505506 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

IMAGINE

「あなたの「自己」を妥協しないで下さい」 

ティーチャー・シリーズ シャウド8:
「あなたの「自己」を妥協しないで下さい」 
クリムゾン・サークル 2007年3月3日

--------------------------------------------------------------------------------

そして、このように(And so it is)、親愛なるシャーンブラの皆さん、私たちは地球の「新しいエネルギー」の、すべての宇宙の「新しいエネルギー」のこの教室で、ともに集まっています。ここで少しだけ時間をとって、あなた方全員を感じたいと思います。私、トバイアスのエネルギーを、たった今、世界中でつながっている、すべてのシャーンブラのエネルギーを、このギャザリングに参加している天使たちのエネルギーをあなた方に感じてもらいたいと思います。彼らはあなた方の周囲にある2番目のサークルにいます。彼らは観察者です。この惑星地球で進行していることをみつめています。

ここよりも壮大な惑星はありません。ここよりも賢明な惑星はありません。ここより進歩した惑星はありません。あなた方が興味深い観点から物事を見ることがあるのは、私たちも承知しています。私がいた時代でも使われていた表現に、「ろばの尻」という言い方があります。(笑) あなたは、答を持たないかのように物事を見る傾向があります。つまり、あなたは単なる - いわゆる - 取るに足りない人間であり、何らかの探求を行っているところである、モーゼの探求のように。砂漠を40年間、さ迷い歩くという。あなた方の中には40,400の生涯を、さ迷うフリをしてきた人もいます。この地球と呼ばれる場所をさ迷い続けた人が。

つまり、それはそれほど困難なことではないのですが、困難にしてしまう意識というものがあります。加えて、実に、あなた方には重力というようなものがあります。実に奇妙な磁力やそのようなものが、困難に思わせるのです。でも、ここでの旅は、本当に極めてシンプルです。ここでの旅の目的は、究極には、自己発見ということです。あなたの「自己」との関係、ひいては他の様々なエネルギーとの関係 - 存在する他の様々な存在との。本当に極めてシンプルです。ある意味で、それをなし遂げるために、何百、何千という生涯をかける必要はありません。別の意味では、この道のために選択する、というものがあります。それについて私たちは今日、話をします。でも今、この瞬間、シャーンブラのギャザリングを感じて下さい、ええ、本当に。

現在、占星術のうえで、興味深い様相が起こっています。それがあなたを支配するわけではありません。それはあなたにとってのツールです。手を伸ばし、掴み取り、人生で使うためのツールです。月や日(月)食、乙女座や魚座の様相などは・・・ このようなものはすべて、あなた方にとって機会あるいは可能性なのです。ラクダの尻から見てみると、このようなものがあなたの人生を支配しているように見えます。つまりあなた方が - 何と言うのでしょう - 水星が逆行している状態に入っているという。このようなことを私は常に聞きます。「水星が逆行している」 ええ、確かにそういう時もありますが、そこに手を伸ばして、その可能性を取りあげ、地球でのあなたの創造性のワークに、ティーチングのワークに生かすことができます。あなたが支配される必要はありません。それは、あなたに力を与えることができます。あなたに恵みを与えることができます。

現在、いわゆる星や宇宙には、途方もない出来事が起こっています。あなたはこのような出来事を感じますが、実際、あなたが本当に感じているのは、何より、出来事だけでなく、目覚めていない人たちへの - 他の人々への - 影響であり、彼らがヤギや羊の尻に立ち、いかにその影響を感じているかというものです。創造者であることなく、このようなものがツールであると知るのではなく、彼らは自分たちはどういうわけか犠牲者であり、どういうわけか運命のようなものがあり、このような出来事の重みを、または重荷を、あるいは軽さを感じなければならないのだ、と思っています。これらはツールです - あなたが自らに創造したツールなのです。忘れてしまったのですか?

占星術は、あなたにとって美しいツールですが、時間の経過に伴い、意識の重荷に伴い、多くの人々がこのようなものが、あなたを支配するのだと考えるようになりました - あなたを支配する星宿として。まったくそうではありません。それらはあなたが、自分に役立つように、あなたの道に置いた可能性なのです。たった今、手を伸ばし、月を、月食を掴んでみて下さい。あなたに必要なものを掴んで下さい。月食は変化の時です。影で覆う時です。新しいサイクルへと移る時です。手を伸ばして、人生にあなたがまさに選ぶエネルギーを掴んで下さい。でも、注意して下さい。そのようなエネルギーは強力です。なぜならあなたが活性化したからです。あなたが人生にもたらしたので、それは実際、作用するからです。

シャーンブラ、私たちは今日のディスカッションの核心に入る前に、ここで少し時間をとりたいと思います。あなた方と少し、身体のバランスを取り戻すワークをやりたいと思います - あなた方とやる必要があります。つまり・・・ ええ、あなた方のほとんどが、身体に痛みや苦痛を感じていて、自分の内部で何が起こっているのだろう、という疑問を持っているわけですが・・・ あなたは片足を「古いエネルギー」に置いています。もう片方の足を「新しいエネルギー」に置いています。そこには - 何と言うのでしょう - 心に浮かぶ絵がありますが、そういう情景を浮かべてみたことがあるでしょうか? 1つの漕ぎ舟に足を置いて立ち、もう1つの漕ぎ舟に片方の足を入れている状態です。時々、流れが違う2方向に向かうので、当然、そうなると影響が出てきます。

ですからあなたはここで、目覚めていて、意識的な人間として、「新しいエネルギー」が今、あなたの人生にあるのに気づいています - どこか別の場所ではなく、岩の下に隠れているわけでもなく、秘密の洞穴や特別な聖杯にしまわれているわけでもありません。それは今、ここにあり、利用できて、使える状態です。でもあなたはまだ、周囲の至るところにある「古いエネルギー」の世界に対処していて、それがあなたを沈ませる傾向があります。文字通り、あなたのエネルギーを枯渇させる傾向があります。

ですから、私たちはここで少し時間をとって、ただ、身体を回復させ、あなたの意識が身体に追いつけるようにさせたいと思います。つまり、時々、身体はバランスを失うことがあります。あなたの意識は大急ぎで進んでいて、身体はどうすれば良いのか、分からないでいます。ひとつには、完全にバランスがとれて、調和がとれた身体との関係をまだ、あなたは築いていないからです。またひとつには、あなたの身体は、「新しいエネルギー」をそこに吸収するためのパターンに移行している、機能している最中であり、ひとつには、あなたのDNA全体が、またあなたの粒子の様々な側面が現在、変化しつつあるからです。

ですから私たちはこの美しい瞬間を使って・・・ シャーンブラのエネルギーとともに、あなたが今、ここにいても、あなた方の電子メディアを通して参加していても、後にこれを読むか聞いているにしても、私たちは別の様々な領域で、肉体の領域でエネルギーのバランスをとるワークをする、とても特別な天使の存在たちを連れて来ています・・・ ここで少しだけ、時間をとります。ちなみに、それだけですみます。ほんの少しの時間、あなたの身体が意識に追いつくのを受け入れるのです。

深呼吸をして下さい。

(間)

あなたの意識は急速に開いてきました。それはこの次元だけでなく、別の様々な次元に拡張してきました。あなたの身体は - 何と言うか - 肉体の姿で動き回るための仕事を引き受けてきました。あなたの自己の存在に必要な、より世俗的な仕事を行っています。あなたの身体はあなたの周りの至るところに、そして内側に進行しているエネルギーの機能障害の多くを引き受けてきました。

ですから私たちは、ここでシャーンブラとともに集う美しいこの瞬間を使い、深呼吸をします・・・

(間)

身体が追いつけるように。一緒にスピリチュアルな風呂に入るようなものです。今日、援助するためにやって来ているエネルギーに身体を和ませてもらい・・・ 身体に閉じ込められた、どんなエネルギーも解き放ち・・・ 身体が自らバランスを取り戻せるように。

現在、あなた方のいわゆる肉体の心臓の部分に、たくさんのエネルギーのアンバランスがあります。心臓発作のことを話しているわけではありません。エネルギーのことを話しているに過ぎません - 生命力エネルギーです - あらゆる瞬間に送られている、心臓から身体中へ毎時間、送られているものです。あなたの心臓が送っているのは血液だけではありません。それは生命力エネルギーであり、あなたの身体全体を循環しています。

私たちはこの心臓の辺りにある美しいエネルギーに、バランスをとるエネルギーに焦点を合わせます。ええ、あなたは背中に痛みがあるのかもしれません。頭痛があるかもしれません。胃に症状が現れているかもしれません。それは分かりますが、少し時間をとって・・・ ハートを開き・・・ それがバランスを取り戻すのを・・・ あなたの肉体のあらゆる部分に、そのヒーリングの和むようなエネルギーを送ってあげて下さい。

(間)

「新しいエネルギー」の教師としてのこのワークは - 肉体にとっては大変です。マインドだけでなく、肉体は、あまりにも過剰なエネルギーを、バランスを欠いたエネルギーの多くを拾い上げる傾向があります。ですから、もう1度、一緒に深呼吸をしましょう・・・

(間)

・・・身体を意識に追いつかせて・・・ そして解き放ちます。

(間)

今日、私たちはシャーンブラに話すことがたくさんあります。今日、私たちにはとても特別なゲストたちが来ています。特にそのうちの1人は。そのエネルギーを感じてみて下さい。これは推測のゲームではありません。感じる体験です。ここで名前を当てようとしているわけではありません。今日、私たちのとても特別なゲストとしてやって来たこの存在のエネルギーを感じて下さい。

(間)

そのエネルギーは、数日前に入って来ました。今日のシャウドのエネルギーの伝達において、重要な役割を果たす存在です。エネルギーは、音楽が演奏されている間に、ほとんど - そうですね - 翼を持つ馬に乗ってやって来るかのように入って来ました。あなた方が男性的なものに結びつけるエネルギーです。あなた方は男性的でもあり、女性的でもあるのは分かっていますが、あなた方がそこで連想するのは、男性的なものです。

私たちのゲストのエネルギーは・・・ ここでただ、エネルギーを感じてみます - 推測するのではなく - かつて地球にいたことがあります・・・ ごく最近、およそ70年前に地球にいました。そのエネルギーは、あなた方の現代科学の進歩の助けとなり、「新しいエネルギー」の科学の進歩に今後も助けとなっていく存在です。

そのエネルギーは実に、あなた方の多くがすでに感じて、ご存知のように、ニコラ・テスラです。この日、訪れ、今後数回のシャウドで私たちのゲストとしてやって来ます。テスラは、たった今、部屋を歩き回っていて、ほとんど部屋の中を走り回るようにして触れたり、感じながら、このシャウドのゲストであることを喜んでいます。テスラは、ご存知のように、テスラとしての生涯で、実に興味深いバックグラウンドを持っています。オーストリアでセルビア人の家族に生まれ、驚くべき - マインドだけでなく - 創造的で創造者としての驚異的な感性を備えていました。驚異的でしたが、時代の先を行っていました。

テスラは、実際、他の2人の存在とともにやって来ました。ある意味で、それぞれの生涯における類似点を調和させていました。3人がそろって会うことはなかったのですが。テスラはやって来たチームでも才気溢れた存在でしたが、その当時、やるべきワークをやるチームが必要でしたし、今でもワークをするうえでチームに頼っています。テスラは、皆さんがトーマス・エディソンとしてご存知の存在とおよそ同時期にやって来ました。彼らは意図的に、一緒にやって来ました。ええ、2人は討論を交わしました。現代科学の進歩について、並外れた議論を交わしました。交流対直流に関して。

テスラとエディソンが行ったことは、現在のあなた方の生活様式の、あなた方が利用できるテクノロジーのもとになっています。少なくとも、機械という、物理的なテクノロジーという点では、アトランティスのテクノロジーの多くまでも、凌いでいました。テスラは、実際、ある期間、トーマス・エディソンのもとで働いていました。ともに研究室から、エネルギーの活用、電気の活用の偉大な進歩を、モーター・テクノロジーの開発を世に送り出しました。でも、彼らは一緒にワークを続けることができないのを知っていました。それは事前の同意にはなかったからです。離れる必要がありました。言い換えれば、それぞれ、独自の道を行く必要があったわけです。

エディソンは単に一人前の発明家としての役割を担っただけでなく - テスラほど優秀ではなかったのですが - エディソンは実現する人であり、いわゆる開発者でした。エディソンはもたらすことができる人でした - テスラを通じて入って来たテクノロジーの多くを - もたらし、地球に根づかせ、すべての人間が利用できるようにしました。意識的に製品を流通しました。あなた方が今日、使っている製品です - 電球、映画、蓄音機 - それらは他の開発や発明へとつながりました。エディソンは言うなれば、より商業的で、企業マインドを持っていました。その昔、彼が設立する一端を担った会社がどうなったか、見て下さい。それらの企業は繁栄しています。現在では世界でも屈指の企業になっています。当初の発明をベースにしたエネルギーの流れを提供しています。ですから、テスラとエディソンが一緒にやって来ることが重要だったわけです。実際に出会い、テスラが別のワークをするまでともに短期間、ワークするのは重要なことでした。

やって来た3番目の側面があります。バランスをとるための、この3部作の一部です。なぜなら、極めて多次元になることができて、なおかつ、この現実にすべてをもたらすための、別の存在が必要だったからです。皆さんがハリー・フーディーニとしてご存知の存在です。彼らはおよそ同時期にやって来ました。とても近い、エネルギー的な絆を互いに持ってやって来ました。うまくいかせるために3人が必要だったのです。フーディーニが提供するものが必要でした - 彼の幻想への理解が - 別の領域がどのように作用するかという理解に対する、フーディーニの情熱が必要でした。

フーディーニは別の領域で多くの時間を過ごしました - もちろん、意識のレベルで - そしてそこで得た情報の多くをこの領域に持ち帰りました。詐欺師や不正な行為をする人たちを、彼は容認することができませんでした。我慢することはできませんでした。なぜなら、彼は基本的な真実を理解していたからです。彼はとても用心深くしている必要がありました。口にする以上のことを知っていたからです。様々な理由から用心深くしていなければなりませんでした。意識は、人類はまだ、あまりそのための準備ができていなかったからです。彼は次元がどのように作用するのか、別の次元の物理学をどのようにもたらせば良いかを確かに知っていたので、処刑とまではいかなくても、投獄される可能性があるのを承知していたのです。

理解していた、いわゆる秘密を暴露するのではなく、彼は実際、特にテスラとエネルギー的につながり、テスラが後年、高度な、とても深遠なワークを行っていた頃、テスラを通じてその意識と情報を多く、与えていました。その間、テスラはエディソンの研究室を去り、自分の力でやっていくことにしました。たいしたビジネスマンではありませんでしたが、ものすごい発明家でした。彼なりに天才だったのです。

テスラは実際、この地域にやって来て、長い間、山中の自分の研究室でワークしていました。いわゆるコロラド・スプリングスと呼ばれる地域で。そこで驚異的な発明がなされました。その特定の地域の、山のエネルギーを彼は引き出すことができました。そのエネルギーは今でも実にとても強力です。このようなものすごい、強烈なエネルギーにより、軍や宗教のようなものがその地域に惹きつけられたのは、驚くに値しません。私たちは指摘しておかなければなりませんが、テスラでさえ見出したように、このようなエネルギーは実に強力で、少々、エネルギー的なステロイドのような - エネルギー的なスーパー・フードのようにも見えます。とても注意深くあるべきです。なぜなら、このエネルギーは実に強力なので、ある一定の尊敬の念を、ある程度のグランディングを持って扱わなければ、それを濫用しようとする人に対し、文字通り、しっぺ返しを与えることになるからです。

ちなみに、あなた方の中でその地域に住んでいる人たちにとって、それは驚きでも何でもないでしょう。あなたはその驚異的なエネルギーの注入ゆえにその地域に引き寄せられ、それを個人的に日常生活に何らかの形で使っているのですが、また、自らのスピリチュアルな成長と進歩のためにも使っています。必ずしもそこにとどまるように運命づけられているわけではなく、スピリチュアルなレベルでエネルギーを保持するためにそこに配置されたわけでもありません。あなたはそこを遥かに超えたからですが、この地域はそれでも、途方もないエネルギーを保持しています - 今でも保持しています。

テスラはコロラド・スプリングスにいる間、多くの実験を行いました。彼は、現在のテクノロジーが理解するものさえも遥かに超えた、ある特定の波動場を、特定の光照射野を創造する方法を理解していました。彼は光のエネルギー自体に、軽粒子や光波に働きかけることができました。磁気に、電磁気に働きかけることができました。彼はこのようなものに関して、エネルギーと燃料源としての磁気について、再び複製されることのなかったものを発見しました。

テスラは実際、ある種の・・・ 機械ではありませんが、いわゆるフィールド、あるいはエネルギーのフォースとでもいうものを創り出すことができました・・・ いわゆる、文字通り時間と空間の制限と遊べる場所です。彼は事実上、タイムワープ(時間歪曲)やスペースワープ(空間歪曲)の実験を行いました。また、それらをある種、次元間の出入口として使うことができました。

もちろん、彼はあまりにも時代の先端を行き過ぎていて、自分のワークの影響力を知っていました。とりわけ世界が大戦に向けて準備をしていたわけですから、彼は基本的に情報や資料の多くを公表しませんでした。自分が少しクレイジーになるようにしました。マッド・サイエンティストとして見られるようにすることで、それほど深刻に受けとめられないようにしたのです。内側では彼は自分がやったワークで何が達成できるかは分かっていたのですが。

テスラはそれ以来、転生していません・・・ 彼は第二次世界大戦の最中に肉体を去りましたが、するとまず、彼は実際、セント・ジャーメインが「クリスタルの領域」と呼ぶ場所へ行きました。そこでさらに自分の創造と発見を探求したのです。彼のエネルギーは、地球の領域に戻り、この数年間、とても直接的に、実に良く現れています。彼は現在、科学者たちとワークしています - 数人の科学者と、特にある1つのグループと、また個人の別の人たちとも - 彼がその生涯で生み出すことができた、まさにその開発に関して。そのうちのいくつかは、この地球のエネルギーと燃料に関して、まさに影響を及ぼすものです。彼が秘密を持っていると言いたくはないのですが、エネルギーが本当にどのように作用するのかという、実に深い理解へ、彼は当時、障害を越えて行くことができたのです。

エネルギーは - 何と言うか - 現在、科学者や物理学者、その他の人たちが理解しているようなレベルだけで作用するわけではありません。エネルギーはこの次元を出たり入ったりします。現実として知覚されているものを出たり入ったりします。エネルギーは、それ自体が、常に手に入るものでありながら滅多に使われることのない、絶え間ない流れなのです。エネルギーは - いわゆる - 最高位の領域で創造された一連の可能性であり、それがツールとして地球にもたらされます - それらをもたらし、活用するやり方に気づいている人たちによるツールです。

あなた方は、「新しいエネルギー」の時代へと入りつつあります。ですからテスラが今、開発者たちと、科学者たちと、いわゆるメタフィジシャンたちと - シャーンブラとともにワークするために戻って来たのです。彼は種子を植えるために、マインドを今、超えて行き、自由な発想ができるように、インスピレーションを与えるためにやって来ます。単にあなた方が現在、抱えている石油や風力、さらには太陽光のような、燃料危機への答を探るだけではありません。現在、研究されているものよりもっとずっと効率的で、ずっと説得力のあるものがあります。研究の多くをする人たちは、閉鎖的になってしまい、自らを制限する傾向があります。少なくとも、彼らが利益を受ける人たちは、会社は彼らを - 何と言うのでしょう - 予算という点から、業務範囲を限定するように求めるからです。ある1つの、特定の科学者のグループがいますが・・・ 名前は挙げませんが・・・ 彼らは「古いエネルギー」のシステムを打破しました。彼らはひとり立ちして、本当にこのような独創的でありながら、実際、実にシンプルなエネルギー分解に取り組んでいます。

テスラはクォンタム・リープ以後、いずれかの時点で肉体に戻るつもりですが、現在、彼はワークで忙しくしています。ある意味で、彼には現在、あなた方全員に、シャーンブラに、世界中に要望があります。彼とあなた方がやっているワークの本質を理解するようにという要望です。あなた方が意識のプラットフォーム(土台)を提供するように。あなた方が意識のエネルギーと流れを提供するように。

つまり、彼は科学者や物理学者、発明家と非言語的にコミュニケーションを交わすことはできるのですが、それでもほとんどの人があまりにもマインドでワークしているので、聞くことがありません。入って来るエネルギーを感じることさえありません。別の領域にいる私たちが繋がりをつけるのは困難な時もあるのです。私たちはある意味で、コミュニケーションをはかるために私たちが知っていることを叫んだり、大声を出すことはできるわけですが、それに対してオープンでない人たちには、情報は受け取られません。けれども、地球上で意識が開かれた人間のグループがいれば、この現実にグランディングしていながら別の現実にも拡張している人たちがいれば、私たち別の領域だけでなく、研究者や開発者たちに、より直接的な利益を与えることになります。

ニコラは今日、ここに来て、この世界のための新しい燃料源、新しい食料源、新しいエネルギー源の開発者とともに彼が取り組んでいるワークで、あなた方の意識的な気づきを求めています。ニコラはやって来て、あなた方経験豊かなエネルギーを動かす人たちに、現在、研究室でワークしている人たち、この世界の「新しいエネルギー」のためにも、この情報が地球の領域へと降りて来て入手できるものだというのを理解しようとしている人たちのために、彼とともにエネルギーを動かし、エネルギーを拡張する手助けをするようにお願いしています。彼らはそこにますます近づいていますが、何かが障壁を創り出してしまうのです。彼らは多次元の物理学を理解しません。彼らは実際、ちなみに、あまりにもマインドで答を探そうと躍起になっています。つまり、答はたった今も彼らの周囲にあるのですが、あまりにも躍起になっているので彼らはそれを見ていません。

シャーンブラの意識的な認識があれば、テスラのエネルギーとワークすれば、私たちはこのエネルギーを地球へもたらし、このような発明家たちに、壮大な「なるほど!」を与えることができるのです。この世界に本当の「新しいエネルギー」を、新しい燃料源をもたらす手助けができるのです。なぜなら、世界にはそれが必要になるからです。人口は増加しています。あらゆるレベルでのエネルギー需要が高まっています。研究者が何と言おうと、あなた方は「古いエネルギー」の資源を急速に使い果たしています。私たちは - 何と言うか - 地面を覗き込んで、石油の埋蔵量を見るわけではありません。私たちの視点では、エネルギーのパターンを見て、地球にどれくらい、この化石燃料が残されているかを見ます - 少なくとも存続可能な、利用可能なものを - それは尽きようとしています。ほとんど・・・ パニック・ボタンとまではいきませんが、でも - 何と言うか - 光が点滅してこう言っています。「親愛なる世界よ、親愛なる人間たち、それは底を突こうとしていますよ。」 ええ、まだ、あと20~30年はもつでしょうが、その20年、30年という間に、石油事情からさらなる戦争の可能性が、さらなる紛争、エネルギーの流れのシステムに、財政面も含めて、さらなるアンバランスが引き起こされる可能性が出てくるのです。

ですから現在、地球には新しい解決策に取り組んでいる人間がいます。でもあなた方、シャーンブラは、そこに今日、参加することができます。あなたが実際に答を、解決策を思いつくかもしれませんし、そうではないかもしれません。でも、それはあまり重要ではありません。そうではないですか。あなたの名前がそこに添えられるというのは。あなたが壮大な発明家だということが? 重要なのは、あなたがこの「新しいエネルギー」の時代に、地球の活性化と拡張のプロセスに参加したということなのです。

ですからニコラはやって来て、あなた方に話をします。あなた方にいろいろなことをシェアします。彼のエネルギーが過去に、ここまで現れることはありませんでした。現在、彼はもっと利用できるようにしています。科学的な気質を持つ人には、彼は喜んでやって来て、彼の概念を論じるでしょう。特に概念の段階を超えて行き、実際の実現化の段階へと入った人たちには。

私たちは今日、話すことがいくつか、あります。たくさんの情報がありますが、私たちはそれを、話し言葉だけでなく、たくさんの様々なレベルで伝えています。まず最初に、この時間の幻想ということについて話をしましょう。以前に私たちは話しましたが、現在、あなたがやっているワークに、より直接的な関係があるものだからです。

あなたは実際、ある意味で、時間を遡っていると言えます。あなたは時間を遡っています。この原理は、マーリンのエネルギーの・・・ ちなみにマーリンはたくさんの様々な個人でした。それはほとんど、時を経て、人から人へと授けられたようなものでした。マーリンはただ1人の存在ではありませんでした。それは肩書きでした - たくさんの人に与えられた、魔術師の肩書きでしたが、マーリンの集団には全体的なエネルギーがあると言えるでしょう。

マーリンはこの、時間を歩いて遡る、という概念そのものを理解していました。それはとてもシンプルな概念です。ある意味で、あなたはすでに到達したと言えます。数年前に、あなたはすでにアセンションをしたのだ、と私たちは言いました。あなたはすでに、「新しいエネルギー」に到達しました。あなたはすでに、あなたのすべての側面を完全に再統合するところへと到達しました。そしてあなたは、あなたの「自己」、あなたの魂、あなたの肉体 - あなたのあらゆる部分 - とのまったく新しい、ホリスティックな関係へと到達しました。あなたはすでにそこに到達しました。そこであなたは言います。「トバイアス、もし私が到達したのなら、私が常にそれを見出そうと、何とか理解しようとしているのはなぜなのですか?」

そうですね、時間を超越するという力学には興味深いものがあります。あなたはまず、選択をします。まずゴールにやって来ます。なぜなら、あなたがそれを選んだからです。そしてあなたは時間を遡り、そこに到達するのがどんなものかを確かめるのです。実にシンプルな原理です。あなたは常にやっています。それに気づいていないだけです。朝起きると、あなたは言います。「私は職場に到着する。」 あなたは選択をしたので、ある意味で、すでにそれは創造されたことになります。あなたは職場に到着するのです。

さて、仕事に行くというのはどんな体験でしょうか? その体験は、渋滞ということになるのでしょうか? 静かな、瞑想的なドライブになるのでしょうか? 朝、行く途中にテスラに話しかけるようなものになるでしょうか? あなたがどこかに旅をする時、地図を見てあなたは言います。「コール・クリーク・キャニオンから、ネバダ州のインクライン・ヴィレッジに行きたい。」 あなたはすでに到着しました。すでにそこにいます。でもあなたは時間を遡り、空港へ行くという楽しい体験をします。セキュリティを抜けて、(笑) あの小さくて窮屈な空間に座り、余裕のないスペースに身体を置くのがどんなものなのか、美しい国土を飛ぶのがどんなもので、乱気流を抜けるのがどんなものかを感じます。飛行機は前後に揺れ、墜落したら死ぬのだ!と思ったりします。(笑) すべてが体験の一部です - 時間を遡るということです。

これはとても重要な原理です。実に本質的な原理であり、あなた方教師が皆 - シャーンブラが - あなた自身のワークをやる際に、他の人間とワークする際に理解しておくべきものです。問題はひとつには、ほとんどの人間が自分はどこへ到達するか、という選択を決してしないことです。ですから彼らは、自分は何をしているのか、どこに行くのかと思いながら、時間を超えたゾーンをさ迷っているのです。彼らには最終目的地がどこなのか、時間を歩いて遡るというのがどういうことなのか、さっぱり分からないのです。夜になると、眠りについた状態でそこら辺をエネルギー的にさ迷う人たちが、彼らです。通常、シャーンブラは夜の間、ただ、さ迷うことはありません。あなた方には行く場所があり、会うべき天使たちがいます!(笑)

これはあなた自身のワークにおいて、つまり他の人間たちとワークする際に覚えておくべき、とても重要な点です。教えながら、彼らの目を覗きこみ、自らの目覚めのプロセスへと導く時、彼らがその選択をした時、というのが鍵となります。あるレベルでは - より深い、内なるレベル、あるいは人間としての意識のレベルで - 彼らはいわば、目覚める選択をします - 私たちはそれを、意識的になる、と呼ぶのですが - そして自らの「新しいエネルギー」への変容を、自らの神性の認識を体験します。

さて、彼らは目的地を選びました。選択をしました。選択は時に、魂のレベルで、いわゆるより高位の意識レベルでなされたかもしれませんが、人間の側面は、時にスピリットの側面は躊躇して、抵抗し、とても頑固になります。するとその人は、言うなればあてもなく、さ迷うことになります。でも、人間が「私は悟りを選ぶ。覚醒を選ぶ。私は選ぶ・・・」と言えば、それを何と呼んでも、「新しいエネルギー」、アセンション、何でも、彼らはすでに到達したことになります。そこで今、彼らはそもそも、そこに到達するのがどんなものなのかを体験していくのです。それが、私たちが「時間を歩いて遡る」というものです。それは宇宙の物理学ですが、必ずしも人間のレベルでの信念や理解というものではありません。

基本的に、時間はありません。時間は、日常の旅において、1つの瞬間から別の瞬間へ移るのを理解できるように、人間が人為的に創造したものです。時間は・・・ あなた方が皆、腕時計を外して、太陽や月が見えない、完全に閉鎖された部屋に座れば、時間という、分や時間を刻むという感覚そのものがなくなりますし、そうすれば時間というのは単なる信念体系に過ぎないことを理解するでしょう - あなた方がエネルギーを分割した時間というものです。現実には、間違いなく別の領域では、いわゆる時間とは、相次いで起こる出来事ということです。あるいは私たちは分離の地点と呼びますが、発生する一連の分離の地点のことです。それは、1つのものに別の選択、あるいは連続したものが積み重なることです。でも、最終的な選択はすでになされたので、連続した出来事は、ある意味で、単に歩いて時間を遡ることに過ぎないわけです。

ここで恵みとなるのは、あなたは自らのアセンションを、自らの再統合をどのように体験するかを選んでいるので、すでにそれは起こったので、あなたはもう創造者として、選択する人として、それをどのようにやりたいのかを理解しているということです。運命はありません。あらかじめ定められた道というものは、あなたにはありません。あなたは祖先のカルマに縛られているわけではありません。自らの個人的なカルマに縛られているわけではありません。創造者は、どのように体験したいのか、そもそも、そこにどのように到達したのかを選ぶことができるのです。

ではシャーンブラ、あなたはどのようにそれを体験したいですか? それはあなた次第です。あなた次第です。あなたが選択をします。それを豊かに体験したいですか? 健康な状態で体験したいですか? では、それを体験して下さい! それを選んで下さい! それとも、二元性、古い意識の罠に陥り、苦労しながらやりたいですか、難しいやり方でやりたいですか? あなた次第です。ちょっとしたヒントをあげましょう。私は難しいやり方でやりました!(笑) 誰もできないほど、難しくやりました - もちろん、セント・ジャーメインは別ですが(笑) - また、簡単なやり方も試しました。サムに関しては、私たちは簡単なやり方でやっていきます。楽々とやっていきます。世界に示していきます。それがどれほど簡単にできるかを、皆に示していきます。

ちなみに、サムはいわゆる、ものすごく頭が良い人にはなりません。優秀な学生にはなりません。おそらく、今の彼を見る限りは、「B」レベルの学生になるでしょう。IQが160というようなことにはなりません。おそらく・・・ ああ、彼は私たちに話してほしくないようです。(笑、トバイアスもクスクス、笑う) サムは知性に優れないことを選びました。そうすることで意識が優れることが可能になるからです。かなりの違いです。彼が達成できることに、マインドが邪魔をしてほしくないのです。このようなあらゆる知的なものは、いずれにしても人を行き詰まらせてしまい、あまりにもマインドにとらわれてしまうことになります。

あなた方のこの生涯で、知性とは何か、という理解に、マインドだけではないということに、飛躍的な進歩が見られるでしょう。誰かがただ、テストを受けて、事実や数字を覚えていられるか、ということではありません。この生涯で、あなたは意識が知性を超越するのを見るでしょう。現在、人生にはあまりにも知的な資質が問われています。マインドで考える、頭が良い人であるかが。この生涯で、あなたは意識が知性さえも乗り越えるのを、人々が意識の真価を認めるのを見るでしょう。意識を測定しようとする人たちも出てくるでしょうが、私たちはそれはまったくお勧めしません。ゲームになってしまうからです。人々が競い合うことになるからです。意識はただ、在るのです。

これはシャーンブラ、覚えておくべき重要なことです。あなたは時間を歩いて遡っています。過去の様々な生涯に戻るということではありません。まったくそういうことではありません。あなたは体験を持ちました。最高位のレベルで意識の可能性を選択しました。そして今、あなたはそもそも、そこにどのように到達したかを体験しているのです。

ここで少し、意識について話しましょう。現在、世界で意識がどう変化しているかについて。ごく数年の間にあなた方が見てきたように、急速に新しい考えが受け入れられています。新しい考えが。ええ・・・ あなた方の中でここで身をすくませている人たちがいるのは分かります。あなた方は同時に、古いエネルギーの締めつけや制約もまた、見ているからです - 「古いエネルギー」のグループや個人が愛すべき神に対するように、「古いエネルギー」にしがみついていて、戻りたがっています・・・ 彼らはいつも言います。「基本に戻りなさい」 彼らが言っているのは、「過去にしがみつきなさい」ということです。それはバランスをとるために不可欠で、エネルギーの原動力の一環ですが、大部分では、人々の意識が目覚ましいスピードで開いているのをあなた方は見ています。

オルターナティヴ・メディスン(代替医学)の受容、オルターナティヴ・ライフスタイルの受容、オルターナティヴ・スピリチュアリティまでも急速に、かなり地球で受け入れられてきています。そのはずです。あなた方は他の人間が、20年前、50年前、200年前に教わってきた以上のものが人生にあることに気づく道すじを、扉を開くための種子を植える手助けをしてきたからです。意識は現在、目を見張るようなスピードで変化しています。

いわゆる意識のレベル、あるいは神聖なエネルギーのレベルを何とか測定しようとする人たちがいて、基本的に彼らはゼロから1000、1200というような基準を持っています。意識は現在、急速に加速しているので、基準からはみ出してしまうグループや個人がいます。彼らはあまりにも急速に開いているので、古い測定方法はもう、あてはまらないのです。これは続いていくでしょう、シャーンブラ。あなたがこれを始める手助けをしました。この道すじを開く手助けを。それは地球で続いていくでしょう。新しい意識は、新しい理解は、とてもたくさんの人のもとへやって来るでしょう。

私たちがここで1つ、指摘しておきたいのは、意識には - 意識の拡張は - 思考にとらわれる傾向があるということです・・・ 思考にとらわれる・・・ なぜなら、人間は現在、マインドがマスターである、とあまりにもプログラムされているからです。マインドを超えるものは何もないとプログラムされています - 実際には、マインドは、いわゆる意識全体に比べれば、実に小さなものです。ですから彼らは、マインドで身動きがとれなくなり、そして急速に進化する意識がマインドにとらわれると、途方もない衝突が引き起こされます。あなた方の多くが、自らの人生でそのようなことを体験してきました。解明しようとして、あなたの新しい意識を分析しようとして、うまくいきませんでした。トラブルに陥りました。基本的にあなたは、古い精神的な制限を超えて行くために、自らをいわば解体し、バラバラにする体験をしなければならなかったのです。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.