000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

IMAGINE

「コントロールを手放して下さい」

体現シリーズ シャウド10
「コントロールを手放して下さい」- トバイアス特集
クリムゾン・サークル 2005年5月7日

--------------------------------------------------------------------------------

そしてこのように、親愛なるシャーンブラよ、私たちはこの「新しいエネルギー」の教室にともに集まっています。私はトバイアスです… あなたはシャーンブラです… そして、私たちは皆、家族です。驚くべき時代にあなたは生きていて、私たちはあなたとシェアしています - 完了の時代であり、まったく新しい道筋が、まったく新しい次元が開かれつつある時代です。「次元」という言葉ですら、本当に起こっていることを表わすには充分ではありません。
私たちは最近、あるシャーンブラのグループに、「3番目のサークル」が開かれつつあることを話しました。「1番目のサークル」は、もちろん、「故郷(Home)」であり、「王国」のエネルギー、「大いなるすべてであったもの(All That Was)」です。「2番目のサークル」は「故郷」の外側にある、あらゆるもので、あなたが「火の壁」をくぐり抜け、「虚空」に入り、創造を始めた時以来、あり続けた存在であり、現実のことです。

さて、あなたはそのサークルがまさに完了しようとするところにいます。私たちが1週間前に話した「新しい地球」は、それを示しています。「新しい地球」は、それがふさわしい時期でなければ作られることはなかったでしょうし、思いつくこともできなかったでしょう。「新しい地球」については、たくさんの疑問があります。それがどこにあるのか… どのように進行しているのか… 誰がそこに行くことができるのか。けれども、これらすべてがシャーンブラよ、あなたが「2番目のサークル」の完了という、今ある地点にいなければ不可能だったのです。

「2番目のサークル」とは何ですか? と、あなたは言います。それは「故郷」の外側にあるあらゆるものです。あなたの遊び場です。あなたが「創造者」になることを学んでいる場所です。「創造性」のトレーニングです。それが、あなたがしてきたことです。あなたはいかにして「創造者」になるかを学んできました。様々なやり方で、多次元にわたり、やってきました。それからあなたは地球にやって来て、その先に進む前の、「3番目のサークル」に入って行く前の、あなたにとって最後のステップであり、終点でもある、この制限に満ちた、非常に過酷なこの現実の中で、それをやっています。

「3番目のサークル」は、シャーンブラよ、言葉で描写しようとしても、公平には表わせません。それが完全なる「創造者」の場所であるとだけ、言わせてください… 制限のない、制約のない… 完全なる「創造者」です。完全なる「創造者」というのは、あなたがずっと、スピリットそれ自身の持つ素質や、能力として見なしてきたものです… 完全なる「創造者」というのは、あなたがどんな次元にも、どんな種類の特定の現実にも制限されない状態です。私たちはそれをマインドではなく、ハートから感じるようにあなたにお願いします。

しかし、あなたは今、人類の進化という、「アークのオーダー」を達成する地点にいます。つまり、あなたがここ地球にいながら… ここで人間の身体を持ちつつ… この美しい、時にフラストレーションを募らせるような覚醒のプロセスを通り抜けながら、超えて行く時なのです。あなたは他の人たちのために、とても多くの扉を開き、彼らのエネルギーを自由にさせる手助けをしているのです。

あなたは時々、なぜこれほど困難なのかと思います。あなたは私たちに言います。「トバイアス、セント・ジャーメイン、クツミ、オアマ、これほど困難な時があるのはなぜですか?」 繰り返しますが、それはあなたがこれを体験して行く最初の人だからです。あなたが道を先導しているのです。エネルギーは最も困難でありながら、最もエキサイティングなものなのです。

あなたが現在生きている時代は、本当に、実にエキサイティングです。おそらくあなたはこう言うでしょう。「けれども、トバイアス、新聞を読んだり、テレビを見て、どうしてこの時代がエキサイティングであるなんて言えるのですか? そこには暴力があり、地上には悲しみがあります。戦争があります。貧困があります。」 私たちはそこであなたに言います、シャーンブラよ、エキサイティングな時であるというのは、これらすべてがまた、変化の過程にあるからです。それらはすべて適切であり、しかし、変化しつつあるのです。人間の意識は、戦争が何も解決しないという気づきに到達しつつあるからです。人間の意識は、自らに課した貧困が何も解決しないことに気づき始めています。病気は何の解決にもなりません。

現在、地球上には大規模なシフトが起きています。あなたが新聞で読んだり、ニュースで見るものは名残りです… ドラマという部分です… ええ、最も困難なものです。しかし、私たちはあなたに地球全体を、人類の意識について少しの間、感じてもらうようにお願いします。それは変化しつつあります。それはいくつかの「古い」やり方に疲れていて、それらを投げ出しています。自らの苦しみに疲れています。それは別の時間の、別の転生のことだったのです。人間が持つ限界という性質に疲れています。人々が他人から盗み、自分たちのエネルギーを取り合うのに疲れています。常に外側に答を求めることにうんざりしています。それは、内側に行くことを学んでいるのです。

行間を読み取って下さい、シャーンブラよ、現在、地球上で何が起きているのかということについて。見出しを超えて下さい。他の人間と話して下さい。彼らのハートにあるものを、感じて下さい。あなたがマインドから出て、この神聖なるハートに、神聖なるエネルギーに入れば、そこには途方もない、ものすごいシフトが地球に起きていることに気づくでしょう。現在、地球上には何百万という、とても多くの人間が、世界中で覚醒のプロセスを体験したい、学びたいと、うずうずしています。彼らはどこから始めれば良いのか、分からないのです。それが、私たちが以前に話したことです。あなた方こそが、教師となる人たちなのです。

シャーンブラよ、あなた方の完了というこの時期に… クォンタム・リープを控えて地球が本当の、最後のサイクルに入っているこの時期に… 再び融合させるために、意識をある種、完全に分裂させる時を控えて… クォンタム・リープを控えた現在という時は、あなたが自分のプロセスを本当にたくさん、通り抜けていく時なのです。あなたはいかにして手放すかを学んでいます。いかにして体現するかを学んでいます… まるで矛盾のように思えるかもしれませんが、それぞれが完全にふさわしいのです。

あなたが体現すると、あなたはあらゆるものを、恐れなしに受け入れます。あなたはそれを引きこみます。それを愛し… 自分自身のすべてを愛し… あなたの過去のあらゆるものを… 過去世のあらゆるものを… あなたの祖先としての過去世を… スターシードとしての過去世を愛すのです。あなたはこれらすべてを引きこみます。あなたはこれらをこの尊い、聖なる「今」という瞬間に歓迎します。あなたは「今」において、この驚異的な家族の同窓会を、このパーティを開くのです。1人1人、列をなして彼らはやって来ます。あなたの過去の様々な側面が、あなたの「今」に列をなして入って来ます。長い間あなたから分裂してきたエネルギーが、皆、あなたの愛を求めて、あなたの受容を求めて、あなたの恐れのない受容を求めて、ひとつひとつ、同時に群れをなして戻って来ます。

変えたりしないことです、シャーンブラよ… 何ひとつ、変えようとしないことです… あなたの過去の何かひとつでも、なぜ変えたいと思うのでしょうか? あなたがそれを創造したのです。それらの側面は続々と入って来ています… たった今も、あなたのそばを通り過ぎ… あなたが顔に浮かべるあの微笑みをただ、見たいがために… すべてがオーケーであると知りたいがために… あなたのハートはあなたに対しても、あなたのどんな側面に対しても恨みなど持たないのだと知りたいがために… スピリットが祝福するのと同じようにあなたが祝福することを… あなたが手放すのだということを、否定して手放すのではなく、完全な愛のもとに手放すということを、知りたいがために。ああ、あなたが完全に愛さなければ、何かを手放すことなどできません。あなたが完全に愛さないと、何かを手放すことはできないのです… いいでしょうか。

ですから、待ち続けてきた、あなたの過去のこれらすべての側面が… 葬り去られるか、傷ついた… あるいは一種の凍結したエネルギー状態にあったこれらすべての側面が… 分裂し、ばらばらにされたこれらすべての側面が… 否定され、愛されることのなかったこれらすべての側面が… この今という完了の時に、あなたの祝福を求めて戻って来ています… それがすべてです。あなたもまた、神なのです。(You are God also.) これらはすべて、あなたが創造したものです。彼らは現在、単にあなたの祝福がほしいだけなのです。

驚異的な時代にあなたは生きています、シャーンブラよ! 私たちがこれを何度も、何度も繰り返して言っているのは分かっていますが、私たちは本当にあなたとワークすることを名誉に思っています。私たちはここに整列しています。あなた方とワークしている私たちすべてが - クァン・イェン、イェシュア、メアリー、アダマス、オアマ、クツミ、私たちすべてが - あなた方とワークすることを本当に名誉に思っています… 自分たちが現在、この地球上に、あなたとともにいることができないことに、ある意味で羨ましい思いはあります… あなたのすぐ傍らですべての体験を楽しんで、笑っています… あなたがイライラして、腹を立てていることを理解し… あなたが時々、「まったく! そんなに名誉に思うならここに降りて来て、私の立場になってくれよ。(聴衆、笑)」 敬意を表わしてくれよ、トバイアス(トバイアスがジェスチャーをする)。ああ、反対でしたね(違うジェスチャーをする) - 敬意を表わしてくれよ!」 私はそのサインは見たことがありますが、筋が通りませんね。どういう意味なのか、良く分かりません。クツミに訊かなければなりません。

シャーンブラよ、あなたは自らの完了というこの時に来ています。それが捉えどころのないものに見えたり、ずっと遠くにあるかのように見えることがあるのは、私も知っています。しかし、それはまったく、違います。それはたった今、ここにあるのです - 完了というその瞬間は。私たちはたった今、この部屋であなたとダンスを踊っています。あなたはそれをすでに味わっています。それはすでにあなたに統合されています。

「古いもの」の名残りがいまだに強く存在しています。そしてそれは、適切なのです。あなたとともにいさせてあげてください。それらを投げ捨てようとはしないで下さい。怖れに満ちた「古いもの」の名残りを、変化を怖れるあなた自身の名残りを… 愛してください、称賛してください。彼らが解放されたいと望む時には、いつでも手放してもらえるのだということを知らせて下さい。彼らを制限するどんな構造からも自由になることができるのだ、ということを知らせてあげて下さい。

何という驚異的な時にあなたは生きていて、シャーンブラにとって驚異的な時なのでしょう! 私たちは昨年、8月に物事が変化するだろうと、物事が異なってくるだろうと言いました。そして、そうなってきました。私たちは様々な異なる存在を、天使たちを連れて来て、何が起きているかをあなたに話してもらうと言いました。そして、私たちはそうしてきました。

また、私たちはシフトを起こすとも言いました。もはやプロセスする必要のない時期になるだろうと。もはやヒーリングの必要すら、ありません。なぜなら、癒されるべきものがあるというのは、幻想だからです… いいですか。それはすべて、幻想です。私たちがこのような言葉を使うのは、あなた方がこれらの言葉を使うからです。けれども、私たちは知っています - そして奥底ではあなたもまた、知っています - 癒されるべきものなど何もないことを。あなたは言います。「けれども、鏡を覗きこむと、ヒーリングが必要な身体が見えます。ヒーリングが必要なマインドがあることを私は知っています。だけど、どういう意味なのですか、トバイアス - 癒されるべきものが何もないというのは-」 癒されるべきものなど何もありません。ただ、解放を、祝福を、そして解決を求めるエネルギーがあるだけです。そうすることで新しいやり方で奉仕できるように。それは本当に、とてもシンプルなのです。

シャーンブラがエネルギーを動かす、という行動をおこす時なのです。思い出してください、私たちはあなたが「エネルギーの保持者(Energy Holders)」から、 - ああ、素晴らしい仕事ですが、困難な仕事です。あなたは「エネルギーの保持者」から、「エネルギーを動かす人(Energy Movers)」になるのだと言いました。あなたとあなたの意識は新しい方向をとり、今、ただ椅子に座りながら、本当にエネルギーを動かし始める時なのです。私たちはたった今、あなたとともにそれをしています。なぜでしょう? たった今、私たちがそうすることがこれほど簡単なのはなぜでしょう? それはあなたが、自分自身の頭を使わなくさせてあげているからなのです。

ええ、はい、私たちは「オアマ・スクール」で、最近、人々に言いました。「頭を使ったら、ダメです。ハートを使わなければなりません。考えたり、分析することはできません。ただ、感じることしかできないのです。」 何という驚異的なことでしょう… 5日間、感じるだけで、何も考えないとは! 数時間のうちに、彼らは互いを殺すのも辞さないでしょう。(少々、笑)

シャーンブラよ、それはマインドがコントロールしてきたからです。私たちはそれについて今日、話をします。あなたはマインドに、コントロールする許可を与えてきました。感じる部分は遮断され、隠され、どうやって感じる力を使うのかということに対する信頼が欠如してきました。

しかし、あなたは今、この数ヶ月の間にすら、違ってきています。私たちはたった今、あなたを見て、違いを見分けることができます。ええ、この部屋に物理的にいない人たちですら、私たちはあなたがたった今、自宅のリビングルームに座っていたり、ベッドに座っていたり、ベッドに横たわっているのを見ています。あなたはそれほど、頭に妨害されているわけではありません。あなたはゆっくりと、確実に、とても優雅に、自分自身を、感じる感覚へと、入らせてあげてきました。

これは単に感情ということではありません。それは、感じる、ということなのです。それは存在の拡がった状態であり、神聖なる、知っている状態(knowingness)であり、頭を使うのではなく、はっきりと特定することのできない、知っている状態なのです。あなたは… あなたはそれを何とか分析したいのです… 知っている状態がどこからやって来るのか、何とか解明したいのです。しないで下さい! その必要はありません。それがどこからやって来るのかは、あなたのスピリットの奥底から知るでしょう - マインドからではなく、あなたのスピリットの奥底からです。

ですから、あなたはシフトを起こしています。あなたはハートの - 新しい種類のバランスへ、新しい原動力へと現在、入りつつあります… いわゆるハートのエネルギーへ… 神聖なるエネルギーを… 人間のマインドのエネルギーと… 分析する力と… また、身体と… この現実と組み合わせるところへ。それはすべて、融合し合っているのです。

あなたは今、手放す場所へと、本当のあなたになる地点に達しつつあります。通り抜けるのは困難であり、困難なプロセスです。それはあまりにも簡単に見えるでしょうが、あなたが本来のあなたになるために、物語を手放すのは困難なことです。

そして、これらすべてとともに、シャーンブラよ、あなたは楽しみが始まる地点へと到達しつつあります。さて、あなたは自分に喜びを運んでくれる、情熱を表出させてくれる手段を、すでに創造しています。あなたは新しいシャーンブラの集いの場を創造しているのです。本を創造している人もいますし、歌を創っている人もいます。やがてそれは、ヒーリング・センターになるでしょう。それから、真に高度な学びの場となって行くでしょう。そして、地球上でかつて、本当の意味で実践されたことのないヒーリングの場となって行くことでしょう… ティエンの寺院の性質を帯びたヒーリング・センターでありながら… 怖れなしにあなた方の「今」に置かれるもの… ティエンの寺院に存在したアンバランスなエネルギーのない… しかし私たちがそこで考え出したエネルギーのまさに本質を… 力を用いることなく… 手を振ることなく… 変える必要のない、本当のヒーリングです。

想像してみて下さい。ヒーリングを、変化を押しつけることのない、肉体のヒーリングを。それを想像してみて下さい! それがシャーンブラの本当の性質なのです。

カウルダーが触れたように、最近、ドロップアウトした人もいます。彼らは - 何と言うか - 「新しいエネルギー」の強烈さは彼らにとって、少々、荷が重すぎたようです。そうなり得るのです。あなたはそれを知っています。理解しています。

しかし、シャーンブラよ、私たちはあなたが現在、エネルギーを動かしているのを見ています。潜在的な創造物として - あなたが次元間レベルで取り組んでいるエーテル上の創造物を - 私たちはあなたが作り上げているものを、まもなく地球上に持ちこんでくるものの可能性を見ています。しかし、そうするためには、私たちは今日、いくつかのことを押えておく必要があります。より優雅で、より「新しいエネルギー」となることを間違いなく可能にする、いくつかの要素について話す必要があります。

この数ヶ月間、セント・ジャーメインとしても知られるアダマスが、魂の本当の自由についてあなた方に話してきました。魂はエネルギーにとらわれてきました。あなたの「創造性」の中にとらわれてきました。言うなれば、鋳型に入れられてきたようなものです。鳥かごに入れられてきたのです。もう、それが出て来る時なのです。

アダマスは彼の過去についてあなたに話しました。彼が誰であったのか… ええ、実際… 不愉快に思った人もいました。しかし、あれほどまでに自分の物語について、うまく話せるなんて、何て素敵なことでしょう! なぜ、自分の物語についてそれくらい、大胆に話すことを、シャーンブラよ、あなたは恥ずかしく思うのですか? 多分、他の人間が、逆にあなたのことを傲慢だと思うのを怖れているのでしょう。おそらく、彼らもいつかは、あなたが物語をうまく話すことが何と美しいのかを知るでしょう。

人間は、自分たちの物語をけなし続ける傾向があります。自分自身について、良く言い始めて下さい。それは素晴らしいことです、たとえ誰も相手にしなくても、誰も聞かなくても。(少々、笑) 少なくともあなたは自分自身と仲良くすることができるわけですから。

ですからアダマスは、彼の物語について、うまく話をしました。それは驚異的な物語です… その多くは装飾が施されていた、とつけ加えておかなければなりません(さらに笑)… 彼がしたことの荒削りな部分は消されていましたが、しかし、彼の狙いは - すでにご存知のように - あなた方を少々、目覚めさせ、少々、揺さぶることでした。彼はいかにして、このクリスタルに100、000年間、とらわれていたのかを話しました。ちょっとした秘密を教えておかなければなりません。彼は、今日はここにいないので、言えるのですが。時間というのは、皆さんが思っているようなものではありません。セント・ジャーメインの誇張された存在状態というのは、あなた方の現実においては、時間にして数分というところだったかもしれないのです。(さらに笑) ですから、そのように解釈して下さい。

実際、それは喜ばしい論点を表出します。時間とは、とても柔軟な現実です。あなた方の多くがその中にとらわれています。自分の世界はその中で機能する必要がある、と間違いなくあなたは考えています。しかし、時間はあなたが考えるよりもずっと、柔軟なものです。2千年前に、あなた方のほとんどがこの地球にいたわけですが、その頃の時間は、現在とは異なっていました。1日は、今のような1日ではありませんでした。1年は1年ではありませんでした。

さて、科学者はそれに対して異を唱えるでしょう。彼らはこう言うでしょう。「我々はそうであるという、科学的な確証を持っている。時間とはこのように動いているのです。」 それでは私たちは、そう主張する科学者に、以前の科学者は、地球があらゆるものの中心であると思っていたことを指摘したいと思います。地球が平らであると思っていた人たちがいました。今のこの時代にはもはや真実ではないこれらすべての科学的概念を持った人たちがいたわけです。同じように、あなた方の科学者もまた、時間がとても柔軟なものであることを知るでしょう。

時間は、この現実において、すべて同時に加速したり、減速したりしています。なぜこんなに不安定に感じる日があるのか、とあなたは不思議に思います。日によっては自分が誰なのかほとんど分からなくなるのはなぜなのか、とあなたは思います。というのも、あなたの一部が、自分が身に着けている腕時計の「古い」時間の流れに、とどまろうとしているからです。現実がシフトしている一方で、時間はすべて同時に加速したり、減速しているのです。それは驚異的なことです。ですからもう、何も当然のことと見なさないで下さい、シャーンブラよ。何ものも、当然であると見なさないで下さい。

アダマスは、彼がいかにしてクリスタルにとらわれ、あらゆる手段を講じて脱け出そうとしたかについて話しました。彼は力を使って脱け出そうとしました。泣き叫んで脱け出そうとしました。懇願して脱け出そうとしました。心理分析をして脱け出そうとしました。あらゆることを試みました。そしてついに彼は、自分が自分の現実にある道具しか使っていないことを学んだのです。彼は超えて行かなければなりませんでした。超えて生きなければなりませんでした。彼の現実の基盤を文字通り、拡大しなければなりませんでした。なぜなら、彼が自らを制限された存在状態に置いたからです。

彼のクリスタルは喩えであると同時に、現実でもあります。しかし、それは制限されたものでした。あなた方1人1人がたった今、クリスタルに棲んでいるように… ええ、本当にそうなのです。あなたは「人間」という、美しいクリスタルに棲んでいるのです。あなたはその内側にいて、どうすれば超えて行けるのかと悩んでいます。脱出しようと試みました。中には人生を終わらせようとした人もいました。そうすればクリスタルから脱け出せると思ったからです。それはあなたをより堅固なクリスタルに入れるだけです。それだけです。懇願したり、借りたり、盗んだり、欺いたり、嘘をついたり、あらゆることをして脱け出そうとした人もいます。それはただ、クリスタルをさらに少しだけ、大きく、少し硬く、少し明るくするだけなのです。

さて、セント・ジャーメインは超えて行くことを、超えて生きることを、自分自身をそれほどまでに親密に信頼すること、あなたがすでに自らに道具を与えたことを知る、ということについて、話をしました。ああ、道具というのは、あなたが考えるような道具ではありません。具体的な手段ではありません。何かある種、特定の儀式を執り行わなければならない、ということではありません。隠れたキーワードがあるわけではありません… そういうものではありません。

それは、信頼、ということです。それは、あらゆるものを体現する、ということです。あなたが自分自身のあらゆる側面を取り戻し、引き入れて、祝福し、愛す時、その時こそ、この鍵を発見するのです。そこら辺に散らばっているあなたの部分や断片がある限り、あなたが愛さない部分が、エネルギーにとらわれたあなたの部分がある限り、すでにすぐそこにあるものを見ることはできないのです。

ああ、あなたは私たちに腹を立てて、泣き叫んで言うでしょう。「トバイアス、これは何かのトリックだ。そこにあるとあなたは言ったけど、私はあらゆるところを見たのに。」 もしあなたがあらゆるところを見たのなら、愛されていない、受け入れられないあなたの部分と断片を見て下さい。「薔薇の実」とは、情熱の中の情熱とは、完全なる愛と受容なのです。ああ、私たちはここでは知的な愛について語っているのではありません。ハートから来る、本当の愛、あなたというあらゆるものの本当の愛について語っているのです。

それではシャーンブラよ、現在、あなたを本当に、本当に押しとどめているひとつのことについて話をさせて下さい。それは大したことではありません。超えて行くのは難しいことではありません。それはそこにあるのです。あまりにもあなたの近くにあるがために、あなたは時に気づくことすらありません。見ることすらないのです。

それは私たちが前回のギャザリングの最後に話したこの問題 - コントロールということです。さて、創造物の内側に生きる「創造者」は、そのエネルギーをコントロールしたがる傾向があります。あなたは自分についてのあらゆるものをコントロールしたがります。そこで、今日のディスカッションの目的から言うと、外側の世界をあなたがコントロールすることについては考えないことにしましょう。それは本当に、どちらかというと、操作するということです。ここではあなたが自分自身に対して持っているコントロールについて話をしましょう。あなた方の多くが他人をコントロールすることを心配しているのは、私たちも知っています。しかし、それはまったく別の話になりますし、あなたが自分自身をコントロールしようとしなければ、そのようなことは文字通り、起きることもありません。

では、どのような種類のコントロールがあるのでしょうか? とても明白なものが、シンプルなものがあります。あなたは自分の思考をコントロールしようとします。あなたは自分の思考をコントロールしようとするのです。あなたはたとえば、どんな悪い考えも持ったらいけないと思っています。なぜなら悪い人になってしまうからです。これに加えて - 何と言うのでしょうか - 巷にはびこるスピリチュアルな汚染と、エーテル上のゴミがそこら中に漂っています。ええ、それはそれ自身、素晴らしくコントロールされた判断です。あなたは自分の思考をコントロールしようとするのです。「悪い考えを持ったらダメだ。良い考えしか持ってはいけない。良いことを考えなければ。」

それを手放して下さい、シャーンブラよ。たった今、悪いことを考えて下さい。(聴衆、笑) とてつもなく悪いことを、たった今、考えてみましょう。本当にひどいことを何か。(さらに笑) 何か悪いことを考えて下さい。ああ、何か悪いことを考える、と思うだけであなたは慌ててしまいます。「ああ、もし、私たちがそれほどパワフルだったら? 悪いことを考えて、屋根が落ちてきたらどうしよう?」

シャーンブラよ、それはあなたが自分自身に課したコントロールであり、おそらく現在、あなたに悪く作用しているものの中で、最も困難なことです。あなたは自分のマインドをコントロールしようとしています。あなたは文字通り、自らを狂気に追いやっています。あなたはマインドにあまりにも多くの負担と責任を押しつけてきました。そして、それをコントロールしようとしているのです。あなたはその機能をコントロールしようとします。それは絶えず、あなたに応えようとしています。絶えず、あなたの役に立とうとしています。

しかし、それは、あなたが課したコントロールにより、とてもフラストレーションがたまり、疲れきっています。あなたはこのようなことを言います。「悪い言葉を使ったらダメだ。そうするとそれは、‘悪いバケツ’に入り、‘悪いバケツ’は大きくなりすぎて、‘良いバケツ’を乗っ取ってしまうだろうから。」(少々、笑) あなたは「闇」という言葉ですら、使ってはいけないと思っています。そこであなたは、コントロールします。あなたがしてきたことは、あなた自身を制限しています。あなたは、エネルギーを供給する極めて重要な流れを遮ってきたのです。エネルギーが流れていないのに、どうして「エネルギーを動かす人」になれるでしょうか?

あなた方の中には、視覚化(Visualization)のクラスやコースに参加してきた人がいます。それはただ、コントロールということに過ぎません。ええ、それは素晴らしかったのです。愛して下さい。クラスに行ったことを、その時の教師を愛して下さい。あなたの役に立ったからです。けれども、もう、そのコントロールを手放して下さい。視覚化というのは、一種のコントロールです。あなたは考えます。「良い地球しか視覚化してはならない。」

ここで少し時間をとり、とても悪い地球を視覚化してみましょう。(さらに笑) とても汚染されていて、危険な存在がはびこり、コントロールされた… ああ、実際、そのようなものですね。(さらに笑) ええ、あなたがここですでに創造したものでしたね! あなたは自分の視覚化をコントロールしようとします。美しく、とても大きな、ある種のエネルギーの流通経路を文字通り、小さなものに限定しているのです。

それはまるであなたの家にある配管のようなものです。最初は開いていて、エネルギーがどれだけ悪臭を放っていても、自由に流れているのですが、しばらくすると、それは詰まり、管の内側がどんどん、小さくなっていきます。やがてある日、まったく機能しなくなります。そこで何が起きるかご存知ですね。配管工を呼ばなければならなくなります。私たちはそのために、ここにいるのです。

シャーンブラよ、ちょっとここで時間をとらせて下さい。さて、これは超えて生きるということです。あなた方の中にはこれを心地良く感じない人もいるかもしれません。もし嫌なら、今すぐ出て行っても良いのです。今から視覚化をやります。私たちはとても暗く、荒涼とした地球というイメージが入ってくるのを許します。それができるでしょうか? つらいことですね、私たちには分かります。しかし、そこにはまだあります - 悲しんでいる地球… 暗い地球… 苦しんでいる地球… 人が人をコントロールする場である地球。

あなたはたった今、自分自身に、現存する現実を感じ、イメージさせてあげました。あなたが住んでいる地球の側面があります… 現在、そこには覆いがあります、あるいは別の - 何と言うのでしょうか - 次元が本当に存在します。それは可能性としてあります。それは地球上の俳優によって演じられているわけではありません。少しステージから離れたところにあります。その性質は、時々、この地球の美しい舞台劇に取りこまれることがあります。悲しみという部分、闇という部分、そして苦痛が入って来ます。しかし、それは人間が思い描いているからではありません。人間がそこに焦点を合わせているからではありません。それはつまり、彼らが体験する要素を選択しているということなのです。

ここでのポイントは、シャーンブラよ、あなたが - 自分の思考だけでなく - あなたの夢を、あなたの創造性をコントロールしようとしているということです。おそらくは理由があって、ずっと前にあなたは自分がどれくらい本当にパワフルなのかを知りました。そこであなたがしたことは何だったでしょう? あなたは創造するというよりも、コントロールし始めました。開ききるのではなく、制限し始めたのです。

あなたは自分の身体をコントロールしようとします。そして、それはあなたをトラブルに陥れます。あなたは自分の外見をコントロールしようとします。どのように身だしなみを整え、装うかということで、常にこれをしています。あなたは自分のその側面を、すべてコントロールしようとします。

少しの間、時間をとり、コントロールをはずしてください。それらを手放して下さい。あなたの本当の自己を見て下さい。鏡に映るあなたの側面だけではなく。本当のあなた自身を見て下さい。中にはコントロールして、こう言う人もいます。「私は自分がある程度見かけが良いというフリをしなければならない。」中には逆のコントロールで、「私はまったく美しくない。」という人もいます。あなたは自分自身をコントロールしています。エネルギーを定義し、それを信じて、固執します。するとそれは、あなたに固執します。あなたは自分がどのように見えるかをコントロールします。ああ、そこには、途方もないコントロールがあります。

セント・ジャーメインが催眠について、覆いについて話しましたね。あなたが受け入れている、実に驚異的なコントロールがあります。そしてあなたは、自分自身の内側でさらに深く、それをコントロールするのです。ですからあなたがファッション業界のコントロールに従って生きれば… 私がとりわけ腹立たしく思っていることのひとつですが。私の時代には、私たちはシンプルなローブ(訳注: 裾の長い、ゆったりした服)をまとっていました。いつか、ひょっとすると、私たちはそこに戻るかもしれません。

しかし、あなたが受け入れるコントロールがあります。それらのコントロールを手放して下さい。カウルダーがしているようにしてみて下さい - 一度、ひどい格好をしてみて下さい。(聴衆、たくさんの笑) 彼は事前に私たちがこれを言っても良い、と同意しています。あなたの外見をコントロールするのをやめて下さい。時には目が覚めたら、したいような格好をしてみて下さい。自分自身をコントロールするような格好ではなく… 分かりますか。

あなたは自分の身体をコントロールしようとします。そこに起きている生体をコントロールしようとします。あなたはまた、気分が良くない時でも、良いフリをすることがあります。あなたは痛みを感じている自分の部分を否定します。ええ、あなたは時折、完全に衰弱してしまい、一瞬にして、悪かったことを認めます。しかし、シャーンブラよ、あなたは身体をコントロールしようとするのです。

あなたは自分自身にヒーリングを強要しようとしますが、それはうまく行きません。現在あなたがいる場所では。ヒーリングを強要してもうまくは行きません。あなたは身体を操ろうとしています。身体は何をすれば良いのかを知っています。あなたはそのように身体を設計したのです。あなたが「創造者」です。あなたがチーフ・エンジニアなのです。あなたがそのように設計しました。身体はどうすれば良いかを、すでに知っています。もはやあなたのコントロールは、いらないのです。コントロールをはずして下さい。それらをはずして下さい。

あなたは自分のスピリチュアリティをコントロールしようとします。そして、それは最も困難なことのひとつです。あなたは自分のスピリチュアルな存在というこのすべてを創造し、それは美しいものです。しかし、あなたは今、何が正しく、何が間違っているかをコントロールしようとしています。スピリチュアルな存在は、ある特定の食べ物しか食べてはならない、特定のことしかしてはならない、と言います。それを手放すようにして下さい。何か - 何と言うのでしょうか - 悪いことをしてみて下さい。反対のことをしてみて下さい。

あなたは神のイメージをコントロールしようとします。しかし、あなたがしようとしているのは、神のまさにその本質を制限することです。あなたは神が誰なのか、神が何なのかをコントロールしようとしています。しかし、お分かりのように… あなたには分かりません。あなたは頭で知りたくはないのです。単に感じて、スピリットとともにいたいのです。

あなたは概念を持っています。それらを信奉します。あなたは友人や家族に、何度も自分の概念を話します。ひとつには怖れから、また、ひとつにはコントロールから、スピリットの本質を制限します。神についてのコントロールを手放して下さい。定義づけようとするのを、やめて下さい。ただ、スピリットのそのエネルギーの中にいて下さい。あなたは自分が過去にしたこの、すべてのことを通してコントロールしています。今ではそれほどではないのですが、それでも、この神とサタン(悪魔)というすべてのことが、あなたが正しい、間違っていると思うことの性質をコントロールしています。

あなたは自らの豊かさ、内側と外側の豊かさのすべてをコントロールしています。そして言います。「これだけしかない。私にはこれくらいしか持つ資格はない。私にはせいぜい、これくらいしか値しない。」 あなたはそれをコントロールします。途方もなく裕福になるのがどんなものかを想像してみて下さい! しかし、それでもあなたはコントロールします。求める一方で、コントロールしているのです。

あなたの今の現実は、あなたが自分自身に課した一連のコントロールから組み立てられています。中でも面白いのが、あなたが自分自身をあまりにもコントロールするがゆえに、腹を立てることすら許さない、ということです。あなたは自分がスピリチュアルな人だ、と言います。「神は腹を立てたりしない」 神は実際、腹を立てます。神はそれを許します。神はそれを体現します。神は腹を立てることが大好きです。しかし、あなた方が他人に対して有害であると見なすような形で実現する必要はないのです。

あなたは怒りを抑制しようとします。シャーンブラよ、この次の30日間、何かをして下さい。抑制しようとはしないで下さい。あなたが感じていることをその通りに、人に言って下さい。あなたは遠回しに言おうとします。コントロールしようとします。あなたは言います。「ええ、愛から、このようにするのです。」 しかし、それはまったく、愛ではありません。あなたは自分自身を抑えることで、文字通り、相手を抑制しているのです。

しかし、あなたは言います。「トバイアス、私がこれをすべて一度に実行して、すべてのコントロールをはずしたら、ドアを出て行って、誰かを殴るかもしれません。長い間、言いたかったけれど、傷つけたくないので言わなかったことを、誰かに言ってしまうかもしれません。」 いかにも、何という素晴らしい体験でしょう! 正直であること… オープンであること… 無制限にエネルギーを流してあげること…。

あなたは言います。「けれども、コントロールをはずしたら、家に走って帰り、冷蔵庫をあさって、ありったけのチョコレートと… ケーキと… パイと… チョコチップ・クッキーと… たぶん、それを流しこむワインを口にするでしょう。(少々、笑) 私は自分をコントロールしなくてはならないのです、トバイアス。自分自身をコントロールしなくてはなりません。身体をコントロールしなくてはなりません。さもないと、あらゆる種類のおかしなことを身体がするでしょうから。社会的にも礼儀正しくしなければなりません。それから… 人前であのような小さなノイズを出したりはできませんし。(さらに笑) 自分自身をコントロールしなくてはなりません。」

シャーンブラよ、あなたはもはや、何ひとつ、コントロールする必要はありません。さて、それは大きなステップです。巨大なステップです。他のほとんどの人間が想像することすらできない、ステップです。しかし、私たちは今、その地点にいるのです。あなたはコントロールを手放せますか?


 


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.