505405 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

IMAGINE

「ティーチングが始まります・・・」 


ティーチャー・シリーズ シャウド1: 
「ティーチングが始まります・・・」 
クリムゾン・サークル 2006年8月5日

--------------------------------------------------------------------------------

そして、このように、(And so it is)親愛なるシャーンブラの皆さん、私たちはこの空間に、私たち特有の次元に、シャーンブラという私たちのエネルギーにともに集い、次のシリーズである - ティーチャー・シリーズを始めます。私たちが待っていた時です。待ち望んでいた時です。あなた方が皆、随分、長い期間、準備してきた時です。ええ、私たちが話していく物語は、そのいくつかは今のことですが、あなたがここに戻ってからも、コテージを訪れる時にも、あなた方とシェアしなければならない物語があります。過去7年間にあなたに起こった、驚くべき物語です。あなた自身の物語を書くだけで、何冊も本が書けるほどです。
あなた方が7年前に、シャーンブラとしてエネルギーを集め始めた時、地球上に何か特別なことが起こるであろうことが、私たちには分かっていました。この移行の時期を、私たちがどのように通過するのかは、はっきりとは分かっていませんでした。私たち側では、地球の破滅的状況というようなものはない、というのを、おおむね、感じていました。つまり地球のエネルギーは - とりわけ、クライオンが準備してやってきたものですが ― 地球の上の、そして地球のなかのマグネティック(磁気の)・グリッドを調整し、バランスをとり、内部に蓄積していた圧力や緊張の多くを取り除きました。けれど、自分たちをスピリチュアル・ワーカーや、神聖なる人間の天使と呼ぶ人たちを代表して、熱心なワークがいまだ、必要とされていました。人類の意識を進化させ続けるための、途方もないワークが。
私たち側では、この意識が開花するプロセスそのものを妨げるような戦争があるのではないか、と疑問視されていましたが、ありませんでした。大規模な戦争はありませんでした。常に、まさにぎりぎりの状況であるように思われるのは私たちも分かっています。たった今、中東の地ですら、ぎりぎりの状況です。けれど、行き過ぎないようにする何かが、常にあるようです。その何かとは現在、惑星上でワークしている人たちの意識です - スピリチュアルなエナジー・ムーバーたち(エネルギーを動かす人)や、スピリチュアルな教師たちが - 行き過ぎるのを防いでいます。自分の人生で意識をシフトさせたい、と願う人たちが行き詰まることなく、できるように。

このようなすべてのことに、企画書があったわけではありません。私たちは、あなた方もそうですが、物事がどのように進むか、ということへの夢と望みを抱いていました。私たち側からすれば、そしてあなた方の側から見ても、私たちには時間があまりありませんでした。さかのぼって、1999年の8月に、シャーンブラのエネルギーが一緒になった時・・・ その時点であなたがクリムゾン・サークルのことすら知らなかったにしても、あなたはシャーンブラとともにワークしていました。私たちがこちら側でワークしているように、あなた方の側で、これらのエネルギーを一緒にし始めていました。

7年の間に、あなたは、途方もない進歩を遂げました。タイミングというものがあるのを、私たちは知っていました。この「クォンタム・リープ」と呼ばれるものがあることを、私たちは知っていました。当時、私たちですら、はっきりとした日にちは分かりませんでした。それがいつ、起こるのかは分かりませんでしたが、近づいているのは知っていました。あなた方の側で莫大な量の意識のシフトがなされる必要がありました。これもまた、それがどのような結果になるのか、私たちの誰にも分かりませんでした。

そこには - 今も - 入って来る準備ができている、いわゆる別のチームがいます。人間たちが - 現在は人間の姿をとっていない人たちで、天使の領域にいる存在ですが - この仕事であなた方の誰かが、あまりにも打ちのめされてしまった時のために、このシャーンブラのグループそのものが、次の波に入って来てもらい、引き継いでもらうことに決めた場合に備えて、入って来るのを待っている存在がいます。入って来て、人間の身体をまとい、あなた方がやり残したものを引き継ぐ準備ができている天使の存在たちです。でも、あなた方は途中でやめませんでした。耐えてきました。本当に、ごくわずかなシャーンブラしか、実際、ドロップアウトしませんでした。私たちの側に戻った者は数人いますが、それは、ここにいる方がずっと助けになると感じたからでした。途中で数人が、いわゆる、ドロップアウトしましたが、あるいは別の方向へ進みましたが、シャーンブラのエネルギーの完全性は、そこなわれていません。人生で想像できるなかでも最大級の、数々の困難な状況を体験しながら、あなたはそこなわれてきませんでした。ですから、光栄なことです、今日は実際、私たちがこの「ティーチャー・シリーズ」を始めるための式典でもあります。

あなたがエネルギーを感じてみれば、この部屋のなかにいようと、どこか別の場所から参加していようと、何か違うものがあります。私たちがやってきたどんなシャウドとも違います。ただ単に「ティーチャー・シリーズ」の始まりというだけではなく - 画期的な新たな始まりですが - でも、少し時間をとり、エネルギーをただ感じてみると・・・ そうしたければ、それを吸いこんでみて下さい。身体で、マインドで、スピリットで、そしてもちろん、ナストでも感じてみて下さい・・・ 私たちが「ティーチャー・シリーズ」を始めるにあたって、もう、養われることが行われていません。養い、養われることが、もはや、ありません。

私たちが何年も前に、シャーンブラとして初めてあなた方と集まった時、様々なレベルで、養われることが行われていました。ええ、それはとても重いものでした。あなた方はここにエネルギーを感じるためにやって来て、そこから養われていました。それが悪いことだというわけではありません。当時、あなた方にはそれはただ、必要なものだったからです。そのような補充が、元気を回復するためのものが、あなた方には必要でした。私たちには心構えができていましたし、実際、それを与えてきました。私たちはゲストを通じて、エネルギーをもたらしました。他の領域からのエネルギーをもたらしました。あなたが元気を取り戻せるように、ガイアからもエネルギーをもたらしました。あなたがエネルギーを補強できるように。

いわゆるシャーンブラとは呼べない、他のたくさんの存在が養われていました。ヴェールの私たち側で集まって来た存在たち・・・ 彼らには当然、その権利はあるのですが・・・ 彼らはそれだけでなく、この部屋のエネルギーからも養われていたのです。私たち側にいる、もう肉体を持たない存在で、混乱し、途方に暮れている者がいます。そのなかには、吸血鬼のエネルギーのようなものを持つ者もいます - どんなものからも養われようとします - 彼らもまた、部屋に入って来たものです。いわゆる、闇のエネルギーが、ここにやって来たものです。あなたは時々、彼らを感じることがありました。怖れが、冷たさが、空虚さが入ってくるのを感じたこともあります。当然ながら、ほとんどの場合、あなたは、それはただ、自分のことだと思っていました。けれども、このような存在は、養われるために入って来たのです。なぜならそれが、シャーンブラのギャザリングが行われている時のエネルギーのバランス、比率だったからです。

けれども、ここ数ヶ月であなたが体験してきたことにより、あなたが創造し、伝える助けをしてきたシャウドにより、あなたはこれらのシャウドに、違う種類のエネルギーもまた、創り出したのです。それはつまり、養わない、ということです。今日、気づかれたなら、ここには外から来ている存在はいません。この部屋からエネルギーを奪う幽霊や天使ですら、いません。たった今、私たちが話をしている間にも、あなた方は私たちからエネルギーを奪ってはいません。あなたは至高の存在として、養われる必要も、奪う必要もなく、ただ、ここにいます。あなたは、あなた独自のエネルギーを築く、至高の創造者であり、実際、そのエネルギーを使って、将来のある時点でこのマテリアル(教材)に出会うすべての人に向けて、輝きを放っています。あなたは彼らにあなたの光を、あなたの愛を、あなたのエネルギーを、与えています。ですから、今日、この部屋は随分、違います。違う種類のシャウドです。

私たちは、「ティーチャー・シリーズ」に入って行きます。本当のワークへ、あなたがこの地球にやって来た理由です。今日、私たちは少し、楽にやっていくつもりです。今日は、直接のゲストはありません。いつものように、とてもたくさんの存在が、3番目のサークルから、ただ見物するためだけに参加しています。あなた方がこの地球でどうしているかをただ、見るためです。私たちは時々、彼らのエネルギーのバランスを添える直接のゲストをよびますが、今日は、私たちはこのシャウドでは、「あなたの」エネルギーを感じてもらいたいのです。特定のゲストは必要ありません。

この2ヶ月の間に、あなたの意識に多くのことが起こりました。この2ヶ月の間、あなたはあらゆるものを加速させてきました。もしかするとそれはまだ、あなたの物理的な人生には、必ずしも実現化していないかもしれませんが、あなたは意識が加速するのを許しました。私たちがこのシリーズを始められるように、ティーチング・ワークが始められるように。あなたは、クォンタム・リープよりも前に始めたいと思いました。なかには、このようなすべての教えをシャーンブラのエネルギーがシフトするのを、クォンタム・リープが過ぎてから、あるいはその時点まで待たないのかと疑問に思った人もいました。シャーンブラ全体が、今、それをするのが重要だと感じたからです。ティーチング・ワークを始めるのを、今、教師として経験を積むのが。そうすれば、クォンタム・リープの時に入って来るこれだけのエネルギーに対処していく心構えができて、準備ができていることになると思ったからです。

ですから、この日、私たちは少し違うエネルギーを準備しました。ゲストは、なしです。長い講義もなしです。チャレンジもなしです。あなた方を限界まで徹底的に押しやるようなことはしません。時々、そうすることで私は知られていますが - もちろん、アダマスほど、ひどくはありませんが! 私は、このシリーズでまず、教師についてのディスカッションから始めたいと思いました。教師とは何でしょうか?

あなた方の多くが - 全員が - 教師についての何らかの固定観念を持っています。幼児期や小学校時代の教師たち。中学・高校の教師たち。大学時代の教師たち。彼らは、あなたにとっての教師という見本、固定観念になりました。あなたにはまた、スピリチュアルな教師もいました。彼らのクラスに行き、コースに参加しました。ですからあなたには、教師とはどんなものか、という観念があります。その土台があります。

けれど、「新しいエネルギー」の教師は、また、違うものです。必ずしも教室で前に立つ必要はありません。必ずしもグループに対して、という必要もありません。あなたの人生の日々、あらゆる瞬間にあなたは教師なのです。あなたがずっと就いてきた仕事に出勤し続けても、人間が集まる教室に行って前に立たなくても、あなたはそれでも、教えています。それでもあなたは、お手本です。あるいはセント・ジャーメインの言い方では - スタンダードです。

人々がふだんとは違う形であなたのもとへやって来ることになるでしょう。もしかすると、店で買い物をしている時に、話しかけてくるかもしれません。あるいは、ほとんど話したことのない同僚がある日、やって来て、質問を始めるかもしれません。あるいは家族の誰かが、特に、しばらく疎遠になっていた家族が、前夫や前妻、名前すら良く知らない近所の人が不意にあなたのもとへやって来るようになります。時には彼らは、どうして自分がそこにいるのか分からず、恥ずかしそうにしたり、少し、戸惑っていることもあるでしょう。その時が、ティーチングの始まりです。

ティーチングは、何より、「講義すること」ではありません。誰かのシャツの袖をつかんで、そこに座らせ、あなたがこの7年間に生み出す助けをしてきたレッスンをすべて、学ばせるということではありません。ティーチングは、聞くことから始まります。ティーチングは、完全なエネルギー - 私はこう言いますが - 完全なエネルギーのスキャン(読み取り) - に始まります。彼らはいろいろな言葉をあなたに向けて話すでしょうが、そこにはずっとたくさんのものが進行しているのに気づいて下さい。顔の表情や、身体のジェスチャー、目の動きはありますが、 - それらは明白なものです。そこに進行するあらゆるものを観察して下さい。

彼らが「言わないこと」があります。それは、彼らが実際に「言うこと」と同じくらい、重要なものです。このすべてを観察して下さい。それから彼らのエネルギーを観察して下さい。さて、こう言うのは分かります。「でも、エネルギーの読み方なんて、分からない。色も見えないですし。」 それは実際、良いことです。ただ、彼らのエネルギーを感じて下さい。これはナストをもたらすのに最適の時です。ナストとは、創造的なノウイングネス(知っている状態)です。ナストは、マインドを超えたものです。ナストで聞く時です。不意にあなたに近づき、言葉をかけてきたこの人に、本当は何が起こっているのだろう? 講義する前に、話を始める前に、聞いて、彼らのエネルギーを感じて下さい。

それから、いくつか、質問をして下さい。何を聞けば良いのか、分かります。彼らがなぜ、そのように感じるのかを聞いて下さい。以前にこのように感じたことがあるかどうかを、聞いて下さい。「内面で、本当は何が起こっているのか?」と聞いて下さい。それは、最も重要な質問のひとつです - 内面で、本当は何が起こっているのか?

つまり、あなたのもとへやって来る人間は - 生徒は - 彼らはひとつのことを言いますが、そこにはとてもたくさんの他のことが進行しています。あなたのもとへ生徒としてやって来る人間は、おそらく自分にとっていちばん歴然とした、明白な問題や状況に焦点を合わせています。短期間、痛みを和らげるための方法に目を向けていますが、通常、彼らが言っていることは、内側で本当に進行していることとは一致しません。あなた方のなかでカウンセリングやヒーリング・ワークをすでにしている人は、このことを知っています。彼らが初めてあなたのもとへやって来た理由は、現実の状況とは何の関係もないものだというのを、あなたは理解しています。ですから、表面的なものを超えて行って下さい。彼らが話している言葉をただ、超えて行って下さい。注意深く、聞いて下さい。

これはまた、グループやクラスのような集団とワークする時にも使えます。注意深く、聞いて下さい。ここで何が起こるかと言うと、あなたが人間対人間という基盤をもって彼らとつながりを持つと・・・ あなたは彼らの言葉を聞き、身体の動きや行動を観察しているわけですが、ナストのエネルギーに働きかけると、あなたはすべてのレベルで聞くことになります。すると、あなたはすべてのレベルで彼らを聞くようになるのです。

それは驚くべき、興味深い体験です。あなたは彼らのマインドを超えて行き、彼らのハートを感じ始めます。彼らの過去を、過去世ですら、感じるようになります。文字通り、彼らのナストとつながり始めることができるようになります。それは彼らの内側では活性化されていませんし、それが何なのかさえ、彼らは気づいていないのですが。それは、そこにあります。彼らのエネルギー・フィールドにあります。それは休止状態にあります。待機しています。

あなたがそれを認めると、彼らの神性を認めると、彼らの内なる神が・・・ それもまた、ただ、休止状態にあるか、熟睡しているわけですが、というのは、彼らがそれを寝かしつけたからです・・・ あなたがそれを認め始めて、メンタルではないやり方でそれにつながると、ハートや、何と呼んでも良いのですが - 神性対神性で - そのようなものでつながると、彼らの物語全体が、あなたの目の前に姿を現します。あなたが質問をするよりも速く、答を受け取るようになります。彼らの過去をかいま見るようになります。彼らの怖れの感覚をかいま見るようになります。あなたが彼らについておそらく、知りたいと思う以上のものを、理解するようになります。

私たちが何度も繰り返し、「それはあなたのことではありません。」と言ってきた理由は、ひとつには、教師になることに向けた準備でもありました。なぜなら、彼らの思考や感覚や、感情を拾い上げやすくなるからで、気をつけていないと、それを自分のものとしてとらえてしまうからです。あなたはとても共感しやすいからです。あなたは実に、感じる存在だからです。ですから、あなたがこのような状況にある時は、それはあなたのことではない、というのを理解しておいて下さい。ただ、彼らのものを感じ取っているだけです。

教師は、答を与えることはできないのを理解しています。あなたが答を与えることはできません。教師は、自分がガイドとしてそこにいるのを理解しています。指針となる光として教師はそこにいます。「スタンダード」として、安定したバランスのとれたエネルギーとして、そこにいます。彼らの問題を肩代わりするためにそこにいるわけでもありませんし、解決するためですら、ありません。それが、「新しいエネルギー」の教師としての、ひとつのことです。彼らの代わりに問題を解決するために、そこにいるわけではありません。

彼らが自ら、答を見出す助けをするためにいます。自分の力で解決策をひも解く助けをするために、あなたはいます。これが、自信を持たせるための、最高の形です。ティーチングの最高の形です。おそらく気づかれたでしょうが - 何より最高の教師は、講義する人のことではありません。演壇に立ち、何をすべきかを人々に話す人のことではありません。彼らは単に、安定であり、スタンダードであり、バランスです。他の人が自分の力で発見することができるように。

私たちは「教師」という言葉を話しますが、それについて不安になる人がいるのは、私たちも知っています。なかには、教師になる条件を自分は持っているのだろうか、と思う人もいます。自分が人々の前に立つのを思い描いては、それを遮断します。「人の前に立つなんて、とてもできない。」と、あなたは言うのです。なかには、教師とはカウンセラーだと思い、「自分でもこれだけ、問題を抱えているのに、いったいどうやって他人をカウンセリングできるだろう?」と思います。

けれども、シャーンブラの皆さん、問題を解決する必要はありません。講義する必要はありません。ただ、ガイドする、ということなのです。ただそこにいて、安定しているということです。彼らの人生が混沌状態に、混乱状態にある時、自らの幻想のなかで途方に暮れていて、頭が混乱していて、どのようにそこから抜け出せば良いのか分からない時、彼らに対して、安定した状態でいる、ということです。あなたは手本になります、あるいは、セント・ジャーメインが言う、「スタンダード」になります。何と呼んでも、それはあまり重要ではありません。あなたは、このバランスのとれたエネルギーの、統合されたエネルギーの、あらゆるレベルで統合された、手本となります。男性と女性が統合され、人間と天使が統合され、古いエネルギーと新しいものが統合された、あなたの「存在」のすべてが統合された。そうすることで、あなたは彼らの手本になるのです。

さて、ええ、あなたがティーチング・ワークに関わると、たくさんのことが起こります。彼らは話をしたり、泣いたり、あるいは、飛び跳ねたりして、精神浄化のブレイクダウンのようなものを体験します - それは、進行していることとはほとんど、無関係です。つまり、このようなものに注意をそらされてしまいやすくなります。彼らのブレイクダウンに、メルトダウンに、あなたの注意のすべてを注ぐことになるのは、簡単なことです。それがその時点に、彼らにとって必要なことだからです。あなたのような、あるいは、誰でもいいから、自分に注意を向ける人が彼らには必要なのです。そしてこの注意は、彼らを養わせています。

誰かと一緒にいて、ただ単に解放のための涙だけではなく、激しいブレイクダウンを彼らが体験している時、彼らはあなたのエネルギーを使い果たしているのに気づいたことがありますか。彼らは、養われています。ブレイクダウンをすませて、あなたをぎゅっと抱きしめて、あなたをものすごく愛しているわ、とても助かりました、と言う時、あなたはそこに座り、疲れ果て、衝撃のなかで、ただ何が起こったのか、不思議に思っている自分に気づいたことはありませんか? 彼らは気分が良くなっているのです。ドアを出て行きながら、今までいたなかで最高の親友だ、とあなたに言います - それは、当然のことながら、深夜に彼らからかかってくる電話に、あなたが出なくなるまでの話ですが!

ですから、ティーチングは、少し違うものになります。あなたが、この教える、という概念そのものについて、先入観を持っているのは、私たちも知っています。ええ、なかには、人間のグループの前に立つことに関わる人もいます。あなた方のなかには、そうすることに、とても大きな喜びを見出す人もいます。週に一度か、月に一度、グループの人たちをガイドすることに。けれども、それ以外の多くの人たちにとっては、自分の人生を続けて行くことであり、人生を楽しみ、あなたのもとへやって来る人たちのために、その手本を必要とする人たちのために、ただ、そこにいることです。

バランスのとれたエネルギーという、あなたの手本は - それはええ、あなたには本当に、それが備わっていますが - そのようなバランスのとれたエネルギーは、彼らにとって、鋳型(テンプレート)になります。彼らはあなたのバランスを、あなたの光を、あなたの完全性を、文字通り、感じることができます。そして彼らはこう言うことができるのです。「私もまた、内側で、それができる。」 彼らはあなたを基準に、手本にします。この時点で彼らがあなたのエネルギーを奪うことはありません。彼らはただ、「それは可能だ。」と言っているだけです。あなたを、自分の内側に映し出し、ちゃんとやれば、自らの内なる資源を使って、あなたが内側に持つものと同じような完全性を、自分たちで発展させるようになります。

私たちが続けて行くと、「ティーチャー・シリーズ」へと入って行くと、あなたが実際、教師になるところへ入って行くと、あなたが考えていたであろうものとは随分、違うものになることに気づくでしょう。あなた方のなかには、違う形で教師になる人もいます。仕事で昇進するでしょう。他の人たちに対して責任のある職へ昇進するでしょう。彼らの上司になるのです。それが、教師です。あなたが昇進するのは、なぜかと言うと、その会社のエネルギーがどこかで、経営者が、あなたがその分野に異動するのがふさわしいと感じるからです。この数年間にあなたが体験してきたこれだけのことを彼らが理解しているわけではなく、意識の動きを理解しているわけでもありませんが、あなたには何か違うものがあるのを彼らは知っています。あなたにはその資質が備わっているのを。彼らは、「安定している」とか、「賢い」とか、「いつも答を知っているように見える」というような言葉を使うでしょう。彼らのなかには、頭を掻いて、何だか良く分からないけど、あなたには何かあるとただ、知っていることになります。あなた方のなかには、昇進する人もいるでしょう。

なかには、家族の誰かを教える状況が出て来る人もいるでしょう。あなた方のなかには・・・ 深刻な感情的問題や、感情的な虐待、それがいくつもの生涯にわたる虐待であり、今、クリアーされる必要のあるエネルギーを抱えている家族に転生している人がいます。教師という役割に移ると、あなたは、自分の家族の最前部に移ることになります。彼らは、これまでとは少し違う形で、あなたのもとへやって来るようになります。教師として、手本として、このとても古い家族の傷を、カルマの傷のようなもののバランスをとり、癒す手助けができる人として、あなたのもとへやって来るでしょう。あなたが内側でそれをクリアーしたために、やって来ます。あなた個人のカルマをクリアーしたからです。家族のカルマを、祖先のカルマという問題をクリアーしたからです。ですから、あなたは自分の家族に対する、新たな役割に移って行きます。

ティーチングは、たくさんの様々な形で入って来ます。なかには、もちろん、本を書く人もいるでしょう。それについては補足をつけておきたいのですが、つまり、あなた方の多くの方がフラストレーションを感じていたからです。あなたはずっと本を書きたいと思っていました。素晴らしいアイデアを持っていました。別の領域には、クリスタルの、天界の領域には、倉庫いっぱいのアイデアがあります。地球上でまだ、実現化していないあなたのアイデアで、そこはいっぱいです。

なかには、発明や歌、たくさんの様々なものについてのアイデアを持っていながら、それが実現しないことにフラストレーションを感じてきた人もいます。いろいろなものが邪魔をしているように思え、フラストレーションを感じて、自分を責めます。腹を立て、動揺します。なぜ、そのための時間がとれなかったのか? インスピレーションがなぜ、そこになかったのか? 率直に言って、それはあなたが他のたくさんのことに取り組むのに、あなた自身の意識の進化に取り組むのに忙しかったからです。

気づかれたでしょうか? 特にこの数ヶ月の間、新しいプロジェクトを始めるのが、とても難しかったことに? 着手したプロジェクトをやっていくのは、苦しみ抜くようなものでした。なぜなら、あなたのエネルギーの多くが、あなたが起こしているこの意識のシフトそのものに費やされ、内側が忙殺されていたからです。それももう、変化します。変化します。さて、すべてが楽になると言っているわけではありません。あなたはいまだに二元性にあり、周囲のいたるところにある「古いエネルギー」に対処しているわけですから。でも、どうやってすれば良いのか、解決策としての、実現化としてのこのナストを、どう使えば良いのかについて、あなたなりの新たなクラリティの感覚を持つようになるでしょう。

ですから、本を書くことができないことや、その歌を生み出せないことにフラストレーションを感じ、最近、どうしてしまったのかと不思議に思っている人に言いますが、あなたはただ、他の様々な物事に忙殺されていただけのことです。それももう、言ったように、変化します。もう、コンピュータの前に座り、絵筆を取り、ノートやスケッチブックを取り出す時です。

少し、話がそれますが、あなた方の組織であるクリムゾン・サークルでのすべてのワークは偶然ではありません。彼らが現在、ワークしているのは - あなたが今、ワークしているのは偶然ではありません - あなたのアイデアや概念をサポートし、意識でサポートするか、財政的にサポートするか、地球上で実現化するのをサポートするために、(組織が)創られているのは、偶然ではありません。クリムゾン・サークルはあなた方のものです。あなた方は、独自の、ふ卵器のようなものを、あなた方のアイデアや創造を発足するための開発マシーンのようなものを築いているのです。

言うまでもなく、私たちはこの教師についてのシリーズのなかで、多くを話していきますが、つまり、教師になるというのはどんなものなのか、「古いエネルギー」の世界で「新しいエネルギー」の教師になることのチャレンジについて。教師とは何なのか、ということについての、様々な概念に対して、オープンでいて下さい。とりわけ、この時点から先は、あなたの人生にやって来るものに対して - 人々や状況を - 観察して下さい。間違いは何もありません。すべてが、理由があってあなたのもとにやって来ます。その時は、注意深く聞いて下さい。スキャンして、すべてのエネルギーを感じて下さい。あなたのナストのエネルギーをもたらして下さい。何が起こっているのかについての、ずっと壮大で、広範な理解が得られるでしょう。

この数ヶ月に起こったことについて、少し、振り返りたいと思います。「クラリティ・シリーズ」の最後のシャウドで、私たちは、もうその時だ、と言いました。ティーチングを始める時だと言いました。そのためにあなたは地球にやって来たのだ、と。あなたは、カルマを一掃するためにここに来たわけではありません。ただ、木陰に座るためにやって来たわけではありません。「スピリット」がうっかりと方向を間違えて、ここにあなたを連れてきたわけではありません。あなたがこの生涯でここにやって来たのは、「教師」になるためでした。前例のない意識のシフトの時期に、準備ができていて、応じられるようにするためでした。

このようなシフトは、かつて一度も人類に起きたことはありません。アトランティスの時代ですら、そうです。時々、私たちもあなた方も、アトランティスやレムリアについて、とてもロマンティックな調子で話をします。でも、実際、その時代はとても困難でした。当時は、意識はもっとずっと、ゆっくりと動いていました。私たちはまだ、なじもうとしていたからです。肉体にいることに慣れていませんでした。私たちはある意味で、仮にも肉体をまとい、地球へのこの旅に同意してしまったことに、まだ、うんざりしていました!

けれどももう、あなたは冷静に受け止めています。肉体に慣れていて、物理的な、物質世界で機能するのに慣れています。もう、習性のように受け止めています。今、あなたはより速い意識のペースに入る準備ができています。この数年間で私たちが一緒に過ごしたことで分かったように、意識の変化は、困難で、試練を伴うことがあります。意識のシフトは必ずしも、あなたがこうなる、と思うようなものではありません。意識のシフトは時に、古い概念や、古い考え方を吹き飛ばしてしまいます - スーパー人間であるという考え方を。意識のシフトは、あなたをそのようには見ません。ただ単にスーパー・パワーを持った、スーパー人間として見ることはありません。本当に、そのようには理解しません。それはあなたを、スピリットとして、神性として見ます。ですから、過去7年間で、意識のシフトの仕方、そしてそれに順応するやり方について、あなたは途方もなく、学んできました。

けれども現在それは、さらに加速しています。ええ、戦争が起きたり、潜在的な戦争の可能性をあなた方が見ているのはなぜかと言えば、意識があまりにも速く動いているため、このような問題点を表面化しているのです。(リンダがくしゃみをする) お大事に(Gesundheit)・・・ ナスト!(イントロの部分でジェフとリンダがナストについて面白いことを話していたので、笑)

あなたは、周りのいたるところにそれを見ています。あなたがこの数年間、ずっと体験してきたことと、それは何ら、変わりはありません。自分自身との闘いや、小競り合いを覚えていますか? あなたの内側の意識が変化しているがゆえに、表面化した問題を? あなたが体験してきた困難、試練、苦難を? 自らの内なる闘いを。あなたは今、それをただ、自分の外側に見ているのです。

あなたは古い問題を見ています。たとえば、ハプルー(Hapuru)に - ハプルーの家族に - それは、ユダヤ人とパレスチナ人両方のことですが。ユダヤ世界と、イスラム世界のことです。それは前線に押し出された、古い家族間の問題です。現在、解決が求められているものです。エネルギーは長い間、バランスを欠いており、解決を求めています。どのように解決するかは、彼らにかかっています。破壊を通してやることもできますし、それは時にあなた方が自らの人生で見出したように、とても興味深い、解決のエネルギーです。破壊は確かに、古いエネルギーを一掃して、エネルギーを再び動かすことができます。あるいは、他のやり方で、もっと平和的なやり方で、賢明なやり方でやることもできます。

ですから、この2~3ヶ月は、とても速く進んでいました。あなたが何か特定のプロジェクトに行き詰まりを感じていたとすれば、物質レベルで物事が進んでいなければ、それはあなたが自らの変容を体験していたからです。

さて、私たちは、年に一度のギャザリングで、このナストというエネルギーについて話しました。あなたのものであるエネルギーについて。それは私たちから来るものではなく、あなたのものです。それはずっとそこにありました。ただ、活性化されていなかっただけです。様々な理由から、使われていない状態でした。アトランティスの時代に、私たちが基本的に意識からそれを締め出して以来です。また、ただ単にあなたがそれをほしいと思わなかった時代まで戻ります。あなた方は、ナストを使わない、違う種類の体験がしたかったのです。身体とマインド、スピリットだけを活用するのは、どんなものなのか? 私はここでは、スピリットを、生命力のエネルギーと定義します。

時々、質問があります。「スピリットとは、どういう意味ですか?」 私は神について話しているわけではありません。ある特定の存在や、特定の神について話しているのではありません。生命力エネルギーとしてのスピリットについて、話しています。あなたはただ、身体、マインド、スピリットだけを持つのがどんなものなのか - それらが、このナストという要素なしに機能するのがどんなものなのかを知りたかったのです。けれども、最近のギャザリングで私たちは、デイ・ウーン・ナストを呼び戻しました・・・ あなた方のなかで、それを使うのを選択した人に戻しました。

ナストは見事なエネルギーです。ナストは、創造的なノウイングネスです。ナストはエネルギーであり、あなたの一部です。アイデアや概念を、とても創造的なものを - インスピレーションを - そのようなエネルギーをあなたの次元間の領域に送り、この領域で実現化させる手助けをする、あるいは揺るぎなくさせ、安定させ、バランスをとるための、あなたの側面です。

あなたは生来、実に次元間的な存在です。あなたは内側にたくさんのレベルを持っています。現在、人間としてあなたは、狭い範囲のレベルで機能しているに過ぎません。ナストは、あなたの内側で、このような多くの次元間レベルを統合するための入口を開きます。このナストのエネルギーは、計り知れないほど貴重なものであるのが分かるでしょう。この現実でアイデアや夢を実現させてくれる、驚くべきツールです。繰り返しますが、ナストについて話をするのはとても困難です。なぜなら、それはマインドから発生するエネルギーではないからです。マインドで操作することはできません。完全に抵抗するでしょう。マインドから制限されることはあり得ません。つまり、ナストのエネルギーは、独自の領域にあるのです。

さて、興味深いことに、あなたのマインドは、ナストと協力してやっていくのに、このうえない幸せを感じます。マインドはあなたがそれを使い始めると、足並みをそろえるようになります。マインドは新しい友人ができたことを、マインドの重荷の多くを取り除いてくれる仲間ができたことを、理解します。始めのうちは、マインドはコントロールしようとするでしょう。なぜなら、現在に至るまで、マインドはそのようにプログラムされてきたからです。でもあなたがナストを使い始めると、マインドは手放します。マインドはコントロールしようとするのをやめて、ただ、このナストという解決策が入って来るのを許します。

するとマインドは、それが得意なことをするようになります。物事を組織化したり、情報のデータベースやデータバンクを管理して、最終段階で具体化する手助けをします・・・ 現在、地球に生きる創造者として、あなたに必要な物事を実行に移すことです。マインドは、たとえば、車の運転のやり方を知っています。ナストは必ずしも、どうやってやるのかを知りません。マインドは、あなた方のコンピュータ機器の扱い方を知っています。ナストは、それをさらに充実した、創造的な体験にしますが、手や指や、あなた方が使っている言語のような保存情報をコントロールするのは、マインドです。マインドはこのようなことには優れています。

ナストは、あらゆる苦労なしにあなたが実現化したり、創造できるようにしてくれます。これもまた、何より、使ってみる必要があります。それがあなたの人生に入って来るようにさせてあげる必要があります。それが少々、パラドックスのようであるのは、私たちにも分かります。あなたはこう言います。「でも、どうやってそれを使えば良いのか? ナストを定義して下さい。イメージが描けるようにして下さい。」 私たちにはそれはできません。そのようなものは何もありません。ただそれをもたらして、あなたの人生で使うことしかできないのです。

さて、より多くのシャーンブラがナストのエネルギーに働きかけ始めると、もっと良く、より正確にそれを描写することができるようになります。それについて話したり、ディスカッションするための、さらなるデータベースが、体験をベースにしたものを持つようになります。けれども今は、ナストはシンプルで、美しいエネルギーです。繰り返しますが、これは私たちから来るものではありません。どこか遠くの神の存在からやって来るものではありません。地球から来るものではありません。あなたから来るものなのです。

私たちは、ナストは基本的に長い間、失われていた、活性化されていなかったと述べました。もうそれが戻る時ですが、私たちがナストの活性化をしなかったことにお気づきでしょう。なぜなら、私たちは以前にあったものを文字通り、復活させようとはしないからです。アトランティスの初期の時代にあなた方が知っていたナストを、呼び戻そうとはしないからです。今は違います。完全に違うエネルギーであり、それはあなたに違う形で役立つのです。最近、私が話した、欠けているピースのことです。

私はお願いしたいのですが - お願いし続けたいのですが - 何度も繰り返し、それを使って下さい。フラストレーションを感じることもあるでしょう。使い方が分からないので、時に、とらえにくく思えることもあるでしょう。これを今、あなたの物質的な人生に再び統合するには、しばらく時間がかかるでしょう。これに取り組み続けて下さい。これとともに呼吸し続けて下さい。そしていつも、それがあなたの外側からやって来るものではないことを、覚えておいて下さい。それはすでに内側にあります。

それはあなたが地球にやって来るずっと前に、人間の設計図に組み込まれた4つの要素のひとつです。あなたには肉体があります。マインドがあります。スピリットはあなたの生命力のエネルギーです。そしてナストが、創造的なノウイングネスがあります。ナストを神性と勘違いしないで下さい。それはまったく違う話になります。私たちは人間が、神聖なる存在が地球に連れてきた4つのツールについて話をしてます。

さて、私たちはナストについて話をしました。数週間前に会った時に、その記憶を呼び戻しました。それからクツミがやって来ました。帰って来ました。彼が戻って来たのは、本当にうれしいことでした。本当に喜びでした。ちなみに、彼はいない間、本を書いていたと言っていましたが、それにはまったく時間がかかっていません。(少々、笑) 彼は文字通り、別の領域に行っていました。地球の領域をはるか遠く離れた、別の次元です - 描写するのはとても難しいのですが - エネルギーを調整する、とても重要なワークをしている、天使の、銀河の領域です。

私たちは以前に話しましたが・・・ あなた方が地球にやって来る前の、いわゆるスター・ウォーズの時代に・・・ あらゆるものが停止しました。あらゆるものがストップしました。すべてのエネルギーが流れを止めました。その時が、それが「なぜか」という解決策を見出すために、この地球と呼ばれる場所を創造するのが決められた時でした。「故郷」の外側のすべてのエネルギーが停止したのはなぜなのか。

さて、それらのエネルギーは最近、目覚めつつあります。それらのエネルギーは、息を吹き返しつつあります。この地球と呼ばれる惑星で解決に至るまで、「アークのオーダー」を通じて何らかの解決に至るまで、あらゆるものがただ、凍結し、あらゆるものがストップしているのを想像できるでしょうか。「故郷」の外側にあるすべての創造の部分がストップしました。それは最近になって、目覚めつつあります。深い凍結状態から出て来て、息を吹き返そうとしています。これらのエネルギーが再び、動き始めています。

あなた方のなかには、深い夢の状態でこれを感じた人もいました。なぜなら、ずっと保留になったままの、昔に起こった出来事と、あなたは密接につながっているからです。そういうわけで夜になるとあなたに妙なことが起こるのです。それらのエネルギーが今、息を吹き返しているからです。それが息を吹き返す時は、あなた方が眠りから覚めるときのような感じです。つまり、意識がもうろうとして、周囲の状況が良く分からないような状態です。何曜日なのかさえ、分かりません。昔に戻ってみると、これらのエネルギーは、そのような感じです。過去に起きたことでありながら、あなたがいる現在とほとんど変わりません。

ですから、そのような古いエネルギーが目覚めると、混乱しがちになります。少々、不機嫌になる傾向があります。エネルギーに飢えていることがあります。クツミは、これらの目覚めつつあるエネルギーのもとへ行くチームとともに、何が起こっているのかを、この地球と呼ばれる場所が創造されたことを、彼らの問題を解決するために創造されたことを理解してもらうために、ワークしていました。この地球という場所は、ついに意識のレベルを上昇させ、他のすべての領域や次元を目覚めさせています。

ですから、これらのレベルでは、かなりのことが進行しています。あなた方のなかで注意が散漫になったり、少しフラストレーションを感じる日々を体験している人は、それが理由です。あなたは、あなたの故郷を、あなたの天使の家族を感じているのです。そういうわけで彼は、この1年間、そこに戻って、過去の目覚めつつある次元や現実に働きかけてきました。

そこには多大なインパクトがあります・・・ 説明するのは難しいのですが、地球上で起こることは、他のすべての領域に起こることに多大なインパクトを与えます。たとえば、あなたの思考を取り上げてみましょう。ここで少し、ひとつの思考を、「ああ、もうトバイアスが、こんな調子で続けてくれないと良いのだけど。椅子に座っていると、とても眠くなる。」(笑) さて、そのひとつのシンプルな思考には、特有のアイデンティティがあります。特有の - あなた方の世界で現在、使われているものをたとえにとってみるなら - 「0」と「1」という特有のコーディングがされています。デジタルパターンに似ていますが、それはデジタルではなく、意識です。特有の刻印があります。

さて、そのたったひとつの思考は、基本的に別の領域に出て行きます。そしてヴェールの私たち側では、その1個の思考が、1000を加算した反応を引き起こすのです。そのようなエネルギーのバランスをとり、行き来させるためにワークする天使たちがいます。このようなあなたが抱いている思考の1つひとつが、私たち側では1000になって反響します。その反響は時すら、さかのぼり、あらゆるものが停止した時までさかのぼります。ですから、ここでなされる必要のあるワークの多さについて想像してもらえると思います。要するに私たちの側で、あなたが展開するあらゆる意識の断片のバランスを絶えずとり、調整しているわけです。

私たちはずっと昔に、あなた方は最前線にいる、と言いました。天使の領域の後部にいるわけではありません。あなた方は最前線にいます。あなたがするあらゆることが、ここではインパクトがあります - ですから、あまり考えすぎないで下さい!(笑) 1日くらい休みを下さい!

冗談抜きに、あなた方の意識の変化というインパクトは、このすべての他のエネルギーを目覚めさせました。クツミはそれで忙しかったのです。彼はなかなかのキャラクターですが、たいしたコメディアンですが、親愛なるクツミは私がこれまでに出会ったなかでも、最も賢明で、シンプルな存在です。私が「シンプル」と言うのは、最高の敬意の表れです。1人の存在が - どんな存在でも - 自分のエネルギーを単純化できるなら、自分自身についてのあらゆるものを単純化できれば、本当に至高である、ということになります。至高の存在とは、複雑な存在ではありません。至高の存在は、内側にこれだけの、あらゆる複雑なシステムを持ち合わせていません。彼らはとてもシンプルになるのです。なぜでしょう? あらゆるものが統合されているからです。あらゆるものが、とてもシンプルな天使の共鳴へと統合され、戻るからです。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.