保郡揖保川町でそれまで一度もしたことがなかった畑仕事に精出して年老いるまで夫の両親を助けたとのことである。子供の成長は勿論楽しみで励みになったが生きても死んでも夫一筋に生きた一人の女性、昔はこのような愛もあったのかなと思った。
畑仕事に関する歌2つ
      若き日もい征きし夫も還らねど打つ山畑に野びる下萌ゆ
      畑仕事早くしまいて背なの児にバス見せに行く冬の影法師






Last updated  2020.09.03 08:37:03
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:短歌にみるある愛の形(09/02)   kkkdc796 さん
朝ドラ「はね駒(こんま)」の再放送を衛星放送で朝7時半から観ている。りんの兄嘉助は東京や横浜で何をしているか分からない困った頼りない男だったが、満州事変になり、戦争の様子を活動写真に撮るために結婚したばかりのみどりを内地に残して満州に渡った。みどりには子供も生まれ、嘉助の帰りを待っていた矢先嘉助が流れ弾に当たって死んだという通知が届く。
遺骨が帰ってきた時
     鬼女のごと夫のみ骨のひとひらを喰みて若かりき戦はるけく
いくら何でも骨を噛んだり喰べたりするのは尋常ではない。しかし朝日花壇の選者五島美代子さんは「女性は夫思いの一念が昂揚すると鬼にも蛇にもなるのである」と評している。
◎凄い短歌ですね。人の執念、生きざまはかくも凄い心をえぐるを31文字で詠う
朝ドラは朝の散歩を終えて畑仕事を少し済ませて太陽が揚がるころにシャワーを浴びてから楽しく見ています。脚本が素晴らしいので見応えがありますね。とわ言っても当て外れがありますね。何時も明日はこういう展開でドラマが進むだろうと脚本家の心理を読み取り予測するのも楽しいです。自分だったらこう進めるという推理も楽しみです。
はね駒を見て女性の社会進出は幾多の壁があり大変だっただろうと推測しながら短歌を1首詠う
はね駒女の道は険しくて憚る壁が何時も牙剥く (2020.09.03 11:28:00)

 短歌の先生について勉強しているのですか?   楽天星no1 さん
kkkdc796さんへ

「はね駒女の道は険しくて憚る壁が何時も牙剥く」

いつも即興で人の心に届く短歌を詠みますね。短歌の先生について勉強しているのですか?短歌の本などでいつも勉強しているのですか?感心しています。
(2020.09.03 12:12:44)


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.