2079925 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

2020.09.23
XML
カテゴリ:生き方
夏目漱石の小説「こころ」は著者自らが装丁した単行本だが、その見開きに3センチx4センチ位の四角の橙色の印鑑のようなものが押してあり文字はars longa vita brevis と書いてあった。調べてみたら古代ギリシャの医聖ヒポクラテスの言葉をラテン語に翻訳したもので、意味はarsは技術でlongaは長い、vitaは生命でbrevisは短いで「技術は長く生命は短い」のことで、「医療技術はどこまでいってもこれでよいというところはなく、ずっと勉強しなければならないが、人の命は短い」という意味ではないかと思う。しかし近年はarsを芸術と訳し、vita brevis を先に読んで「人生は短いが芸術は長し」の意味でつかわれることも多いとのことである。漱石はおそらく、「自分は後いくばくかで死んでしまうがこの小説はずっと長生きしてほしい」という気持ちで見開きにこの言葉をハンコのように印刷したのではないかと思う。
いずれにしても技術や芸術は一朝一夕で身につくものではない。その間に短くはかない命は尽きてしまう。どうしたらいいのであろうか?私にも努力してきた技術はあるが、命は短く後いくばくかで尽きてしまう。どんなに頑張っても生きている間に完成させることは出来ない。ならば生きている間に漱石のように心をこめた芸術作品をつくり本人は死んでも作品は後世に永遠に残るようにすることがars longa vita brevis ということかも知れない。人生は短く技術や芸術は長い。どんなに頑張ろうとしても人生は限られている。ars longa vita brevis を地で行くためには将来の事はともかく目の前の一日一日を充実させていくことが基本ではないかと思った。






Last updated  2020.09.23 21:26:05
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:人生は短く技術や芸術は長いーars longa vita brevis(09/23)   kkkdc796 さん
夏目漱石の小説「こころ」は著者自らが装丁した単行本だが、その見開きに3センチx4センチ位の四角の橙色の印鑑のようなものが押してあり文字はars longa vita brevis と書いてあった
vita brevis を先に読んで「人生は短いが芸術は長し」の意味でつかわれることも多いとのことである。
◎奥の深い含蓄の成る言葉ですね。流石偉人の漱石は懐の深い方ですね。
私も回顧してみるとあっと言う間のこれまでの人生の日々ですね。これと言って何をしたのだろうかと自問自答します。それよりか残された今後をどう過ごすか。生きるかが最大の課題です。仏法では現当2世を説いています。この意味を噛みしめて楽しく自問して過ごします。
私はもう仕事をしなくていいわけですからうんと遊楽すること、奉仕の心を燃やす事、人を褒める心を磨いていくことだけですね。生きる方向を決めたら私のような平凡な凡人の人生はそれで十分でないかなと思います。
漱石のような立派な人はこうした考えで作品が残りますから印鑑に思いが込められているんですね。
夏目漱石偉人の心を短歌で失礼を省みず1首詠ってみました。
漱石は思い込めた印鑑は作品生きろと後世までも (2020.09.24 08:16:05)

 Re:人生は短く技術や芸術は長いーars longa vita brevis(09/23)   moto,jc さん
こんにちは
そうですね 一日一日を充実させて生きていくのが基本かもしれません (2020.09.24 08:20:34)

 命短く芸術は長いが、現当二世を考えれば焦ることはない   楽天星no1 さん
kkkdc796さんへ

[残された今後をどう過ごすか。生きるかが最大の課題です。仏法では現当2世を説いています]

命は短く芸術は長いですが、現当二世を考えれば焦ることはないですね。 (2020.09.25 08:40:59)

 Ars longa vita brevis   楽天星no1 さん
moto,jcさんへ

技術や芸術はこれでよいというところはなく奥が深い。人生も奥が深いが技術や芸術に比べればあまりに期間が短い。どうしたらよいのか?どうすることも出来ない。それは一日一日を大切に生きるしかないですね。
(2020.09.25 08:46:11)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.