516452 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

IMAGINE

「定義なく」

ティーチャー・シリーズ シャウド9:
「定義なく」 
クリムゾン・サークル 2007年4月7日

そして、このように(And so it is)。誰を期待していたのですか?(笑) - 私、トバイアスは、私たちは今、シャーンブラとともに、教師たちとともに、この「新しいエネルギー」の教室で、あなた方全員と集っています。

実際、ほんの一瞬前まで、誰がこのシャウドを実は受け持つことになるのか、決まってはいませんでした。クツミと少し、腕相撲をして - それで私が勝ったわけです!(笑、トバイアスもクスクス、笑) 今日、私たちがする話の本質ゆえに、2人ともやりたいと思い、私たちは - 何と言うか - 私たちなりの衝突を - 良い形ですが - 持ちました。あなた方1人ひとりに対する私の親密さゆえに・・・ ええ、クツミもそうですが、でも私とあなたは、本当に多くの時間を過ごしてきました。いくつもの生涯を、「ティエンの寺院」での生涯を、イェシュアの時代での生涯を、その後もいくつもの生涯を、そして今、ここ地球で。あなたはクツミが「愚かな、愚かな人間」と言うものに体現して、私はある種、体現しながら - まだ、どうするか、答は出していませんが、一部はここにいて、一部はそこにいる状態です。でも、この日、やって来て、あなたとシェアしたいと心から思ったのは私でした。

私たちの深い呼吸で始めましょう。今日、私たちは、新しい場所に行くからです。

(間)

受容

ご存知でしょうが、たった今、私たちの安全な空間で、聖なる空間でやっているように、あなたが自分を受け入れると、本来の自分についてリラックスしていると、つまり身体の中にいることを快適に感じ、人間性の中にいるのを快適に感じ、魂の中にいるのを快適に感じていると、そうすれば、ええ、本当に、私たちは入って来ることができます。私はとても、とても近くに入って来ることができます。あなたが自分自身を受け入れれば、私を吸い込むこともできます。あなたがこの安全で、快適な場所にいれば、私が - すっかりあなたの身体へと流れ込むのが、ずっと簡単になります。

何も心配するものはありません。私が奪おうとすることはありません。私には自分のものがあります。私がどんなエネルギーも奪おうとはしないのを、あなたは知っています。その必要はないからです。あなたを説得しようとすることもありません。なぜなら、あなたは自分自身を妥協していないからです。あなたは、本来のあなたを知っています。

この安全な空間に、私たちがたった今、創造しているこのちょっとした次元にともに座り、あなたが本当にあなた自身を知っていると感じていれば - エネルギーは変わります。私はとても近くに入って来ることができます。あなたとともに、あなたの身体の中へすっかり入ることができます。あなたの意識と融合し、ダンスすることができますし、あなたが自分自身と遊離することは、決してありません。私たちはなお、エネルギーのこのような美しい融合を形づくることができます。まず、あなたと私がこのダンスをともに踊り、それから他のシャーンブラたちのエネルギーを招きます - 私たちすべてです。たった今、意識のこの瞬間に、世界中でつながっている人たち、後にこれを聞き、読む人たち。

あなたがたった今、しているように自分自身を感じ、受け入れれば、別の領域へと開くことができます。私たちのシャウドのプロセスを促進してくれる天界の存在たちへと。なぜなら、それは人間のレベルで話される言葉以上のものだからです。あなたが今日、感じていることは、今日、あなたの意識が動いているところは、別の領域でもまた、感じられます。あなたがたった今、ここでやっていることは、肉体の筋肉ひとつ、動かしていなくても、あらゆるところで、すべての意識を変えています。

深呼吸をしましょう。汝自身を知り・・・

(間)

・・・そして、私たちの残りのものをすべて、吸い込んで下さい。

(間)

復活、そしてとどまることの選択

ではシャーンブラ、私たちは今日、特別な日にここにいます。特別というのは、地球上の多くの宗教やスピリチュアルなムーブメントにとって、いわゆるイースターの時期だということです。死の時であり、復活の時です。人間がこれを受け入れてきたので、人間がこのジーザスの物語を受け入れてきたので、変容を、ある意味で古い自己の死を可能にする、あるエネルギーが創り出されています。でも、ご存知のように、本当には死というものはありませんが、もうマスターの役に立たない死のエネルギーというのはあります。手放すこと - それが死です。ただ、手放すこと。古い構造を、古い習慣を、物事を古いやり方で知覚するのを手放すこと。死なせることで、エネルギーが純粋で、自然な状態に戻ることができるのです。

それから、復活です。あなたを上昇させ、意識の新しい場所へと進化させてくれる復活です。時にこの復活というのは - 変化は - 試練を伴うもの、圧倒的なものである場合もあります。でも、ご存知のように、自然なプロセスが起こるので、あなたが受け入れれば、それはあなたを - あなたが自分自身を - この意識の新しいレベルと理解へと連れて行くことになります。

実に多くの人間が死と復活の物語の意識を受け入れているので、そのエネルギーは現在、いたるところにあります。この1ヶ月、実に多く見られました。あなた方がそれを感じてきたのを、私たちは知っています。人間の意識が - その古い部分が死に、新しい部分が目覚める準備ができているのを、あなたは感じてきました。

でも、意識が、この人間の意識の次のレベルが目覚める準備ができると、不安が出て来ます。怖れが出て来ます。古いやり方へ戻りたいという欲求が出て来ます。ええ、あなたは自らそのような体験を何度もしてきました。自らのこのアセンションの体験において、あなたはどれくらい頻繁に戻りたいと思ったでしょうか? あなたは1人で冒険へと乗り出しました。時に孤独を感じ、もはやあなたの古い自己と触れ合うこともなく。新しい自己が誕生しているからです。何度、あなたは、戻りたいと思ったことでしょう? この体験という旅に乗り出してしまったことを、何度、後悔したことでしょう? それが他の人間たちが体験していることです。特にこの、いわゆるイースターという時期において - 復活において - あなたはそれを感じていました。それを体験してきました。

私たちがシャーンブラのエネルギーを見て - 天使の頂から - 起こっていることの概観を眺めていると、興味深いのですが、これはまた、1年の時期でも、地球のエネルギーが死から、冬から、覚醒へと、復活へと変化する時期でもあります。暦は実際 - より正確には - 以前は春に始まったのをご存知でしょうか? 真冬の1月になぜ、変わったのかは、私たちには知る由もありません!

ですから現在、このように変化するエネルギーが、変容のエネルギーが発生しています。これはまた、シャーンブラ、あなた方にとってもこの1ヶ月はちょっとした時期でした。あなたは質問を受けました。私、トバイアスからでも、セント・ジャーメインからでも、誰からでもなく、あなた自身から。私たちは距離をおいて、みつめていました。あなたが訊けば、私たちはアドバイスやコメントを与えます。私たちはこの1ヶ月、みつめてきました。それは興味深いものでした。なぜなら、あなた方の実の多くの方が、自分自身に夢で、目覚めた状態で、訊いたからです。「私はこの肉体でさらに進むべきだろうか? この現実という幻想の中で? 今、去るべきだろうか?」 ちなみに、去ることに罰則というのはありません。あなたが何かを失うことはありません。ある意味で、何かを獲得するのです。「私は今、この生涯を終えるべきだろうか?」 おそらく静かに、あるいはドラマとともに、それはどちらでも良いことです。

あなた方の実に多くが、前回のシャウド以来、しばらくその質問を自らに投げかけてきました。あなたは、自分のワークを終えたのだろうか、と思っていました。肉体の現実という困難を、なぜ続けていくのか、とも思いました。ここに戻り、セント・ジャーメイン、私、アインシュタイン、テスラ、あなたが帰って来るのを待っている他のすべての壮大な存在たちとともにいるのがどんなものかを思っていました。私たちはこちらでは盛り上がります。こちらでは楽しんでいます。物事をあまり深刻にうけとめません。自己愛、思いやり、親密さの場所に私たちはいます。こちらは壮大です。壮大です。

あなた方の多くが、自らに訊きました。「いったい、なぜ、私は今、地球にいるのだろう?」 あなたは前に、これを聞いたことがあります。この声を聞いたことがあります。でも今は、それは少し、違います。あなたがあなたに訊いているからです。それは外からの声ではありませんでした。今、それは内なる声になりました - 「私はとどまるべきか、去るべきか?」 私たちは観察し、みつめていました。エネルギーが動き、シフトし、時に衝突を起こし、時に落ち込むのを感じましたが、実際、私たちは驚きました。私たちは、あなたがやって来る時のために、近くの領域に、多数の天使たちを待機させていました! ええ、それはもちろん、壮大なものだったことでしょう。あなたは称賛されていたでしょう。あなたは - 私たちはともにパーティをしたでしょう。

私たちは驚きました。世界中で、ごくわずかなシャーンブラが - ごくわずかしか - これをした人はいませんでした。ごく少数のシャーンブラが戻るのを選択しました。あなた方のほとんどは、とどまりました。繰り返しますが、その必要はないのです。死それ自体は、まったく、そのように困難なものではありません。あなた方シャーンブラにとって、トランジションは - そのプロセスがどんなものか、ご存知です。あなたは近い領域を怖れてはいません。本当には存在しない、地獄と呼ばれる場所を怖れてはいません。ですから、それは簡単だったはずです。でも、ほとんどの人がしませんでした。それは興味深いことであり、私たちはそれを観察しながら言いました。「これは何だろう? どうしてなんだろう?」 

私たちはあなたのエネルギーを、シャーンブラのエネルギーを見て、あなたが自らの人生に喜びを見出し始めているという結論に達しました。あなたはどのようにエネルギーが作用するかを、それが本当は何であり、何ではないか、という原動力を理解し始めています。あなたは自分が創造者であることを理解し始めています - もう、ただ言葉を聞くだけではなく、ただ、それを唱えるだけでなく - その言葉に、そのエネルギーに本当に、存在し始めています。

あなた方の実に多くが、ここまで来たのだから、よりによって今、去るなんて、と感じていました(少々、笑) 多くの人が感じました。「クォンタム・リープまであと数ヶ月だから、少なくともそこまで待とう。(笑) あの地球でのパーティに行きたい!」 まじめな話、私たちもまた、そこに行きます - 大挙して。クォンタム・リープの祝典には、人間よりも多くの天使たちが参加するでしょう。私たちもまた、それを待ってきたのです。

あなたは自分自身に対して、また人生に対して、他の人間との関係に対して、違う見方をしてきました。あなたはアセンションというこのプロセスにおいて、最悪のものを通過しました。死の部分を通過し、今、あなたは目覚めの、復活の部分に入っています。ええ、まだ困難な時もありますが、つまりあなたには、他の人間のように物事というのがあるからです。二元性のエネルギーの中で、実に古い苦闘のようなものがあり - とても、とても、とても古いエネルギーです - あなたはこれを感じ取っています。感じています。でも、あなたはとどまるのを選びました。これを続けていくのを選択しました。私はこの瞬間をもって、あなたにお礼を言い、称賛したいと思います。その必要はなかったのです。あなたは - スピリチュアルな奉仕から解放されたからです。古い契約から解放されました。シャーンブラのエネルギーからさえも、解放されました。少なくとも、義務という意味では。シャーンブラのエネルギーとともにいたいのなら、それは選択です。ここにいる必要はありませんでした。

ですから、私たち側では、あなたがとどまるという選択を下したことについて、少し涙しました。地球上にいる人たちになる、というあなたの選択に。これは、「新しいエネルギー」の教室です - これこそが、「新しいエネルギー」の教室です。私たちは、世界中にある他の多くのグループを - スピリチュアルなグループを、ニューエイジのグループを、メタフィジカルな、宗教的なグループを知っていますし、ともにワークもしています。このようなグループを導く天界の存在たちと私たちは、ワークしています。でも、ここ、天使の頂からの視点では、シャーンブラのようなものは何ひとつ、存在しません。何ひとつ。

あなた方を見て下さい。カウルダーが先程、言ったように、あなた方はルールによって団結しているわけではありません。ほとんどの組織はそうしています。あなた方は、一連の定義づけされた信念体系により、団結しているわけではありません。ほとんどの組織はそうしています。あなた方は何か、属すべき階級により、団結しているわけではありません。ほとんどのグループはそうしています。あなた方は選択により、ハートにより、あなた方が教師である人間への奉仕により、集まり、ともにいます。それは驚くべき、驚くべき概念です。この、あなた方がシャーンブラと呼ぶものは。

これが、「新しいエネルギー」の教室です。あなた方が、そこを通り抜けているのです。ええ、世界中にはそのような個人はいます。でも、グループとしては、あなた方こそが、新しい意識と、あなた方が長い間、知っていた古い二元性の、3次元の物理学を凌ぐ新しい物理学と遊んでいるのは、あなた方のグループです。

これこそが、「新しいエネルギー」の教室です。私が言ったように、また、カウルダーも今日、言ったのをあなた方は聞きました。「新しいエネルギー、それは何だろう?」 それは何か - たった今、私は教えます。それは、定義がない、ということです。定義がない、ということです。私たちは今日、それについて、探っていきます。定義がない、というのを探っていきます。

では、深呼吸をしましょう、シャーンブラ・・・

(間)

妥協しない

私たちは前回のギャザリングで、妥協しないことについて話しましたが、ここで少し、復習したいと思います。あなた方1人ひとりが、そのエネルギーを、あなたの内側で忘れず、感じ続けてほしいと思います。あなたの内なるレベルにおいて、妥協というのは何でしょう?

妥協とは、基本的に、制限のことです。妥協は、怖れや不確かさ、あるいはいわゆる善悪、すべきこと、すべきでないことについての古い信念体系のようなものを通じてさえ、発生することがあります。あなたが自分を希薄にする時、明け渡す時、他の人から奪わせてしまう時、妥協があります。自分自身の内側で感じるのがどんなものかを知っていて - あなたは自分の中心が、核がどこにあるかを知っています - でも、知らないフリをしている時、妥協があります。すると、外側の状況や環境をあなたの人生を導く力にさせてしまいます。

あなたが、「私は創造者だ。」と言いながら、実際には自分は取るに足りない創造者だと - ちっぽけな創造者だと感じている時、妥協があります。あなたの人生を取りまくすべてのこのような影響力が、あなたよりも壮大な創造者なのだ、と感じている時。それが妥協です。あなたは完全で純粋な創造者であるか、それとも創造者でないかのどちらかです。創造者でないとしたら、あなたは犠牲者です。創造者でなければ、あなたは間違いなく、犠牲者です。他のあらゆるものの犠牲者です - 他の人たち、大衆意識、エイリアン、あなたの外側にあるものは何でも - あなたは犠牲者になります。あなたは、あなたのエネルギーを明け渡します。

妥協しない、というのは、本来のあなたを理解し、思い出し、受け入れることです。あなたはまた、神であるということを受け入れ、それに妥協せず、部分的にだけ受け入れるのではなく。

私たちがこのポイントを持ち出すのは - それはとても、とても重要だからです。前回のシャウドでそれを持ち出したのは - なぜなら、繰り返しますが、私たちが「新しいエネルギー」へと次のステップを踏み出すと、それは定義することのできないものですが、妥協した状態では、踏み込めないからです。部分的に行くことはできません。その中へ完全に開いていくのです。

ですから、妥協しない、というこのエネルギーとワークを続けて下さい。あなたの人生を見続けて下さい。なぜなら、時に・・・ それは身を隠すことがあるからです。あなたに対してゲームをしかけることがあります。時にあなたは、生き延びるためには妥協する必要があるのだ、と自分を納得させます。この妥協のエネルギーそのものが、あなたの個人的なエネルギーをとても低くしてしまい、自分がそれをしていることに気づくことさえない時もあります。

妥協とは、マインドで認識するものでもありますが、ほとんどの場合、あなたはフィーリングで、ハートで認識します。何が起こっているのか、正確に理解できない時もありますが、あなたは妥協している時は、本当に感じることができます。前回のシャウドで言いましたが、あなたのエネルギーは落ち込みます。自分自身を裏切ったように感じます。自分が壮大ではなく、ちっぽけな存在に感じます。あなたが妥協する時、そういうことが起こります。

あなた自身の個人的な人生を見てみて下さい。仕事の状況を。そこであなたがしている妥協を見て下さい。なぜ、妥協しているのですか? 前にも言いましたし、もう一度、言います - 遅かれ早かれ、シャーンブラ、あなたは自分で(自営で)仕事をしなければならなくなります。遅かれ速かれ。

ですからあなたは、妥協します。自分を養うために、家族を養うために、お金を受け取る職が必要なのだ、とあなたは思っています。あなたに用意されたものは、他には何もないので、その必要があるとあなたは思っています。あなたは妥協して言います。「ええ、こんなことやあんなことが起これば、多分、去るだろう。これだけのビジネスが私のもとにやって来て、新しい事業で十分な仕事があれば、それなら去るだろう。」 それは、妥協です。それが、妥協です。

何が起こるかと言うと、エネルギーの作用する形ゆえに、あなたがそれを達成することは決して、ないでしょう。そしてあなたは不満を感じます。あなたのエネルギーはとても低くなり、肉体はそれに応じて反応するのです - そしてあなたは戻って来て、私たちとパーティをするわけです。でも、ここにたどり着くために起こった出来事について、あなたは満足しないでしょう。この妥協のエネルギーそのものが、私たちが次のレベルへ入る際に、とても重要になります。今日、私たちはそれを少し、味わってみます。

今日、ゲストはいません。それがどういうことか、お分かりでしょう。ゲストはいません。私、トバイアスだけです。私たちがともに創造しているこの次元のエネルギーをサポートする天界の存在たちは、肉体を持たない存在たちはいます。この日は、ゲストはありません。私たちには、新しいものを探求するためのある種のエネルギーが必要なのです。

少し時間をとり、息を吸い、この「今」の瞬間に、自分がグラウンディングしているのを感じて下さい。

(間)

「シャーンブラ・サービス・センター」を訪れる

あの呼吸をする時に、自分自身を感じて下さい。自分自身を感じて下さい。分析しようとする必要はありません。ただ、自分自身を感じて下さい - あなたの身体を、あなたのマインドを、あなたの魂を - すべて、この空間で。

さて、「今」の瞬間から、外へ拡張しましょう。身体から離れないで、意識を拡張するのです。水に石を放り投げるようなものです。つまり、同心円が外へ外へと作られます。それが、あなたが自分のエネルギーでできることです。あなたが石で、あなたが中心です。私たちのエネルギーを今、拡張しましょう。私は今日、あなた方を別の領域へと連れて行きたいと思います。「シャーンブラ・サービス・センター」へまた、連れて行きたいと思います。

「シャーンブラ・サービス・センター」とは何でしょう? それは、シャーンブラのエネルギーです。あなた方のグループ・エネルギーです。「シャーンブラ・サービス・センター」は、いつでもあなたが来たい時に来ることのできる場所です - 活性化するために、学ぶために、教えるために。それはヴァーチャルな空間ですが、すべてのシャーンブラの意識と同意により、それは1つの現実です。それはそこにあります。

あなた方1人ひとりで、それは少し、外観が違います。あなた方の現実に対する受け取り方によるわけですが - あなた方が現実をどう見ているか。ですから、誰かシャーンブラと話をすると、こう言うでしょう。「シャーンブラ・サービス・センターは、こんな外観をしている。」 別のシャーンブラは言うでしょう。「そうではなく、こんな外観だ。」 それはどんな外観でしょう? そのすべてです。なぜ、エネルギーが様々な様相を持てないのでしょうか? それを眺める人、観察している人によって、なぜ、違う見方ができないのでしょうか? あなたにとってさえ、「シャーンブラ・サービス・センター」が、その外観や感じがなぜ、一瞬ごとに変わってはいけないのでしょうか?

あなたは固定した意識、3次元にとても焦点を合わせた意識に生きるのに慣れています。ですから、たとえば、この部屋の前方にある花を見る時、それがどのように見えるか、ということに一般的な同意があります。でも、そうでしょうか? でも、そうなのですか? この花は変化することがあります。花は、目に逆らい、マインドに逆らい、何かをやり始めることがあります。なぜなら、それは花瓶に入った花以上のものだからです。色の祝典以上のものだからです。花はおそらく、私よりも上手に歌うことができます。花は変化することが、変容することができます。

さて、マインドはそれをどのように受け入れればよいのか、分かりません。マインドは言います。「でもトバイアス、あなたはとても難解な表現をしています。実際的な現実では、花は変化しません。ええ、死んだら変化するかもしれませんが、でも今、ここにある状態では、そうではありません。」 でもそれが、それが、親愛なる友人、今日の要点なのです。本当は何が起こっているのか? 本当に進行しているのは何か?

ですから、「シャーンブラ・サービス・センター」は、あなたが前回、来た時とは違うものに見えるかもしれません。違う性質を持っているかもしれません。唯一のものである必要はありません。多重のものになり得るのです。ただ1つのアイデンティティしか持たなければならない、ということもありません。たくさんの、たくさんの様相を、すべて同時に持つことが可能なのです。

今日の私たちのワークのために、「シャーンブラ・サービス・センター」にエネルギーの基盤を準備してくれた、クリムゾン・カウンシルの天界の存在たちがいます。そこに私たちのエネルギーを、ともに流しましょう。そこを抜けて・・・ あなたに扉があるとすれば、あるいは窓から入りたければそれもできます。もしかすると、入口はまったくないかもしれません。ただ、浮かんで壁から通り抜けることもできます。構いません。こうすべきだ、というあなたの知覚を手放して、そこに本当に、あるがままのものが出て来るようにしましょう。

「シャーンブラ・サービス・センター」に入りましょう。私たち全員で。ええ、中には十分な空間がありますので、混みあうことはありません。

(間)

言葉の部屋

少し、時間をとって、私たちがたった今、いる部屋のエネルギーを感じてみて下さい。前回、ここに来た時、私たちが水について話したのを、覚えていますか? 水は、あなた方の側の領域だけでなく、私たち側でもまた、重要な原動力です。私たちの水は、あなた方の地球にあるような物理的な性質でできてはいません。ここにある水は、流動的で、冷たく、なだめてくれるようなエネルギーです。私たちの中で、地球上で生きたことのある存在は、この領域に - 天界の領域に - より洞察に富んだ、より深い捉え方をもって、水と呼ばれるエネルギーを持ち帰ることができます。すべての天使が - ほとんどの天使が - 水とワークします。ここでは水はヒーリングを、流れを、慰めを意味します。こちら側でさえ、それはエネルギーの一種なのです。ですから、私たちの「サービス・センター」には、水がふんだんにあります。

よければどうぞ、座って下さい。少し、リラックスして下さい。私たちがともにいる、この瞬間を楽しんで下さい。

この部屋の中では、私は言葉を使っています。水のようなものの性質について定義するのに、言葉を使っています。椅子を定義して、「椅子に座って下さい」と言うのに、言葉を使っています。この時点で、私は現実を形作るのに、言葉を借りています。

言葉というのは、とても興味深いものです。それは明確なエネルギーを携えています。この部屋の壁を定義するのに、私たちは言葉を使っています。あなた方の中には、この部屋に岩の壁を見る人もいるでしょうし、色の壁を見る人もいるでしょう。

この部屋には、たくさんの花があります。あなたのために持ち込まれました。エキゾティックな花々です。良い香りの花です。色とりどりの、輝く色を放つ花が、エネルギーを振動させ、椅子に座っているあなたへとエネルギーを伝えています。

私たちがともにいる部屋の床は・・・ 今、あなたにとって床は、サポートです。それは基盤であり、土台です。美しいタイルの床を見る人もいるでしょう。この瞬間、豊かな分厚いカーペットの床を選ぶ人もいるかもしれません。ただの土の床を好む人もいるかもしれません。ガイアのエネルギーと、地球のエネルギーと絶えず、つながっていたいと思うからです。ガラスの床にいる人もいます。何人かの人は、雲の床に浮かんでいます。つまり、あなた方は皆、同じような体験で、別の見方をすることができるわけです。

私はここでは定義するのに言葉を使っています。人間がそのようにしてコミュニケーションをとるからです。言葉というのは実に興味深いものです - また、実に制限のあるものです。地球には、実に様々な言語があります。言語は言葉を発達させ、像であれ、フィーリングであれ、エネルギーをもたらしますが、言葉はとても明確な波動を伝えます。今、私があなた方に言葉を通して語りかけているうちにも、私たちは変化しています。私たちは波動で遊んでいます。言葉にある象徴性で。言語はマインドから来るものであり、言葉は言語から来ています。ですから、言葉はマインドのものです。

言葉はとても制限されていますが、人間はそのような形でコミュニケーションをとります。また、そのようにしてコミュニケーションをとらなければならないのだ、とあなたは信じ込んできました。言葉は本当のエネルギーを制限しますが、それでもあなたは何をするにも言葉を使います。あなたはそうします。基本的に非言語的な分野にさえ、あなたは言葉を使います。言葉を使って物事を定義します。何かのエネルギーを形作るのに、あなたは言葉を使います。

言語は、驚くべき研究です。言葉は、驚くべきエネルギーです。それらはシンボルです。私がこうして話しているうちにも、あなた方の中には・・・ 言葉が今、とても曖昧になってきています。私が言っていることさえ、理解できていないかのようです。なぜなら、私たちは言葉を超え始めているからです。あなたは言います。「今、カウルダーの口からは、雑音しか出てきていない。」 とても定義された3次元にいると、3次元の中だけで知覚していると、言葉はとても明確な意味を持ちます。でも、あなたが拡張すると、言葉はもう、曖昧になっていくかのようです。あまり意味をなしません。そのシンボルは、あまり筋の通ったものではありません。なぜなら、あなたは違うレベルで働き始めているからです。言葉を超えていこうとしているからです。

思考の部屋

私たちは、「シャーンブラ・サービス・センター」を定義するのに、この部屋を定義するのに、言葉を使いました - 私たちがたった今、いるのは、言葉の部屋です。では、一緒に次の部屋に行きましょう。深呼吸をして下さい。どうやってそこに行くのでしょう? 何でも構いません。歩いても、漂っても、自分自身をそこに投影しても、拡張しても。ただ、ともに次の部屋に行きましょう。深呼吸をして下さい・・・

(間)

・・・そして、中に入りましょう。これはちなみに、現実なのでしょうか? 完全に - あなたがそう選ぶのであれば。それを選ばないなら、いいえ、それは現実ではありません。あなたがそうであると選ぶのであれば、私たちは文字通り - というのは、私たちは意識の同意をしているので - あなたは文字通り、これをどこかのレベルでやっています。次の部屋に移ります。私たちは、「シャーンブラ・サービス・センター」にいます。

時々、私は笑わずにはいられません - 人間が現実と呼ぶものと、そうは呼ばないものに。フーディーニや他の偉大な奇術師やマジシャンたち、マーリンのエネルギーとワークする人たちは、間違いなく、何も現実ではないということを理解しています。何も。すべてが幻想です。あるいは、より良い言い方をするなら、すべてが一時的な創造である、ということです。なぜなら、あなたが、他の人たちが創り出す創造物でさえ、変化していくからです。エネルギーは拡張し続けるものなのです。

それが、スピリットについて、神について、全体のエネルギーをどう呼ぶかに関わらず、ひとつ、言えることです。ひとつ言えるのは、それが常に拡張を、表現を求めているということです。それが、スピリットについてひとつ言えることです - 常に自らを表現し、拡張したいと願うことです。自らを表現し、拡張する。なぜだかお分かりですか? スピリットは、喜びの中にあるからです。スピリットは愛の中にあるからです。そして、愛のエネルギーがするのは、そういうことです - 拡張し、表現し続けることです。

さて、私たちはここで、次の部屋へと拡張しました。これは、思考の部屋です。思考の。さて、私はしばらくの間、言葉を使い続けなければなりません。なぜなら、人間はそのようにしてつながり、エネルギーの原動力に同意しているからです。あなたに、今、この思考の部屋にいるようにお願いしたいと思いますが、言葉を超えて拡張して下さい。話し言葉や書き言葉を通して、ここで伝えられているものをただ、超えてもらいたいと思います。

思考の部屋は、興味深いものです。思考は言葉を必要としません。あなたは常に考えていますが、それが言語で表現されなければならない、ということはありません。あらゆる思考が言語で表現されなければならないとすれば、絶えず話していなければなりません! 思考について、ひとつ言える真実は、限界のあるものは、あなたが思考に言葉を、あるいは言語を加えることです。

深呼吸をして下さい。たった今、何かを考えてみて下さい。

(間)

たとえば、テスラのことを考えてみて下さい。あなたはたった今、あなたの思考を定義するのに、一連の言葉を使いました。さて、あなたはもしかするとこのようなことを考えていたかもしれません。「テスラ - マジック、創造性、発明、エネルギー、エジソン。」 あなたが考えている間に、頭脳はそこに言葉をつけ加えていたのです。あなたは思考に言葉をつけ加えるのに熟達しています。あなたはそのようにして自分自身とコミュニケーションをとります。過去にコミュニケーションをとってきました。それと遊ぶのは、これからは、あなたが思考をどのように言葉に置き換えるのかを見るのは興味深いものになるでしょう。

少しの間、時間をとって、あなたがいる、この「シャーンブラ・サービス・センター」について、考えてみて下さい。

(間)

あなたはエネルギーを、マインドの中の思考を通して言葉へと定義しています。そうしなければならないのです。そのように訓練を受けてきました。話していなくても、言葉に置き換えなければなりません。それはまだ、言葉へと翻訳されています。考えると、言葉へと入ります。

フィーリングの部屋

さて、深呼吸をして、今、次の部屋へと拡張しましょう。漂って来ても、飛び越えて来ても - ただ、そこに来て下さい。一瞬に、あっという間に自分自身を運んで来て下さい。私たちは今、「シャーンブラ・サービス・センター」の3番目の部屋にいます。

深呼吸をして下さい・・・

(間)

これは、フィーリングの部屋です。フィーリングです。では、この部屋のエネルギーを感じて下さい・・・

(間)

・・・判断せずに、制限なしに。この部屋のエネルギーを感じて下さい。

(間)

愛かもしれません。安らぎかもしれません。思いやりかもしれません。あなた方の中には、エネルギーがどちらかと言うと一定せずに、素早く動いたり、前後に出たり入ったりするように感じている人もいます。少しの間、このフィーリングの部屋のエネルギーを感じ続けてください。

(間)

色を感じている人もいます。解放のようなものを感じている人もいます。何人かの人は、痛みを感じています。「新しいエネルギー」を感じている人もいます。

つまり、このフィーリングの部屋でさえ、そこはマインドを超えたものですが、思考を超えたものですが、自分が感じていることを定義するのに、あなたはまだ、言葉を使っています。ここであなたが知覚しているフィーリングは、思考へと、マインドへと逆流して、あなたはその周りに言葉をつけ加えています。繰り返しますが、あなたは最古の時代から、これをするように訓練を受けてきました。いくつもの生涯を、知覚するものを定義するためのシンボルを創り出すのに、言語を使ってきました。

あなたが知覚するものを、すべてのレベルで定義するために、言葉が使われています。ここに、エネルギー・ワークの壁が、虚偽があります。それはマインドを通して逆流して、言葉へと入って来ました。ほとんど、コントロールできないものです。あなたのエネルギーはそのように訓練されてきましたし、それはとてもあなたの役に立ってきました。物事を理解するのを手助けしてくれました。エネルギーを定義する手助けをしてくれました。自分自身に、また他の人間にあなたのフィーリングを、思考の定義をシェアする助けになってきました。それはある種、一般に受け入れられた慣習なのです。私たちはフィーリングや思考を言葉に置き換えます。言葉は、話されることもあれば、書かれることもありますが、すべてが遅かれ早かれ、言葉になります。ある種、じょうごのようなものです - エネルギーが言葉に置き換えられるまで、じょうごのように、狭いところに注いでいくのです。

さて、言葉にはたくさんのエネルギーのレベルが含まれているかもしれません。私が「木」のような言葉を言うと、そこにはたくさんのレベルがありますが、それはまだ、言葉です。それはまだ、定義であり、そこにはまだ、制限があります。このようにエネルギーの表現を制限することは、あなたにはとても役に立ってきたものですが、今ではあなたの気を狂わせています。そこには何か、越えたものがありますし、あなたはそれを知っていますが、それをどのように言葉に置き換えればよいのか、あなたはただ、分からないでいました。それを感じたのですが、どのように定義すれば良いのか、分かりませんでした。なぜなら人間は、天使でさえ、意識にはある特定の制限があるように訓練されてきたからです。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.