2384761 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

2021.11.25
XML
テーマ:胃カメラ検査(4)
カテゴリ:行事
今プロ野球は日本一を決める日本シリーズが行われているが、オリックスとヤクルトは実力が極めて伯仲しており、昨日の第4戦までは手に汗握る緊迫した熱戦が繰り広げられてきた。
野球はチームで戦っているので監督の采配やチームの結束力などが勝敗の大きな要因になると思われるが、チームの構成員である選手一人一人は必ず勝つという自覺を持つことが大切だと思う。
熱戦をテレビで観ていて投手と打者の駆け引きに引き込まれている。20歳そこそこの青年達が強豪打者を凡打や三振に打ち取っている。打たれたらどうしようという恐怖感があると思うが今まで練習してきたことを信じて思い切り投げ込むことによって仕事をしていた。彼らは特別な才能ある人達で自分達とは次元が違うと思っていたが、ここ連日テレビを観ていたら野球とその他の趣味や仕事と形態が違うだけで本質は真剣勝負で同じではないかと思えてきた。
昨日は胃カメラら検査の日だった。検査施設は異なるが私は胃カメラ検査を7万件以上行ってきたが、最近の検査で野球の投手のような真剣さがあっただろうかと思った。
今の胃カメラは鼻から入れることが多く、喉での嘔気反射は少なくなっているがそれでも結構ゲボゲボする人はいる。喉を通過して無事食道や胃の中に入っても胃が瀑状胃でファイバーが進んでいかなかったり、蠕動で観察できなかったり、十二指腸への入り口の幽門輪が硬く閉まっていてファイバーが十二指腸に入って行かなかったリ、粘液が多すぎて吸引してもいい写真が撮れなかったり、苦痛が強すぎて患者さんが怒ってしまうなど様々な障害がある。何万例も検査しているのだからそれらの問題は簡単にクリアできるだろうと思われるかもしれないが何万例は殆ど関係ない。1例1例真剣に対応しないと良い検査やよい写真撮影は得られない。
昨日は12人の人に検査したが、一例一例それぞれ困難な問題があったが、日本シリーズのことを思い出した。投手の立場で打者を見るとそれぞれ特徴があり強いところと弱いところがある。そこを細かく観察したりテクニックを使ったりして打者と対決する。打者の立場では相手投手の癖を見抜いて失投を逃さずにはじき返してヒットにする。いずれも真剣勝負である。そのことを思ってこの胃カメラ検査も真剣勝負だと思って一例、一例に対応したら今迄で一番良い検査が出来たように思う。
プロ野球選手が日本シリーズ以外では真剣勝負をしていないわけでなく、私も普段真剣に仕事していない訳ではないが、日本シリーズでことさら真剣勝負が心に感じられたのでその真剣勝負を仕事に思い入れたらいい仕事が出来た。仕事にしろ趣味にしろ真剣勝負をすれば気持ちがいいし、結果もついてくると思った。
いつも真剣勝負では疲れてしまうだろうとのご意見もあるかもしれないが仕事以外では遊んでいることも多いし、真剣勝負そのものも結構楽しいのでストレスにはならないと思った。






Last updated  2021.11.25 15:22:23
コメント(6) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:日本シリースの真剣勝負を観て自分の真剣勝負を思った(11/25)   かんぼう さん
今プロ野球は日本一を決める日本シリーズが行われているが、オリックスとヤクルトは実力が極めて伯仲しており、昨日の第4戦までは手に汗握る緊迫した熱戦が繰り広げられてきた。野球はチームで戦っているので監督の采配やチームの結束力などが勝敗の大きな要因になると思われるが、チームの構成員である選手一人一人は必ず勝つという自覺を持つことが大切だと思う。
●プロの世界は監督の采配は大きな勝敗を決める真剣勝負ですね。プロの選手の力はどの人も選ばれた選手です。紙一重は執念、食らいつく気迫のガチンコ勝負ですね。
真剣が基本ですね。
ヤクルトは王手をかけましたね。今日はテレビを見させてもらいます。プロのスピード、裏を読み合う駆け引きの真剣なプレーを楽しませてもらいます。
💛仕事にしろ趣味にしろ真剣勝負をすれば気持ちがいいし、結果もついてくると思った。
◎その通りですね。真剣な魂に女神がほほ笑むですね。
仕事も基本は真摯に取り組む姿に女神が宿るですね。私はそう信じて仕事をしてきました。 (2021.11.25 17:34:04)

 第6戦に勝った方が日本一になる可能性が高い   楽天星no1 さん
かんぼうさんへ

[監督の采配は勝敗を決める大きな要因。プロ選手の力はどの人も選ばれた選手です。紙一重の違いは執念、食らいつく気迫ですね]

今日の試合の投手交代でオリックス中島監督は失敗したかなと思えるところがありました。オリックス5対2で勝っていた8回裏に外人投手を投入しました。その結果ヤクルトの山田にホームランを打たれて5対5の同点になってしまいました。後攻のヤクルトに俄然有利になりましたが今度は高津監督が9回表にマクガフを登板させました。結果は代打ジョーンズにホームランを打たれて6対5でヤクルトが負けてしまいました。
マクガフは第一戦でも逆転されて負けており延長戦のことも考えて清水を先に出した方が良かったと思いますが、後の祭りです。監督の采配を選手達がどのように受け止め実践していくかで勝負は決まりますね。神戸に帰った第6戦でオリックスが山本投手を立てて勝利するとお互い3勝ずつになり第7戦の最終戦で勝利した方が優勝ですが第6戦に勝利した方がその勢いで優勝するのではないかと思います。今日の試合ではオリックすの方が食らいつく気迫が勝っていましたね。きわめて重要な第6戦はどうなるかハラハラドキドキします。 (2021.11.25 23:06:46)

 Re:日本シリースの真剣勝負を観て自分の真剣勝負を思った(11/25)   ケイサン9574 さん
胃カメラを撮ろうと思ってるのですが、妻が、「傷付くことがるのでやめとき」と言われて、迷ってます。週一くらいのムカつきが気になり、医者からはすすめられてます。撮る前は、やはり絶食でしたか。
口からも、鼻からも、同じ喉頭を通ると思うのですが、違いが判りません。 (2021.11.26 11:06:48)

 胃カメラについて   楽天星no1 さん
ケイサン9574さんへ

傷つくことは滅多にありません。喉なり鼻なり多少出血することはありますが殆ど問題になるような傷ではありません。
検査の日は朝食抜きにして下さい。お湯や水を飲むのはOKです。
検査は5~10分で終ります。組織検査をするために胃の粘膜を生検することがありますがその時は少し時間がかかりますがそれ以外の時は数分で検査終了です。
口からと鼻からの胃カメラの違いは鼻から入れるか口から入れるかの違いだけです。喉の奥には咽頭といって食道につながる穴があります。口から入れても鼻から入れてもそこからは一緒ですが、鼻からのルートの方がそこに行くまでの道中で口から入れる場合より、刺激が少ないのが特徴で口から入れるより楽だったという人が多いです。口から入れる場合はベロの奥の敏感な粘膜にファイバーが触れますが、鼻からだとその部分に触れないで挿入することが出来ます。 (2021.11.26 13:28:06)

 Re:日本シリースの真剣勝負を観て自分の真剣勝負を思った(11/25)   moto,jc さん
こんばんは
仕事も遊びも常に真剣勝負 というのは色々な方が言われているみたいですね
料理関係でも昔は 調理場は戦場 と教えられて常に真剣勝負でしたが今はどうなのでしょう? (2021.11.26 14:35:58)

 料理を作るのは真剣勝負   楽天星no1 さん
moto,jcさんへ

[料理関係でも昔は 調理場は戦場 と教えられて常に真剣勝負でしたが今はどうなのでしょう?]

時々テレビで老舗の料理長のインタビューを見聞することがありますが、当に修業時代からの話を聞くと調理場は戦場であり、料理を作るのは真剣勝負だと思いました。今もそうだと思います。
(2021.11.26 18:45:49)


© Rakuten Group, Inc.