2385857 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

2021.11.28
XML
カテゴリ:感動したこと
我が家の紅葉

日本シリーズは第6戦にヤクルトが勝利して4勝2敗でヤクルトが日本一になった。6試合中5試合が1点差ゲームで実力伯仲しておりどの試合も最後の最後まで勝敗のわからない激戦で感動的なシリーズだったと思う。
ヤクルトにはレギュラーシーズンで10勝以上した投手がおらず打者ではホームラン王の村上はいるが打率3割以上の打者はいなかった。オリックスには17勝で沢村賞の山本や13勝の宮城がいて打者では首位打者の吉田、ホームラン王の杉本がいて投打とも個人成績でみるとオリックスの方が有利と思われたがシリーズではヤクルトも頑張って大接戦になり最終的にはヤクルトが優勝した。
勝因は高津監督の采配にあったと思う。初戦で抑えのマクガフが9回裏に2点差をひっくり返されて大逆転負けを喫したがそのマクガフを信頼してその後も使い続け第5戦でも5対5の同点で9回にマクガフを出して代打ジョーンズにホームランを打たれて負けている。そのマクガフを第6戦にも使った。その信頼にこたえてマクガフは延長10回のワンアウトから11回、12回と投げ抜いて胴上げ投手になることが出来た。この試合ではそれまでの試合で2回登板して打たれている田口投手も使い、打たれたからだめという使い方をしなかった。打者についても3振を重ねていた打者でも辛抱強く使っていた。選手の失敗で落ち込まないで冷静でいられたことが勝因として大きいと思った。
個々の選手を信頼していたことが不調だった選手の心に響いて最後はいい仕事をしてくれたのだと思う。昨日の試合では延長12回表に2アウトランナー一塁で代打川端を使いその川端のヒットで上げた1点を守り切って勝利を得たが、選手を信頼しチーム一丸になっての勝利だったと思う。
5冠で沢村賞の日本一の山本投手や山本に次いで防御率2位の宮城もいる相手でも皆で心を合わせて挑めば勝つこともあることを示したシリーズだったと思う。たまたまヤクルトが優勝したが実力伯仲、むしろヤクルト以上だったオリックスが優勝しても全然おかしくないシリーズで両チームともよく頑張ったと思う。高津監督の選手への信頼とほんのわずかな運がヤクルトに向いた結果がヤクルト優勝につながったと思っている。両チームの健闘を心より称えたい。






Last updated  2021.11.28 18:03:21
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.