2102001 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

2020.10.21
XML
カテゴリ:健康
本年1月に開業した整形外科医院の繁盛ぶりが凄い。今はコロナで殆どの病院、医院は患者さん激減で赤字が膨らんでおり倒産の危機にある所もある。しかしこの医院だけは患者さんが溢れている。私の妻は左肩の痛みと右手親指の痛みで別の整形外科病院に通っていたが良くならないので、友人に紹介されてそこを受診した。妻は車の運転ができないので私が運転手としてついていくのだが医師は一人しかいないのに広い駐車場は満杯で待合室も溢れていた。受診2回目の時午後4時予約なので4時頃到着して待たされると聞いていたので覚悟はしていたが呼ばれたのは6時半過ぎだった。午後は3時から診察が始まり午後1時からスマホで予約が開始され4時予約となっていたが予約番号は45番とのことでそんなに遅くなってしまったのだ。午後1時前には予約を受付ないので手ぐすね引いていて次からは1時になったら即申し込もうと話し合っていたがもしかしたら午前中ならそんなに待たなくていいかもしれないと思い、本日は午前中受診することにした。診察は8時40分からで受付は7時半から。1秒でも前だとエラーが出て受け付けてもらえない。しかし7時半になってからだと申し込みが殺到して何番になるか分からない。家内は数分前から待機して7時半の時報に合わせて申し込んだら受付完了し受診番号25番だった。皆が7時半になったら一斉に申し込むのだが何百分の一秒の違いで順位ができるのだと思った。前回は2時間半待ったが、今日は1時間待ちで診てもらえた。予約は当日しかできずしかも午前は7時半から、午後は1時からでないと予約できないシステムで、予約してあっても2ー3時間待たされるこの方法は改善の余地があると思うが、受診希望者が圧倒的に多いのでどの方法をとっても何時間も待たされるのは仕方がないのかもしれない。何がそんなに患者さんを引き付けているのだろうか?腰痛、膝痛、肩痛など整形外科疾患で悩んでいる人が多いことが前提だと思う。それが中々良くならないがその医院に行ったら治ったということで評判が評判を呼び繁盛につながったのだと思う。治療法が違うのだろうか?基本的には殆ど前の先生の治療法と違っていない。親切で患者さんの立場で考えてくれるので微妙なところで治療効果に差が出るのかもしれない。私の妻も以前の病院の時より良くなったと言っており友人に紹介したとのことである。これでまた一人増え混雑が倍加することになり待ち時間が長くなる。でも治ることが第一なので文句を言う人は少ない。前回私達が2時間半待たされた時にはある中年の男性が「予約時間に来たのに2時間以上待たされるのはどういうことだ」と大声で看護師さんに文句言っていたが文句を言うのはその人位だった。






Last updated  2020.10.21 22:44:07
コメント(8) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.