000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

IMAGINE

「自己の拡大する理解」 つづき

私達は、1週間前、私達のグループに挑戦しました。そして私達は、あなた方にもまた挑戦します。私達は、これをいくらか冗談で、しかし大部分は本気で言います。あなた方の教会に行ってください。司祭や牧師に話してください。そして彼らにイエスを十字架から取り去るよう頼んでください。(聴衆 笑) 親愛なるシャーンブラよ、あなた方は大胆になることができますか? 準備はできていますか?(さらに笑)

それは象徴です。しかしそれは、とても多くのあなた方の宗教組織を貫いてきた能力のある象徴です。その代わりにあなた方は、幸せな人間達の、“今”の中で一緒に集まっている人間や天使達の象徴としての、神の十字架を持つことができますか? あなた方は、苦しみを除くことができますか? 教会に関わるとてもたくさんの苦しみが存在します。それは、おお、あなた方が地球にやって来る前の時代にまでさえ、さかのぼります。

今、女性を2級市民のように扱う宗教が地球上に存在します。それらの女性達は、そのように扱われることに同意してきました。彼女達は、過去からの重荷を携えているのです。あなた方がかつて地球にやって来るずっと前のことで、その頃、女性エネルギーは権力を持ち、とても乱用的だったのです。女性エネルギーは、誘惑者になる方法を学んできました。今もです。(聴衆 笑)

権力の乱用がありました。ですから今、多くの女性が自分自身に苦しむことを、そしてこのために苦しみ続けることを許しているのです。彼女達は、顔をいろいろなヴェールで覆っています。彼女達は、教会で座ることさえできません。彼女達は、自分自身が見られることを許すことができません。彼女達は、罪悪感の覆いに包まれています。彼女達は、古い傷のために苦しんでいます。今や、それを手放す時なのです。

教会はあなた方に、あなた方はエデンの園から投げ出されたと、アダムとイブは、何か間違ったことをしたのだと語り続けています。親愛なる友達よ、これは古い、古い物語です。それは、そもそも真実ではありません。エデンの園とアダムとイブについて、初めて創造された隠喩に関して大きな誤解があるのです。実際、それはアダム・ガドマンのエネルギーを表わしてはいません。イブ、女性のエネルギー、女性性もまたそうです。それは、ある意味で、素晴らしい旅に出かけるために、あなた方自身が“故郷”から旅立ったことを表しているのです。

しかし、親愛なる友達よ、とても大きな宗教の部分があります。彼らは、あなた方は神のもとに努力して戻らなければならないと言っています。自らを信心深いと呼ぶ者達は、自分達が神の目に価値があると見えるように、自分達の皮膚を突き刺し・・・体を傷付け・・・地面を這い・・・そして血だらけになっています。親愛なる友達よ、神はこれを必要としたり、これを望んだり、あるいはこれを楽しんだりはしません。これらは、あなた方の地球に据えられた古いエネルギーなのです。

今や、あなた方の地球上で、スピリチュアルな自由の時なのです。今や、教会にとって彼らの古いやり方を手放す時です。さもなければ、彼らの壁は崩れ落ち続けるようになるでしょう。今や、地球上の人間にとって、神が愛であること・・・神が思いやりであること・・・神が創造であること・・・神がこれらのすべてのことの深い真の理解であることを理解する時なのです。あなた方は、教会に劇的な変化を見るでしょう。彼らが古いエネルギーにしがみついている間は、その変化が続くでしょう。

この日、シャーンブラと共にここに座り、ヨーロッパで始まったエネルギーを続けながら、私達は世界中のシャーンブラに、第5の封印が開くことを可能にするために、あなた方の個人的な現実としての苦しみを解放することをお願いします。あなた方は今、それを世界のためにやっているのではありません。あなた方は、それを自分自身のためにやっています。世界はそれに応じて変化していくでしょう。

あなた方は、自分の人生から苦しみを外に出すことができますか? あなた方が神性のものと人間のものとの純粋な統合を可能にできるように、それを解放することができますか?

深呼吸してください。

あなた方は、苦しみをあなた方の信念体系の大きな部分にしてきたので、あなた方が他のすべてのものを解放した時でさえ、苦しみを解放することを忘れました。神は、あなた方が苦しむことを望んではいません。神は、あなた方がこれらのすべての困難で試練に満ちた物事を通り抜けることは望んでいません。スピリットは、あなた方が喜びを ―― 苦しみとは正反対のものを ―― あなた方の人生の中で喜びを、そして、あなた方の創造の中で喜びを持つことを望んでいるのです。

あなた方の苦しみは、あなた方が豊かさに不足することを引き起こしてきました。あなた方は、豊かさにフォーカスし、そして、自分自身とスピリットとの間にテストを設定しました。「スピリットよ、もし私に価値があるのなら、私に豊かさを与えてください」と。あなた方は、より多くの苦しみと、より少ない豊かさの、そしてそれからスピリットへのより少ない信頼と、自分自身へのより少ない信頼のゲームをしています。それは、悪循環なのです。

あなた方は、自分自身や自分の健康とゲームをしています。あなた方は、「スピリットよ、私を丈夫にしてください。私を健康にしてください。私をバランスさせてください」と言います。でも、あなた方は、まだ苦しみのエネルギーを保持していますから、あなた方は、なお自分の体が不均衡でいるのを許しています。あなた方は、なお痛みを許しています。あなた方は、なお自分自身がこの癌と呼ばれるものに侵入されることを許しています。あなた方は、なお自分の体が苦しむことを許しています。今や、それを解放する時です。

あなた方が苦しむことを望んでいる神はいません。あなた方に苦しむよう頼んでいる神はいません。神は、あなた方に喜びと賛美の中にいるよう頼んでいるのです。

自分自身の内側から苦しみを解放してください、シャーンブラよ、自分自身の内側からです。あなた方の人生に苦しみを持つことが、あなた方の現実の一部である必要はないのです。

あなた方の人生が困難であり続けている時、あなた方自身のエネルギーのレベルにおいて、あなた方が見たいと思うような前進をしていない時、あなた方は自分自身や自分の価値を疑います。あなた方は、自分がしているこの旅を疑います。あなた方は、シャーンブラの・・・シャウドの・・・トバイアスの言葉を疑います。あなた方は、神を疑います。

見てみてください。苦しみのエネルギーは、それほど深くあなた方の内に埋め込まれています。それは、多くの生涯を通して、あなた方の中に叩き込まれてきました。そして、この生涯において教会がそれをさらに深く叩き込むのを助けました。あなた方には価値がない、と彼らは言っています。あなた方は、神のもとに努力して戻らなければならないと。あなた方は罪人であると。ある日審判があるだろうと。ひょっとしたら、あなた方はそれに成功するでしょう。もしかしたら、成功しないでしょう。恐れ、苦しみ、そしてさらなる苦しみ・・・あなた方は、それを自らの内に深くしみ込ませてきたので、神に至る道が深い苦しみや痛みを通してのものになっているのです。

親愛なる友達よ、それを今この瞬間に変えてください。あなた方は、どんなもののためにも苦しむべきではありません。あなた方は、二元性を理解するのを助けるために苦しむ必要はありません。あなた方は、愛を理解するのを助けるために苦しむ必要はありません。それは、古いエネルギーなのです。あなた方は、喜びを理解するために痛みを必要としていません・・・古いエネルギーです。あなた方は、痛みを通り抜けなければならないことなしに、喜びに満ちることを理解することができるのです。あなた方は、もう苦しむ必要はないのです。

もし、あなた方がたった今、私達が一緒の時に、苦しみを解放することを自分自身に許すなら、もしあなた方がその苦しみのプロセスが解放されるのを許すなら、それは変性されることができるのです。それは新しいエネルギーに変えられることができるのです。するとそれは、他の人々が利用できるようになります。なぜなら、彼らが苦しむ必要はないと理解する地点に至る時、彼らはあなた方が創り出す助けをした新しいエネルギーに気づくことができるからです。彼らの移行は、あなた方がここでやってきたことによって、より容易になることができるのです。

あなた方は、世界に苦しみを解放させているのではありません。あなた方は、自分自身の生から苦しみを外に出させているのです。あなた方は、人類のヴァイブレーションを変化させ、明日の可能性を変化させているのです。あなた方は、それを自分自身のために、私達が座っているこの今の瞬間にやっているのです。

今や、新しいスピリチュアルな自由のための時です。あなた方は、それを創造することを助けています。それは、もはやこれ以上の苦しみを苦しまない自由、そしてあなた方が「私もまた神である」と言い、最深のレベルでそれに値することを可能にするスピリチュアルな自由・・・男性と女性の・・・人間のものと神のものの・・・光と闇のバランスがあるスピリチュアルな自由・・・あなた方を苦しみの・・・カルマの・・・罪と罰の古いやり方の道のりから外に出させるスピリチュアルな自由なのです。

ヨハネ・パウロが今日ここにあなた方と共に座っています。彼は、あなた方がこの新しいスピリチュアルな自由の教師になるのかどうかを尋ねています。あなた方がこれを教える時、あなた方は、他の人々に対して修辞法や教義に入り込む必要はありません。ルールを持つ必要はありません。長々しい本を持つ必要はありません。

あなた方は、他の人々に、もはや苦しみは必要ないということを知らせてあげることができます。あなた方は、これを教室の中で教えることができます。あなた方は、これを1人1人に教えることができます。あなた方は、それを7つの封印についての情報を教えながら教えることができます。それは、自由になることができるということをもれなくすべての人間に教えることについてなのです。彼らは、彼らの生の中でスピリチュアルな自由を持つことができるのです。彼らは、苦しみから自由になることができるのです。

教会は、いくつかのとても重要な変化を経験することでしょう。あなた方がこれを見守るとき、変化が起こるとき、そのとても多くが、あなた方がやってきたワークゆえに可能であったことを理解していてください。今や、教会にとって、もう一度神の概念を、6000年以上もの間、少しも改善されてこなかった概念を、非常に古く、非常に構造化された神の概念を変える時なのです。

これから4年の間に、あなた方は、教会に大きな変化を、困難な時を見るでしょう。そこにいて、新しいタイプのスピリチュアリティ ―― 自由の・・・愛と受容の・・・寛容と敬意のスピリチュアリティを教える準備をしてください。

これが先にあるものです、シャーンブラよ。これが前途にあるものです。変化は、あなた方が自分自身にもはや自らの生で苦しみは必要ないということを真に告げることができるこの日に始まります。誰もそれをあなた方のためにそこに置いてはいないのです。私達は、それをちょうど今、あなた方に告げることができます ―― いいえ、あなた方の天使達でもなく・・・あなた方のカルマでもなく・・・人類の意識でさえありません。

それは、困難である必要はありません。それは、もはや困難である必要はありません。あなた方が朝起きたとき、自分自身に思い出させてください・・・深呼吸をして・・・「それは困難である必要はない」と言ってください。もしそれが難しいなら・・・中止して・・・深呼吸をしてください。それを変えてください。自分の意識を変えてください。それを変えてください。もしあなた方が格闘しているなら・・・中止して・・・深呼吸をして・・・そして自分自身に、あなた方が保持している古い信念体系の他には、今あなた方を苦しませているものはないのだということを思い出させてください。

そう、苦しみは、人類の意識の中で重いものです。でも、それもまたもうあなたが買い込む必要はないのです。古いあり方に戻る性向があるのです。そのような古いあり方が磁石のようになる性向があるのです。それは一夜にして変わることはありません。でもそのプロセスは、今、ここで始まるのです。あなた方が、自分の回り中に苦しみ - 自分自身の中に、そして他の人々に対して - がある状況に自分自身がいることを見出す時、あなた方の他には苦しみを選んでいる者はいないのだと自分自身に語り、思い出させてください。もし、他の人々が、彼らの苦しみを望んでいるのなら、彼らに敬意を払ってください。しかし、あなた方はその信念体系をもう買い込む必要はないのです。

親愛なる友たちよ、この磔のエネルギーは、2000年に渡って地球上でとても強いものでした。あなた方の一部は - ここにいるあなた方のほとんどは - それをそこに置くのを助けました。磔のエネルギーは・・・それは今、去る準備ができています。イエスは本当に十字架から離れる準備ができています。彼はそこにいるのに飽きています。(聴衆 笑)

「イエスは本当に十字架の上で死んだのですか?」と尋ねた人に言います。その答えはYESです。彼は人間として地球上に生き続けることはしませんでした。彼のエネルギーは地球上に強く臨在して留まりました。それはなおあります。彼はそうせずにはいられないのです。彼は十字架に釘付けされました。しかし、その男は、その肉体は死にました。その仕事は続いています。それはあなた方の中で、そしてあなた方を通して続いています。

あなた方のとても多くは、2000年前のそのような時代に非常に深く精力を注いでいます。起こった苦しみと格闘に非常に深く精力を注いでいます。あなた方はそれを手放せないのです。あなた方のとても多くは、なお十字架に釘付けされているのです。いつになったらあなた方は自分自身に、格闘することなく、苦しむことなく生きることを許すのでしょうか? イエスを十字架から取り去ってください。自分自身を十字架から取り去ってください!

私達はあなた方を心から愛しています。あなたは決して一人きりではありません。今、一緒に、グループよ、

「And so it is.」(そしてそういうことなのです。)



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.