516770 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

IMAGINE

「切り離す パート2」


クラリティ・シリーズ シャウド8
「切り離す パート2」
クリムゾン・サークル 2006年3月4日
--------------------------------------------------------------------------------

そしてこのように(And so it is)、親愛なるシャーンブラの皆さん、私、トバイアスは、本来あるべき場所に戻っています。(笑) 私たちが今日、カウルダー、リンダ、そしてあなた方すべての方のなかに、完全に入って来ようとしていた時、ええ、私たちは、少々、違うやり方で、滑りこんでくることができました。けれども、準備している間、教師が、教授たちの聴衆を前にするのが、どんなものかについて、こちら側で、私たちの間で冗談を言い合っていました。それはつまり・・・ とても多くのことを知っているのが、とても多くのものを通過してきたのが、あなた方だ、ということです。私たちは単に、あなたのプロセスを促進する手助けをしているだけです。あなたこそが、実に、教授なのです。私たちがそう呼んできたように、マスターは、あなたであり、おそらく、思い出してもらえるでしょうが、マスターとは、エネルギーを自分に奉仕させる者のことです。
私たちがつい、笑ってしまうのは、あなたが時々、私たちを見て、私たちこそが智慧を持ち、携えている者である、と見なすのですが - 本当は、それは、あなたのことだからです。私たちは単に、ここにいて、本来のあなたを思い出させ、現在の地球でのあなたの旅を、思い出させる手助けをしているに過ぎません。これだけのエネルギー、プロセス、また、地球に生きるうえでの、こまごまとした事柄にとらわれてしまうのは、いとも簡単です。

簡単なことではありません。現在、やってきている若い者たちの前には、あまりにもたくさんのものが待ち受けています。彼らの人生に起こることは、まだまだ、たくさんあります。幸いなことに、彼らには、親となり、導いてくれる、あなたのような教授が、マスターがいます。

シャーンブラの皆さん、ゆっくりと・・・ ゆっくりと、あなたは目覚めつつあり、あなたがそもそもなぜ、ここにやってきたのかを、思い出しつつあります。あなたが本当は何者なのか、「偉大なる者たち」であることを、思い出しているのです。私たちは、あなたを、おだてようとして、このように言っているわけではありません。実際、それが入って来れるように、ここであなたに少し、時間をとってもらうために、そう言っているのです。自我(エゴ)を超えて行って下さい。それが入ってくるのを、許して下さい。あなた方こそが、「偉大なる者たち」なのです。それを受け入れることができますか?

時に、あなたにとってチャレンジとなるのが、「偉大なる者」であると感じ、信じるのを自分自身に許してしまうと、自我のコントロールがきかなくなり、あらゆるクレイジーなことをしてしまうのではないか、取りつかれてしまうのはないか、さらにもっと、パワーがほしくなるのではないか、さらに多くの満足感がほしくなる、と思うことです。あなたは、そこを超えています。

実際、皆さんが「自我」と呼ぶものが、あなたを躊躇させてきたものです。自らの壮大さを、この地球にやってきた理由そのものを、あなたが属していた天界の家族を、他の様々な生涯であなたがなし遂げた偉大な物事を、完全に受け入れ、完全に思い出すのを、あなたは自分自身にさせようとしません。あなたは時々、躊躇します。「それが私のはずがない。私はただの、価値のない人間に過ぎない。私はただの、アンバランスな人間に過ぎない。」 と、あなたは言います。そして、それを信じ続ける限り、そのように演じ続けることになります。

現在、あなた方とワークしている私たち全員が - セント・ジャーメイン、クツミ、私、トバイアス、すべての存在が - 私たちすべてが - あなたの偉大さを知っています。この地球の歴史の記録に、地球上から失われた記録にも、天使の領域にある記録にも、あなたの名前が載っているのを、私たちは知っています。あなたについて、書かれてきました。研究されてきました。こういう呼び方ができるならですが、天使の大学やカレッジで、あなたについて話されてきました。あなた方こそが、「偉大なる者たち」なのです。

おそらく、あなた自身のヒーリング様式のなかで - 自分自身でやるワークのなかで - それが受け入れられるように取り組んでみるとよいでしょう。私たちが今、呼びかけている言葉を、あなた方がマスターであり、「偉大な者たち」であると宣言している言葉を、聞こうとするのです。皆さんが「自我」と呼ぶ壁を、通り抜けさせてあげて下さい。それは、本当は「自我」ではなく、マインドの壁に過ぎません。あなたが遊ぶゲームです。それを受け入れることはできますか? 私はあなたを、ここにいる人、聞いている人、あるいはこれを読んでいる人、あなた方1人ひとりすべての人を、知っていました。私たちは、あなたを、何らかの形で、「偉大なる者」として、知っていました。他の者たちは、あなたについてきています。

それは途方もない責任です。あなた方のなかには、そのような責任を携える価値は自分にはない、と感じている人もいます。あなたは、自分のアンバランスがどこからやってくるのか、疑問に思っています。あなたの - いわゆる - 歪んだ認識が、問題点が、どこからやってくるのか、疑問に思っています。それは、あなたが、本来のあなたの壮大さを受け入れるのに、苦労しているからです。けれども、今日、私たちはここで、セッションの間に、それをシェアし、思い出すようにお願いしたいと思います。「自我」については、心配しないで下さい。つまり、あなたはこれだけ格闘してしまいます - 「それを自分自身に受け入れることは、できない。」 と、あなたは言います。試してみて下さい。今日は、違うやり方でやってみて下さい。それを受け入れようと、してみて下さい。

まさに、あなたのハートに、それを受け入れて下さい。ここでは、マインドを通り過ぎ、まっすぐにハートへと、入ってみましょう。おそらく、自分が本当に何と壮大で、歴史に名の知られた存在なのかを思い出せば、そのような問題のバランスをとる助けになるでしょう。本来のあなたというものの、よりクリアーな像を与えてくれるでしょう。責任の重みだとあなたがとらえているものから、隠れたままでいるのを、止めてくれるでしょう。なぜなら、実際・・・ 実際に、あなたが有名なのは、たくさんの責任を引き受けているからではありません。あなたは、自分自身のために、そのプロセスとしてやってきたのです。世界や、宇宙や、誰かを救おうとして、したわけではありません。自分のスピリチュアルな家族のためにやってきたのですら、ありません。あなたがそれをしてきたのは、それが、あなたの内側で共鳴するからです。

責任を手放して下さい。思い上がるかもしれない - 自我が肥大するのでは - と思い、間違ったステップを踏まないように、物事を排除しないように心配する気持ちを、手放して下さい。それは、もうひとつの壮大な嘘であり、壮大な「おおい(オーバーレイ)」です。これまでに、人間の性質のなかの何かが、自分自身が壮大であると認めない、これだけの「おおい」を創り出してしまったのです。絶えず、自分自身を悪く言い、過小評価しなければならないという・・・ そして、あなたはそのようにしてきました。今日、違うことをして、その「おおい」をはずしてみたら、何が起こるでしょうか?

あなた自身を、壮大にしてあげて下さい。本当のあなたを、自分自身に思い出させてあげて下さい。私たちが今日、入ってきた時に、私たちの間でつい、笑ってしまったのは、そういう理由からでした。あなた方、人間の天使たち、「偉大な者たち」が、これだけのプロセスと手順を、メカニズムと力学を経て、解放し、クラリティを持たなければならない、というフリをしているのです。そうではありません。単に、自分自身に再び、それを持たせてあげればよいだけなのです。それは、精神的なプロセスではありません。時間のかかるプロセスですら、ありません。ただ、そのような「おおい」を手放してあげるだけのことです。

私、トバイアスは、最愛のシャーンブラの皆さんのもとへ戻れて、うれしく思います。

あなたは時々、私たちがなぜ、行ったり来たり、交代するのか、疑問に思います。あるギャザリングではセント・ジャーメインなのに、別のギャザリングは私で、バックグラウンドにクツミがいるのは、なぜなのかを。知らせておかなければなりませんが、このように近くまで入ってくるのは、常に簡単なことではありません。私たちにとって、ますます簡単になりつつありますが、たとえば、新天地を切り開くための、強烈なギャザリングを皆さんと行うと、自分たちのエネルギーをこれだけ近くに保つのが、とても困難なことがあります。

ですから、たとえば、エネルギーの乱用についての最近のワークショップでは、自分自身を完全に、カウルダーのなかへ、参加者1人ひとりのなかへ、スタッフのなかへ注ぎこんだので、私自身のエネルギーが、消耗したように感じました。ですから、私だけでなく、他のどんな天使でも、少しの間、身を引かざるを得ないのです。私たちなりに、元気を回復しなくてはなりません。

それは、眠っているような状態ではありません。私たちが - 何と言うか - 他のファシリテーター(施術師)のもとへ行くことは、まずありません。私たちは、自分の内側の空間をみつける方法を知っています。私たちが、「ひとつの呼吸(One Breath)」と呼ぶ空間で、私たち自身のクリスタルの領域の空間で、エネルギーを活性化するのです。

地球は、とても疲れさせる場所です - どんなエネルギーにとっても、そこは、とても疲れる場所です。単に地球の磁力だけのことではなく、物質のなかに存在することだけではありません。地球と、人間と、近くの領域に存在するものたちが、互いを養い合う方法が、疲れるのです。とても、疲れさせるものとなります。

自分たちのエネルギーを、これくらい近くまで持ってくると、私たちは巻きこまれてしまいます。シャーンブラの問題点にではなく、たった今、文字通り、私、トバイアスが皆さんに話しかけている間にも、地球の重苦しさを、私は感じることができます。集合意識の流出を感じることができます。私が皆さんとこのような状態でいる時には、近くの領域の存在たちが - 彼らは肉体を持ちませんが - そのような存在ですら、入ってくるのです。彼らはエネルギーを奪いたいと思うのです。

物質のなかに存在するのは、とても疲れるものです。天使が、肉体の姿で存在するのは、不自然な状態です。それも、疲れるものです。ですから、こちら側では、私たちは、ひとつのチームとして、一緒にワークすることになります。私たちのグループ全体が - クリムゾン・カウンシルが - 絶えず、あなた方とワークして、絶えず、入ってきて、あなた方の空間に私たちを拡大しますが、時には、身を引かざるを得ない時もあります。

私たちがこの点を持ち出したのは、皆さん1人ひとりにとってもまた、重要なことだからです。あなたは現在、人間の現実のなかで、一生懸命に働いています。ただ単に、あなたの人間としての生活を維持しようとしているだけでなく、スピリチュアルな人生においても、これだけの驚異的な変容を、体験しています。それは、あなたのエネルギーを、とても枯渇させてしまいます。

あなたもまた、自分自身のために時間をとり、あらゆるものから身を引く時間をとることが、重要です。電話に出ないで下さい。コンピュータの前に座らないで下さい。それは、身を引くことではありません。実際、それは、ネットワークとグリッドにまさに飛びこむようなもので、エネルギーを引き抜いてしまいます。ある意味においては、あなたに活力を与えます。あなた方のなかには、夜遅くまで起きていて、コンピュータを使うと、エネルギーが高まるのを感じる人がいます。ネットワークに入りこんでいるからです。けれども、同じ理由から、まさにそのネットワークこそが - インターネットですが - 別の形で、あなたのエネルギーを枯渇させてしまいます。そういうわけで、翌日になると、ことさらに、疲れを感じてしまうことがあるのです。そして、エネルギーの修正のために、再びコンピュータに、インターネットに戻りたいと思うのです。でも、そうすると、次の日もまた、さらに疲れてしまいます。興味深いサイクルです。私たちは、インターネットが良くないと言っているわけではありません。私たちが言っているのは、自分自身のための時間と空間をみつけるのであれば、完全に、自分ひとりでいなさい、ということを言っているのです。

エネルギーを奪われることなく、人間が存在できる、最も純粋なエネルギーは、ひとつには、それは、実は、ガイアなのです。ガイアは、ひとつのスピリットです。ガイアは現在、いわゆる、この地球という惑星に宿っています。けれども、ガイアは、あなたや私と同様に、ひとつのスピリットなのです。あまり違いはありません。ガイアは、たくさんの様々な存在が、自分たちのエネルギーのすべてを一緒にした、複合のスピリットです。彼らが地球を取り巻いて、このガイアというエネルギーを保持する手助けをしているのを、あなたも大体、感じることができるのではないでしょうか。ガイアは、本質的に、「生命をサポートする」、あるいは「生命をささげる」ということを意味します。

ガイアのエネルギーと、この存在をサポートするものたちは、絶えずエネルギーを、地球へ流しています。ですから、あなたがひとりで自然のなかに散歩へ出かけて、呼吸しに出かけて - 晴れの日でも、曇りの日でも、どちらでも構わないのですが - それは、まったく、問題ありません。あなた自身の元気を回復するための、素晴らしい方法なのです。けれども、私たちですら、私たち側の天使たちですら、充電する必要があるので、あなたがそうするのは、とても大切なことです。

私、トバイアスは、私のコテージに、想像上の場所ですが、私のイマジネーションと、クリスタルのエネルギーをもって建てた場所に戻ります。あなたも、同じことができます。自分自身のために、時間をとって下さい、シャーンブラの皆さん。物事が急速に進む今、物事が文字通り、エネルギーを枯渇させる今、とても重要なことです。また、あなたが「切り離す」という、これだけのプロセスを体験している今、それは、極めて重要なことです。

切り離すということ・・・ それについては、すぐに取りかかりますが、このシャウドの、私たちのゲストを紹介したいと思います。今後、数回のシャウドで、一緒にいてくれるゲストです。以前にも私たちと一緒に来たことのある、愛すべき存在のエネルギーです。実に、彼は直接、皆さんと話をしたいとさえ、リクエストしてきました。このミーティングではありませんが、まもなく行われるギャザリングにおいてです。私たちはここで、事前にカウルダーに知らせておきます。(少々、笑) 私たちの親愛なる友人のエネルギー、ラファ - 大天使ラファエル - が今日は、入ってきます。

さて、皆さんに、ただ、ラファエルのエネルギーを呼吸していただきたいと思います。皆さんは、全員、彼とワークしたことがあります・・・ それは実際、「彼」ではない、と知っておいてもらいたいのですが、このシャウドでは、そのように呼びます。ラファエルは、入ってきます。皆さんご存知のように、「怖れ」を変容し、「怖れ」を超えて進む手助けをする存在です。

ラファエルは、トビの物語全体において、重要な役割を果たします。私自身にとっても、カウルダーにとっても、とてもなじみのある存在です。彼は、新しい試練や、古いブロックがある時に、入ってきます。ラファエルが今、私たちに加わるというのは、現在、あなたが、たくさんの怖れと、ブロックと、限界を体験している - 通り抜けている - ことを示す、暗示しているのが、お分かりになるはずです。

この、「切り離す」という概念そのものが、怖れをもたらし、疑いや、不安をもたらします。これらの問題を抜けていく際に、あなたを手助けするために、ラファが今日、じきじきに入ってきます。

古いやり方を手放すという、途方もない、全面的な怖れがあります。安全で、理解できるやり方、必ずしも、何より快適なものではなかったにしても、少なくともそれは、理解できるものでした。ラファは、今後数ヶ月の間、私たちに加わります。彼がいるということはまた、現在、地球上で何かが起こっているということの兆候でもあります - シフトや変化が - それはまた、怖れを顕在化する傾向があります。

このシリーズの - クラリティ・シリーズの - 始めの頃のシャウドを思い起こしてもらえるなら、私たちは、この多量の、大量の闇のエネルギーが、すべていっぺんに地球にやってくることについて、話をしました。ある、人類の意識、地球上の人間の、とても暗い思考により、とりわけ、極めて古い、宗教的なやり方にしがみてついている人たちにより、もたらされた、大きなエネルギーです。彼らが体験している、自らの変化に関連した、たくさんの怖れが、そこにはあります。この闇のエネルギーが入ってきたすぐ後に、おびただしいハリケーンや、自然災害の数々が起こり、すべては、この闇のエネルギーが実現化したものだった、というのを思い起こしてもらえるでしょうか。

ある意味で、それは適切だったと言えるかもしれません。というのは、闇のエネルギーは、動かすのを助けるからです・・・ シフトしたがっているエネルギーをシフトする助けとなるからです。けれども、それはまた、たくさんの怖れをもたらします。人々が、人間が、怖れを持てば、それだけ、人間は思いとどまる傾向があります。自然に起きている、とても美しい変化に抵抗する傾向があります。すると、変化は、実に困難なものになります。取り組むのが、とても難しくなります。

今後、数ヶ月の間に、私たちは再び、地球上の変化の度合いが増加する兆候を目にするでしょう。これは、怖れのシナリオではありません、シャーンブラの皆さん、変化のシナリオなのです。ラファエルが現在、ここにいる目的は、ひとつには、あなたが怖れを抜けて進んでいけるように理解する手助けをするためです。

怖れは、その中核のレベルにおいては、ただのエネルギーに過ぎません。それは、ただのエネルギーです。悪いエネルギーと見なされてきました。怖れは現在、あまりにも、ぶ厚い「おおい」であるため、それは文字通り、人々の足を止めてしまいます。通常なら、しないようなことをさせます。怖れは、こういうものです・・・ そうですね、少しの間、怖れのエネルギーをただ、感じてみて下さい。怖れは、悪魔です。怖れは、破壊者です。怖れは闇であり、未知のものです。少なくとも、皆さんが現在、持っている概念、あるいは「おおい」によれば、そういうことです。けれども、本当にそれを感じつくしてみれば、怖れというのは、ただのエネルギーに過ぎません。それだけのことです。それだけのことです。

自分自身を怖れのなかへと進ませてみれば・・・ まさにそのエネルギーのなかへ入ってみれば・・・ そこに入ってみると、今は亡き、偉大な大統領が言ったように、「怖れには、怖れそれ自体の他には、怖れるものなど何もない。」ということになります・・・ 怖れのエネルギーにまっすぐに入って行くのを、自らに許せば、そこには怖れるものなど何もない、というのが分かるでしょう。それは、変質と変化のエネルギーに過ぎません。あなたが必要な時に、使いたい時に利用できる、ただのエネルギーです。

集合意識だけではなく、フィールドやグリッドからも切り離す、という自らのプロセスを体験していくと、あなたの内側に怖れが沸き起こります。この怖れから逃げるのではなく、それゆえに遮断してしまうのではなく、そこに、まっすぐに入って行って下さい。闘うのでもありません。怖れと闘うとどうなるか、すでにあなたはご存知です。怖れは常に、勝ちます。怖れが常に勝つというのは、それはあなたの一部に過ぎず、そこにあなたのエネルギーを与えることになるからです。怖れを大きくさせていることになります。それを怪物に変えてしまうため、常に怖れが勝つというわけです。けれども、シャーンブラの皆さん、闘うことなく、操作しようとすることなく、自分自身を、怖れそのものに入らせてあげれば、それは、あなたが思っていたような怪物でも、何でもないことが分かるでしょう。

ですから、ラファエルが、今後数ヶ月の間、私たちとともにいます。彼のエネルギーに呼びかければ、彼はあなたと一緒にワークするでしょう。あなたから怖れを取り除くわけではありません。あなたの代わりに、怖れと闘うことはありません。そうではなく、彼はあなたの手を取り、そのなかに一緒に足を踏み入れるのです。以前には決して理解しなかった、怖れについてのいくつかのことを、あなたに見せてくれるでしょう。

さて・・・ 少し、あなたのこの生涯について、話をしましょう。この生涯は、単なる、もうひとつの生涯ではありません。あなたが過ごした、他のどんな生涯とも違うものです。この生涯はとても、とても特別なものです。あなたは、この生涯を選びました、この時期を・・・ 地球上の時間という意味と、またあなた自身の進化の空間、あるいはエネルギーという、両方の意味で・・・ アセンションの生涯として、選びました。人間として、これだけのプロセスを体験するのがどんなものか、また、単に人間であるだけでなく、神聖なる人間の天使へと変容するのがどんなものかを悟るための生涯として、選んだのです。

この生涯は、ただ、自分自身に体験を与えるためのものではありません。この生涯は、あなたが過去に過ごした生涯のすべてのエネルギーをまとめ、解放する生涯です。クリアーする、と皆さんは呼ぶでしょう。解放するのです。手放すのです。

この生涯は、とても特別なものです。なぜなら、あなたが次のレベルに進むのを選んだ時だからです。これまでにあなたが体験した、他のどんな生涯よりも、速く進んでいます。実際、過去に体験したどんな生涯よりも、あなたはより、気づいています。時に、昔に戻り、古代の文明や、社会が答を持っていると考えがちですが、もし、そうだとしたら、あなたはなぜ、まだここにいるのでしょうか? それらはあなたの魂の行程の、進化の一部ですが、この生涯は違います。

私たちがそう言うのは、この人生は、畏敬の念をもって扱われるべきものだからです。「あなた」が、畏敬の念をもって、敬意をもって、称賛をもって扱われるべきなのです。この生涯は、あなたがこれまでに過ごした、すべての生涯の頂点なのです。

ここにいるあなた方の多くの方にとって、あなた自身の選択により、これは、地球であなたが生きる最後の生涯となるでしょう。これはとても、とても特別なものです。この生涯であなたは、過去の生涯の、遮断された、抑えつけられたエネルギーを手放すのです。私たちが常に言っているように、未来とは、過去が癒されたものです。ですから、この生涯であなたは、過去の本当にたくさんのものを、癒し、解放するのです。

この生涯は、かけがえのないものです。ここにたどり着くために、あなたは、何百、何千という生涯を過ごしてきました。無駄にしたくはない生涯です。どんな程度でも - 何と言うか・・・ あなた方のなかには、ひとつの生涯を取り上げて、こう言う人がいます。「でも、この生涯がうまくいかなければ、もう一度、持てばよい。」 それは真実ですが、シャーンブラ、あなたはこの生涯を、特別なものとして、指定したのです。あなたがクラリティを持つ、生涯です。人間のたくさんの「おおい」を超越する生涯なのです。

この生涯は聖なるもので、祝福されたものです。とても、特別です。あなた方が一緒に戻ってきて、ともに - 他のシャーンブラたちと - 出会う・・・ ことに同意した生涯です・・・ あなたの地元にいる人たちであっても、インターネットを通じてつながりを持つ人であっても、他の場所に旅をして出会う場合でも・・・ シャーンブラのエネルギーを呼び戻し、一緒にする時期なのです。

これはまた、自らの学びを持つだけではなく、他の人たちのための教師になるのを、あなたが選んだ生涯でもあります。この生涯の希望のトップに書かれているものです - 教師になること。明らかに、教師は自分自身で、学びのプロセスを通過しなければなりません。あなたは、ちなみに、自分自身にそれを与えました。あなたは言いました。「出て行って教える前に、自分自身でそれを体験したい。この、アセンションを体現するというのが、どんなものなのか、体験したい。」 言い換えれば、肉体のなかにいて、完全なアセンションを体験することです。つまり、それはまた、切り離すということも意味します。

あなたは、自分自身で体験して、深い思いやりと、共感を持ちたいのだ、と言いました。あるいは、そのようなステップのいくつかは、省略することもできたのですが。おそらく、できたでしょう。あなたは思いやりと、共感を持ちたかったのです。そうすることで、他の人たちとワークする時に、ただ単に、当たり前のことだと思わないためです。あなたは、1つひとつのステップを体験していくのがどんなものかを、記憶にとどめたのです。私たちは、この6年間、1つひとつのステップを一緒にやってきました。

さて、この生涯において、とても、とても特別なものは、ひとつには、教える、ということです。当然ですが、新しいやり方で、教えるのです。ただ単に、人々の集団の前に立ち、彼らに精神的なプロセスを身につけさせるのではなく、お手本であることで、教えるのです。あなたの人生を取り上げ、人生であなたが選ぶことをすることで、教えるのです。何という、素晴らしいお手本でしょうか - 自分の人生で、自分が選ぶことを、するのです。それが、教えるということです!

私たちは、世界中のシャーンブラに言いましたが、他人や、企業から雇われるような仕事は、遅かれ早かれ、やめることになるでしょう。そのようなものから、切り離していくでしょう。他の人たちに示すお手本としては、何と素晴らしいものでしょう。誰か他人のために働く必要はない、ということ、あなた自身だけのために在るということです。あなたが選ぶことを、して下さい。ある一定の時間、働かなければならない、とか、ある回数だけ、会議に出なければならない、とか、決まりきった仕事を、日常的な仕事をこなさなければならない、というパターンから、脱却することができるのです。そこから抜け出すことができるのです。

必ずしも簡単なこととは限りません。なぜなら、そのような職にとどまるのは、とても心地よく、安全なことだからです。少なくとも、毎日の予想がつくからです。そこから抜け出すと、あなたは未知へ入って行きますが、本当の喜びへも、入って行くのです。それはまた、あなたが本当のお手本となる場所でもあります。他の人たちのための教師となる場所です。

あなたがお手本として生きる時、創造したいとハートで感じ、望むものを創造し、古い罠や、限界、あるいは古い意識の「おおい」に陥ることなく、そのすべてから抜け出す時、あなたは教師です。もちろん、あなた自身のためです。他の人たちのためではなく、あなた自身のためです。このようなお手本として、導いていく時、あなたは教師です。派手な、メタフィジカルな言葉を通してではなく - 他の領域についてあなたが持っている知識を、言葉で、他人を感心させるのではありません。というのは、ある意味で、そのような言葉は、彼らをただ、通過して、頭のなかに、はまりこんでしまうからです。あなたが人々に教えられる最大のことは、あなたの人生のお手本を通じてです - あなたが選ぶものを、創造する、という、たった今、あなたがやっていることです。

この生涯は、特に、あなた方のなかで、「新しい地球」に行く人たちにとって、とても重要です。あなたがここでクリアーすること、ここで気づくことが、「新しい地球」でやることに、とても大きなインパクトを、大きな重要性を与えます。あなた方のなかには、その後、「新しい地球」の教室で、教師となる人がいます。地球に来たことのない天使の存在たちを教えるのです - 物質に宿ったことのない存在に - それがどんなものなのかを、教えるのです。彼らがそこに行く前に、理解するように手助けをします。

なかには、「新しい地球」へ行き、新しいエネルギーとワークして、それが本当はどんなものなのか、どういう意味なのか、古い地球へ、どのようにあてはめればよいのかを理解する手助けをします - 人間がそれに興味があれば、の話ですが。

なかには、「新しい地球」に少しの間、行って、私たちが「3番目のサークル」と呼ぶところへ、超えて行くのを選ぶ人もいるでしょう。この領域を描写するのは、とても困難です。なぜなら、ここでは、あなたは、修行中の神から、完全な「神」、完全な権利を持つものになるからです。完全な権利です。それは、あまりにも拡がりを持つため、想像することすら、困難です。あなた方のなかには、この生涯の後、そこに行く人たちがいます。

私たちが言っているのは、これはとても重要だ、ということです。それについて、深刻になりなさい、と言っているのではありません。深刻さは、エネルギーを鈍らせてしまう傾向があるからです。軽い状態を保ち、絶えず、エネルギーを進化させ、動かすのは素晴らしいことです。けれども、なかには、こんなことを言う地点に至った人もいます。「うまくいかなかった。次回、また、トライしよう。」 そう思う時、あなたは20歳かもしれません。たった今、聞いている人のなかには、80歳でそんなことを思っている人がいます。つまり、「私は道を少し進んだけど、行き着いていない。」

私たちは、あなたに、そこに立ち返ってもらいたいのです。この生涯で、あなたが自分自身について本当に学んだことに、立ち返ってほしいと思います。あなた自身について。あなたがどれくらいのものを所有しているかは、関係ありません。家がどれくらい大きいか、車を何台、持っているか、は関係ありません。それらは、つけ足しです。ちなみに、素晴らしいつけ足しですが、でも、つけ足しです。それよりも、あなたがこの生涯で何を学んだか、どのように成長したのか、ということです。自分自身とスピリットについて、あなたの旅について、次にどこに行くのを選ぶのかについて、どのように、あなたが新たな理解に至ったのか、ということです。

この生涯は、本当に、とてもかけがえのないものです。それは、独自の共鳴を持っており、独自のアイデンティティを持っています。他の様々な生涯をもとにしていますが、それらのエネルギーが解放された、とても神聖な、独自のエネルギーを持っています。つまり、人間としての典型的な生涯は、比較的、独立したものです。それは単独で、その生涯だけをサポートしています。ある特定の生涯をとってみれば、たとえば500年前のものであれば、そこでのあなたの側面、あるいは物語は、その物語のなかだけで、何かを表現しようとしているのです。「オーバーソウル」としての、あなたの存在が、自分にそうさせてあげたのだ、と言えるでしょう。けれども、その生涯は、ほとんどその生涯だけのものであり、特定の物語についてのことです。

この生涯は、違います。それ自体で存在するのではなく、ただの単体の物語ではなく、この生涯は、コレクションであり、すべての物語を統合したものです。この生涯のあなたが、中心の役割を果たしているのです。あなたが過ごした他のすべての生涯が、今、その一部になるのです。あなたのこの生涯を通して、そのすべてが、戻ってきて、統合されるのです。

あなたが、それらのエネルギーを解放すると、あなたのなかに流れて戻ってくるのだ、と私たちが言っているのは、それが理由です。あなたがそれらを解放し、物語のエネルギーを手放すと、エネルギーは循環して、戻ってきて、あなたに再び、奉仕するのです。けれども、今回は、物語という限界がありません。この生涯は、頂点です。つまり、あなた自身の卒業です。最大の思いやりとともに、愛をもって、そしてありのままを、敬意をもって、扱って下さい。それは、他のどんな生涯とも違います。もうひとつの生涯というだけではありません。これが、「その生涯」なのです、シャーンブラの皆さん。この、現在のものが、あなたにとっての、「その生涯」なのです。

さて・・・ 先月のシャウドで、アダマスが入ってきて、「切り離す」ということについて、話をしました。大きなステップです。大きな洞察です。私たちはまた、つい笑わずにいられないことがあります。なぜなら、私たちがこれほど、皆さんに対してオープンになれて、「グリッドから、フィールドから切り離す」というようなことまで、話ができるわけですから - 大きな、大きな、画期的な出来事です。シャーンブラにとって、大きな出来事です - そのようにセント・ジャーメインは、先月話しましたが。大きな出来事です。

私たちが時々、笑わずにいられないのは、あなたがこれを、通りに出て行って、世間一般の人に話そうとすれば、どれだけ難しいかというのが、分かっているからです。この概念を説明しようとして、「ええ、たった今、今月のシャウドがあったのですが・・・」 その言葉を言うだけで、不思議そうな顔で見られてしまうでしょう。(聴衆、少々、笑) 「 ・・・そのシャウドで、私たちは同意したのですが - 私は同意したのですが - フィールドから切り離すことにしました。」 彼らはあたりを見回して、フィールドを見ようとして、(笑) 頭をかきむしって、あるいはうなづいて、急いで立ち去ることでしょう。(さらに笑) ですから、私たちが面白く思うのは、あなたがどれだけ遠くまで来たのか、どれだけの情報を、あなたが理解できるようになったのか、どんなエネルギーを、自分自身に動かしてあげられるようになったのかということなのです。

私たちは、「フィールド」から切り離すことについて話しました。それは、いいですか、ほとんどの天使がやったことはありません。彼らは今でも、ある種のフィールドや、何らかのエネルギーの源に、つながっているのです。あなたの前に行ったということではありません。まったく逆です。あなた方が、「偉大なる者たち」であり、あなたが先に行くのです。あなたが先に行くのです。あなたは、「フィールド」から切り離しています。

これまでに、文字通り、それを人間の集団としてやったことはありませんでした。ごく少数の、人間の姿をした、個人の存在が、やったことはあります。また、たくさんの人たちが、途中まで行きましたが、その生涯で終わらせることはありませんでした。なぜなら、地球のエネルギーが、ふさわしいものではなく、また、あるいは新しいエネルギーが利用できなかったからです。

「悟りに達した者」がいます。仏陀のように、悟りに達したマスターたちがいます。彼は、生涯を、実際は、たくさんの生涯を経ました。(トバイアスがくすくす、笑っている) ・・・私たちは彼のことで冗談を言っていました。彼こそが、誰よりも苦しんだ人だったのです! 生涯のあらゆるものを否定した、仏陀という人がいました。ゴータマ、あるいは仏陀ですが。彼の試みのすべてが、「フィールド」から切り離すことでした。彼はまず、物理レベルで切り離し、身体を、そして、マインドを切り離すことでやりました。それから、少しずつ、クリスタルの領域から切り離し始めました。けれども、あまりにも多くの試練と苦難を経て、彼はそれをしたわけです。身体を痛めつけ、マインドをののしりました。

彼は、最終的に、そこに到達しました。切り離すために、たくさんの、たくさんの生涯と、たくさんの試みの後に、到達しました。けれども、彼ができたのは、ようやく、「降参した!」と言った、純粋な輝きの瞬間においてでした。(笑) 何か、壮大な天使のインスピレーションがあったわけではありません。「スピリット」の手が、彼の上に降りてきたわけでもありません。彼がついに、「この苦しみと、試みをやめる。この規律をやめる。」と言った時、その瞬間、木の下に座っていた彼は、実際に、悟りに達したのです。天国が開け、私たちは皆、拍手して言いました。「よかった、やっと!」(笑)

イェシュア。イェシュアは - あるいは、ジーザスは、皆さんの多くがこの愛すべき者を、このように呼びますが - 複合の存在で、魂を持たない存在です。彼は - ある意味で - シャーンブラの、そして世間の人々も実にそうですが、道を先導するためにやってきました。けれども、このように言う人もいます。「さて、イェシュアは、フィールドから切り離したのだろうか?」 イェシュアは、魂を持たない存在です。あなた方とは違います。彼は、たくさんの、たくさんのエネルギーの複合体です。ですから、イェシュアが「フィールド」から切り離した、とすら、言うことはできません。イェシュアは、今でも、実際、「フィールド」に欠かせない一部であり、とりわけ、「ジーザス」という人格においては、そうです。

ジーザスは、現在、あまりにも「フィールド」に織りこまれているのです! 「救済のためには、ジーザスを通っていかなければならない」と、人々が言うのを、あなたは聞いたことがあります。それは、つまり、彼らは絶えず、グリッドに、ネットワークに、マトリックスに、どのように呼んでも構いませんが、そのようなものに、はまりこんでいるからです。彼は、そこに織りこまれています。

さて、ジーザスのエネルギーは、イェシュアとは少し、違います。人類の意識が、これを創造しました・・・ 実際、私たちが作り話のなかの存在として、ジーザスと呼ぶ者です。ジーザスという者は、存在しませんでした。それは、彼の名前ではありませんでした。名前は「イェシュア」でした。そして、イェシュアのエネルギーは、随分、違うものです。けれども、イェシュアですら、この切り離す、というプロセスは体験しませんでした。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.