2384112 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

2021.10.30
XML
カテゴリ:感動したこと
庭の片隅で夏ごろからずっと咲き続けているチェリーセージ

今朝の新聞でのフロントランナー紹介は有機農業をしている井村辰二郎さん(57歳)だった。
石川県金沢市の郊外で約180ヘクタールを耕し有機栽培でコメ、麦、大豆などを生産している人である。33歳の時に会社員を辞めて家業の農家を継いだ。千年後もこの地を耕し続けられるような持続可能性と生物多様性に対応できる農業をしたいがそれには有機農業に切り替えるしかないと決意して挑戦してきた。我が家にも庭の片隅に小さな畑があるが消毒しなければ白菜など穴だらけになってしまう。化学肥料や殺虫剤、除草剤を使わない農業なんて想像できない。
今年5月に農水省は有機農業の面積を2050年までに全耕地面積の25%、100万ヘクタールに増やすと発表した。現在の有機の耕作面積は0.5%だから25%というのは途方もない夢のような数字である。
井村さんは「有機農業を20年も続けていると生体系が豊かになります。害虫も多いが益虫も多い。自然界に一人勝ちはありません。害虫が増えれば捕食する虫や鳥が増える。1~2割生態系に分けてやって減収しても長い目で見れば減収にならない」という考えに至っているとのことである。
しかし有機農業には害虫だけでなく赤カビ病や雑草などの問題もある。それらに対しても農薬や除草剤を使わない農業が如何に大変だったかが分かるがそれらにも井村さんは緻密、厳格に対応してきた。様々な困難と努力を積み重ねてきた結果として現在があるのだと思う。
今は有機野菜を使って豆腐、味噌、醤油などを自ら加工生産して消費者に届けているとのことである。ワインも作って販売するようになったが今の所ワインの原料のブドウは従来法での生産だがいずれ有機栽培のブドウを使うようになると思われる。
農水省が有機農業25%にするとの夢みたいな目標を設定したが、井村さんを見習い第2、第3の井村さんが出現してきたら夢ではなくなる。化学肥料、消毒薬、駆虫薬、除草剤などは形の良い綺麗な野菜を得るために人間の知恵で発明されたが、長い目で見ると人体に悪影響を及ぼすことは分かっている。その危険を避けると同時に自然界との調和を図ろうとしている井村さんは偉いと思った。






Last updated  2021.10.30 11:56:20
コメント(8) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:有機農業に挑戦している井村さんは当にフロントランナー(10/30)   かんぼう さん
今朝の新聞でのフロントランナー紹介は有機農業をしている井村辰二郎さん(57歳)だった。石川県金沢市の郊外で約180ヘクタールを耕し有機栽培でコメ、麦、大豆などを生産している人である。33歳の時に会社員を辞めて家業の農家を継いだ。千年後もこの地を耕し続けられるような持続可能性と生物多様性に対応できる農業をしたいがそれには有機農業に切り替えるしかないと決意して挑戦してきた。
井村さんは「有機農業を20年も続けていると生体系が豊かになります。害虫も多いが益虫も多い。自然界に一人勝ちはありません。害虫が増えれば捕食する虫や鳥が増える。1~2割生態系に分けてやって減収しても長い目で見れば減収にならない」という考えに至っているとのことである。
◎庭の片隅で夏ごろからずっと咲き続けているチェリーセージは綺麗に咲いていますね。
井村さんは33歳からの挑戦は立派ですね。この志こそ農業を救う道ですね。地球を救う道ですね。私は勇退後50坪畑を無農薬で自然の虫と共に耕しています。虫は仲間です。野菜が食べられても喜んで食べてもらっています。無農薬こそ日本農業が目出す苦の大きな方向です。2000年の日本国の歴史は農耕農民で国の大地を耕してきました。その民族の命を大切にする政治でないと日本は滅びます。世界の先進国は農業は命に綱だと大切にしています。日本は先進国に学んで国づくりをする事です。 (2021.10.30 12:39:01)

 日本の農業政策に期待する   楽天星no1 さん
かんぼうさんへ

「私は勇退後50坪畑を無農薬で自然の虫と共に耕しています。虫は仲間です。野菜が食べられても喜んで食べてもらっています」

いつもブログで化学肥料や殺虫剤、農薬を用いないで栽培していると知らされて感心していました。しかし小規模だから出来るのであって大規模では無理だろうと思っていました。ところが今日の新聞では、井村さんは見事にそれをやりぬいており、大規模でもやれば出来るのだなと思いました。
日本の将来についても書き込みして下さいましたが私も農業を大事にする政治を期待します。
現在の政治は自動車を中心にする工業製品の輸出で外貨を稼ぎ、その見返りに相手国の農産物を買う図式が出来上がっています。輸入農産物に押されて農業の生産性は衰退し、農業後継者は少なくなり休耕田が増え草ぼうぼうになっています。井村さんはそれらの土地を買い集め大型の農園会社を立ち上げました。今の時代に農業が生き残っていくには1反、2反の零細農家ではなく、大型化が必要のように思います。農地の売買が簡単に行える法律や農業が大型化された後の従業員の勤務形態に応じての報酬のあり方などについても指針を出してもらいたいと思います。 (2021.10.30 13:48:55)

 Re:有機農業に挑戦している井村さんは当にフロントランナー(10/30)   moto,jc さん
こんばんは
かなり手間のかかる仕事だと思います それでも始める人が出てくるといいのですが?  (2021.10.30 15:27:13)

 Re:日本の農業政策に期待する(10/30)   かんぼう さん
楽天星no1さんへ
化学肥料、消毒薬、駆虫薬、除草剤などは形の良い綺麗な野菜を得るために人間の知恵で発明されたが、長い目で見ると人体に悪影響を及ぼすことは分かっている。
◎貴方のお父さんの時代の農業はこうした方式です。日本は貴方がご指摘のように戦後、工業化に舵を切り国の宝の農業を切る捨てて減反政策に奨励金を出すという国を亡ぼす愚策政治。
令和になっても円安と核高のお金を掘り込み成長戦略を怠る罪深い政治。赤字は1216兆円と膨らむばかり。個クンお経量は上がらず課税が増えるばかり。溝の大金を捨てる愚かな自公政権の罪は計り知れない国賊モノです。貴方のお父さんは農業で生計をたてられて生涯を終えましたが嘆いていると思います。私も泣いています。 (2021.10.30 18:35:38)

 新聞記事を読んで井村さんに続く人がきっと現れると思います   楽天星no1 さん
moto,jcさんへ

除草剤や農薬を使えば無傷の綺麗な野菜が作れるのにあえてそれをしないで栽培すると手間暇は2倍、3倍いやもっとかかるかも知れません。
でも長期に渡っての健康に対する影響を考えたらやはり無農薬野菜の方がいいと考えたのだと思います。この新聞記事を読んできっと続く人が現れるのではないかと思います。 (2021.10.30 20:13:00)

 減反農家に奨励金を出すということは   楽天星no1 さん
かんぼうさんへ

「工業化に舵を切り国の宝の農業を切る捨てて減反農家に奨励金を出すという国を亡ぼす愚策政治」

減反農家に奨励金を出すという事は「農作物を作らないでください」という事でパン屋にパンを作るな、八百屋に野菜を売るな、教員に子供を教えるなと言うのと同じで農家にとっては死活問題だったと思います。しかしそれも慣れてしまえば「苦労しないでお金がもらえる。それならそっちの方がいいな」となってしまい怠惰で意欲のない農業従事者になってしまいました。私の母校農林高校では私達が卒業した農業科は無くなってしまいました。農業者が殆どいなくなったのでその後継者を育てる農業科はいらなくなり応募者も少なく廃止されてしまいました。政治の力は大きいと思いました。農業は大事の政治を行って頂けたなら農業科は今も健在で後継者も陸続と育っていたと思います。 (2021.10.30 20:33:02)

 Re:有機農業に挑戦している井村さんは当にフロントランナー(10/30)   ケイサン9574 さん
 農薬や化学肥料による野菜を多く食べてる現実です。
これらの物は、ジワジワと、我々の健康を害していて、病気の原因になってるのでしょうね。豊かな食生活とは、生態系と係わり、考えさせられます。 (2021.10.31 10:59:41)

 農薬農作物の影響   楽天星no1 さん
ケイサン9574さんへ

農薬農作物は健康によくないと言われてきましたが、最近日本人の寿命は著明に延びてきました。85歳とか87歳とか90歳近い人はざらにいます。
本当に農薬農作物が健康に悪いなら寿命が延びるでしょうか?
そのことをきちんと検証する必要があると思っています。
(2021.10.31 14:23:10)


© Rakuten Group, Inc.