000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

IMAGINE

「切り離す」アダマス・セント・ジャーメイン


クラリティ・シリーズ シャウド7
「切り離す」 アダマス・セント・ジャーメインによるシャウド
クリムゾン・サークル 2006年2月4日

誰だか、あててみて下さい・・・ (聴衆、笑) I am, yes, I am ええ、アダマス・セント・ジャーメインのエネルギーです。私が入ってくると、どうして、皆さんは椅子の上でたじろぐのでしょうか。トバイアスが入ってくる時には、皆さんはゆったりと構えて、リラックスして、バターのようになるのですが・・・ どうも私は、シャーンブラたちの間に、緊張感をもたらすようです。
私は、今日は、皆さんの代理の先生です。(聴衆、笑) トバイアスはもうじき開かれる、セクシュアル・エネルギーについてのワークショップに取り組んでいて忙しいのです。長い間、行き詰まっていたエネルギーを変容させるための、本当にシフトさせる、このワークショップに参加することを選んだ人たちと、文字通り、ワークしています。このような人間たちのグループが、とりわけ、このスピリチュアルな旅に関わっている人間の天使たちが、最も深いレベルでこれに取り組むという、不屈の精神を持てるのは、めったにないことです。ただ単にセックスの肉体的な部分や感情的な部分だけを話すのではなく、セックスと、その中核のエネルギーについて話をし、そもそも、それがどのように創られたのか、地球上の偉業の数々に、それがどのように使われてきたのか、皆さんの時代に限らず、歴史上の偉大な指導者たちを駆り立てるために、それがどれくらい、あるエネルギー的な器、エネルギーを養うものとして、壮大なまでに使われてきたのかという話です。セックスには、それができます。私たちはただ、セックスという、肉体的な行為だけの話をしているのではなく、セックスのエネルギーについて話をしています。

皆さんの多くの方がご存知のように、それは破壊するために使われることもあります。隷属するために使われることもあります。操作するために使われることもあります。たくさんのシャーンブラを、生涯から生涯へわたり、縛りつけてきました - 本来のあなたに気づかせなくさせてきた、刑務所のようなものです。トバイアスは、たった今、この瞬間に、そこに参加する人たちと、また、ファシリテイター(施術者)たちとワークしています。彼はこのワークショップについては、ほとんど話していません - カウルダーや、その他の人たちに - 私たちは、どんな先入観も抱いてほしくないからです。どんな知性も - 知性・・・ ちょっとした問題です、カウルダー(笑)(訳注:ジェフが、言葉につまっていたので、こう言っている)・・・ 脳を働かせるのは - このイベント全体を取り巻くものに。

というわけで彼は、私に参加するように頼んできました。あなたは、今日は、違うアダマス・セント・ジャーメインを聞いていますが、それは私が、バハマで横柄さのほとんどを手放したからです。(聴衆、笑)・・・ もっと親切で優しいセント・ジャーメインです。けれども、今日、私に代理を頼む時に、トバイアスは、ひとつリクエストをしました。彼は、私のエネルギーのバランスをとる手段として、皆さんがよくご存知の、とても特別なゲストを一緒に連れてくるように言いました。彼のエネルギーを、皆さんも感じられるかもしれません - クツミのエネルギーです。(聴衆から、「イエー」という声)

さて、「イエー」はいいのですが、(聴衆、爆笑)クツミは、今日は話をしません。彼は実際、沈黙の時期に入っていて、この時期、どんな存在とも話をしていません。現在は、どんなチャネリングもしていません。彼がこの時期、沈黙に入ったのは、ひとつには、彼自らの自己を発達させるためであり、また、文字通り、エネルギーを伝えるための、いわゆる情報を、他の人に伝えるための新しいやり方に、取り組んでいるからです。彼は、通常の回路を飛び越えています - 私たちが使っている、たとえば今なら、このシャウドが行われるために、私たちは皆さんのエネルギーを、シャーンブラとして集めます。私たちはある種のエネルギーの道すじをカウルダーのなかへ創り出し、それによりカウルダーは言葉を、ほとんどの言葉を翻訳し、皆さんが耳で聞くことができるわけです。けれども、クツミは静かな時期に入っているので、ヴェールの私たち側のなかには、あの「私はどっちみち、牛の糞か」というワークショップをクリーブランドでこの冬、できなかったことで(笑) 実は、彼がすねているのではないか、と疑っているものもいます。まあ、でも、彼は沈黙のなかにいるのだ、と私たちは思っています。彼はどんな形でも、私たちと話をしないでしょう。

トバイアスは、彼のエネルギーが入ってきて、バランスをとる助けをするように強調しました。ユーモアを伴って。というのは、私たちは今日、あなたがこの、まさに移行の時期に体験していることの物理学に関連したトピックを扱っていくからであり、実に、あなたもお分かりのように、クツミというのは、本当に、とても賢いのです。クツミは、とても難しい概念を、極めてシンプルな形態へ下ろしてくるという、素晴らしい能力をそなえています。あなたが彼の存在を人生で感じる時は、たいてい、特にマインドの罠にはまりこんでいる時 - 行き詰まっている時 - あるいは、あなたがあまりにも神秘主義に傾き過ぎて、人間としてのあなたの人生にまったく応用がきかない時です。そこに行くのは、時には楽しいことではありますが。けれども、あまりにも人間の現実や可能性からかけ離れているので、そんな時に、クツミが入ってきます。彼は物事を単純化する助けをしてくれます。とても地についた、基礎的なレベルに下ろす助けをしてくれます。ですから、今日は彼の話を耳にすることはないでしょうが、彼の存在が、このシャウドのエネルギーに織りこまれているのを、確かに感じるでしょう。

今日、音楽が演奏されている間にも・・・ 私たちは、皆、 - トバイアス、クツミ、私は - シャウドのエネルギーの多くを、言葉が話される前に伝えるのが大好きです。私たちは、文字通り、音楽を使って、エネルギーをもたらします。というのは、音楽のなかには、思考がないからです。音楽というのは、つまり、文字通り、時間のなかの数です。音楽は、時間のなかの数は、自らをエネルギー的に解きほぐすもので、そこには音符や歌それ自体をも超えた、たくさんのものが含まれています。それは実際、川が、私たちのなかを通って流れていくようなものです。あなたは今日、音楽を聴いていました - 時間のなかの小川、川の数が、出て行って、あなたの現実に入っていきます。クツミの今日のワークの多くが、文字通り、そこでなされ、彼のエネルギーが流れこみ、今、私たちは単に、ここで、このシャウドで、そのメッセージのなかの贈り物のラッピングを、はずし始めているのです。私、セント・ジャーメイン、トバイアス、クツミ、そして世界中から集まった、すべてのシャーンブラのメッセージです。

今日の私たちのディスカッションに深く入る前に、ひとつの質問に答えておかなければなりません。前回、私が現れた後に、なぜ、私が質疑応答の間に去らなければならなかったのかを、たくさんの人が、知りたがっていました。ちなみに、今日は私が質疑応答をします。私のお気に入りのパートです。(笑) 書かれた質問(訳注:メールで届いた質問)がたくさん出てくるのを願いましょう。

たくさんの人が、私がなぜ、それほど急に去ったのかと聞きました。トバイアスは、私が、国家首脳と、皆さんのブッシュ大統領との、ディナーの約束の時間が迫っているのだ、と言いました。そこで、何度も何度も、質問が出てきました。私は誰として行ったのか? ディナーの席では私はどうしていたのか? 何が起きたのか? 私はどんなことを聞いたのか? いったい、私は大統領に何を言ったのか? シャーンブラについて話したのだろうか? さらには世界中で進行しているスピリチュアルな変革についても話したのだろうか? いいえ、それはしませんでした、ええ。その夜のディナーの席で、私は実に、床におしっこをもらすという、喜ばしい機会を持つことができました。(聴衆、笑) 少しの間、別室に連れて行かれましたが、その後、スタッフの1人に再び連れ出されました・・・ ええ、私はバーニー(訳注:ブッシュ大統領の愛犬)として、犬として入っていったのです!(笑) ええ、というのは、息のつまる政治家たちよりも、犬にエネルギーを入れる方が、ずっと簡単だからです!(さらに笑) 以前はよく、スポットを通して入っていましたが、スポットは死んでしまいました・・・ ですから今は、バーニーを通して入ります - 素敵な子犬です。その時間は - 彼は本当に喜んでさせてくれます。ちなみに彼は、実際のところ、彼を通して私たちがワークするのを、とても面白がっています。私たちのエネルギーが部屋に入るのを許してくれるのです。ええ、私たちはそのために、何人かの人の足をくんくん、嗅がなければなりませんが。セント・ジャーメインという役割から言えば、私はそのようなことにはあまり慣れていないのですが(笑)、しかし - 私たちは実際、バーニーになり代わった時は、良い食事をもらうことができました。アルポやピューリナといったような、ありきたりの餌ではありませんでした。おいしいディナーの残り物をもらったのです。

それにより - ええ、私は実際にパーティに出席しました - それにより、ゲストたちの間を動き回り、彼らが横に座っている私を撫でている間に、どれくらいのものを伝えることができたか、想像できますか? 私がシェアした情報やエネルギーを? 私はある時点でとても興奮しました。つまり、出席者のなかに、心を開く人たちがいて、実際にその夜、パーティの出席者の数人からハートのエネルギーが感じられたので、文字通り、バーニーとなった私は、あまりに興奮して、床におもらしをしてしまいました。

この国家の素晴らしいディナーに出席した様子は、このような感じでした。それが本当に簡単だということを、ちょっと言っておきますが - 犬を通して入っていくのがいちばん、簡単なのです。犬は、とても素晴らしい、いわゆる飼いならされたエネルギーを持っています。けれどもなお - 皆さんに言っておかなければなりませんが - 犬は主人に対して、うんざりすることがあります。彼らは私たちのようなゲストが入ってくるのが大好きなのです。あなたの飼っている犬が、前日とは少し違うのに気づいたことはありませんか? 様子が違っていたり、ふるまいが違っていたり。与えられる餌を喜んで食べている日があるかと思うと、そうではない日もあります。私たちのような存在が犬のなかに入って、あなたが与える缶詰のものを食べなければならないのは、とても大変なことなのです。ですから、私たちはただ、顔を背けるわけです。犬のような種に私たちがエネルギーを持ってくるのは、とても簡単です。猫は、様々な理由から、干渉しないことがあります。彼らには独自のパーソナリティがありますので。けれども、それは喜ばしいパーティでした。たくさんのエネルギーを伝えることのできた時間でした。私は実際に、バーニーとは、数日間、ともに過ごしました。

では、この日の、よりシリアスなディスカッションに移りましょう。世界について、話をしましょう。現在、地球に何が起こっているかについて、話しましょう。それは実際、すべてが、かなり明白なものです。でも、その渦中にあると、見えにくいことがあります - 何と言うのでしょう - 木から森林(全体像)を見るというのは。何が進行しているかを理解するのは、困難です。

それは、極めてシンプルです。とても基本的です。あらゆるものが加速しています。文字通りに。こう言ったからといって、腕時計を見ないで下さい。たった今も、時間は加速しています。さて、あなたが身につけている機械装置は、腕時計や時計は、一定の配列になるようにプログラムされており、その時間の配列からどうやって抜け出せばよいかを知りません。とても直線的なものです。しかしながら、時間そのものは、このことを知りません。時間は、はっきりと定義された配列におさまらなければならないということは、知りません。ですから、時間そのものが、その居住者である意識、この場合には、人類の意識次第で、減速したり、加速したりします。

偉大なる存在、イェシュアの時代には、時間は、今とはとても違う進み方をしていました。皆さんの科学者に、それが到底、理解できないのは、古い時間を理解するのに、現在の時間の測定点を使うからです。宇宙は、誕生から30億、300億年、などのように言われています。それは真実には程遠いものです。なぜなら、時間はシフトし、変化するからです。時間は加速したり、減速したりします。曲がることもあります。様々な方向に流れることもあります。ですから、宇宙には、はっきりとした日付があるとか、1000年前に、今日の時間と同じ基盤に物事があったと言うのは、とても難しいのです。

時間は加速しています。物事がより、速く進んでいるのは、現在、意識が速く進んでいるからです。それは一目瞭然です。あなたの周りのいたるところにあります。皆さんのテクノロジーが、どれほど急速に変化しているかを見て下さい。物事が発明されるスピードを見て下さい。集合意識に答が入ってくるスピードを見て下さい。あらゆるもののスピードが現在、速まっているのを見て下さい。かつてないことです。あなたは、スピリチュアルな歴史に残る時間に生きています。時間というのは、つまり、時間的な要素と、起こっている出来事の両方を指します。

現在、様々な存在たちが、戻ってくることを強く要求しています。地位を得たい存在たちです。何百年も、さらには何千年も転生していない存在たちです。死者が復活しつつある、とも言えるでしょう。彼らは戻って来たいのです。というわけで、世界中で、たくさんの子供たちが、人間が、前例のない割合で殺到しています。それに加えて、かつて地球に来たことのないものもいます - 肉体に宿ったことのないものたちです - 彼らも、来たがっています。トバイアスが、「クリスタル・チルドレン」と呼ぶものたちのことです。彼らは、この、まさに移行の時に、素晴らしい変化の時にやって来ることに、ワクワクしています。

トバイアスはこの2007年9月18日という日付について話をしました。それは、あまり遠い先のことではありません、シャーンブラの皆さん。まったく、遠い先のことなどではありません - クオンタム・リープです - 私たちが意識のクオンタム・リープ(量子的飛躍)をする時であり、「今」という瞬間です。あらゆるものがあまりにも急速に加速しているため、もはや、古い道を辿ることができなくなっています。新しい道をみつけなければならないのです。

さて、皆さんがこの地球で、前例のないスピードと速いペースを持っているのと同じように、皆さんの地球は、極めて古い燃料から支えられ、エネルギーを与えられ、養われています - 化石燃料のことです。他の燃料源が活用されてこなかったのは、驚くべきことです。意識がはずみをつけ、新しい方法を見始めるのに、どれくらいのものがいるのでしょうか - 災害、大惨事でしょうか。世界は今の時点で、このスピードと速度で、古い燃料源とパワーを使うことで、あとどれくらい、機能していけるでしょうか? あまり長くはありません。

皆さんは、石油の供給があと、50年だという話を読んだことがあります。おそらく、違うでしょう。人々が大幅に消費を削減しない限りは。25年・・・ それはひょっとすると、無理があるかもしれません、シャーンブラの皆さん。15~20年、多分。燃料の供給があまりにも重要なことになるので、もはや、どうでも良くなってしまうまでにはそうでしょう。あまりにも乏しくなるため、石油が地球上で最も価値のあるものになってしまうわけです。仮に、他の燃料供給が発見されるのであれば、別です - 意識が自らを進化するのを許すのであれば、別です。エネルギーは、いたるところにあります。私たちは単に、風や、太陽、海のことだけを話しているわけではありません・・・ 水素のことだけではありません。エネルギーは、あらゆるところにあります。

それはまるで、考えられる限り、あらゆる種類の食べものでいっぱいの、緑豊かな庭の真ん中に住んでいるようなものです。ところが、あなたが焦点を合わせてきたものは、この場合には人類ですが・・・ それを、とうもろこし、だとしましょう。あなたは、とうもろこしの育て方しか知りません。とうもろこしをどうやって食べればよいのかだけしか知りません。とうもろこしを消化することしか知りません・・・ でも、とうもろこしは、減っています。たくさんの人たちがやってきては、とうもろこしを食べるので、いくら育てても足りないように思われます。他の考えられる限り、あらゆる種類の食料源 - フルーツや野菜 - ほしいものは何でもあるこの美しいメッカ、この庭に住んでいながら、意識はそれを見ていません。彼らはとうもろこししか、見ていません。この豊かな庭に住んでいるのが、分かっていません。

皆さんの地球における、燃料の状況は、そのようなものです。皆さんは、石油だけしか見ていません。石油は、人類に燃料を供給するという意味では、まだ100年もたっていません。地球は成長しています。過去100年間の変化を見て下さい。燃料の消費量が、ますます増加している、インドや中国のような国々に生じている変化を、見て下さい。これはどこからやってくるのでしょうか?

トバイアスは最近、少人数のグループを相手にしたチャネリングのなかで言いました。石油が来年、1バレルが120、130、140ドルになっても、驚かないで下さい、と。驚かないで下さい、シャーンブラの皆さん。世界中が、自分たちを古いエネルギーで供給し続けようとしています。何という、信じがたい「メタファー(たとえ)」でしょう。それは、本当に、極めてシンプルです。

あなた自身の立場で言えば、シャーンブラの皆さん。あなたはそのドラマにとらわれる必要はありません。どんな種類の妄想的なモードに入りこむ必要もありません。あなたの人生には、十分な燃料があるのが分かるでしょう。それが何であれ - 石油でもガスでも。あなたの地球上での個人的な人生においては、燃料を必要とするものは、十分過ぎるくらい、あるでしょう。ですから、パニックに陥ったり、危機モードに入り始めずに、地球に起きていることを理解して下さい。このような変化が起こっているのは、究極的にはすべてのもののためになるのだ、ということを理解して下さい。

あなたが生きている、このエネルギー危機の時代において - それは実際、危機です。それは、本来ならそうあるべきほどには、あまり表面に持ち出されてこなかっただけです。このエネルギーの時代の危機においては、解決を求める古い問題の数々が表面化することが、よくあります。たとえば、戦争を表面化させたり。種族間や、スピリチュアルな家族の間の、とても古い問題を表面化させます。それはすべて、プロセスの一部ですが、それによく、気づいていて下さい。起こっていることによく、気づいていて下さい。お金が、世界中のあらゆる場所でシフトすることになります。マネーサプライ(貨幣供給量)を支配してきた、ある特定の国々があります。それも変化します。それがシフトすることになります。世界の権力の中心がシフトすることになります。すべてが、極めて適切なものです。

それは、意識をシフトすることになります、文字通り。ですから、これを実際、前例はないが、長い目で見れば、とてもポジティブ(肯定的)な出来事としてとらえて下さい。究極には、何が起こるのか、私たちが見るところでは、高次の意識と触れることで、新しい燃料源を引き出せる人が出てくるだろうということです。それは少数の人たちから始まりますが、拡がっていくでしょう。あらゆるところに拡がるでしょう。ですから、あなたの時代の、現在のエネルギーによく気づいていて下さい。単に燃料という意味のエネルギーだけでなく、入ってくるあらゆるエネルギーという意味でのエネルギーです。

さて、あなた自身の個人的な人生においては、あなたが今、生きているこの時間ですが、シンプルに保つようにして下さい。特に、あなたが人生で通過している、あらゆることを考えれば、いとも簡単に、複雑さにとらわれてしまうからです。できる限り、シンプルにして下さい。これは、トバイアスが再三にわたって話すテーマでもあります。シンプルにしておいて下さい、シャーンブラの皆さん。基本的なものに、とどめておいて下さい。それはまた、あなたをクリアーにもしてくれます。見て下さい - あなたの人生のあらゆるものを、点検して下さい。ただ単に物理的なものだけではありません。家族や友人たちを点検して下さい。あなたの周囲に進行している、あらゆるものを点検して下さい。

あなたの信念体系を、じっくりと点検して下さい。私たちは広範囲にわたり、信念体系について話してきました。信念体系は、現実を創造するものです。その1つひとつを - あなたの信念の1つひとつを - クロゼットを点検して、いらなくなった洋服を取り除くように、検討して、見て下さい。クロゼットのなかが、いらないガラクタでいっぱいになることがありますね。クロゼットのなかが、もう価値のない、たくさんの物にあふれていて、それが場所を取っているのです。あなたのクロゼットを調べて下さい。あなたの信念のクロゼットを、その1つひとつを、すべてを、判断せずに見てみて下さい。まだそれがいりますか? まだ、身体にフィットしますか? 流行遅れになっていませんか? 手放すことができますか?

時に信念体系は、あなたのクロゼットのなかのもののように、あまりにも奥に押しやられ、隠れてしまっているので、見ることすらできなくなっていることがあります。時に、クロゼット全体を片付ける必要があるのです。すべてを取り出して下さい。新鮮な空気を入れてあげて下さい。あなたが人生に本当にほしいものだけを、そこに戻して下さい。信念体系は悪いものではありません。それは、現実を構築するための、まさに中核となるエネルギーであり、方法のひとつです。あなたには、信念体系が必要です。けれども、何が起こったかというと、あなたは、他の様々な「おおい(オーバーレイ)」の上に、信念体系を積み重ねてきたのです。互いに競い合ったり、矛盾するものもあります。それがすぐに、あなたのエネルギーを、枯渇させます。あなたからエネルギーを奪ってしまいます。

あなたが現在、持っている信念体系の多くは - そうですね、だいたい、そのうちの60~70%が - もはや必要のないものです。あなたの役に立っていません。あなたがそこにしがみついているのは、いつか、そこにまた戻ることがあるかもしれない、と思っているからです。あなたがいくつかの信念体系にしがみついているのは、そうしなければならない、と思っているからです。それ以上のものがあるのを、知らないからです。信念体系を棄てられるとは、誰も教えてくれませんでした。

信念体系はたくさんあり、様々です。あなたは、自分の人生に、ある特定の形で豊かさが流れこんでくる、と信じています。それはもう、あなたの役に立ちません。ある特定の物事が、特定のやり方でなされなければならない、とあなたは信じています。なぜですか? 何かが以前にあるやり方でなされたからといって、今もまた、そのやり方でする必要がある、ということはありません。集合意識からくる信念体系があり、あなたは何らかの形でそれを、自分の人生にただ、許容してきたのです。それがあなたのクロゼットに入りこんでくるのを許したのです。けれども、それらは、もう、そこには属していません。

信念体系は - とても頑固なことがあります。隠れることもあります。あなたにとってまだ、価値があるものだというフリをすることもあります。けれども、シャーンブラの皆さん、たった今、クラリティに磨きをかけるために、人生でなんでもしよう、という気持ちが本当にあるなら、あなたの信念体系を調べて下さい。1つひとつ、すべてを。何でも評価して下さい。食べものについての、あなたの感じ方。人生について、宗教、神についてのあなたの感じ方。神というのは、おそらく、ここにあるものでも、最高レベルの信念体系の「おおい」です。神とは何か、また、何でないか、という信念です。それが今日、皆さんの世界に何をしているかを、見て下さい。様々な国々や宗教が、ただ、神という名のもとに争い、殺し合います。なぜ、誰も、神という信念体系を調べて、こう言わなかったのでしょうか? 「これはどこからやってきたのだろうか?」 たとえそれが聖書に書かれたものであっても - 「それはなぜ、そこにあるのだろう? 私たちにはまだ、それが必要だろうか? 私たちにはまだ、「その」神が、必要なのだろうか?」

あなた方のなかには、神は、いなければならない、といまだに信じている人がいます。面白いですね。私たちはここでは、細心の注意を払わなければなりません。あなたは、神は、いなければならない、と信じています。何か、全能の存在がいなければならない、というのです。そうでしょうか? このひとつの愛が、唯一の求心力が存在しなければならないのでしょうか? これはあなたが答えるべきことであり、私が答えることではありません。けれども、それを見て下さい。それは、あなたの役に立っていますか?

あなた方のなかには - 私たちは、すべてのシャーンブラに対して話していますが、もちろん、すべての人類に対しても話しています - あなた方のなかには、この象徴としての親が、象徴としての神を必要とする人がいます。ある時点で、そこに戻るための象徴です。なかには、この地球を去ると、永遠に完全で幸福な状態に戻ると信じる必要のある人がいます。それは、あなたの役に立っていますか? それは、真実とは何の関係もありません、いいですか。真実とは何の関係もないのです。もし、まだ見出していないとしたら、真実はない、ということを、あなたは発見するでしょう。意識のより高いレベル、というものはありますが、真実は - 真実は絶えず、変化しています。真実は、ひとつではありません。

あなたの真実が何かを、見て下さい。あなたがしがみついているもの、信じているものが何かを、見て下さい。クロゼットを片付けて、いつも単純さを見ていて下さい。あなたは、とても困難で、試練に満ちた時代に生きています。確かに、スリリングではありますが、でも、困難で、試練に満ちています。物事をできる限り、シンプルに保つのがベストなのです。だからといって、様々な活動を楽しむな、という意味ではありません。あなた方のなかには、マルチに物事をこなす人がいます。いつも忙しくしているのが好きな人がいます。それは悪いことでも何でもありません。あなたは単に、内側のクリエイティヴな感覚を表現しているに過ぎません。けれども、それもまた、シンプルに保つことはできます。

もうひとつ、あります。私はここで - 最近、エルーセラで行われたワークショップを受けて言いますが - 選択をして下さい、ということです。あなたはそうしていると思っていますが、あなたは嘘つきだ、と私は、言うつもりです。あなたは、自分が選択をしていると思っています。全然、違います。人間は、選択をしません。単に、反応しているだけです。バハマでの私たちの集まりは、エルーセラ、自由を意味するその場所での集いで、最も重要なポイントは、「あなたの人生で、今、選択はどうなっているのか。」と言うためでした。あなたは言います。「ええ、でも、私は分かっていて - 私は選択をしています - 私が望むのはこういうもので、これを望んでいます。」 そんなのは、選択ではありません。それは、望みです。欲求です。つかみどころのないものです。

人間は、選択をしない傾向があります。それについて考えて、感じてみて下さい。人間は反応し、その反応のなかにあらゆる感情を抱きます。人は、自分が望んでいるものを知っていると思っていますが、選択をするのを怖れています。エルーセラ シンクロタイズ システム(ESS) (The Eleuthera Synchrotize SystemTM )とは、選択ということです - シンプルな選択、ということです。選択について、核心に触れる話し合いができるようになるまで、私たちは、現実や信念、あなたが毎日、自分自身に言い聞かせる嘘について、数々のディスカッションを重ねなければなりませんでした。あなたが「選択」であると思っている、典型的なものでもありません。私たちは入っていき、あなたの庭 - あなたの現実の風景を調べなければなりませんでした。あなたの現実の風景とは - あなたが生きるのを選択している現実とは - あなたがそこにあることすら知らないもので、溢れています。数々の生涯にわたる埋めこみや暗示、おおい(オーバーレイ)です。誓いや誓約 - そのようなものは、もう、そこにある必要はありません。あなたはある理由から、ある目的をもって、そこにそれらを植え、あなたの現実という風景にとどめておいたのです。あなたには、もう必要ありません。それらを引き抜いて下さい。一掃して下さい。

ほとんどの人が、自分の周囲のいたるところに、現実の風景がただ、成長するままにさせています。自分の現実の風景がどのように見えたらよいかについて、自分たちに選択肢があるとは、考えつくこともありませんでした。ただ、それが発生するにまかせているだけです。そして、雑草がはびこると、ののしります。自分の現実の風景の生態系のバランスが崩れると、悪態をつきます。それが自分の運命だと思います。宿命なわけです。あなたは何と言うでしょうか - 「世の中、そんなものさ。」 あなたはそれを、極めて有害な「おおい」として受け入れてきました - 「世の中、そんなものさ。きっと、それが私の運命なんだ。」 誰かがある時点で、それが、神があなたに望んでいることだと教えたのです。神があなたに望んでいるものなど、何もありません。なぜ、何か望むものがあると信じるのでしょう? 運命があるなどと、なぜ、信じるのですか? あなたは選ぶことができるのです。

あるいは、人間はどこかの時点で、怠け癖がついたのかもしれません。人間は、選択するのをやめたか、ひょっとすると、それが過度の労働だったからかもしれません。ただ、物事が起こるにまかせたわけです。物事がやってくるままに、それに反応します。けれども、シャーンブラの皆さん、あなた方は少し、違います。ですから、あなたはここにいるのです。そういう理由からあなたは、長い間、この、まさに進化した最先端のグループの一員だったです。あなたの人生で、選択をする時です。意識的な選択です。それは、「イエス」と「ノー」から始めることができます。「どうなるか、見てみよう。」ではありません。「おそらく」や、「多分」ではありません。「イエス」か、「ノー」です。実にシンプルで、素晴らしいテクニックです。私たちは、シンクロタイジングにおいて、その詳細に入っていきます - あなたが自分自身で、できるものです。自分は直感的に、このマテリアル(教材)を知っている、というのが分かるでしょう - それは、あなたのマテリアルです - なぜなら、私がバハマに来るように集めたシャーンブラたちは、あなた方の代表だからです。彼らは、いくつかの独特な性質を、独特な特性をそなえていましたが、彼らはあなた方の代表でした。

ですから、このシンクロタイジングが - このシンクロニゼーション(同期化)を選択して、起こす方法が、あなたの人生に戻ってくるのが分かるでしょう。それは、まさに直感で感じとることができるものです。すでにそれを知っている、と感じることでしょう。私たちはいくつかのステップを、かなり意図的に、具体的にたどっていくことで、あなたが軌道に戻れるようにしています。また、そうすることで、あなたが他の人たちとワークすることができるようになります。これは - ちなみに、あなたがこれをワークしていく人たちは、シャーンブラではありません。彼らは、シャーンブラの外側にいる人たちですが、自分たちの意識を前進させつつある人々です。彼らは自分たちの古いやり方や、古い自己に満足していません。何か別の答をほしがっています。ですから私たちは、このプログラムを、シャーンブラが教え、また、課金することができるように整えました。たった今、これを強調しておきます。カウルダーは先程、触れませんでしたが、もしあなたがそれを教えていくのであれば、有料にしなければなりません。そうでないと、エネルギーがうまく働かないからです。本当です。

あなたはこの、シンクロニゼーションを教えます。それは、選択についてです。それくらい、シンプルなのです。選択をするということです。私たちはその内側に、極めて具体的なシステムを規定しました。そうすることで、あなたがそなえている - 何と言うか - 悟りや意識という利得を、他の人たちが把握できるようにしています。あなたは簡単に、それを把握できるかもしれませんが、彼らにとっては、もっと難しいものになるからです。彼らはあなたと同じ場所にはいません。それは、選択、ということです。けれども、まず、自分の人生に、それを使い始めて下さい。

シンプルにしておいて下さい。あなたの人生で、選択をして下さい。物事が - 現在の地球において - クレイジーであるというのを、理解して下さい、そして、なぜなのかを、理解して下さい。その必要性を理解して下さい。物事が - 何と言いますか - 駄目になったり、崩壊することはない、ということを知っておいて下さい。物事が何か、どん底まで落ちてしまう、というようなことにはなりません。現在のエネルギーは、あまりにも力強く、高い意識を持つ者が、とても多く地球上に存在するので - シャーンブラはそのひとつであり、他にも様々なグループや家族がいます - そのような完全な破壊や、完全な混沌は、現在の地球では、起こしたくても起こすことはできません。これらは、あなたの個人的な人生で、いくらか指針となるでしょう。

さて、エネルギーについて話をしましょう。あなたの人生で現在、何が本当はあなたに、起こっているのかについて、話をしましょう。トバイアスが皆さんと交わしてきたディスカッションを続けましょう。クリスタルの領域について話しましょう。それをどのようにあなたの人生に取りこめばよいのかを、あなたがしていることに、どのように統合すればよいのかについて。

全体像という点から何が起こっているかと言うと、私たちが話しているのは、壮大な、壮大なる全体像です。ひとつの時間、ひとつの場所において、あなたはワンネス(ひとつであること)でした。言葉で表現するには難しい概念ですが、あらゆるものが、ワンネスでした。トバイアスはこれを、「故郷」あるいは「王国」と言います。ワンネスはそれから、自ら開いていき、たくさんの、たくさんの部分と断片を創り出し、1つひとつの部分と断片に、個々のアイデンティティを与えました - 1つひとつの部分と断片に、至高のアイデンティティを与えました。それが、あなたが持っているものです。あなた方のなかには、それを魂と呼ぶ人もいます。内なるスピリット、または神、と呼ぶ人もいますが、そういうことです - つまり、あなたの内なるアイデンティティです。

さて、長い年月と多くの体験を経て、あなたはついに、この地球と呼ばれる場所へやってきました。トバイアスが先月のシャウドで話したように、あなたがここにやってきて、そのどこか途中で、あなたは自らのクリスタルの領域との意識的なつながりを、断ち切りました。マインドを超えたこの場所 - クリスタルの領域 - との意識的なつながりを、あなたは断ち切ったのです。トバイアスはあなたにちょっとした宿題をするように言いましたが、皆さん、それについてはもちろん、考えてみたと思いますが。彼はこう、言いました。「なぜ、あなたはクリスタルの領域から分離したのですか?」 「クリスタルから分離したのはいつですか、どのようにしてそこに戻るのですか?」

私たちがともにやっていくワークの、この時点において、クリスタルの領域は、とても重要になります - とても重要です。なぜなら、以前に話したように、それは、「近くの領域」を超えたところにあるからです。「近くの領域」は、地球にもとづいたエネルギーに関連しています。「近くの領域」は、エネルギーや答のごく一部しか、含んでいません。現在、あなたは、「近く」を超えて、「クリスタル」へと、拡大しているところなのです。問題は、「クリスタル」は、マインドの場所ではないということです。でも、もう、クリスタルのエネルギーを取り戻す時なのです。さて、それはどこで、断たれたのでしょうか? どこで分離したのか、そしてなぜか?

それを少しの間、ただ、感じてみて下さい。

(間)

私たちが言ったように、ある地点で、すべてがひとつでした。それが、たくさんのものになりました。そこが、いわゆる、天使たちが創造された場所です。それが、たくさんのものになりました。そのたくさんのものは、常に、トバイアスが「フィールド」と呼ぶものとつながっていました。相互につながっていました。フィールドは、エネルギーの源です。フィールドがあなたを、あなた自身へと、あなたのスピリットへと、そして他のあらゆるものにつなぎとめてきたのです。あなたは、あらゆるものが皆、ひとつである、という話を聞きます。ある意味で、それは真実です。すべてが、フィールドを通して、つながっているのです。フィールドは時間や空間上のある特定の地点には、存在しません。それは単に、あるのです。起きている物事すべてのエネルギー的な発電所でした。あらゆるものが、この壮大なフィールドの一部だったのです。

あらゆるものがまた、クリスタルの領域を通じて、つながってきました。クリスタルの領域は - 繰り返しますが、私たちがこの領域を5、6、7、8次元と呼びたくないのは、それがヒエラルキー(階級制度)とは何の関係もないものだからです。クリスタルの領域は、地球にもとづくエネルギーの外側にあります。そこは、おそらく、最も純粋な形態の・・・ 言葉で表現するのは難しいのですが・・・ 別の領域に入ることのない、最も純粋なエネルギーの形態で、それはまったく言葉では言い尽くせませんが - おそらく、現在、この時期に、あなたが利用できるエネルギーのなかでは、最も純粋な形態です。「クリスタルの領域」は、創造的なアイデアが生まれる場所です。あなた方は皆、そこに行ったことがあり、いたことがあります。ですから、エネルギー的に、クリスタルの領域は、とてもなじみ深いのです。しかし、マインドは、何とか理解しようとして、苦戦します。マインドは、それを定義したいのですが、そこではただ、うまくいかないのです。

クリスタルの領域は、活動に満ちています。創造と誕生に満ちています。発展させたいアイデアがある時に、答を必要とする時に、ただ単に元気を取り戻すために行くには、素晴らしいところです。トバイアスが話す、「シャーンブラ・サービス・センター」は、それ自体が、ある種のクリスタルのエネルギーです。さて、質問が投げかけられました。「では、なぜ、それはここにはないのですか?」 自分自身からそれを断ち切ったのはどこで、それはなぜですか? 今日のディスカッションのひとつが、その質問に答えることです。

ある意味で、「全体(Whole)」は、自らを断片へと創造し、究極には全体のそれぞれの断片が、独自の至高なる性質をそなえているため、「全体」から完全に切り離したいと望むようになります。つまり、あなたがクリスタルの領域に完全にアクセスすることができ、その記憶を持っていたら、今でも「全体」に結びついていることになります、いいですか、あるいは、ワンネスに結びついていることになるのです。ちょうど、今現在、あなたがまだ、フィールドに結びついていて、そこから養われているように、そして、フィールドが、あなたをある種、ワンネスや、集合意識へ結びつき返しているのに、よく似ています。ですから、ある時点で、自らの至高なる性質を発展させるために、あなたは、クリスタルの領域から自分自身を断ち切ったのです。

私たちはここで、ペースを落としています。というのは、たくさんの詳細が、たくさんのエネルギーがあるからです。

もともといた場所を去った目的は - あなたの目的は、私の目的は - 「1なるもの(the One)」の外側で、私たち自身を再発見するためでした。文字通り、私たち自身を、「1なるもの」から分離することで、「1なるもの」を再創造するためです。さて、もしかするとこれは少々 - 何と言うか - サイエンス・フィクション(SF)のような、ショッキングなものになりますが、今日は、私たちはこのエネルギーで行けるでしょう。「全体」は、自らを様々な断片に分けます。それぞれの断片が、完全に至高のものとなることで、「全体」が、自らをつくりかえることができます。「全体」は、自らをつくりかえますが - 私たちはそれを、「1なるもの」と呼びます - 「1なるもの」が、自らをつくりかえると、出て行った部分は、まだ、独立したままです。これは、見事な、スピリチュアル物理学です。それが、私たちの言う、神がどう作用するか、というものです。

あなたは、この至高の可能性を与えられました。あなた自身が神である、という。けれども、あなたが絶えず、この古いシステムのすべてに相互につながっていたら、どうやって、自分自身が神である、というのが学べるでしょうか? あなたがいまだにフィールドから養われていたら、どうやって、あなた自身が神になれるでしょうか? あなたがいまだに、天使界の集合意識の一部であるクリスタルの領域に、走って戻っていくようなら、どうやってあなた自身が神になれるのでしょうか、ということです。ですから、あなたは、クリスタルの領域から自分自身を、意識的に断ち切ったのです。

さて、あなたのある部分は、今でもそのエネルギーを利用することができます。今でも、記憶の断片が残っています。でも、大体において、あなたは自分自身をそこから切り離しました。あなた方のなかには、私たちがこの話をしてから、ここ1~2ヶ月の間に、そこに行こうとした人もいます - 「そうだ、私はクリスタルの領域に入っていくぞ。」 あなたが思ったようにはうまく行きませんね、そうではなかったでしょうか? そこに行くのは、大変です。特に、そこはマインドを受け入れませんから。とりわけ、あなたは、二度とそこには戻れない、という指令を、「おおい」を、自分自身に与えたからです。あなたは戻れないわけです。

さて、もうひとつ、大きなものに達しようとしています - 大きな、大きなものです。あなたは、あなた自身を、フィールドから切り離そうとしています。それは、ある意味で、あなたが生涯、大都市に住んできて、公益事業という現実を当たり前に受け入れてきたようなものです。彼らはあなたのアパートに電力を、アパートを暖かくするためのガスを提供しました。インフラ(社会基盤)はすべて、整っていました。あなたは単に、それがあるのを受け入れてきましたが、ある日、荷物を背負い、何マイルも人々から離れて、郊外に出て行き、いわゆる、グリッドで生きていくようになります。自足できるようになったわけです。

私はここで、あなたの個人的な人生に何が起きているのか、現在、あなたの周りの世界で、何が起きているのか、という「たとえ」を理解してほしいのです。社会と意識のシフトと変化について。

しかし、ディスカッションに戻りましょう。あなたは、自分自身を、クリスタルの領域から切り離しました。そうすることで、あなたの内側に、あなた自身のものを発見するためです。クリスタルの領域や、外銀河、何と呼んでも構いませんが、そのようなものと互いにつながっているものではありません。高位の天使たちがワークするクリスタルの銀河につながっているものではありません。あなた自身のものです。あなたの、まさに内側にある、あなた自身の発電所のことです。

あなたが切り離したのは、それが理由です。時間をかけて、切り離しました。いっぺんに切り離されたわけではありません。あなたが肉体の形態をとった天使として初めて、この地球にやってきた時は、まだ、クリスタルの領域と、つながりを持っていました。私たち全員がそうでした。特に、レムリアの時代にはそうでした。私たちは、行ったり来たりすることができました。クリスタルの領域に渡って入ったり、出たりすることができました。けれども、それは、なくなり始めました。去り始めました。特に、私たちが、人類のクリストスの時代、と呼ぶ時代がそうでした。過去数千年間の間に、あなたは本当に、自分自身をそこから切り離してしまいました。

奇妙なことです、あなたが、私たちがクリストス、あるいは地球のクリスタルの時代と呼ぶ時に生きながら、クリスタルの領域からあなた自身を切り離すというのは。けれどもあなたは、そうしました。私もしました。そうすることで、私たち自身のものを持つことができるからです。そうすることで、私たち自身のものを発見できるからです。そうでなければ、どうやってあなたもまた神になることが - 至高の、あなた自身が全体になることができるでしょうか。すべての能力をそなえ、「1なるもの」の源の、すべてのエネルギー性をそなえながら、あなたの個性を持っている神に。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.