2468668 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

2021.02.25
XML
カテゴリ:生き方
今朝玄関先に咲いていたツバキ

本日85歳の大腿骨頸部骨折手術後のリハビリが終了した女性が退院した。認知症があり、何度も転んでおり今度も転倒して大腿骨頸部骨折して手術を受けた。手術後誤嚥性肺炎になったり腎盂炎になったりして食事が食べられない状況になったが少し改善したということで当リハビリテーション病院に転院してきた。
当院入院時は口唇及び口腔内は腫れて出血しており、声も出なくて食事は食べられる状態ではなく、夜は騒いでいて眠らず昼はぐったりしてねむっており、骨折後のリハビリとのことだったが、それ以前の段階で回復は望めそうもない状態だった。
口腔内の腫れと出血については歯科医に毎日洗浄してもらいながら抗生物質を投与した。昼夜逆転については睡眠剤を色々変えながら調整してみた。回復は望めないのではないかと思っていたがしばらくして口腔内の炎症が治まり、食事が食べられるようになり、夜眠れるようになって本日退院の日を迎えてニコニコしながら退院していった。自分と他人についての認識は不確かだが医療スタッフや家族は分かるようだった。入院時の大変な状況から改善したのは我々の力よりその人の生命力が強かったからではないかと思っている。
本日入院した95歳の女性は転倒の記憶はないとのことだが12番目の胸椎の圧迫骨折で歩行障害と痛みで入院してきた。難聴はあるが認知力は保たれており、骨折のリハビリ専門で行けるのではないかと思われた。
午後はK病院から紹介されて入院している81歳男性の家族と面談した。K病院では難治性誤嚥性肺炎で治療してきたが食事も食べないし、薬も飲まない状態で胃ろう治療しようとしたら断られ点滴だけで最後まで看取って欲しいという内容で紹介されてきた。面談では「偽膜性腸炎があり、それは点滴では抗生物質が腸管に達することが出来ないので鼻管を入れてそこから注入したい。鼻管を入れればそこから栄誉も補給できるので今の点滴法より栄養を補うことが出来る」と提案したが家族はそれを断った。本人が元気な時に延命治療は受けたくないと言っていたからとのことだった。
別の家族は意識はほとんどなく自分も他人も家族も全然分からない状態でも胃ろうを造るか鼻管を入れるかして少しでも命を伸ばしてもらいたいと望む。今日の家族はその反対だったがご本人がそのように望んでいたのなら鼻管は入れないで点滴だけで最後まで面倒見ることにしましょうということになった。
以上3人の病態について概説したが最初の人は自分が病気かどうかも分からない認識力だったが自分の生命力と看護師やリハビリスタッフのお陰で元気になり喜んでいた。2番目の人は95歳と高齢だが認知力はしっかりしており骨折が治れば元気に退院できるのではないかと思われた。3番目の人は食事が食べられなくなったら何もしないでそのままにしてくれと家族に言っていたようだが点滴もしないという訳にも行かないので点滴しながら見守っている。
終末期の対応は3人3様で一概に年齢が上だから何もしないで若ければ色々延命治療するという状態ではない。個々の症例に応じて対応していくが最後の症例81歳男性の方は今時では高齢でどうしようもないという年齢ではないが、延命治療拒否を決めており、前もって家族と話し合って最期の状態について決めておくのはよい事だと思っていたがケースバイケースで最後まで全力で治療を受ける選択もありだと思った。






Last updated  2021.02.25 21:20:59
コメント(5) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.