524496 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

IMAGINE

「J'encore 再び、私に出会う」つづき

私に、再び(J'encore)

さて、私たちがクラウスのこの、長い物語を話したのはなぜでしょう? それはまた、あなたの物語でもあるからです。それは親愛なるシャーンブラ、あなたには実にたくさんの部分があると言うためでした。あなたは空想します。夜には夢を見ます。たった今でも、あなたは多次元の領域に出かけて、あなたの一部を創造しています。ものを想像し、望みを、夢を持っています。でもそれらは向こうにありました。あなた自身の多次元のおもちゃの棚に、あなたの精巧に創られた一部があるあなた自身の店に。あなたの気高い部分 - 気高い、あなたのうんざりする部分!(笑) あなたの若い部分、・・・あなたが若い女の子なら、あなたの一部はそのような側面を持つことがどんなものかを理解するために、若い男の子を創造しました。兵士だったあなたの一部を、ほとんど何でも、ただ、創造しました。あなたには様々な部分があります。あちこちに。あなたの情熱から、愛から創り出されたものが。あなたは様々な可能性を思い、想像します。あなたは偉大な作家に、科学者に、料理人に、ビジネスマンに、天使に、鳥になりたいと思います。

つまり、何か思考を、イマジネーションを抱くたびに、あなたはそれを創造します。手を使うわけではないかもしれません。木や塗料を使うわけではないかもしれません。でも、あなたはそれを創造して、それはどこかに存在します。ここにはないだけです。あなたは様々な可能性を様々な形で演じることで、試してみます。あなた方の中には、この生涯で結婚せずに、世界中を旅するのがどんなものかと思い巡らす人がいます。そして文字通り、それを創造します。あなたのその人形が向こうで、それをしています。あなたは、あなたのこのすべての部分を、創造物を認識していませんが、それらはそこにあります。まさにクラウスのおもちゃの人形が本当にその棚にあったように - 少なくとも、彼が彼らを解放するまで。

あなたには、このように想像する部分があります。「裕福になるのはどんなものだろう? パワフルになるのは? 癌を治療する発明を世に出すのはどんなものだろう? 人々のグループをカウンセリングして、彼らの人生を永遠に変えるというのは、どんなものだろう?」 これらはあなたの人形です。あなたが創った、あなたのあのおもちゃで、それらは本物です。本物です。この新しい意識の時代に、あなたは再び、自分自身に出会います。J'encore. 私に、再び。

たった今、実に興味深いことが起こります。あなたはこの瞬間にいます。あなたには向こうに置かれた自分自身のすべての創造物がありますが、今、あなたの道がすべて同時に交差しているかのようです。シンクロニシティでしょうか? おそらくは。数の一致でしょうか? 計画の一部です。あなたの進化している意識でしょうか? まったくその通りです。

あなたは自分自身に出会います。時にあなたは他の人を通して、動物を通して、鳥や犬を通して、あなたとともに部屋にいる、かすかな何か、影のようなもの、しかし消えていくものの存在を通して表れるものに自分自身を見ることになります。木の中にまで、あるいは雨粒の中にさえ。あなたは再び、自分自身に出会います。長い間、向こうにあったあなたの様々な可能性に、そしてそれは今、現在のこの現実に入って来ています。

J'encore. 個人的なデジャヴュのようです。デジャヴュはあなたが別の領域で夢見た、あるいは創造した体験の追憶です。その記憶が、この現実で起こるのです。J'encoreは、再び、あなた、です。あなた自身に出会う。

これは実に興味深い現象になるでしょう。なぜなら、最初のうちは、自分の外側に置く傾向があるからです。なぜ、あの特定の人があなたの中の何かを誘発するのか、クラウスが通りを歩いていて見た人が、彼に自分のおもちゃの人形を思い出させたように? J'encore. 再び、あなたです。でも、別の領域を探求していたあなたが、今、このあなたの現実に入って来ているのです。

最初は、奇妙な感覚があるでしょう。クラウスが自分の人形に良く似た人間にばったり出会った時がそうだったように。頭を掻きむしり、何が起こっているのかと思うでしょう。でも、おそらくクラウスのように、あなたは彼らすべてを集め、皆を壮大な祝宴に招待することができるでしょう - あなたが勘定を払うのですよ! - あなたのあらゆる部分とともに喜びの中で行う祝典です。ええ、おそらくはあまり好きではなかった部分。他の人たちに対して腹を立て、イライラした部分。あなたはそれを抑えつけて、出さないようにしていましたが。傷ついた幼い子供というあなたの部分。クロゼットやベッドの下に隠れ、人間から身を隠すために茂みに隠れていた部分。

カレッジや大学にいる時に、若者として最高の夢と望みを持っていたあなたの部分。実に理想主義者で、世界を変えたいと思いながら、決してそうはならなかったあなたの部分・・・ あるいはもしかするとそうなったのかもしれません。自分が世界をどう変えたかにただ、気づいていなかっただけで・・・ イルカを救おうとしたあなたの部分、蜘蛛を助けようとした部分、あらゆるものを救おうとした部分。自分は道をそれてしまったと感じている、あなたの部分。つまり、あなたのその部分は、あなたのおもちゃの人形の1つなのです。木や肌を持ち、生きているわけではありませんが、別の次元で生き、他人を援助し、助けるのがどんなものかを演じ、感じています。彼らを連れ戻す時です。あなた自身に出会う時です。J'encore. 私に、再び。ただ、私に再び。

あなた方の道は今、すべて一致して、一点に集まっています。つまり、以前は、道は実に様々な方向へそれていました。あなたは自分の人生のあなたすべてに、あまりにも忙しかったのです。でも今、道は戻り、一緒になります。J'encore. 私に、再び。

帰郷(Coming home)

想像しているにしろ、現実にやっているにしろ、座って、あなたのイマジネーションを招いて下さい。あなた自身を、「あなた」のあなたがすべて戻ってくるのを。神々の液体を飲んで下さい。あなたのすべてを戻し、一緒にさせてくれる、不老不死の薬(エリクサー)を。ワインを勧めているわけではありません - あなたが選ぶものは何でも良いのです - それは祝典です。再び、一緒に会うことの祝典です。これをすると、あなたは、あなただけでなく、あなた自身の側近全員が持っていたすべての才能、創造性、体験の幅に魅了されるでしょう。彼らを連れ戻し、一緒にして下さい。再び、あなたに出会うのです。

親愛なるシャーンブラ、それはすべて一度に起こるわけではありませんが、今、起こり始めています。J'encore - あなたのデジャヴュです。あなたはこの地球に、この時期、意識にインスピレーションを与えるためにやって来ました。シャーンブラがすでに生み出した表現を私たちは使います。クリムゾン・サークルが、親愛なるリンダが生み出した。その表現を私たちは使います。「意識にインスピレーションを与える」。あなたはそれをするために、今、ここにいます。

意識にインスピレーションを与える人(Consciousness inspirers)

あなたが「エネルギー保持者」だった時を覚えていますか? 大昔のことのようには思えませんか? 「エネルギーの保持者」で、それを誇りに思っていました。それがどんなエネルギーでも、責任を肩に背負っていました。数年前に、あなた方は卒業して、「エネルギーを動かす人」になりました - 他の人たちのためにエネルギーを動かす、自分自身とすべての意識のためにエネルギーを動かす人に。そして今、あなたはエネルギーの意識にインスピレーションを与える人です。クラウスが木工の、おもちゃ作りの教師になったように、あなたは今、意識の教師になります。他の人たちが意識を、彼らの視野を拡張できるようにインスピレーションを与えます。

意識は気づきです。それは実際、エネルギーではありません。気づきはエネルギーではありません。あなたは、あなたの意識のツールとしてエネルギーを使います。クラウスが彼の仕事に絵筆やのこぎり、やすりをツールとして使っていたように。あなたは、あなたの意識のツールとして、エネルギーを使います。意識は気づきです。あなた方は現在、地球で意識と気づきにインスピレーションを与える人たちです。そのためにあなたはまだ、ここにいます。あなたが進む方向を期待すべきなのはそれです。あなたにはまだ、十分な活力が、十分な生命力が流れこんでいます。この惑星で、すべての人類のために、意識にインスピレーションを与えるという仕事をするための年月はまだ、たっぷりとあります。あなたがすることはたくさんあり、あなたがするすべてを聞く意思を持つ人たちはたくさん、います。

完結(Completion)

私たちはここで、サイクルの終わりに達しています。先程、話したように、これはただの7-7-7という日ではありません。今日、文字通り、私たちが互いに交わしていた合意を、地球に来るという合意 - あなたが肉体の姿で、私が壮大なスピリットの姿で - 「ティーチャー・シリーズ」へと至る8つのシリーズをくぐり抜けていくという。それを私たちは今、まさにこの瞬間に終結します。私がクリムゾン・カウンシルの存在たちとともにここにやって来て、あなた方を愛し、導き、ユーモアを与え、ここに至るまで、時にあなた方を駆り立てて、どんなことでもするという合意です。

最近、バランス次第では、あなた方がいる場所次第で、私は地球に最大で10年間、とどまることにする、と言いました。今、この時点で、親愛なる友人たち、私には旅立ちの正確な日にちが分かっています。私を待っている「殻の身体」がいるからです。私を引き込もうとしている、地球のあの重力があります。ですから私は自分自身に選択をしました。2009年7月19日の時点で、それが私の最後のチャネリングになります。このシャーンブラのグループの前に姿を見せる最後になります。その時には私は、10歳になっているサムの身体に、完全に居住することになります。私は・・・ サムを通して、あなた方の多くに出会うでしょうが、肉体の中で会うでしょう。あなたが私をトバイアスとして知ることはありませんし、サムとして知ることもありません。でも、私の目で私を知るでしょう。クラウスのように、おもちゃ職人のように、見た瞬間に、自分の創作が分かったように。私たちは互いを知るでしょう。

今後2年間、私はあなた方すべてとワークを続けていきます。「新しいエネルギー」とともに、人類すべての意識にインスピレーションを与えるために。私が旅立った後は・・・ ええ、ほろ苦い思いですね。クラウスが彼の人形をすべて棚に並べ・・・ それらを手放すのにほろ苦い思いをしたように。もう棚をきれいにする時だというのを知りながら・・・ 私にも、あなた方1人ひとりといることに、これだけの喜びを持っていたので、ほろ苦さがあります。このようなギャザリングだけでなく、私たちが過ごした他の時間もありました。私たちは、一緒にハイウェイを走りました。あなた方の中で、その運転の仕方が私を怯えさせる人もいます - 私がサムをその車に乗せることは、絶対にないでしょうね!(笑) 私たちは、湖のほとりを歩きました。たくさんの、たくさんの素敵な本を一緒に読みました。何度も食事をともにして、実に多くの時間、あなたのベッドに寝そべり、あなたが眠りにつく少し前に、少し話をしました。

でも、その時間はやって来ます。今から2年後、このシリーズの10を終えた時・・・ 2009年7月19日という数秘学を見てみて下さい、う~ん・・・ 私があなた方との合意を終える時がやって来ます。その時、アダマス・セント・ジャーメインが、クリムゾン・カウンシルのスチュワードとして、やって来ます。クリムゾン・カウンシルと別の領域、地球のクリムゾン・サークルとの橋渡し役として。彼はクツミ、クァン・イェン、そして特に具体的には、シャーンブラのエネルギーに付き添われて来るでしょう。

2009年のその日以後、いくつかシャウドがあり、それはただ、シャーンブラだけの - あなた方の - ものになるでしょう。セント・ジャーメインと彼の側面が行う時もあるでしょう。ええ、そうですね、彼はマーク・トウェインやピタゴラス、彼の様々な側面をもたらし、直接、あなた方にチャネリングするでしょう。彼はクツミや他の多くの存在をもたらすでしょう。でも、あなた方との私の時間は、トバイアスとしての - ト・ビー・ワーとしての - 時間は終わりになります。私たちがともに過ごしたサイクルの完結へと至ります。

ですから、今は涙は、なしです。私たちには一緒にこの基本的なトレーニングをやっていく2年間が残されています。2年間のシャウドが残されています。すべての人類の意識にインスピレーションを与える2年間が残されています。私はあなたを心から愛しています。私たちがともに過ごすこれらの時間を、楽しみにしています。

そして、そういうことなのです。
(And so it is.)



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.