000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

IMAGINE

締めくくりのチャネル

トバイアスによる、締めくくりのチャネル
2005年7月17日

--------------------------------------------------------------------------------

そして、このように、親愛なる、親愛なるシャーンブラよ、私たちはこの「新しい」エネルギーの教室を続けます。あなた方すべてと今、ここに、この聖なる空間に座り、ハープの美しい音楽を聴き、あなた方の呼吸を聞いていると、私、トバイアスは、死んで天国に行ってしまったような気がします。(聴衆、笑) しかし、自分はもう死んでいたのを思い出しました。(さらに笑)
私たちはこのように、グループで座っていたことがあります。ある時は、まさにこのグループのメンバーで、ある時にはもっと少人数で、時にはもっと、ずっと多くのメンバーとともに。私たちは過去にこのように、ともに座っていたことがあります。ああ、ティエンの寺院では、何万という数の私たちが、このような空間に、多次元にわたり、神聖なる、人間として、ともに座っていました。文字通り、このようにして同時に、数週間も一緒に座っていたのです。私たちにはもう、それほど長い間、座っている必要はありません。

私たちは遡ってイェシュアの時代、洞窟の中でこのようにともに座っていたことがあります。いわゆる暗黒時代に、集会場に集まり、ともに座っていました。それほど昔のことではありませんが、少数のメンバーで、いくつもの生涯を、ともにテーブルを囲んだものです・・・ ただ、座り・・・ その瞬間の甘美さをただ、味わい・・・ ただ、時間をかけて、自分たちが、私たちすべてが天使であることを思い出し・・・ 光であることを・・・ 闇であることを・・・ 人間であることを・・・ そして何よりも、「私たちはまた、神である」ことを思い出し・・・ ああ、何て素晴らしい体験でしょうか。

ですから、私たちはここの集会場にいる今の瞬間を・・・ 自分たちの日常活動から・・・ スケジュールから・・・ 雑用から・・・ 仕事から・・・ 家族から・・・ ちょっとだけ離れて休息し、私たちがただ、一息つく、他のあの瞬間と・・・ シャーンブラとしてともにいるこの瞬間を、私たちが持った他のすべての集会と融合することができます。 

去年1年間、あなたは体現を経験してきました。すべてあるものを怖れることなく受容してきました。とりわけ、自分自身を怖れずに受容してきました - ああ、人間が体験する中でも、最も困難なことです。なぜでしょう? あなたが肉体と言う形をとっていると、あらゆるものがより、密度が濃くなるからです。より、くっつきやすくなるからです。より、あなたにしがみつくからです。傷はより、リアルです。当然、そうなのです。苦しみは、より大きく、肉体にいる状態では、あなたはより苦しみを意識します。3次元の現実はそのように作用するからです。その現実は、あなたがエーテル・レベルにいる時よりも、よりずっと、感じることを、知ることを、気づくことを許してくれます。

自分自身を、自分のあらゆるものを体現することを学ぶのは・・・ それは本当に難しいのですが、何よりも大きな贈り物のひとつでもあります・・・ 自分を体現し・・・ 自分になり・・・ すべての部分と断片を、愛をもって取り戻す・・・ それらを中心へと戻す・・・ 自分の愛の輪(circle)へと・・・ もはや拒絶することなく・・・ 分裂させることなく・・・ すべてを取り戻すこと。ああ、もう何度も言ってきましたが、あなたがすべてを取り戻すと、創造物とそこから生じた別の創造物の、あらゆる、ひとつひとつの構造そのものを、祝福し、解放することができるのです。今、あなたは驚くべき旅を、道のりを、表現を進み続けています。これらを解放すれば、すべてが、それに見合った次のレベルへと進むことができるのです。

あなたはあらゆる形で体現してきました。人生で身近な人々を体現することを学びました。体現とは、実際に手放すことであり、相手を受容すること、相手があなたのパートナーであったこと、子供であったこと、あるいは両親であったのを受容することだと、気づいた時もありました。あなたは彼らを体現しました。そうすることで、彼らを解放することができるのです。あなたが彼らとそのようなつながりを、「古いエネルギー」のつながりを持たずにすむというのは、何という祝福でしょうか・・・ 彼らを手放せるというのは何という祝福でしょうか。なぜなら、彼らを手放せば、あなたはまた、自分自身も手放すからです。

これはエネルギーの美しく、シンプルな原理です・・・ 新しいエネルギーの・・・ スピリットの美しい、シンプルな原理です・・・ 絶え間ない創造・・・ 絶え間ない体現・・・ そして絶え間ない解放なのです。それが、流れです。それが、あなたに共時的な人生をもたらすのです。

過去1年間、あなたは魂を自由にするやり方を学んできました。あなたが入れた、クリスタルの構造から、罠から、地面に掘った穴から、何であれ、抜け出すやり方を学びました。自分がいると思っている現実を超えて、自らを羽ばたかせる方法を学びました。そして今、いかにもこのすべてを実践する時なのです。あなたはそれを学びました。吸いこみました。体現しました。もう、人生でそれを実際に表現する時なのです。

覚えておいて下さい。神とは「力」ではありません。神とは、表現なのです。ですから、「神」よ、あなた方がこのすべてを、人生で表現する時が来たのです。

私たちは昨日、「明確さ」について話をしました。「贈り物」について、この「明確さ」という、美しい贈り物について。それは今でも漂っています。この「明確さ」という宝石は、この部屋の中を漂っています。いまだにあなたに向けて、ダウンロードされています。この贈り物を送りこんでいます。中には最後まで、この「明確さ」とは何なのか、自分にとってどんな意味があるのかを、探っていた人もいます。

あなたがあらゆるレベルで見て、気づき始めることが・・・ たとえば何かを物理的に、目を使って見ると・・・ 今、私たちの後ろに掛かっている布の、赤い色を見ます。それは、違う赤であり、新しい赤なのです。以前よりも、ずっと深みを持ち、より多くの色を持ちます。それが「明確さ」です。あなたが新しい振動と強烈さをもって、この赤い布を見ると、深呼吸をして、クリアー(明確に)すると、単なる赤い布だったものを超えて見るのです。その中にある他の性質を見始めます。多次元的に見始めます。ひょっとすると、色がシフトし始めたり、ずっと鮮やかになるかもしれません。ひょっとすると、この赤い布の中に、天使たちがいるのを見るかもしれません。ええ、彼らはこの週末のあいだ、ずっとそこに座っていました。

新しい「明確さ」を持てば、ハープの弦から演奏される音楽も・・・ 新しい強烈さと美を、かつて聴いたことのないような甘美さを帯びるかもしれません。ああ、それが「明確さ」です・・・ お分かりでしょうか・・・ 新しい「明確さ」です。あなたが現在、肌に感じる感覚も・・・ いいですか、それを無理強いする必要はありません。常にそこにあったのです。ええ、ひょっとすると、何かを見るのに、ある種、多次元なやり方に自分を投影しなければならないとか思っていたかもしれません。ああ、そんな必要はまったくありません。

「明確さ」は、あなたが食べるものにも現れます。それ自体が新しい味と、新しい振動を帯びるのです。それは常にそこにありました。可能性として、常に手に入る状態だったのです。あなたは単に、それに対して開いていなかっただけです。

食べものの「明確さ」に関して言えば、食べる時に、それがどんな食べものでも、口に入れる前にクリアーして下さい。クリアーして下さい。言い換えるなら、食べものが身体に入る前に、バランスに欠けたもの、あるいは不純物をすべて解放するのです。力ずくですることはありません。食べる前にこれをするのに、10分もいりません。ただ、料理を見て、食べ物を見て、クリアーするのです。あなたの身体が消化する前に、食べものをもともとのエネルギー状態に戻してくれるでしょう。

だから、もしあなたが口に入れるのが、大きな、脂っこいハンバーガーだとすると、そしてあなたが - 何と言うか - バランスのとれていないエネルギーを怖れているとしたら、クリアーして、力を使わず、ただ、クリアーして下さい。もともとのエネルギー状態に戻し、楽しんで食べて下さい。あなた方の中でこれに異議を唱える人がいるのは、いつも通りにしなければならないと思う人がいるであろうことは分かりますが、親愛なる友人よ、これが「新しいエネルギー」の可能性なのです。それはたった今、あなたのためにあります。

本当に思い出してみると、私たちは特にレムリアで、これを随分とやりました。口に入れる植物や、時には動物性の食品までクリアーしなければなりませんでした。私たちの身体は、肉体は、現在ほど、これらのエネルギーを処理する能力を持たなかったのです。私たちは肉体の微調整を行ないました。あなたは食べものや水をクリアーすることができるのです。

部屋にあるエネルギーをクリアーすることもできます。大勢の人がいる部屋に入って行くと、ええ、ご存知のように、エネルギーが破壊的で、バランスを欠いていて、頭痛が起こったり、疲れを感じることがあります。あなたはただ、クリアーするのです。それをもともとのエネルギー状態に戻して下さい・・・ 自分のために。部屋にいる誰かを変えようとするのではありません。あなたは自分のためにクリアーするのです。

仮装を、仮面を、見せかけを超えて、もともとのエネルギーに戻すのです。部屋をクリアーして下さい。もちろん、判断することなく。ああ、そうするとあなたは、違う形で人々を見始めるでしょう。エネルギーが、これまでのように、あなたに否定的な影響を及ぼすことはなくなるでしょう。ただ、部屋をクリアーして下さい。

ええ、いかにも、あなたは車もクリアーすることができます。周囲の空気もクリアーすることができます。ああ、それから肉体のない存在につきまとわれて困っている人たちのために言っておきますが、これもまた、クリアーすることができます。彼らをもともとのエネルギー状態に、純粋でバランスのとれたエネルギー状態に戻して下さい。

繰り返しますが、彼らが変化を選択していないのに、変えることではありません。単にあなたがエネルギーを感知し、取りこむ形を変えることです・・・ シンプルな、シンプルな原理です。クリアーすることです。私たちの背後にある赤い布のエネルギーをクリアーすると、新しい形で、振動で、躍動で、より深みを増したものを見始めるようになります。

ああ、あなたがクリアーすることを続ければ、クリアーすることを許容すれば、あらゆるものが変わり始めるのに気づくでしょう。繰り返しますが、指摘しておかなければなりませんが、クリアーするのに力を使わないで下さい。単に性質を変えるだけです。単に、もとのエネルギー状態に戻すだけです。それがどんな物体であっても、あなたはその物体の本質を見たいのだと言うのです。曖昧な見せかけは見たくないのです。その背後にある本物のエネルギーを知りたいのです。

ですからシャーンブラよ、これはあなたが自らに与えた贈り物であり、それについて奮闘する必要は何もありません。ただ、あなたの人生に実践して下さい。あなたが下す決断に、実際に適用して下さい。クリアーすること・・・ それをあなたの人生における豊かさに実践して下さい。クリアーして下さい・・・ ああ、あなた方の中には、豊かさに関して、あまりにも曖昧な問題を抱えている人がいます。それをクリアーして下さい。それを、もとのエネルギーの源へと戻して下さい。クリアーするには、単純に深呼吸をして、あなたがその項目をクリアーしたいと認めるだけで良いのです。

私たちが出会ったこの素晴らしい部屋を後にし、あなたが二元性の世界へと戻ると・・・ ああ、いかにも、あなたを引きこもうとする、引っ張ろうとするものが出てくるでしょう。それがどんなものかご存知のはずです。以前にもありました。あなたが自分の世界へと戻って行き、いわゆる「古いエネルギー」の世界へと戻ると、あなたはそのエネルギーに、不均衡な状態に、争いに、即座に攻めたてられます。あっという間にそこへ引きずり戻されるように感じるのです。

私たちが前にも言ったように、あなたは疲れ、消耗し、憔悴したように感じるのです。なぜかと言うと、「古いエネルギー」の意識は本当に、本当にあなたが持っているものが欲しいのです。「新しいエネルギー」の意識が、新しい存在の仕方を望んでいるのです。本当にそれを求めているのです。本当です。しかし、時に古い意識はそれを忘れてしまいます。そして、あなたの愛を求めるのです。あなたのエネルギーをあまりにも求めるため、あなたを引き戻そうとします。引き戻すことで、あなたを息苦しくさせていることも知らずに、するのです。

ですから、あなたがいつもの世界へと出て行く時、家族や仕事へと戻る時、あの深呼吸をして、クリアーして下さい。あなたが「明確さ」の中にいれば、引き戻されることはないというのを、理解して下さい。それはあなたを愛そうとしているのですが、まだ、どうやってすれば良いのか、分からないでいることを理解して下さい。それはあなたを愛そうとしていますが、どうやってすれば良いのか、分からないのです。

ある意味で、奇妙に聞こえるでしょうが、あなた自身の山の頂上に立って下さい。傲慢であるということではありません。優位に立つということではありません。ただ、あなたのクリアーな空間にとどまることなのです。山の頂上に立つと、空気が澄み切っている(clear)のをご存知ですね。陽の光はいつもより、強烈です。色はより鮮やかです。あなた自身の山の頂上に立って下さい。あなたの空間を保持して下さい。クリアーでいて下さい。

この次の1年間、私たちがともに開くたくさんのシャウドにおいて、私たちはこの「明確さ」という、美しい贈り物を使っていくことになるでしょう。あなたの人生における啓明の多くに、実践的に応用していくでしょう。

私たちこちら側の者たちにとって、クツミも含めて(少々、笑)、あなた方とともにワークし続けるのは、光栄なことです。ですから、親愛なるシャーンブラよ、私たちがこのギャザリングのエネルギーを終える今、あなた方すべてに、互いに抱擁しあうよう、クリアーな抱擁を、お願いします。そして、ええ、いかにも、カウルダーよ、私もまた、ぜひ、もう1度、聴衆の中に入って行き、抱擁したいと思います。

そして、そういうことなのです!
And so it is! 


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.