515813 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

IMAGINE

「タイムリー情報」 つづき

-何を食べるべきか

何を食べるべきか、食生活です。現在、食生活で私たちが提案するのは、少なくとも毎日、いわゆる加工されていない、生のエッセンスが入った食べ物を摂取することです。完全に加工されていないものを摂るとか、完全な無農薬にする、ということを言っているわけではありません。

あなたが加工食品をとても好んでいるとします。あなた方のなかで、とてもたくさんのフライドポテト、加工肉、缶の加工食品のようなものをガツガツ、食べる人たちがいるのを私たちは見ていますが、それはいいのです。なぜなら身体は直観的にその食物のなかにある本物のエネルギーを活性化するやり方を理解しているからです。でも、生命力エネルギーが入った食べ物、加工されていないもので、できれば無農薬が好ましいのですが、必然ではありませんが、そのようなものが注意喚起としてあれば助けになります。あなたが身体に入れる加工食品に対して、エッセンスやある種の波動、もしくは思い出させるものを築いてくれます。核の部分で、それがどこからやって来たのかを思い出させるのです - 通常は地面ですが、動物の場合もあります - でも動物でさえ、つまり、それは草や穀物のようなものを食べていたわけです。

ですから、毎日、思い出させるために加工されていない食品をとることです - サラダ、野菜、フルーツ、たくさん摂る必要はありません。少しでいいのです - あなたがシステムに取り込む他のすべてのものに、それがどこから来たのかを思い出させてくれます。それが栄養に転換するかたちを築くのですが、より深いレベルでも、身体が活用できる、現実的な、違う種類のエネルギーへと、もっと次元間的なエネルギーへと転換します。ですから、私たちは食生活ではこのような自然食品を摂るように勧めます。

-ヒーリングと医療

ヒーリング、あるいはそうですね、医療です。(リンダが言う。「質疑応答をやらなくてすむようにこれをしているんですか?」トバイアス、クスクス笑う) すでにやっています。ヒーリング、もしくは、医療です。どうすべきか、訊いた人たちがいます。現在は、私はそれは放棄して、より代替的なものへ、と言いましょう - いわゆるオルターナティヴです - でも、そこには自己ヒーリングのエッセンスが組み込まれるべきです。言い換えれば、誰か他の人にヒーリングを任せない、ということです。ファシリテーションやガイダンスが必要な時期はあります。他の誰かと取り組むことで促進する必要がある時期が。でも、現在、実に多くの優れたオルターナティヴ・メディスン(代替療法)が出てきています - ハーブ、有機、呼吸でさえも療法なのです。

私たちがこれを取り上げている理由は、あなた方のなかで、自分が摂取している薬について疑問を抱いてきた人たちがいるからです。ええ、薬は一時的に緩和してくれることがありますし、状態を安定させてくれます。でも、長い目で見ると、薬というのはマイナスに働きます。私、そしてセント・ジャーメインのつつましやかな意見では、あなた方は・・・(リンダが「えっ??」と言う)・・・ つつましやかな意見です(笑) - あなた方は投薬治療の社会に生きていて、それは続いていきます。製薬会社がどんどん、成長していくのを目にするでしょう。私は投資のアドバイスには製薬会社を加えませんでしたが、それは兵器やその他のものを加えないのと同じことです。現在、お金を投資するには高潔な場所とは思えないからです。でも、製薬会社は成長します。あなた方のなかにはすでにメモをとっている人たちがいるのは知っています - 「製薬会社に投資」と。

製薬会社はちなみに、今後数年間、政府から高度に規制されていき、実際に政府に乗っ取られるところも出てきます。あなたはきっと恐ろしく思うでしょう。恐ろしく思うはずです。製薬会社が破産するくらいのベースで政府はやるでしょう。でも人々は生きるために薬が必要なのです。ここで本当は何が起こっているかといえば、いったん政府が製薬会社を手にしたら - 私たちは皆、たくさん呼吸をする必要がありますね。

投薬というのは肉体の、心理的な催眠の形態であり、誰かに我慢するよりは、その人に投薬する方がずっと簡単なのです。(トバイアス、クスクス笑う、聴衆、笑) 投薬に対して、内側を誰かに治療してもらうというのがあります。ですから、あらゆるものに対する、ものすごい投薬治療の社会をあなたは目にすることになります - 精神的なものはもちろんですし、それは流行病のような割合で増大していますが、身体のものもまた、同じです。「肝臓に問題がある? 薬を飲みなさい。痛みや苦痛がある? 薬を2錠、飲みなさい。心臓に問題がある? 5錠、飲みなさい。」

他に何が起こるかというと、ひとたび、このようなあらゆるさまざまな障害に対して薬をとり始めると、それはすべて、ある時点で破裂します。あまりにも多くの奇妙なエネルギーを、身体の自然なシステムには必ずしも適合しないエネルギーを持つことになるからです。ですから、できるだけ代替療法を求めることです。ええ、状態を安定させるために何かを摂取する必要がある時期もありますが、でも、私たちが「スタンダード・テクノロジー」で話したことを思い出してください。あなたの身体は、どうやって自らを癒すか、知っています。あなたがそうさせるなら。身体は自らのバランスを取り戻す方法を知っているのです、あなたがそうさせるなら。

それから、少し危険なところまで言ってしまえば、いま、あなた方の身体の多くが体験しているものは、必ずしも医学的な緊急事態ではないのです。カウルダーはここで、免責事項を入れるようにと言っています。常に医者に診せてください、でも・・・ というわけで邪魔しないでください。(笑) 医者はあなたに投薬します。医者は投薬するのです。いま、医者というのはそのように訓練され、催眠にかかっているからです。最後に医者に行って、医者からあなたの目を見て話してもらったのはいつですか? 医者にこう言ってもらったのは? 「あなたは本当に、治りたいですか?」 医者にこう言ってもらったのは? 「たったいま、あなたと1時間、2時間、過ごしましょう。」 せいぜい5~6分です、よくても。医者の悪い冗談とスポーツの話も含めて。(笑)

ですから、親愛なるシャーンブラ、身体は自らを癒す方法を知っています。身体にその仕事をさせてあげてください。現在、あなたが体験しているプロセスで、痛みや苦痛、特に臓器の活動などは、身体が新しいDNAに向けて修正をしているのです。時に、ええ、不快だったり、痛みを感じることはあります。内側を見てください。身体はなぜ、そのように作用しているのでしょうか?

深呼吸をしましょう・・・
(間)

身体を感じてください・・・ あなたのエネルギーを感じてください。

-マインド

この日のトバイアスの情報でもう1つは、残りのものは質疑応答で答えますが、マインドです。マインド。いま、マインドをどうするか、ということです。マインドを超えて行くという話を私たちがするのをあなたは聞いてきました。マインドの役割が何なのか、あなたは疑問に思っています。マインドを愛すべきなのか? マインドを憎むべきなのか? それは悪役なのか、敵なのか、それとも友人なのか?

それはあなたの一部です。あなたのとても重要な一部であり、数多くのとても重要な機能を果たしています。でも現在、あなたはマインドを超えて行き始めています。あなたはそれを感じることができます。それが起こっているのを、あなたは知っています。直観が入って来て、かつてないほど、物事を感じています。あなたは素早くマインドに戻ります。マインドはそのようにプログラムされてきたからです。でもあなたはいまは大胆になってきています。自分の直観に入っていくのに、とても、とても大胆になってきています。ユングがここに来ることに特に興味を覚えたのは、それが理由の1つです。彼は直観とノウイングネスの熱心な信奉者でした。それがどう作用するかは、あまりよく理解することはありませんでしたが、作用しているのは知っていました。

ではいま、マインドについて2つほど。当然ですが、それを愛してください。それが重要な目的をもってここにあることを理解してください。でも、ずっとそれ以上のものがあるのも理解してください。さて、シャーンブラの多くがする、ということではありませんが、時々、あなたがそこに戻るのを私は見ています。たとえば・・・ あなた方のなかには私に対して激怒する人もいるでしょうが、私に激怒しているのはあなたのマインドなのです。アファメーションや前向きな発言のようなもの - 前向きなことだけしか考えないこと。マインド・コントロールやマインドで集中するようなものは、あなたには適切ではありません - 現在は他の人間たちにはもしかすると適切かもしれませんが、つまり、まだ自分のエネルギーを管理する方法を学んでいるような人たちです - でも、あなたはそこを超えています。

アファメーションは基本的に、そうですね、自分に嘘をつかなければなりません。何かを強化しようとしなければならないのです。そうすると、あなたは自分の一部を否定していることになります。これだけの前向きな発言、「前向きに考える」というもの。それは素晴らしいですが、でも、否定的に考えることもしてください。本当に。本当です。自分の想念を感じて、考える、もしくは感じて観察するようにしてください - どう考えているのか、あなたが考えるパターンを。思考のプロセスを規制しようとしないでください。あなたが「新しいエネルギー」を受け入れ、自分自身の新しい意識を受け入れていながら、前に戻り、マインド・コントロールや思考のコントロール、前向きなアファメーションのようなあらゆることをしようとすれば、エネルギーを歪めてしまいます。少し頭がおかしくならないにしても、とても、とても不快な思いをすることになります。

ですから、このような種類のことは手放してください。良い否定的な思考と、良い前向きな思考に勝るものはありません! 否定的な思考を怖れないでください。マインドがそれ自体、それほど強力で、有能で、思考自体が現実を創造できるなら、あなたの現実はまるっきり違うものになっているはずではないでしょうか? でも、そうではありません。ありがたいことに、あるレベルで、マインドは現実を創造しないのです。あなたはそれをある種、プログラムしたのだと思います。プログラムし過ぎたのですが、ずっと昔に - ずっと前にさかのぼれば - マインドが現実を創造することができたら、生きていくにはあまりにも危険な場所になってしまうのがわかっていたのです。

ですから、現実はとても異なるレベルで創造されます - 魂と情熱、そして真の欲求のレベルで - でもマインドから創られるわけではありません。というわけで、いま、戻ってマインド・コントロールをしたり、マインドから現実を創造しようとしたり、思考にフィルターをかけようとしても、逆効果になりますし、少々、頭がおかしくなってしまうでしょう。

では、親愛なるシャーンブラ、長くなってしまいました。これがこの日のトバイアスのタイムリーな情報です。

深呼吸をしましょう。私たちはこの「新しいエネルギー」へと拡張していき続けながら、さらに話していきます。今日、私たちのゲストであるカール・ユングを連れて来て、ここですべてのシャーンブラとともにいることができたのは何と喜ばしいことでしょう - 「ユング・アンド・ザ・レストレス」みたいですね。(トバイアスが、「ヤング・アンド・ザ・レストレス」というTV番組のことを言っているので、たくさんの笑)

そして、そういうことなのです。(And so it is.)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.