2389458 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

2020.12.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今は病気と言えばコロナでコロナ以外は病気ではないという雰囲気だ。毎日コロナの感染者数増加が報告されているが例年なら風邪引きやインフルエンザの患者さんが一杯いるのに今年はそのような患者さんはめったに見かけない。コロナ予防のためマスクしたり手洗いしているからそれらの病気にかかる人が殆どいなくなったのではないかと言われているが実際の理由は良く分かっていない。
コロナ一色の世の中だが稀ではあるが実際にはその他の病気もあるのである。日経メディカルと言う雑誌を見ていたら20歳台男性で胸のレントゲンでソフトボール位大きい腫瘍が見つかった症例が提示されていた。腫瘍は大きいが若い人だし良性の胸腺腫ではないかと思ったが、実際は悪性の胚細胞腫というがんだった。悪性胚細胞腫にもいくつかの腫瘍種類があるが、組織検査で卵黄嚢腫瘍と診断して抗がん剤治療を行い4か月後に腫瘍が小さくなったところで開胸手術して腫瘍を摘出し術後2年以上経っているが再発の気配はないとのことである。いきなり手術では大きすぎることと周囲との癒着などの問題があり、切除しきれない懸念があり、腫瘍を小さくしてから手術したとのことで色々工夫しているのだなと思った。
放っておいたら腫瘍はどんどん大きくなって命を失うことになったと思うが、見事な治療で若者の命を救ったことはアッパレだと思った。今はコロナに医者たちが完全に打ち負かされており医者は何をしているのか?と思われている面があるが、このような症例ではそれなりの事をしているのだということを示して医者に対する評価を少しは変えてもらえたらと思った。玄関の煉瓦とブロックの塀の直角の接合部に生えてきたベコニアが花を咲かせて今も咲いています。






Last updated  2020.12.15 19:03:38
コメント(8) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:コロナには負けているが他の病気ではそれなりのことをしている医者(12/15)   ケイサン9574 さん
 医学の分野は多種多様で、それぞれの専門が有るといえ、細分化されていて大変だと思います。
 我々庶民にとっては、近所の家庭医こそが身近な存在です。
コロナ禍の今は、うろたえる庶民に、それへの適切な対応、指差こそを望みますね。

(2020.12.15 19:50:28)

 Re:コロナには負けているが他の病気ではそれなりのことをしている医者(12/15)   kkkdc796 さん
今は病気と言えばコロナでコロナ以外は病気ではないという雰囲気だ。毎日コロナの感染者数増加が報告されているが例年なら風邪引きやインフルエンザの患者さんが一杯いるのに今年はそのような患者さんはめったに見かけない。コロナ予防のためマスクしたり手洗いしているからそれらの病気にかかる人が殆どいなくなったのではないかと言われているが実際の理由は良く分かっていない
◎玄関の煉瓦とブロックの塀の直角の接合部に生えてきたベコニアが花を咲かせて今も咲いています。 白いベコニアですね。奥さんは色々花を大切に育ててお世話しているんですね。ブロックの堀の御蔭で太陽の熱を貰っているんですね。恵まれた自然環境が最ウィしていますね。奥さん御心配りに座布団1枚。
マスク、手洗い、うがい、3密を避ける等皆さん神経をとがらせてコロナ対策の事故坊絵をしています。其の防衛型の病気の現象につながっているのは間違いないです。そのうえでいろいろな病気になるのはその人の体調等複雑な作用が有るのだと推察します。
私たち夫婦もこうした事には神経をとがらせて自己防衛しています。自覚高揚しか悪魔をシャットアウトできませんからね。 (2020.12.15 20:25:07)

 適切な対応、指図こそを望みますね]   楽天星no1 さん
ケイサン9574さんへ

[コロナ禍の今は、うろたえる庶民に、それへの適切な対応、指図こそを望みますね]

医者も一緒になってうろたえていたというのが現状ですね。日本だけでなく世界中の医者がうろたえて適切な指示や対策が打ち出せなかったのが現在の惨状だと思います。
コロナウイルスは既に4つが風邪ウイルスとして知られており、最近猛威をふるったSARS,MERS コロナウイルスも新型ではありましたがほぼ鎮圧しており、今度の新型もそれ程大したものではなかろうと思われていました。しかし実際は非常に厄介なウイルスで現在までその脅威が続いています。
これに対応できないなんて今まで医者は何を勉強してきたのだと言われそうですが、予想に反した強力なウイルスで世界中の英知が結集して知恵を絞らなければ太刀打ちできない相手だと思います。それにしても世界の医学者達が右往左往してしまいなんら適切な指示を出せなかったことは私も医者の端くれとして心よりお詫び申し上げます。 (2020.12.15 21:02:54)

 風邪やインフルエンザが激減している理由   楽天星no1 さん
kkkdc796さんへ

「マスク、手洗い、うがい、3密を避ける等皆さん神経をとがらせてコロナ対策の自己防衛をしています。それが風邪やインフルエンザの減少につながっているのは間違いないと思います」

それも大きな理由かもしれませんが、コロナウイルスそのものに自分達が繁殖するために他のコロナウイルス(風邪ウイルスなど)の感染を邪魔しているのではないかという考えもあります。
「コロナ対策で予防しているから風邪やインフルにかからない」についてはインフルエンザ流行期には皆さんマスクして予防しても多くの人がインフルエンザにかかってしまいました。そのような事から新型コロナウイルスそのものが直接的にインフルエンザや風邪ウイルスが人間の体内に入ろうとする時、何らかの邪魔をするのではないかと考えています。 (2020.12.15 21:27:32)

 Re:コロナには負けているが他の病気ではそれなりのことをしている医者(12/15)   moto,jc さん
こんばんは
普通ですと今頃の時期はインフルエンザの患者数などのニュースが毎日ありますが今年はコロナのことばかりでインフルエンザのニュースは聞かないですね コロナももちろん大変ですが他の病気の治療にあたっているお医者さんも大変だと思います (2020.12.15 22:27:55)

 おはようございます! (#^.^#)   だいちゃん0204 さん
 おぉ~お! こんな場所でベコニアが元気に咲いているのですね。
こうした花を見かけると凄いなぁ~! と思います! (#^.^#)
コロナもあって医療関係者は大変でしょうが、頑張って居られるお姿をお聞きして頭が下がります! ありがとう! (#^.^#)
(2020.12.16 08:59:03)

 PCR検査について   楽天星no1 さん
moto,jcさんへ

PCR検査は本来核酸DNAを増幅して検査する方法ですがコロナウイルスのRNAでもDNAに逆転写してDNAとして増幅することが出来ます。しかし非常に精密、複雑な検査なのでほんのわずかな調整ミスでも結果判定が異なってきます。風邪もインフルエンザもコロナウイルスでRNAウイルスなのでそれらをDNAに変換して検査機にかける過程で新型コロナ陽性と出る可能性があります。精度が問題で精度の悪いPCR検査では風邪やインフルも新型コロナと診断している可能性があり、それが風邪やインフル診断が少なくなっている原因の一つと考えています。 (2020.12.16 21:53:58)

 Re:おはようございます! (#^.^#)(12/15)   楽天星no1 さん
だいちゃん0204さんへ

ベコニアだけでなく様々な雑草も大変な逆境の中でもたくましく生きていますね。しかし病気に罹ると枯れてしまいます。植物の病気は消毒液で治すことが出来ますが、人間には消毒薬は無理です。人体には無害で特定のウイルスのみ殺してくれる薬が発明されるといいですがね。
(2020.12.16 22:02:54)


© Rakuten Group, Inc.