2208562 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

2021.02.15
XML
カテゴリ:テレビ番組
今夜テレビで広末涼子のファミリー・ヒストリーを観た。彼女は金物屋さんの娘だがその父方、母方のルーツを国会図書館などで調べて曾祖父母から広末涼子までの流れを示していた。かなり広範囲の家系図で父方母方が入り乱れて複雑だった。曾祖父母が離婚して曾祖母は塩尻のお寺に祖父を預けた。お寺を継ぐかと思ったが仏教は分からないからと農学校に進み工場に勤め旭川、横浜と転勤し最後は高知に移って金物屋を始めた。その金物屋は戦争で焼け野原になったが復興して再建した。途中で父の代で火事になり今はスーパーマーケットなどが入っているビルになっているとのことだった。人のルーツを訪ねて行くのは大変なことだが、掘り起こしていくと広末涼子と言う人が生まれるまでには大勢の人達が関わっており、それぞれの人に様々なドラマがあり、色々な人にお世話になって今の彼女がいるのだなと思った。それを知ってか知なくてか彼女は高知のお祭りには郷土に帰って積極的に踊りなどに参加して高知家の子供としてのふるまいをしている。郷里の人達との触れ合いは和やかで美しいものだと思った。番組中ビデオなどを見ながら彼女は涙していたが不思議な縁を感じ感謝の気持ちに揺り動かされたのだと思う。
広末涼子は有名人だが、有名ではない無名の人でも同じことでそのルーツを調べると様々な人とのつながりが明らかになっていき神妙な気持ちになるものだと思った。私達は決して一人でこの世に存在したのではない。様々な人がとんでもない苦労をしながら生き抜いてきた中で生まれ、育てられてきた存在である。そのルーツに感謝し、報いていく人生でありたいと思った。






Last updated  2021.02.15 22:58:11
コメント(6) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.