1775241 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

全7件 (7件中 1-7件目)

1

ラジオ番組

2019.05.16
XML
カテゴリ:ラジオ番組
本日の日本全国8時ですの月尾嘉男さんの話はZ世代についてであった。アメリカなどで世界戦争やIT機器の普及などをエポックにして世代分類がなされておりそのうちの最新のZ世代についてのお話であった。
1928年~1945年生まれ 伝統主義時代、ロストジェネレーション(凡そ75才~92才)
1945年~1964年生まれ ベビーブーム世代(凡そ55才~75才)
1965年~1979年生まれ X世代(凡そ40才~55才)
1980年~1995年生まれ Y世代(凡そ25才~40才)インターネットが次第に普及し、デジタル化に慣れてきた世代でデジタルパイオニア世代とも呼ばれる
1995年~2010年生まれ Z世代(凡そ10歳から25才)生まれた時からパソコンやインターネットが自由に使えてスマホやYouTubeも登場して来た時代でデジタルネイティブ世代とも呼ばれる。
Z世代は世界人口の4分の1の20億人いて、インターネットに育てられ社会への関心が非常に強いと言われている。例えばアメリカで17人の生徒が無くなった銃乱射事件に居合わせて生存した当時18歳のZ世代のデビッド・ホッグ君は銃保持に反対して銃保持を支持している政治家や全米ライフル協会を攻撃してほぼ毎日テレビ出演して銃規制強化を訴えて全米で最も影響力のある人物の一人と言われている。
日本でも21歳の学生川本亮さんはカンボジアに旅行した際首都のプノンペンが生ごみに溢れ、あまりに汚いのに心を痛め、生ごみを食べるアブの幼虫を養殖して生ごみを処理して幼虫が成虫のアブになる前に家畜の餌として処理する方法を考えてプノンペンの街を綺麗にして沖縄の養鶏場に幼虫を乾燥させて粉にしたものを輸出しているとのことである。
Z世代は一見スマホに夢中でYouTubeやインスタグラムに翻弄されている世代と思っていた人もいるかもしれないがデビッド・ホッグ君や川本亮さんをみるにつけ今迄は思いもよらなかったことに果敢に挑戦しているZ世代がおり、Z世代の潜在力は大きいと考えられた。彼らは小さい時からスマホ等を通じて世界のあらゆる情報をキャッチしておりそれらの情報を使って困難な社会問題を解決しようという若者が世界的に出現してきており、今後社会は大きく変化していくかもしれない。






Last updated  2019.05.16 13:27:45
コメント(8) | コメントを書く
2019.02.21
カテゴリ:ラジオ番組
ラジオ日本全国8時ですの本日の担当、月尾嘉男さんの話は明日2月22日がベースボールを野球と翻訳した記念日ということで明治以後外来語、主として英語を適切な日本語に翻訳したことが日本文化やスポーツ興隆に大いに貢献したという話をしてくれた。中国から渡ってきた漢字言葉や日本に古来からあった言葉などをあてはめたものが多かったが独自に作った言葉もあった。野球はその代表的なもので野球大好き人間で自ら捕手として活躍していた正岡子規が翻訳したとの説もあったが、実際は東大予科の第一高等中学の野球部員中馬 庚さんが初めてベースボールを野球と翻訳して部誌に書いたとのことである。正岡子規は直球、投手、打者、本塁、一塁、二塁、三塁など多くの野球用語を翻訳したが野球は違うとのことである。ベースボールを分解してベースは底、土台の意味なので底、ボールは球なので底球にしようとしたらすでに庭球(テニス)があったので発音が同じになってしまうので野原でボールで遊ぶスポーツだから野球にしようと決めたとのことだがぴったりの言葉でよく使われている。日本人の豊かな想像力が多くの翻訳語を作り出したのだと思うが、最近は格好をつけてイノベーションとかプライオリティとかモチベーションとかやたら外来語を使いたがる人がおり、日本人の想像力もだんだん衰えてきているのかなと感じている。






Last updated  2019.02.21 22:51:37
コメント(2) | コメントを書く
2018.07.31
カテゴリ:ラジオ番組
今朝のラジオ「話題のアンテナ日本全国8時です」のテーマは死刑制度であった。共産主義とか後進国を除いた民主主義国家で死刑制度を残し、実際に死刑が行われているのは日本とアメリカだけだとのことだった。そのアメリカも州によっては死刑を廃止しているところが多く、廃止州の方が多いとのことだった。
日本では世論調査で死刑制度存続が80.3%、廃止が9.7%と存続が圧倒的に多い。残虐な殺人行為などした犯人は当然その報いを受けるべきで殺人をしていながらぬくぬくと生き続けるのは許せないという感情が強いのだと思う。
しかし生命の尊厳が言われどのような人間に対しても国家が殺人を犯すようなことがあってはならないという思想が西欧を中心に盛り上がっておりEU加盟の条件に死刑廃止が含まれているくらいである。
国によって文化も歴史も異なり死刑は廃止すべきだとの思想を押し付けることはできないと思うが、私は刑法そのものの形態を根本から見直し、時間はかかるかも知れないが矯正や贖罪システムを充実させ被害者も納得できるような形で死刑は廃止していくべきだと考えている。






Last updated  2018.07.31 14:26:42
コメント(4) | コメントを書く
2018.05.17
テーマ:リサイクル(339)
カテゴリ:ラジオ番組


カルミア

今朝木曜日朝のラジオ「話題のアンテナ」の担当は東大名誉教授の月尾嘉男さんでプラスチックの話をしてくれた。今私たちの周りにはペットボトルを始めとして食器や袋などプラスチック製品が溢れている。使いやすくて便利だが問題は使った後である。殆どリサイクルされているのだろうと思っていたらリサイクルされているのはほんの10%で燃やされているのが10%で残りの80%は埋め立てられているとのことだった。東京都の夢の島はそうして出来たとのことだが海に流れてマイクロプラスチックという小さな粒子になり魚に食べられたり魚の卵に付着して移動して魚の生息地を変えてしまったりするとのことだった。マイクロプラスチックを食べた魚をやがて人間が食べることになり人間の健康をも脅かす状況になってきており、マイクロプラスチックを食べる蛾の研究やプラスチックを石油に戻す研究などが行われているとのことだった。核燃料も発電の時は便利だが燃えカスの中にも放射性元素が含まれており、その処理は大変で深い穴を掘って埋め立てられている。プラスチックが発明されて便利にはなったが使った後の処置は十分研究されていなかった。今多くの研究所で必死に研究されているとのことだが発明品を世に出すときにはそれを廃棄物として処理する時の方法もセットで示してもらいたいと思った。






Last updated  2018.05.18 13:28:26
コメント(8) | コメントを書く
2018.05.02
カテゴリ:ラジオ番組
昨日帰宅途中でラジオを聴いていたら人間の脳の話があった。400万年くらい前は人間の脳容量は他の動物とそれほど違わなかったが160万年前にサバンナに活動の場を広げた頃には1000ml近くまで大きくなりホモサピエンスが現れた20万年前には今と殆ど変わらない1400ml位に大きくなったとのことである。現在のサルやチンパンジーの脳が380ml前後なので如何に人間の脳が発達しているかが分かる。人間の脳でとくに発達しているのは額の部分の前頭前野でこの部分は自分を客観的にながめ他人を思いやる働きがあり、目標を定めてそれに向かって努力する作用も有しているとのことである。この部分が事故などで壊されてしまうと思いやりの行動や前向きに努力する行動がなくなってしまうとのことである。
人間は他の動物と違って前頭前野が発達しているとのことだが自分を客観視できなくて自分勝手で他人を思いやるどころか他人を攻撃して自分欲だけを満足させている人もいる。前頭前野は人間だれにもあるが、それの生来の大きさや発達の度合いは個人差があるのではないかと思う。全般に脳は使えば使うほど発達すると言われている。前頭前野もその例外ではなく自分を客観視して人のために尽くし常に努力していれば発達するが、努力しなかったり他人はどうでもよいという気持ちでいたりすると折角の前頭前野も発達しないのではないかと思う。






Last updated  2018.05.02 14:35:20
コメント(5) | コメントを書く
2018.04.26
テーマ:ニュース(78195)
カテゴリ:ラジオ番組
本日木曜日朝8時からの月尾義男さんの話は植物の種に関する話で今までは品種改良は国や県など公共機関でないとできなかったが本年4月から民間でもできるようになったとの情報と世界の様々な植物の種の動向についての情報だった。アメリカのある研究所では稲のすべての種類の種を集めており、稲については全ての情報を握っているとのことだった。
いつか地球が滅びることがあることを想定してマイクロソフトのビルゲイツ氏は世界中の総ての植物の種を集めていつでも発芽できる状態にした倉庫を北極圏に建設して万が1に備えているとのことである。動物の種も保存しているところがありこれから計画しているところもあるとのことだった。
民間でも種が作れるとなると植物市場が活発化する一方、世界の大企業に植物市場が席捲される可能性もあり注意していく必要があるとの話もあった。
植物も動物も今までは自然の中で発芽し実をならせ枯れて又生まれてくるを繰り返していたが最近では人間の手が加えられて遺伝子が操作されて改良されている。しかしそれは無制限になされてはならないと思う。常に神を想定しながら神の意思に沿った種を作ってもらいたいと願う。






Last updated  2018.04.26 13:54:05
コメント(4) | コメントを書く
2018.04.23
カテゴリ:ラジオ番組
今朝8時からのラジオ、松井宏夫さんの話はがんの光免疫療法についてだった。がん細胞に結合する光吸収結合抗体という薬を注射するとがん細胞に結合するので、翌日がんの部位に近赤外線を当てると結合体が結びついたがん細胞は膨張し、破裂して死に至りがんが治ってしまうという夢の治療法についての話だった。動物実験で成功し人体試験でも9割近くの効果が実証されていよいよ臨床治療が開始され3-4年後には保険適用される見込みとのことだった。最初は一部のがんで治療が開始されるが殆どすべてのがんに適用されるだろうとのことだった。がんの部分だけを破壊するので副作用はないとのことだ。
アメリカの研究所で日本人の主任研究員小林博士が中心になって研究開発した治療法で日本やアメリカで本格的な治療が開始され始めたというニュースで人類にとって大朗報だと思われた。






Last updated  2018.04.23 23:32:17
コメント(4) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.