515309 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

IMAGINE

シャウド 「アイ・アム・サム」


クウォンタム・リープ・シリーズ シャウド3:
トバイアスのシャウド 「アイ・アム・サム」 
クリムゾン・サークル 2007年11月3日


そして、このように(And so it is)、親愛なるシャーンブラよ、ここに私たちは家族を集めます、あらゆる天使の使命によって今この地球で人間の姿に変装し、自らをシャーンブラと呼び、生命と呼ばれるこの壮大な経験に参加するために来ている天使の家族達。私、トバイアスはあなたが今、この場所に実際に座っているか、あなたの新しいハイスピードインターネットに接続しているか、または他の日にこのマテリアルを読んでいるか聞いているかに関わらず、あなたが実際にたった今現在にいることで、私はあなた方の全てのエネルギーと共にここに集っていることを名誉に思います。

私達は今、ほとんどの人間がまだその存在に気づいていない新しいエネルギーの中にいます。しかし、あなた方シャーンブラは、あなた自身の人生の中でそのエネルギーのシフトによる変化を確実に感じ取り、それに伴って起きてくる問題に直面しています。数ヶ月前とは違う状況になっています。外部環境の中において直接的で即座に影響を感じることはないかもしれませんが、あなたは生活の中での変化を感じています。あるいはまた、古いエネルギーの中であなたが創造した方法や、それまでの状況に対応してきた古いやり方を未だに続けているためにフラストレーションを感じているかもしれません。しかし、その古い方法は、ただもう存在しないのです。そして、あなたがそれらを取り戻そうとしても、それらは取り戻されたくないのです。

あなたはまず、自分自身に対する全く新しい対処方法を見つけなければなりません、そしてそれから外の世界への対処法を見つけるのです。今までに一度も考えられたことのない全く新しい解決法。全く新しい-あなたはこう呼ぶかもしれません-パラダイム。あなたは今まで必死に色々な対処法を模索してきたので、新しいやり方は最初少し居心地が悪く感じるかもしれません。古い方法では、恐らくあなたは常にハッピーな結果を手に入れたわけではありませんが、少なくともその日をやり過ごすことは出来ましたね。そして今、自宅やオフィスや自分自身に起きたある状況に対処する為にその古い道具箱を探る時、それらはもうそこには存在しないということを発見するでしょう。それらはなくなってしまったのです。あるいは、もしどこかに転がっていたとしても、もうすでに機能しないのです。故障してしまったのです。電池は空で、充電する場所さえないのです。

それは新しいエネルギーです。そして、それに必要な道具は、とても異なるものなのです。そしてあなたは私に言うでしょう、「でもトバイアス、その道具はどこにあるのですか?私は自分の道具箱を覗いてみても何も入っていないのです」。たった今そこで立ち止まって下さい。深呼吸をして、状況に対処する今までの古い考え方から抜け出して下さい。自分自身に拡大することを許して下さい。新しい道具はあるのです。あなたにはまだ見えていないだけなのです。それらはすでに存在しています。

それであなたはどうしますか?ただ、深呼吸をして下さい。そうすれば、あなたの中にある「I AM」を感じるでしょう。-それはどこか他の場所から来るものではないのです。それはあなたの中にあるのです。-そして、面白い事が起こります。そうすると、それらの新しい道具が顕われ始めるのです。あなたがこれまで持っていた古い道具とは非常に違うものです。その新しい道具は壊れるということがないので、充電したり修理する必要もありません。それらは、あなたの人生に起こる状況にこれまでとはとても違う方法で対処します。そして、あなたがその道具を使う度に対処方法は違うものになるでしょう。

もし、たった今あなたが金銭的な状況に対処する道具を発達させたとします、そして二週間か二ヶ月後に同じ道具を探そうとしても、それは違ったものになるのです。それはあなた自身との調和の中で、あなた次第で変化します。それなので、同じ道具箱を覗き込んでも、以前と同じ古い道具を見つけることはないでしょう。それらは毎日、毎秒、変化するのです。



ミニクイズ

この非常に特別な日に、あなた方と居られることは非常に光栄です。今日は少し違う方法で始めたいと思います。今日はミニクイズを出したいと思います。(いくらかの笑い)エネルギーを活発にする為の非常に短いテストです。これからあるクイズを出しますが・・・その答えを感じるようにしてみて下さい。そして、これはちょっと違うのです、なぜならミニテストを出されると、あなた方は普通すぐにプレッシャーを感じますよね?恐らく多少の不安と頭で感じるプレッシャーを。あなたは持てる全ての情報源を脳に送り込みます。「準備しろ。さぁ、質問が出るぞ」。あなたは言うでしょう。「マインドよ、準備しろ」。しかし、この答えはマインドからは来ません。全く違うのです。あなた自身の直感を使って答えを導き出して下さい。
さぁ、深呼吸をして下さい。

(小休止)

答えを感じて下さい。質問です:あなたはなぜここにいるのですか?

さぁ、深呼吸をして下さい・・・あなたはなぜここにいるのですか?

さぁ、マスター・デイビッドにマイクを回す手伝いをしてもらいましょう。短い答え-知的に答えようとしないで下さい。そうするなら私はあなたを止めなければなりません。その答えを感じて表現して下さい。なぜあなたはここにいるのですか?

シャーンブラ1:存在するために。ただ存在する為に。

トバイアス:存在する為に。そしてもしカメラがあるなら、どうぞ、答えている人を映して下さい。

シャーンブラ2:経験する為に。

トバイアス:経験する為に。

シャーンブラ3:人々の命に触れる為に。

シャーンブラ4:私のマスター性の作品を完成させる為に。

トバイアス:ふ~む。

シャーンブラ5:愛と歌を学ぶ為に。

シャーンブラ6:道を示す為に。

シャーンブラ7:私自身を分かち合う為に。

シャーンブラ8:エネルギーを感じる為に。

シャーンブラ9:友情の為に。

シャーンブラ10:全ての人を愛する為に。

オーケー。良いでしょう。さあ、深呼吸をしましょう。

(小休止)

質問に答えて下さりありがとう。頭というよりは、魂で感じる時間を取って下さりありがとう。定義することはマインドから来るので、答えを定義するのが時に難しいのが分かりますか。しかし、今あなたはマインドと魂が溶け合って、一緒に働くことを許しています。エネルギーを感じて下さい。そして、そこから来る素晴らしい答えの全てを。

もし私がその質問をされたとしたら、私の答えはとても簡単です。:なぜなら私がそうすることを選択したからです。

あなたはここに居なければならないから、居る訳ではないのです。誰かがあなたを無理矢理ここに居させているのではないのです。あなたが、ここに居ることを選択したので、あなたはここに居るのです。そしてあなたが毎朝目覚める時に、この質問を自分自身にしてみて下さい。「私はなぜ今日ここに居るのだろう?」機械的に同じ動作を繰り返すことを避けるために。ただ、一日の終わりに辿り着くだけの日を過ごさない為に。あなたが朝目覚め、最初に足を床に着ける時、深呼吸をして「私はなぜここに居るのだろう?」と。

あなたは、ここに存在するということの真の美を理解し始めるでしょう。-一日のあらゆるステップを選択出来るということの美しさを。あなたは集合意識や集合催眠に縛り付けられる必要はないのです。他の人の期待にそうように行動しなくても良いのです。あなたがしたくない事は、何もする必要はないのです。

あなたは、この人生でここにいることを選択しました。あなたは、この変化の重要な時期にここに居ることを選択したのです。-人類の歴史の中で、最大の意識の変化。-ここでその変化を経験するため、そしてまた、あなた方の多くにとって新しいエネルギーにおいてのスタンダードと教師となるために。あなたの選択です。それゆえに、あなたの創造でもあるのです。誰もあなたを止められません。誰もあなたからその権利を奪うことなどできないのです。誰もあなたの人生を難しくすることは出来ないのです。あなたの結婚相手、あなたの子供、あなたの上司でさえ。

毎朝あなたが目覚める時、あなたの本質から深呼吸をして、訊ねて下さい。「私はなぜ今日ここに居るのですか?」と、そして、あなた自身の答えに耳を傾けて感じて下さい。それが、どれほどその日の景観を大きく変えるかは驚くほどでしょう。



本日のゲスト

さぁ、シャーンブラよ、今日はスペシャルゲストがいるので、彼らをクリムゾンサークルへ温かく迎え入れましょう。最初は、つい最近まで人間であったシャーンブラのグループです。今日ここに24人来ています。彼らがこの地球に居た時、自分たちをシャーンブラと呼んでいました。彼らはあなた方のように学び、試練や苦難を通り抜け、スピリチュアルな人生を送りました。そして、彼らのうちのほとんどは、クウォンタム・リープの前に、いくらかの人々はクウォンタム・リープの瞬間か、またはその直後に旅立つこと選択しました。

彼らは、世界中からシャーンブラが集まるこの集会に参加して、この美しい祝祭を共に祝おうと今日ここに集っています。彼らはあなたなのです。彼らがまだこの地球上に居た時、あなた方の多くと寄り添って働いたのです。彼らはこちら側に来る為に、地球を去る選択をしたのです。-花の橋や第三のサークルにさえすぐには戻らずに-ここへ来てサポートすることを。このサポートグループはシャーンブラと呼ばれ、あなた方を個人的にサポートしています。

あなたとの地球での体験は非常に新鮮なので、彼らは導き、サポート、助けのようなものを提供することが出来ます。彼らは今では定期的にここに来て、あなた、クリムゾンカウンシル、そして天使たちと共に働いています。彼らはあなたの為に決定することは出来ませんが、あなたがあなた自身で決定し、選択するのをサポートしています。彼らはあなたが何かをした時、それが良いとか悪いなどということを言う為ではなく、あなたがなぜ今ここに居るのか、あなたがこの地球に存在すると選択したことを常に思い出させるためにここにいるのです。

彼らはあなたの耳元で優しく囁きます。あなたが夜眠りにつく時、彼らはあなたの傍らに座り、あなたが困難な状況に直面して途方に暮れている時にはあなたと共に居るのです。そして、あなたは彼らからの優しい抱擁と共に「自分の内側を見つめなさい。あなたもまた、神なのです。あなたがその神性を活性化し、表現し、使用するならば、全ての選択、全ての答え、そして全ての創造性は、あなたの中にあるのです」。という声を聞くのです。

なので、彼らはあなた方が通り抜けていること、シャーンブラの旅路について熟知し、そして、今日私達の集会を祝福する為に集まって来ているのです。なので、彼らが悲しみのうちに来ているのではないことをしっかりと理解し、彼らを心から温かく迎えて下さい。彼らのあちら側への移行は難しくはありませんでした。彼らはこちら側に来ることを選択したのです。-私、トバイアスがここに来ることを選択したように-あなたがこの輝かしい冒険を体験している間、あなたの助けとなる為に。

深呼吸をしましょう。そして、つい最近まで地球に存在し、今では私達の側に居るシャーンブラの皆さんを温かく迎え入れましょう。

(小休止)

さあ、先ほど話し合ったあの質問に戻ってみましょう。:それは現実ですか?もし、あなたがそうである事を受け入れるならば、全てのものは現実になりえるのです。物理的である必要はないのです。あなたは物理的な領域の向こうには、非常に多くのことがあるということを急速に学んでいます。あなたが開いてゆくにつれ、より広大な世界が広がっていることを学んでゆくでしょう。途方もなく大きな世界。さあ、深呼吸をしましょう。

(小休止)



非常に特別なゲスト

簡単なご紹介の後、本日お招きする二番目のゲストは、全くもって非常に特別な方です。どうぞ、ご自分のエネルギーをとてもなめらかに、穏やかに保ってください。今から招き入れるその親愛なる方は、私自身のアスペクト(側面)であるサムです。

さて、サムをご存じない方のために少しご説明しましょう。サムは私がこの地球で次に宿る肉体です。彼の身体は、生物的存在として地球にすでに存在しています。彼には両親がいて、アメリカ北西部の小さな町に住んでいます。一人っ子です。両親共にマインドに偏った大学の教授で、もちろん彼らには予測不可能なサム-彼らにはそう見える(笑い)-を理解できません。

サムは私が非常に愛をこめて、注意深く創造した私のアスペクト(側面)の一つです。サムは、-何というか-統合されていません。私はまだ、私の全てのエネルギーがサムの現実に入り込むことを許していません。私のエネルギーのほとんどは、まだあなた方が私をトバイアス、またはTo Bi Wah(トゥーバイワー)として知っているこの非物理的な領域にとどまっています。そして私は、私のエネルギーが少しずつですが確実にサムの中へと入り込み、統合していくのを許しています。サムは私の表現、あるいはアスペクト(側面)の一つですが、彼には彼自身の自由、パーソナリティを持っています。創造主が創造した後、それを自由へと解き放つのが分かりますか。創造主は彼らとまだ繋がっていますが、創造物に自立と自由を与えるのです。

サムは今8歳の少年です。彼は物静かで、とてもとても良い理由のために非常に引っ込み思案です。共に教師である両親からのプレッシャーのために、サムは一生懸命勉強します。サムは静かですが、普通の生活を送っています。アレルギーと喘息の持病を持っていますが、これは問題や間違いではありません。それは非常に意図的なものです、なぜならサム-とサムの一部としての私-はある非常に良い理由のためにスポーツに関わりたくないからです。私たちはそのようなタイプのエネルギーに関わりたくないのです。なので、私たちは喘息とアレルギーをとても引っ込み思案になる為の手段として使うことを選択したのです。これらの両方は、サムが成人するにつれ治癒します。

私はあなた方の全てを通してするように、サムを通して世界を見ていますが、今はより身近に、より近くで、そして非常に個人的な視野を得ています。サムは彼の周りにあるエネルギーに気づいていますが、それらをどうすればいいのか分かっていません。そして、彼の人生の早い段階で彼の両親が精神的なプレッシャーをどんどん強めるにつれ、どんな時も常に周りで感じるエネルギーに対してどう判断すればいいのか分かりません。

サムの両親は今週末、街にいないので、誰か他の人-ベビーシッターと呼んでもいいですが、なんて変な表現でしょう-彼の世話をする為の人が居ます。しかしたった今、彼は宿題をやっているべきですが、自分の部屋でうとうとと眠りに落ちています。彼はまだ完全には準備が整っていないので、私たちはまだ彼がチャネリングを始めるには早過ぎると感じています。サムが今日これからあなた方とする体験は、彼がこれからの地球上での生活の中で長い間覚えていることになるでしょう。

サムを招き入れる前にあなた方にお願いがあります。深呼吸をして、あなたが6歳から8歳位だった頃、それがどのようなものであったかを思い出したり、感じたりしてみて下さい。:あなたが若かった頃、あなたの目は、あなたの周りにあるこの新しい世界へ向けて大きく広がっていました、しかしまだ、その他の世界の影響を感じてもいました。あなたは、まだそれらの存在と触れ合うことが出来ました。あなたはあなたの個人的な世界を持ち、それは非常に非常に広大でした。

そして今、サムのエネルギーを呼びましょう。少し待って下さい。

(長い休止)

トバイアス(優しい声で):こんにちは、サム。

サム:ハイ。あなたを知ってるよ。魚みたいな匂いがするね(静かな笑い)。

トバイアス:イエス、サム。それは私のエネルギーです。私たちがお互いに繋がる時、そのエネルギーを使うのです。

サム:今、自分がどこに居るんだかよく分からないな。そこらじゅうに人が居るよ。

トバイアス:サム、君は私たちがシャーンブラと呼んでいる友達と共に居るんだよ。そしてここはクリムゾンサークルと呼ばれていて、私達は今日君をこの集会に連れて来たんだよ。

サム:あの人は誰?

トバイアス:サム、あの人はカウルダーだよ。

サム:わぉ、大きい鼻の人だね。(笑い)

トバイアス:そうだよ、サム。彼は大きなハートも持ってるんだよ。

サム:ああ、あの女の人は誰?

トバイアス:サム、あの人はリンダだよ。彼女はカウルダーと一緒に居る人なんだ。

サム:彼女は僕にお話を聞かせてくれるんだよ。僕、彼女を覚えてる。

トバイアス:そうだね、サム。彼女は君と働いているんだよ。

サム:あの女性はなぜ泣いているの?

トバイアス:サム、彼女は、彼女が君ぐらいの年だった頃の事や、その頃天使達と話をしていた事を思い出しているんだよ。彼女はそれらの記憶を思い出しているんだ。

サム:僕、みんなの事を知ってると思う。でも僕・・・どうして覚えてるか分からないよ。

トバイアス:サム、君は彼らを知っているんだよ。君が眠っている時、とても深い眠りに落ちる時、君はここへ来て彼らと働いたり、遊んだりしているんだよ。

サム:おお。僕はまた彼らと一緒になるんだね、知ってるよ。彼らに会うんだね、でもここでなくて・・・。

トバイアス:サム、彼らはシャーンブラと呼ばれているんだ。そして、この人生で君が成長した時、彼らの多くと再会し、彼らと働き、彼らの多くが学ぶのを助け、そして彼らが他の人々に教えるのを助けることになるんだよ。

サム:オー・・・オー。あの人は誰?

トバイアス:サム、あれはシャーンブラの人ではないんだよ。あれは君の家の近くの通りで亡くなった男性だけど、彼はまだ彷徨っているんだ。でも、大丈夫なんだよ。君は心配しなくてもいいんだ…。

サム:僕は、昨日気持ち悪くなって吐いちゃったんだ。学校でキャンディーを食べ過ぎて吐いたんだけど、先生が怒ったんだよ。僕はどうして今変な感覚があるのかな、トバイアス?

トバイアス:サム、それはね、今君のエネルギーが広がってこのグループの一部になっているからだよ。そして君が地球上の小さな少年として眠っている間、君は今、本当に私たちの一部になっているんだ。君は成長していて、自分が天使だということを思い出しているんだよ。

サム:オー。知ってる、僕は天使なんだよ。思い出す必要なんてないんだ。

トバイアス:サム、僕たちが話しをする間、ここに来て座ってもいいし、歩き回ってもいいんだよ。

サム:あの後ろの方にいる赤ちゃんは誰?

トバイアス:サム、歩き回ってもいいんだよ。人々を見てまわったり、話しかけたりしてもいいけど、私たちは会話を続けよう。

サム:うん、分かったよ。僕は自分の街や学校より、ここの方が好きだな。

トバイアス:オーケー、サム。話を続けよう。

サム:あの犬は?

トバイアス:サム、あれはフレッドだよ。彼はいつもここに居るんだ。

さて、サムがこのグループに馴染むにつれ、彼のエネルギーはあの小さな眠りに落ちていく8歳の少年からここへ移行しています。-そしてここに居るあなた方一人一人も、それがどんな感じであるかを思い出して下さい。あなたもまた夜にそうしているのです。あなたは移行するのです。あなたは人間であるあなたの性質から離れ、ベールの非物理的な側の記憶へと戻ってくるのです。

あなたが毎晩、本来のあなたの大部分に繋がることが出来る、天使界の領域へ戻るのにそれ程長くかかるわけではありません。しかし、私達全てにとってとても不思議なのですが、あなたが目覚め始め、物理的な肉体へ、3次元の意識へと戻り始めるとあの忘却が起こるのです。なぜかは分かりませんが、私たちが確実に知っていることは、若い人ほどより多くのことを覚えているということです。彼らは、あなた方の多くでさえ持っているベールの重苦しさを持っていません。

あなた方がベールの両側で意識的な選択をする時-他の言葉で言えば、あなたが人間の意識にある時、また夜に天使界の意識にある時、そして時には変化の状態にある時-そのベールが消える傾向にあります。しかし、それはまだそこにあるのです。とてもイライラすることなのです。

最近、タホ湖で話したように、あなたが天使界の冒険から戻る時、自分自身にそれらの全てを覚えているように言い聞かせ続けるのは非常にイライラするものです。-あなたが誰であるか、そしてなぜ地球に居るかということを覚えていよう。-そして、それはスペースシャトルが軌道に戻るようなもので、それらの記憶はただ燃え尽きるように忘れられ、あなたは元の日常の自分へと戻っているのです。あなたは人間の意識に戻り、自分の頭をかきむしりながら「夜に何かが起こったことは覚えているんだ。そして、思い出すべきものがあるのも分かっている」。しかし、あなたはそれを思い出せないのです。



軌道

サム-私自身のアスペクト(側面)でもあるのですが、彼自身でもある-のような若い人は問題など持っていません。地球上でたった今彼らが直面している問題は、毎朝彼らが持ち帰る知識と意識にどのように対処するかなのです。なぜなら、人間界とその意識が彼らにとっての壁、障壁となって実際に彼らが感じていることを話すのを妨げているからです。それらが、本当は彼らが誰であるか、言葉で言うのも難しいですが、それを説明しようとするのさえ妨げているのです。

だから彼らは、-サムがそうであるように-とても物静かで引っ込み思案になりがちなのです。彼らは喘息、アレルギー、風邪または医者たちが診断することの出来ない“アンバランス”と呼ばれているような症状をもつ傾向があります。しかし、実はそれらは、彼らが自分自身を感じ、自分たちの世界に留まるための方法なのです。彼らは忘却に対する恐怖のために、まだこの世界で完全に体現するための準備が出来ていないのです。私が話したように、サムはスポーツのような行為によって、重くなりたくないために意図的に肉体的なアンバランスを持っています。そのエネルギーは彼のこの人生には適していないのです。彼には、男性のテストステロンのエネルギーは全く必要ないのです。だから、これらの事は事故ではなく、あなた方が魂の計画と呼ぶような種類のものでもないのです。それはただ、今は彼にはその世界にはまり込んでしまいたくないためだ、という知識があるだけなのです。

さて今、サムは私たちと完全にここに居ます・・・。そして、彼は今8歳の少年としてこの集会に来ていることを理解して下さい。そして、私達がこの集会を終えるにつれて、彼も帰ろうとしています。彼はより多くの部分で天使的存在で、私の部分でもあります。しかし、いつか私たちは人間対人間として出会うのです。

私が触れたように、サムは一人っ子で、パブリックスクールに通っています。彼の両親が、今日の世界でうまく生きていく為の唯一の方法は、勉強することだと信じている為に、一生懸命勉強するように強いられています。彼らの道具は勉強、一生懸命に働くこと、知識、そして情報なのです。彼ら-サムの両親-はスピリチュアルではありませんが、意識のある部分ではホリスティック医療、薬漬けではない方法、より自然なヒーリングプロセスのようなものは理解しています。



サムの視点を通して

今、サムを通して人類を観察することは非常に興味深いことです。最近、彼の両親は彼を都会へ何度か連れ出しました。そこでは、サム-そして私-にとって目を大きく見開くような非常に興味深いことに溢れていました。ご存知のように、私が地球を離れてから2000年以上経っているので、私の認識がどれくらいのものか分かるでしょう!?私はこちらにある優雅なコテージから見て…見下ろしているわけではありませんが、隠喩を使うと…地球の活動と私のエネルギーが、あなた方と共に居るのを見下ろしています。しかし今、私が地球上で体現するにつれ、サムや私がどれほどのことを学んでいるかは驚くほどです。

サムの目を通して人間について発見した、いくつかの驚くべきことを分かち合いましょう。人間は非常に恐怖に満ちていますが、何に対して恐れを抱いているかさえ知らないのです。彼らはパラノイアのような状態で生きています。それは終わりのない迷路のようなもの、方向など一切なく、出口もありません。それが人間か超自然現象であるかどうかには関係なく、彼らは自分に降りかかる出来事や、自分の外側の力を恐れています。なので、人間は非常に神経症になる傾向があります。

そしてサムは、彼らを観察するにつれ-サムはまだ彼らのエネルギーを非常にはっきりと見ることが出来るので、彼らの恐怖を感じます。-それなので、サムは時々見知らぬ人にさえ、「なぜそんなに恐れているの?」と訊ねます。そしてもちろん、そう言われた人の表情は想像できますよね、しかし、彼らはそれに答えることは出来ないのです。そして彼は、両親に尋ねます。「何を恐れているの?」そして彼らは、「経済、世界の崩壊、家を失うこと、飢え」などと答えます。しかし、サムは彼らがそれらのことを恐れているけれど、本当に恐れていることはそれらのことではないと知っています。彼らには、恐らくそれは全ての中でも最も困難なものですが、漠然とした恐怖があるのです。そして、サムは-そして私-非常に賢明なため、こう言うのです。「なぜ彼らは手放すのが簡単な恐怖を感じて、彼らが本当に恐れていることを感じていないのだろう?」なぜなら、彼らは初めから人工的な状態だからです。彼らは自らにそれらの恐怖を課し、長い間そうしてきた為に、今ではなぜそうしているかさえ知らないでいるのです。これはサムにとっては非常に驚くべきことなのです。

サムは無垢な目でしっかりと人々を見ています。彼はたった今、人々はリーダーを欲しているけれど、導かれたいとは思っていないことを見抜いています。彼は・・・8歳の少年の目を通してでさえ、世界の人々は見本となる人物を欲していますが、政治家、教会の指導者、ビジネスリーダー達の中にはいないことを分かっています。人間はスタンダードが欲しいのです。リーダーが欲しいのです。しかし、そうではなく、彼らはただ単に連れられているだけなのです。人々は-政府、仕事、あるいは家族かどうかに関係なく-はっきりした道標もなく、ただうろうろと連れられているだけなのです。モーゼが40年もの間砂漠を彷徨ったように、リーダーではなく、ただ、連れまわす人達によって。

サムの目を通して・・・親愛なるサムの目を通して、彼にはたった今見えています・・・人々、彼が人々を見る時、彼らのエネルギーが見えます、そして彼の周りにある非物質的なあらゆるものを見ます。あなた方が幽霊と呼ぶ魂たちが居ます。天使たちが居ます。そしてサムには、他の人々がなぜそれらのものが見えないのか理解できません。彼にとってはとても自然に出来ることが、なぜ他の人には出来ないのか理解できないのです。
彼は答えがすぐそこにあるのに、人々が祈るのを見ています。彼らは神や天使に呼びかけますが、神や天使はすぐそこにいるのです、しかし、人々にはそれが見えません。彼には、なぜ人々がただ心を開いて、すでにそこにあるそれらのものを見ようとしないのか理解できず、頭をかきむしります。

サムの目を通して、彼は見ます-私は見ます-人々は愛し、愛されたいのです。しかし、彼らはそれをとても恐れています。彼らは他の人たちを愛すること、無条件に「愛しています」と言うような事に対してあまり心を開いていません。彼らは他の言葉を使い、その気持ちを隠し、それをゆがめてしまうのです。なぜ彼らは、ただ「あなたをあるがままで愛していますよ」と言わないのでしょう?そして、人間は愛し返されたいのです。しかし、まだ壁や障壁があるのです。愛をフィルターにかけるのです。彼らは愛には恐らくアジェンダがあるのだろうと恐れています。しかし、サムは思います。「だから、何?」と。そのアジェンダを受け入れる必要はないのです。ただ、その愛を受け入れればいいだけなのです。

サムの目を通して人々のエネルギーを見ると、彼には人々が肉体的な苦痛を味わっているのが分かります。今、特に脊柱全体の中に非常に多くのエネルギーが捕らわれているのが分かります。脊椎・・・その全体の構造、身体の骨格は人々があらゆるものを内側に抱え込んでいる為に、非常に大きな圧力を受け、ぎっしりと凝り固まっています。彼らは、背負う必要のない耐え難いほどの重荷を背負っているのです。なぜなら、彼らはあらゆる方法で身体に怒りを溜め込み、それがさらにストレスを引き起こしているのです。
サムにはある人の身体を見ると、はっきりとどの部分に開放すべきその人が積み上げてきたストレスがあるかを見る能力があります。彼が人々を見る時・・・頭蓋骨、頭の辺りに非常に多くのプレッシャーがあるので、実際その割には頭痛を持った人が少ないことに驚きます。

サムは、人々が感じている肉体的な痛み、骨格や関節などの痛みのほとんどは、ただ呼吸をしてそれらのプレッシャーやストレスを開放することによって、非常に簡単に癒すことが出来るのが分かっています。しかし、人々はただそれがそんなに簡単にできるとは信じられないのです。彼らは薬を摂取しなければならないと考えていますが、実際それは究極的には問題を複雑にするだけなのです。薬で症状を押さえつけることは、その問題をどこか他のところで起こすことになるだけなのです。

サムの目を通して、彼と私は人々が自由を求めているのが分かります。彼らは自由が欲しいので、常に自由について話していますが、捕らわれた状態から抜け出せません。彼らは限定された信念体系に捕らわれているのです。人生とカルマというサイクルの繰り返しに縛り付けられているのです。-もし呼びたければ、罪と呼んでもいいでしょう。-間違ったことをした、あるいは、間違いを起こすかもしれない、という信念に。サムには、人々が自由を求めているのに、カルマを受け入れていることが分かっています。

サムと私の目を通して、私達には人はカルマを手放すことが出来るのが分かります。彼らは、カルマのサイクルを即座に手放すという選択が出来るのです。おお、そしてあなた方シャーンブラよ、あなたがその選択をする時、人生は変化します。全ては変化します。あなたはその変化を喜んで受け入れなければなりません、しかし・・・しかし、真実の自由とはあなたの過去を手放すことなのです。

サムの目を通して、彼は人々が他人の信念体系に捕らわれるあまり、身動きが取れなくなっている様子を理解しています。彼には人々が街の通りで、レストランで、他人の信念体系を拾っている様子が見えます。彼には、ある人がどのように他の人の限定されたネガティブな信念体系のエネルギーを取り入れてしまうかが見えます。それは、人々の交わしている会話や、隣のテーブルからの電気的な感情を感じ取り、受け入れることからでさえも起こるのです。

サムは、無垢な目を通して世界を見ながら、答えは全く実にシンプルだと言っています。なぜ・・・サムが言うには、「なぜ大人は、それをそんなに難しくしてしまうんだろう?」あるいは、私トバイアスならこう言います。「なぜ人間は、それをそんなに難しくしてしまうのか?」人間はそんなに低いところで留まる必要はないのです。彼らは全てのエネルギーをただやり過ごす為に使う必要はないのです。人間は病気や貧困を受け入れる必要はないのです。それらのどれも受け入れなくて良いのです。そしてこの地球に2000年間居なかった私、トバイアスにとって、現在人類が持っている全てのもの-テクノロジー。私が一度も経験したことのない-に大きな驚きを感じます。かの素晴らしきアトランティスでさえ、私達はあなた方が現在持っている種類のテクノロジーは持っていませんでした。これら全てのテクノロジーを持つあなた方にとって、なぜそれがもっと簡単ではないのでしょう?テクノロジーはあなた方の生活をよりシンプルにしたのではないですか?恐らく違うのでしょう。テクノロジーに対する意識的な理由は、シンプルさを求めてのことでしょう。しかし、現在の意識の在り方のために、全てのことはより難しくなっているのです。

私はサムを通して、人間は真に善であることを感じて非常に驚きを覚えます。人間は良いことをしたいのです。まず他人のために、本当に奇妙ですが、そしてそれから彼ら自身のために。彼らは本当に-深くて情熱的な願望を持っています-他の誰かを愛し、愛を誰かと分かち合い、愛し返されたいのです。

彼らは本当に、神だと考えられている存在の目から見て正しいとされることを行いたいのです。神が世界を取り仕切り、罪を与える存在だからではなく、その思いは彼らのハートに宿っているからです。人間は、あなた方がワンネス、光、あるいは道と呼ぶものの中に居たいのです。彼らは魂と共に在りたいと思っていますが、それが自分の内側にすでにあることを理解するよりは、自分たちの外側に魂を置き続けています。それなので彼らは願望と情熱を間違ったものや、作られたものに注ぎ続けているのです。彼らが外側にいる神に尽くそうとしている限り、彼らは本当に満足したり満たされたりすることはないのです。なぜなら神とは内側にあるものだからです。そして、全ては自分自身を満たし、それから魂を満たすのだということを理解するまでは。



地球へ来ること

ゆっくりと、確実に私のエネルギーと本質が、サムの中へと流れ込むのを許しています。あなた方がオーバーソウルと呼ぶもの、すなわち私、トバイアス-あなた方が「本質の存在」と呼んでいる私、トバイアス-が、どのようにあるアスペクト(側面)になれるかということ、サムと呼ばれるアイデンティティを創造できるかということを見ることは、その過程を観察している人達または、アスペクトロジーを学んでいる人々には興味深いことでしょう。それらの全ては非常に興味深く、またあなた方全てが注意を払うべきことなのです。信じられないほどの引き寄せる力、ある種地球からの磁気的な意識の引き寄せる力によって、私のエネルギーがサムへと流れ込むにつれて、あなた方が私、トバイアスの魂と呼ぶものから私は引き離されています。私のエネルギーが彼に流れこむ様子は、まるでアルツハイマー病の逆バージョンのようなのです。

おお、私はこれまであなた方と集ってきましたが、カウルダーとあなた方の何人かはご存知のように、このところ私は以前ほど現れては居ません。なぜなら私の本質はどんどんサムの中へ流れ込んでいるからです。私はまだこちらの領域に存在しています。私はまだ-あなたの呼び方では-アセンデッドマスターまたはその言葉がなんであれ、その状態です。しかし、地球のエネルギーと人間の意識は非常に魅惑的で私の心をつかんで離さないので、あなた方もそうであるように、私も強くひきつけられています。おお。2009年7月のシャウドの時、私はここに話をしに来ると保証しましょう。あなた方がトバイアスの半分だけではなく、私の全てのエネルギーが完全にここに来ることを約束します。サムにとっては落ち込む日もあることでしょう。その日、彼はあまり気分が優れなかったり、非常に眠くなるかもしれませんが、私は確実にここに来ます。

今、あなたは「トバイアス、なぜあなたはそれが起こることを許しているのですか?なぜあなたはこれをしているのですか?なぜサムは今ここに居るのですか?」と言います。

ええ、いくつかの理由があります。なぜなら私には出来るからです。私は経験を愛しています。私はあなた方一人一人と、私が人間になると約束しました。それにより、私はあなた方に実際に触れ、共に働き、分かち合い、食事を共にし、いくらかタバコを吸い、何よりワインを楽しむことが出来るのです。私のエネルギーがサムに流れ込むにつれ、この地球と呼ばれる場所へと私の意識が行くにつれ、より強く、しっかりと引き寄せられています。そしてまた、私の魂の全てがこの地球へ来て、体現し、あなた方のように人間のスタンダードとなりたいのです。

私は、この自分のコテージに座りながらあなた方にどうすべきか、これら全てのシャウドやレッスンを通して、「低い壁の向こうに立つこと」、「深いプールへ飛び込むこと」、あるいは私が今まで過去に言ってきたこと全てのような、賢明な教えを小出しにしてあなた方へ与えることも出来ます。(いくらか笑い)しかし・・・しかしサムを通して完全に体現すること、私の全ての魂が入ること、私の神聖の全てが入ることは実際の経験なのです。ただの人間であるだけではないのです、それは私である全てになることなのです。分かりますか、それが、あなた方がたった今、していることなのです。あなたもまたサムなのです。ある意味、あなたはあなた自身のサム、あなた自身の経験なのです。

とても奇妙に聞こえるかもしれませんが、私はただあなた方についてきただけなのです。あなたはたった今、他の領域のどこかのあなたのある部分から30年、50年あるいは70年分のエネルギーがゆっくりとあなたへ流れ込むのを許しているのです。あなたはただ、自分が人間の名前を持つあなたであると思っていました。あなたはアセンション、あるいは何らかの偉大でミステリアスなイベントが起きるのを待っていると思っていました。実は!それは既に起きているのです。

あなた方にお話した8歳の少年サムは、彼の家の寝室に戻りぐっすりと眠っています。それはあなたなのです。あなたにもその経験があるのです。あなたが6歳だった時かもしれません、10歳の時かもしれません。あなたは、あなた自身、あなたの本質、あなたの神聖と繋がった経験があるのです。ある日、あなたが眠っている時や病気だった時、または学校でうとうとしていただけの時かもしれませんが、ある呼び声を聞いたのです。「こんにちは、サム。私を覚えていますか?私は魚みたいな匂いがする人だよ」と。サムと私はそのように繋がり、彼は自分が安全であると知るのです。彼は、それがこちら側で魚のような匂いを漂わせることを選択した、ただの彷徨える幽霊のような存在ではないと知っています。(笑い)それは、私がここにいるとサムに知らせる為の、私の香水のようなものなのです。

特に今、私たちがクウォンタム・リープを共に通り抜ける時、あなたにもたった今同じことが起きているのです。あなたの-あなたがなんと呼ぼうと、あなたのトバイアス、あなたの本質-は、あなたの日常へとゆっくりと流れ込み続けているのです。今、その流れはさらに増しています。他の側でのあなたの本質は、砂時計のように-あなたの言う-上の領域からこちらの領域へとまさに今流れ込んでいるのです。それは今、夜だけでなく、あなたがぐっすり眠っている時や、特別な状態の時だけというのとは違う関係を求めています。あなたが完全に現在にいるときの関係を求めているのです。あなたのトバイアス、あなたの本質は、入って来たいのです。

無理強いすることはできないのです。私、トバイアスでさえ、サムの中へ私のエッセンスを流れ込ませることを強制出来ないのです。サムやあなたは、自分自身のアイデンティティを持ち、それはあなた自身の選択なのです。しかし、もしあなたが選択するなら、もしあなたが少し違うこと、なにか非常に広大なこと、あなた自身の中にクウォンタム・リープを取り入れることを選択するなら、あなたは大いなる自己と呼ばれるもの、あなたのオーバーソウル、大いなるあなたが、たった今あなたの人生により完全に入り込むのを許すことが出来るのです。

あなたの身体や精神を焼き尽くさないために、それは一夜にして起こるわけではなく、少しずつ起こりますが、それはそこにあるのです。あなたが真の自己、あるいはハイヤーセルフと呼ぶものとの出会いは、別の領域で起こる必要はないのです。あなたと、あなたの自己との出会いはここ、この現実でも起こるのです。あなたがもてなし役になれるのです。あなたが、あなたの自己にここへ、あなたのもとへ来るように呼びかけられるのです。

さて、あなたがそうする時には期待を手放してください。まず、翼のコンセプトを手放してください。私達はそれがどこから来たか分かりません。(笑い)翼-あなたがたはいつも翼を期待しますね!それを手放してください。感情に注意してください。マインドから抜け出してください。あなたのマインドにはそれがイエス、モハメッド、あるいは大いなる自己からであるに関わらず。「救い主」に対する先入観があります。手放してください。救い主は必要ないのです。それは古い意識で、古い催眠なのです。あなたが完全な自己を今であれ、別の日であれ招き入れるにつれ、ある時、急に壁や人々の服を透かして見えるようになるなどという期待は手放してください。(笑い)それは非常にユニークな経験です。今まで何度も私たちが言ってきたように-それは超人になるというようなことではないのです。完全に統合された人間になるということなのです。

それなので、明日、あるいは次の日に何かが起こることを期待しないで下さい。なぜなら、それらは関係ないからです。大切なことはこの瞬間、ここで何が起こっているかなのです。あなたのIQが35ポイント上がるというような期待を手放してください。そうなりたいなら、500ドル払えばそのようなコースを取ることが出来ます。あなたの魂にそれを強いる必要はないのです。ある日突然30-40ポンド体重が落ちるというようなコンセプトを捨ててください。そういえば時々、あなたの本質が統合されて行くにつれ、ある一定の期間、もう少し体重を増やす必要があるかもしれません。なぜなら、まぁ、あなたは今、何人分ものあなたのために食べているのですからね!(笑い)

もしあなたが手放すなら、あなたの身体はそれ自身で自然にバランスを取り直そうとするでしょう。しかしこれは、なんと呼んでもいいですが、オーバーソウル、「あなた」-私は本当のあなた、と呼びたいですが-は、入ってこられるのを待っているのです、あなたに招かれるのを待っているのです。世界中があなたに集中砲火を浴びせるとか、破壊するとか、汚染されるなどと心配する必要はないのです。あなたは完全に統合された存在なのです。あなたは、「あなた」を、あなたや外部の世界から守る必要などないのです。あなたはそれを招き入れていいのです。あなたは、自分が十分良い人間であるか、ヨガをしてきたか、正しい呼吸法をしているか、あなたが過去に犯したことに対して-なんというか-汚れをまだ持っているかどうかなど、心配する必要はないのです。あなたの魂、あなたの真の自己はそんなことは気にしていないのです。本当にどうでもいいことなのです。それはただ、経験であるだけなのです。それはただ、あなたがこれまでにしてきた選択で、そして、あなたとあなたのハイヤーセルフは、既にこれらのことを知っているのです、だからあなたは、それをこの現実の中へと招待できるのです。

いつかサムと私は、今私があなたにそうするように招待していることを経験するでしょう。サムがもう少し成長するにつれ、両親や友達がなんと言おうと、彼が目によってではなく見えるもの、耳によってではなく聞こえることは、実際に起こっている現実であるということにどんどん気づき始め、実感するようになるでしょう。彼は今、それを彼自身のプライベートな世界だけに留めていますが、若い男性へと成長するにつれ、その価値に気づき始めるでしょう。それがどれ程現実で、どれほど真実であるかに気がつくでしょう。それらの声、ビジョン、感情を受け取るにつれ、それらに抵抗し、ブロックするのを止める時だと気づくでしょう。それが、彼がそれらのことを抱きしめ、彼の世界へ入り込むのを許す時なのです。そして、その時が彼と私がついに非常に美しい方法で一つに溶ける時なのです。それが、あなた方が今このクウォンタム・リープを通り抜ける際にしている経験なのです。抱きしめて下さい。受け取って下さい。それが、あなたの人生に入ってくるのを許して下さい。

いつか・・・いつか、サムを通して私たちは出会うでしょう。シャーンブラの集会で会うかもしれません。あなた方のうち、何人かがサムとしたことがあるように、メッセージボードで出会うかもしれません-クリムゾンサークルではなく、その他の者達と彼が歩むこと。-私は彼にそれらのことを辞めてほしいです。あなた方のうち何人かは、インターネットを通してサムに会いました。いつの日か、私たちはみんなで出会い、これら全てのことを笑い飛ばす日が来るでしょう。

(小休止)

この現実において、かつて人間だったアスペクト(側面)と真の神聖との結婚を見ることはなんと美しいのでしょう。非物理領域へ戻ってからのお話ではなく、まさにここで。「あなた」の意識が、この瞬間へと本当にどんどん入り込んで来ているのを見るのはなんという喜びでしょう。







Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.